清水富美加

2017年04月03日

『暗黒女子』を渋谷TOEI△粘僂董▲殴薀殴藺臻足ふじき★★★★(ネタバレなしだけど、匂わせる部分はあり)

171282_3
▲このスイーツを全部たいらげる胃袋の貪欲さが暗黒女子だったりして。

五つ星評価で【★★★★いいな、女子が】
「暗黒(ankoku)」と耳で聞くと、今でも思いだすのがアニメの「一休さん」。
一休さんの暮らしている寺が「暗黒寺」だったのだ。
耳だけで聞いて凄い寺だと思ったが、後から「安国寺」と知った。
なので、この物語も「安国女子」だったりするかもしれない。
未来において良妻賢母となる女子は家庭や子供引いては国を守るため、
内なる敵を打ち滅ぼしてもかまわん、そんな気高い気構えの女子たちであろうとする。

よきかな、よきかな。
6名の女子が全く何の混同もなしにちゃんと見れるのは
キャスティングとスタイリング、メイクの腕前がいいのだろう。
あと、脚本とプロデューサーの力量が多分、半端ない。
彼女たち一人一人かちゃんとキャラが立ってカケラも混同しないよう気を配られている。

女子6人はまず主催者側と茶席に呼ばれたゲストに分けられる。
飯豊まりえ:主催者、太陽の女神。
清水富美加:副主催者、月の女神。本当に惜しい人を亡くしました。

ゲスト
玉城ティナ:留学生。ボブ。ブルガリア人なんて設定で来るとは思わなかった。
平佑奈:特待生の貧乏人。新入生、硬い。従順。眼鏡。あの落差には笑った。
清野菜名:女子高生作家。社交的でフランク。ショートカット。
小島梨里杏:スイーツ女子。小型犬みたいな小動物感。ツインテール。

6人に制服の落差はない。
やられがちなタイツ、紺ソク、白ソックスみたいな脚分けもない。
一度に複数人の登場人物を出して混乱させないというルールが厳格に適用されている。
ゲストサイドの四人それぞれが自分の描いた小説を朗読の形で読み上げるが、
その際には出てくる登場人物は主催者と自分とプラスアルファ一人。
香港のリンゴ・ラムみたいに一度に大量に登場人物を全出ししたりはしないのだ。
この徹底したやり方のおかげで、
ゲスト4人はそれぞれ自分の美点アピールと他者からの欠点ディスを4回ずつ浴びる。
こんなに分かりやすいキャラ立てはない。
彼女たちは太陽を賛美し、輝きを失った太陽の代わりに夜を支配する月に断罪される。
まるで太陽が撒いた種から、夜が終わりを迎える最後に狂い花を咲かせる光景のようだ。
4人のゲストが部屋の備品のようになり、
踏みつぶされ、馴染んで、大地を潤す肥料になった時、新しくまた種が求められる。
実はその新しい彼女こそが、その部屋の原罪があった時代を知らない唯一の者なので
収穫者を隠しながら近づいてくる簒奪者をも無化する、そんな可能性を秘めている。

と言うのは甘い夢か。

構成がエラリー・クィーンの短編推理小説『黒後家蜘蛛の会』のゴージャス・バージョンみたいだったのでニコニコしてしまった。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
暗黒女子@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
暗黒女子@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(2)トラバ(8)

2016年05月26日

『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』をトーホーシネマズ府中プレミアで観て、君はもちっと出来る子と思ってたぞふじき★★

169872_1
▲姫野愛子だけにお姫様だっこ。

五つ星評価で【★★前作の分かりやすさを越えられなかった】

ゆるい映画なので、尻尾を捕まえてギャーギャー言ってもしょうがない。
これに限らず福田雄一は無駄な尺を切れない監督なので、そこは自省してほしい。
福田雄一のどんな映画も30分くらいは切って大丈夫だろうと思う。
軽くしろよ。見やすくしろよ。

この映画のジャンルはヒーローもののように見せかけた、
鈴木亮平と清水富美加のエロ含みのラブコメだ。
清水富美加がパンツ(劇中ではパンティー)を盗まれてモジモジしながら鈴木亮平をなじりにいくと、鈴木亮平が犯人ではないと言いながら興奮を抑えられない。あの馬鹿馬鹿しい教室のシーンでもう本当ニヤニヤが止まらない。
好感度の高い清水富美加はかなり下に傾倒しても下品に見えず、
鈴木亮平がエロに対して驚くほど真面目にストレートに悩むバカを演じるのが微笑ましい。そう、基本的に人はみなバカに対しては優しくなれるのである。
前作が鈴木亮平の出世作だと思うが、高校生役はきつかった。今作で大学生になって楽になった。しかし、福田雄一の描く大学生って、とことんモラトリアムで何の実学もそこで学べてなさそうである。日本の大学生ってそういうもんなんだろうけど。

バカに優しいと言ったのも束の間、ムロツヨシのバカはつまらない。
前と同じなら、キャラが似あう「永野」に変えても良かったのではないか?

柳楽優弥は「何でこんなんに出ちゃったんだ」ってメタな笑いでしかないので、
じゃあ、柳楽優弥よりもっと適役がいるに違いない。
彼には悪いのだけど、つまらなさがビンビン伝わっててくる感じだ。
そんな居たたまれないのを推してまで出なくてもいいよ、お互いの為に。

片瀬那奈さんは盤石。
安顕さんはやや盤石。
水崎綾女はエロい限りにおいて盤石。

169872_3
▲このシーンが好きなのだなあ。


【銭】
トーホーシネマズデーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス@だらだら無気力ブログ

PS 物語内で女性下着を全て「パンティー」と呼称させたのは男の夢的によかった。

fjk78dead at 02:10|個別記事コメ(12)トラバ(11)

2014年01月05日

『赤々煉恋』を角川シネマ新宿2で観て、絶妙に掛け違えてる気がするふじき★★

五つ星評価で【★★ちょっとずつダメが重なってる】

原作小説未読。

小中和哉が監督をしているのなら、
青春ファンタジー映画になるのだろうと思っていたので、

申し訳ないけど、主演の土屋太鳳の重さがきつい。
別に軽くて頭ラリパッパでパンツくらい見せろって訳じゃないけど(いや見せろ)、彼女に弾みがないから青春映画にはならないのだ。
彼女自身が間違えた演技メソッドとかを展開してる訳ではないのだけど、これはプロデュースの時に組み合わせを間違えたとしか言えない。
「自殺」に対する啓蒙映画として作ってるキライもあるが、それなら虫男は不要であるか、虫男その物の正体を明確にしないと「自殺」その物の存在規定が曖昧になってしまう。

青春映画として撮るなら、いつもフラフラして若さを隠せないタイプの清水富美加の方がこの映画の主役には似つかわしい。清水富美加が主役で商品として映画を背負えるかどうかはとりあえず考えないとするならば、だが。

そして虫男。
最終的にそれが何者であるかの説明がないのは構わない。
でも、主役の土屋太鳳と渡り合う時に、触れあえる、追い払える、等の属性が明確になってないのは問題だろう。
アニメートをいわゆる板野サーカスの板野一郎が付けている事を売りにしているが、何だかとっても普通の動きだったと思う。別に違和感のない動きだからそれでいいんだけど。
声の大杉漣はいいんじゃないの。そのまま大杉蓮だけど。



【銭】
チケット屋で1300円の前売券を1200円でGET。あ、水曜に行けば1000円で観れたんやん。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
赤々煉恋@ぴあ映画生活


fjk78dead at 16:25|個別記事コメ(2)トラバ(1)