鳳凰の巫女

2012年09月03日

『劇場版フェアリーテイル 鳳凰の巫女』をユナイテッドシネマ豊洲12で観て、号泣しながら神話を思う(ネタバレっぽい)★★★★

五つ星評価で【★★★★藤森雅也監督は凄いなあ】

凄いです。
面白いです。
いやあ、ビックリしました。
流石、職人監督藤森雅也。
『お前、うまそうだな』『忍たま乱太郎』と主戦場が幼児向けアニメだったので、
知名度は低いのだけど、必ず何かを与えてくれる監督です。
今回はちょっと年齢層上がって、学童児童向けくらいか。
うわ、入ってねえ。もったいねえ。

ええと、このマンガのパチもんのオリジナルと言われてて、そこそこ出来のいい
『劇場版 ワンピース』より映画だけ観たら、飛び越えて面白いです。


だから、君、観るのだ。


損はさせない。


キャラは分かりやすくて、楽しくカリカチュアされてる。
障害は厳しいが、厳しい障害を乗り越えようとする勇気や力がそこにある。
アクションはてんこ盛りで音楽がけっこうバリエーションに富んでてかっこいい。
オープニングはチャン・グンソクだ。どうでもいい。でも、足は引っ張ってない。

そして物語の意外な展開。
これは神殺しの物語ではないか。
神は姿や形を変えながら、人と人を結び、運命を変えていく。
神は自分に既に力がない事を知っている。
神が神として君臨するが故に世界に害悪を与えてしまう事も。
自らが犯す罪を神であるがゆえに死さえも許されず、
ただ見守らなければならない。これ以上の刑罰があるだろうか。
だから、自分たちの一部(全体の一部)を殺してまでも、
彼等は神を殺さなければならない。
それは永遠の業火からの神の解放でありながら、
現生からの神の追放も意味する。

神は二度追放される。
一度の追放の後に残るのは親しき者の墓場のみ。
二度の追放の後に残るのは、親しき者の生活の道。

神を殺してしまった民は、もう何に頼る事も許されず
自分たちで生きなければならない。
それは更なる混沌を呼ぶかもしれないが、
彼らが涙を流しながら選んだ選択なのだ。

まあ、書きながら、読ませておきながら何なんだけど、
きっとそんな話ではないのだよ。


見れば分かるよ。見なよ。



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女@映画のブログ
劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女@みんなシネマいいのに
▼関連記事。
劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY@死屍累々映画日記

PS フェアリー・テイルはマンガもアニメも未見。いわゆる一見さんだ。
 鑑賞にあたって、一見さんである事は全く支障がなかった。
PS2 二つの鳳凰石を一つに合わせるとは、
 一定の空間に一定量以上の核物質を置くと、
 核物質が活発な活動を始めてしまう事を指してるのではないか。
PS3 花嫁願望が強いというのも象徴的かもしれない。
 子を育む彼女だからこそ、災厄の扉を閉じれたのではないか。


fjk78dead at 01:05|個別記事コメ(15)トラバ(2)