近藤正臣

2017年02月01日

『本能寺ホテル』を109シネマズ木場4で観て、胸と足首と心根を評価したいふじき★★★

170757_2
▲綾瀬はるかの乳の何とごつい事よ。

五つ星評価で【★★★映画自体は面白いと明白に断言しづらい。この星三つはあくまで綾瀬はるかの胸と足首と心根に対しての評価であります】

映画としてはゆるすぎる。
こんな適当ではダメだ。
でも、綾瀬はるかがかーいーからOKなのだ。
つまり、これは単に綾瀬はるかのアイドル映画である。
大掛かりなアイドル映画だなあ。

現代のホテルと戦国時代の本能寺がタイムトンネル的に繋がっている事から発生する小コメディーなのだが、何故、繋がっているか、どうやったら繋がるか等はハナハダ適当にボカされている。まるで、それを探る事が「いけず」であるかのように。その謎を一手に担う風間杜夫は謎を把握してるようでもあり、謎から一歩下がって触れないようにしてるようでもあり、はたまた謎を全く知らないようでもあり、どうでも取れるように演じている。丸くなったね、銀ちゃん。そう言えば『蒲田行進曲』の銀ちゃんって信長みたいな役だ。ともかく、謎にまつわる設定が適当なのである。別に適当でも見れてしまうのであるが、納得がしづらい。それに、常時、あの日の本能寺に接している訳でもなく、ワンタイム・ワンチャンスしかこの物語が成り立たないというのも「そんなん都合良すぎるやろ」という嘘のバリバリ感を高めている。戦国時代の武将と綾瀬はるかのトンチンカンな会話とかも面白いのだけど、やり取りが通じすぎてしまう点もリアリティーを押し下げている。どんな時代劇でも多少そういうキライはあるのだが、戦国時代の武将が戦国時代の武将を演じている役者が集まっているように感じさせられてしまうのだ。にも関わらず、堤真一のお館様と部下の交流などでジーンとさせられたりもするけど、でもね、それで全て押し流されるほど全体の「嘘っぽさ」が弱くない。この辺を御座なりにしているので、嘘でもグッとくる物語には至らず、嘘だからグッと来そうだけどちょっと冷静な頭が「待て待て」とストップをかける物語に落ち着いてしまった。

話の中核は、戦国時代の堤真一演じる織田信長と濱田岳演じる森蘭丸、現代で婚約者の父・近藤正臣と出会う事により、綾瀬はるかがその流され人生に杭を刺して、新たな人生を模索すると言う物なのだが、そこから導き出される最終的な着地点が再就職のリクルート先変更と言うのはムチャクチャ弱い。そんな事の為に「本能寺の変」が利用されのか! この着地点はもうちょっと真剣に考えるべきだったろう。

いやまあ、でも、苦言を呈している話は本当はそこそこどうでもよくて、綾瀬はるかが可愛いからこの映画はそこそここれでいいのである。逆に言えば、この映画はその綾瀬はるかの可愛さに甘えている。素の綾瀬はるかの性格の良さと天然(は疑いがないのを前提とする)を観客が知っているからこそ、話が適当であるにも関わらず、押し通して見れてしまえるのだ。これが綾瀬はるかでなかったら「純粋で真っ白だけど、もう流されるままの少女では済まなくなりつつある女性」ではなく「小学生のように考えなしに行動する頭の悪いバカ女」になってしまうだろう。物語の雑さを綾瀬はるかのメンタリティーが救っているのだ。

そして、綾瀬はるかの胸が大きい事よ。
大きすぎる胸の割に足首が締まっていて、くるぶしのアップが美しい事よ。
そして、これでもかとメンタルが天使っぽい事よ。
綾瀬はるかありきの企画だよなあ。

ところでね、風間杜夫はやっぱり綾瀬はるかが戦国時代に行ってるらしい事は気づいてるんだろうから、それなら靴代くらいはサービスすべきだと思うな。それと、客を不安なままにしてほっておくのはサービス業として失格だろう。


【銭】
109シネマズの火曜メンバー割引を使って1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
本能寺ホテル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
本能寺ホテル@映画的・絵画的・音楽的
本能寺ホテル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
本能寺ホテル@だらだら無気力ブログ
本能寺ホテル@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
本能寺ホテル@ペパーミントの魔術師

PS 『本能寺ラブホテル』の製作が待たれる。

fjk78dead at 10:05|個別記事コメ(6)トラバ(13)

2015年05月11日

『龍三と七人の子分たち』を109シネマズ木場7で観て、おもろいけどスカっとせえへんわいふじき★★★

五つ星評価で【★★★小噺としては良くても映画のダイナミズムは不足】  

龍三が七輪で延々と昆布を……そんな映画じゃなかった。
細かい笑いは達者な役者がセリフとして出す事でいい味になって面白いのだけど、一本の映画としてガーっと盛り上がってドンと落とすみたいな気持ちよい緩急が欠けている。これがとても残念。

劇中ポンポン出てくる「ジジイが」の連呼がなかなか気持ちよかった。
爺さんは集合として面白いのだけど、味が薄まるので7人もいらない。
ヤクザに敵対する詐欺師組織の面々も味があっていい。
安田顕なんて、いかにもな感じでいいステロタイプを演じている。
そのヤスケンに攫って来いと言われる中尾彬の孫娘役は清水富美加。
『変態仮面』のヒロイン役である。
そう言えば安田顕は『変態仮面』のラスボスだ。
じゃあ、藤竜也は位置づけ上、変態仮面じゃないか。そう言や女装シーンがあったな。ちょっと『バードマン』っぽいシチュエーションだとも思った。


【銭】
毎月10日は109シネマのサービスデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
龍三と七人の子分たち@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
龍三と七人の子分たち@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
龍三と七人の子分たち@映画のブログ
龍三と七人の子分たち@ノルウェー暮らし・イン・原宿
龍三と七人の子分たち@ペパーミントの魔術師

fjk78dead at 00:13|個別記事コメ(10)トラバ(15)