64

2016年05月21日

『ちはやふる上の句』を109シネマズ木場2で、『64前編』をトーホーシネマズ府中3で観て(64にネタバレ記述あり)、どっちもグーふじき★★★★★,★★★★

前編同士ほんに傑作。
私は、映画の中のキャラが立ってて役者がステキな映画が好きなのだ。
どっちも条件バッチリ。
ちなみにどっちも原作未読、派生物未鑑賞です。

◆『ちはやふる上の句』
ちはや上1
▲人を殺すような視線(かっけー)。

五つ星評価で【★★★★★みんなかーいーのう】
カルタ部の5人がもうみんなかーいくてたまらない。
広瀬すず(ちはや)のカルタを取る線の美しさはどうだ。
アップの目力はどうだ。白目の思いきりの良さはどうだ。
全部たまんない。
でも映画が彼女でいっぱいいっぱいにならないよう
広瀬すず自身がまだ余力を残してる感じが凄い。
野村周平(太一)のウジウジがまた、たまらん。
自分が神様から見放された時を知ってるなんて泣ける。
実際、この前編の主役はブルドーザーのように邁進するちはやの横で
壊れそうになりながら並走する自転車の太一だろう。
矢本悠馬(肉まんくん)の罪のない強さもいい。ここはいいアンサンブルだなあ。
森永悠希(机くん)のボッチ感覚も痛いほど共感できる。
上白石萌音(奏ちゃん)は宣材見た時、統制の取れた広瀬すずの横に置くには
可哀想なプロポーションだなと思ってたが、何、この可愛い珍獣ぶり。
奏ちゃんはもうこのままの奏ちゃんで全然よし。優しいし。
自分が野郎だからかもしれないけど、太一や机くんの砕けて折れる姿にいたく共感する。

あと、清水尋也(どSの須藤)がいい黒光りっぷり。

ちはや上2
▲岩っぽい表情の奏ちゃん(右)。

PS それにしても作品の密度が凄い。
PS2 東急の後付けアイマックスシアターで2D通常プリントで鑑賞したが、
 余計な知識が入っているせいか、何となく音質良くない気がする。
PS3 奏ちゃんの家が下着屋であってほしい私。
PS4 新の携帯番号をちはやが先に知ってたみたいな形になってない?
 あそこは失敗。
PS5 お楽しみはここカラださんのコメントで暴れてしまった事を告白します。

ちはや上3
▲このシーンの直後にペロっと耳を舐めてパニックに落ちるちはを見てみたい。


◆『64前編』
五つ星評価で【★★★★みんなごっついのーう】
たいそう評判が良かったが、やるねー。
とりあえず全く知らないので面食らいながら面白いと思ったのは広報室という存在。
こういう仕事をしている人たちがいるのね。
話の中でズンズン登場人物を立てていって組織の説明をしていないので、
誰がどこでどの人とどうしたいうのは実は分かりづらい。
そこは演出上の不備だろう。
チラシに見開きで乗ってた人物相関図がなかなか分かりやすい。

県警には大きく捜査を行う刑事部(奥田暎二、三浦友和)と
庶務や総務を行う警務部(滝藤賢一、仲村トオル)に分かれ、
主人公佐藤浩市のいる広報室は警務部に所属しながら
マスコミの記者クラブと情報戦(に近い取引)をしている。

映画は広報部、記者クラブの軋轢は分かっても、
刑事部、警務部は説明は入るが、いきなりなので分かりづらかった。

だが、その中での役者は熱演に次ぐ熱演。いやあ、いい役者使ってるわあ、山ほど。

広報室
佐藤浩市 もうすっかり初老で、こういう渋い役ができるようになったんだなあ。
 まあ、顔は昔から老け顔であるが。
 基本的に辛い顔してる時の佐藤浩市は盤石。
 顔の作りから腹芸(悪巧み)もできれば、善人も出来るのでお得。
綾野剛 佐藤浩市の手足。ちゃんと仕事をやってる人。
榮倉奈々 佐藤浩市の手足。
 この娘みたいな女の子をエロとか談合に使わないのが佐藤浩市の良心なのだが、
 それは佐藤浩市の独善と彼女自身に突っぱねられてしまう。
 佐藤浩市と比べて経験も浅く、対応するマスコミへの甘さもある筈なのだが、
 「正しさ」に関して佐藤浩市と視点の違うセカンド・オピニオン
 として機能するのは面白い構造。
 あと、勿論のことながら榮倉奈々だから可愛い。

警務部
滝藤賢一 一番イライラさせられる。
 こいつに何か不幸があるとスッとするに違いない。
 奥さんが癌になるとか(そら『はなちゃんのみそ汁』や)。
仲村トオル 何気にイヤな奴っぽい。
 こいつも何かあるとスッとするに違いない。タカとユージが部下に付くとか。

刑事部
奥田暎二 奥田暎二も最近善人ってやらないなあ。
 心の底は善人でも、癇癪ジジイみたいな役ばっか。
三浦友和 もう本当に顔が大人でいいなあ。
 この人が出てくるだけで映画に説得力が出る。
小澤征悦 この人は心が通じない壁の象徴を役者としての仕事にしている。

警察関係
菅田俊 この人が出てきて悪事の一つや二つやってない筈がない。
吉岡秀隆 押しが低そうでいい。
窪田正孝 押しが低そうな吉岡秀隆より更に押しが低い役を好演。
 こういう役も出来るのねと思わされた。
椎名桔平 のっぺりしてやらしいわあ。
 田中哲司が脱毛と化粧して出演してるのかと思い込んでた。

記者クラブ
海千山千がウジャウジャ。
筆頭でイライラさせられるのは瑛太だが、その部下が坂口健太郎という関係だとは思ってなかった(チラシに載ってる)。他では、今回は弱い処方で配分されている宇野祥平、斬り込み隊長みたいな菜葉菜が目に付く。まあ、ここはいっぱいいすぎてよう分からんというのが本音。


夏川結衣 佐藤浩市の奥さん。何気にノーメイクがズシンと来る。
永瀬正敏 誘拐事件の被害者。このボロボロの体現は凄い。

ああ、早く後編が見たい。
この後、ネタバレ話題
しかし、韓国映画『悪魔は誰だ』に似た展開だなと思ったら、
『悪魔は誰だ』がドラマ版の『64』をパクってるらしい。
おいおいおいおい、本当かよ。
流れ見えちゃった気がするけどチラシによれば
「映画ならではのエンディング」になるそうなので
自分の予想を覆すような映画に仕上げてほしいです。
ネタバレ話題終了

PS 『64 後編』公開舞台挨拶で『ちはやふる 下の句』舞台挨拶みたいに
 続編の発表があって、佐藤浩市がなき崩れたらおもろい。


【銭】
『ちはやふる 上の句』:109シネマズのメンバーズデーで1100円。
『64 前編』:トーホーシネマズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ちはやふる −上の句−@ぴあ映画生活
64−ロクヨン− 前編@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ちはやふる −上の句−@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ちはやふる −上の句−@或る日の出来事
ちはやふる −上の句−@お楽しみはココからだ
ちはやふる −上の句−@映画的・絵画的・音楽的
ちはやふる −上の句−@SGA屋物語紹介所
64−ロクヨン− 前編@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
64−ロクヨン− 前編@ノルウェー暮らし・イン・原宿
64−ロクヨン− 前編@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
▼関連記事。
俺が見たい映画@死屍累々映画日記

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(20)トラバ(24)