マンガ『スティール・ボール・ラン 全二十四巻』荒木飛呂彦、ジャンプコミックスを読書する男ふじき(ネタバレ)『ホーリー・マウンテン』『死なない頭脳』をシネマヴェーラ渋谷で観て、カルトよのうふじき★★★,★★★

2012年04月23日

『くっつきぼし』をオーディトリウム渋谷で観て、拙くても堂々としているぞふじき★★★

五つ星評価で【★★★いちゃいちゃアニメだって】

女の子同士がいちゃいちゃする(の域を越えてる)いちゃいちゃアニメ。
個人製作アニメということで、作画は素人だが熱意が見て取れて、
絵の粗ささえ気にしなければ、ちょっとかーいらしいなと好意的に見てしまう作品。

物語としてはいろいろ足りない部分もあるが、
好意的に必要最小限にとどめたと思いたい。
エロいけど、長さに抑制が効いてるし、
けっこう細かい演出もやってて、なんか初々しいのう。

初日、本編45分、舞台挨拶1時間。
舞台挨拶、面白かったなあ。
主題歌ライブで歌ってくれたり、
司会務めた落語家の春風亭ぴっかりちゃんは可愛くて上手かった。
すげえキャラの付いた姉さまな今井麻美と、
小動物でいっぱいいっぱいの一色みくが面白くてたまらない。

一色みくはメディアに上手く乗っかれば物凄く話題になる逸材な気がする。

で、監督が「気にいったら、お友達と家族に勧めてください」と
たどたどしく言ってドッカンと受けてた。

百合シーンのあるアニメを家族に勧めるのは、
心臓の強いキモオタでもちょっとハードル高いでしょ。
それをやるとしたら、防腐処置を施した死体の家族とかでだな。



【銭】
正規入場料金1000円均一1000円を払って入場

▼作品詳細などはこちらでいいかな
くっつきぼし@ぴあ映画生活

PS 記事のタイトルを最初、間違えて『くっつきぽし』にした。
 ま、まあ、よくある事だ。

fjk78dead at 00:05│コメ(0)トラバ(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マンガ『スティール・ボール・ラン 全二十四巻』荒木飛呂彦、ジャンプコミックスを読書する男ふじき(ネタバレ)『ホーリー・マウンテン』『死なない頭脳』をシネマヴェーラ渋谷で観て、カルトよのうふじき★★★,★★★