RWBY

2017年01月04日

『RWBYvolume3』をシネ・リーブル池袋2で観て、やられまくりふじき★★★★(ネタバレあり)

170910_1
▲黒い図案が今回の物語を語る。

五つ星評価で【★★★★アメリカ発萌えアニメ第三弾】
アメリカ製の3DCGアニメの続々編。
ちょっと舐めてかかって油断してたら返り討ちにあった。
この「Volume3」で凄く面白いコンテンツに成長している。

レビュー内にネタバレ要素を含みます。

学生同士の天下一武闘会もどきの集団対戦ゲームで始まり、
うーん、こういうの西洋東洋問わずオタクは好きそうだよね、
と安心させておいてその武闘会の背後で練られる陰謀、裏切り、信頼関係の失墜。
Volume1,2で大事に大事に手塩にかけて育ててきたキャラクター達を次から次へと蹂躙する超鬱展開。Volume1,2で未来に向けて成長してきた彼等から未来を奪い取り、絶望の底に叩き落としてVolume3は終わる。

しびれる。

やりおった、やりおった。あんな愛情込めて育てたキャラに
ボロボロの酷い仕打ち。それがとってもイカす。
この追い込みで、グッとキャラが人間になっていく。
ああ、面白かった。もう、次を見ずに済ます事は出来ない。

ヤンが、ヤンが、ヤンが、どうなっちゃうのか。
ヤンなんて一番安心して見ていられるキャラだったのにビックリだ。
お気にのペニーもあんな事になってビックリだ。
170910_3
▲ヤンの勇姿をまた見たい。

【銭】
テアトルの会員割引で1300円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
RWBY Volume3@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
RWBY Volume3@だらだら無気力ブログ
▼関連記事。
RWBY Volume1@死屍累々映画日記
RWBY Volume2@死屍累々映画日記

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(0)トラバ(1)

2016年10月30日

『RWBYvolume2』をシネ・リーブル池袋2で観て、男子三日会わざれば刮目して見よふじき★★★

170909_1
▲左からルビー、ワイス、ブレイク、ヤン

五つ星評価で【★★★アメリカ発萌えアニメ第二弾】
アメリカ製の3DCGアニメの続編。
で、前作を興味半分で観て(興味半分で観る率高いな俺)
自分達のやりたい事と、やりきれない分捨ててるところとかが分かって、
好感を持ちながらも、ちょっと中途半端な物を見せられたなと思った。

前回、不足していたのは主に二点。
一部アニメートの稚拙さと、モブシーンなどの興味のない作画への徹底的な省力化だ。
これらの欠点が第二作では補正されていた。
それどころか、稚拙だった歩きのアニメートなどは、
女性が歩く際のヒップの揺れとかをしっかり描き、
マニア(俺)が拍手を送るレベルに達している。
ぷりんぷりん、エロいやらしく歩くよ。
そして影扱いだったモブキャラもちゃんと一人一人書くようになった。
こっちは当たり前だけど、まあ、おめでとうと言ってやりたい。

前回でも発芽していた各キャラへの製作者の思いが、今回は花を咲かせていた。
主要4キャラみんな可愛さに隙がない。
作ってるスタッフの愛情がヒシヒシと伝わってくる。
話がどーのこーの以前のいい仕事である。

難を言うなら(いや言わんでもいいんだけど)、野郎キャラは見た目も似ててつまらん。

今回主要4キャラの推しキャラは変わった。
ルビーから獣娘ブレイクに(無駄に悩む娘って好き)。
全体の中では出番少ないけど、トッポい感じのペニーがやっぱ好き。

次がまた、そこそこ楽しみだ。


【銭】
テアトルの会員割引+曜日割引で1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
RWBY Volume2@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
RWBY Volume2@だらだら無気力ブログ
▼関連記事。
RWBY Volume1@死屍累々映画日記

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(0)トラバ(1)

2015年11月26日

『RWBYvolume1』を新宿ピカデリー4で観て、黒船が日本仕様でやってきたよふじき★★★

五つ星評価で【★★★アメリカが萌え積んで攻めてきた】
アメリカ製の3DCGアニメ。だが、キャラ・設定・意匠仕様などがことごとく日本の萌えアニメちっく。というのは、そういう作りを目指して作っているからである。クール・ジャパンの返り討ちみたいな状態。

「全て上出来」と褒める訳にはいかない出来だが、試みは大変面白い。
海のこっちも向こうも同じ観点で分かりあえる部分があり、そのオリジナリティが日本のオタク産業であるってのは中々誇らしいような痒いような。

キャラの表情やデフォルメ化などは中々考えて作られているが、
アニメート(動き)は粗雑なゲーム動画を見てるようで萎えさせられる。
怪物とのバトルなど、決めるべきところの作画はバッチリ決めるが、
モブキャラの動きや存在自体(※)など、手を掛けたくない所を
思いっきり手を抜く大胆さにはビックリする。

※ 話に影響を与えないモブキャラは全て影扱い

アメリカさんのアテレコ聞いてないので噂レベルの話なのだけど、
日本版のアフレコ技術は凄いらしい。
実際、荒れる時は超荒れる作画にも関わらず、
物凄くキャラに感情移入できるのは彼女たちのアテレコの力による物だろう。

推しキャラはペニー。あの手の困るけど役に立つ不思議ちゃん系は好き。
主要4人の中ではルビーかな。ちっちゃくて不完全な所が可愛い。
主要4人はみんなそれぞれちゃんと欠点持ちである所がよく計算されている。

ちなみに「RWBY」は主人公ルビーの事でもあり、
チームを組むルビー、ワイス、ブレイク、ヤンの頭文字でもある。
ルビーとヤンなんて姉妹なのに、ファミリーネームが違うよ。てっきとー。まあよい。


【銭】
前回有料入場割引で1300円

▼作品詳細などはこちらでいいかな
RWBY Volume1@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
RWBY Volume1@だらだら無気力ブログ
▼関連記事。
RWBY Volume2@死屍累々映画日記

fjk78dead at 00:37|個別記事コメ(0)トラバ(1)