海街diary

2015年12月29日

『海街diary』をギンレイホールで観直して、いやーデトックスふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★この悪人のいない世界が気持ちいいんだな】
映画の中に悪人はいない。
正確には風吹ジュンの生活を脅かす弟の存在は悪人に見えるが、
彼はキャラクターとして映画に現われないので、
その存在は神の掲示のように天災として扱われる。
「悪人」の位置を持ち回りするような事がありながら、
だからこそ逆に、ベースとしての善人が際立つこの世界の居心地はとても良い。

生まれ変わったら、この世界で四姉妹の一員になりたい。
そういうきらびやかな映画である。
にしても魅力的な四姉妹だ。

凄く「正しいこと」にこだわる長女、
野性の猫めいた次女、
常に家族のバランスを見つめている三女、
長女同様しっかり見えながら内面にナイーブな傷を隠し持つ四女。

長女に甘えていると言うか、長女が正しさで抜きんでた状態になるのか、
けっこう行儀の悪い次女、三女。
そして、その行儀と身持ちの悪さの一番奥に三人の母、大竹しのぶがいる気がする。
この大竹しのぶと四女すずの母の佇まいが似ている。
だから、四女の行く末が長女には手に取るように分かる。
自分を見るようであったから。
きっと葬儀の場であった喪主を押し付けられるような話が
綾瀬はるかと大竹しのぶの間にもあったのかもしれない。
綾瀬はるかが正しいのは大竹しのぶに対する武装かもしれない。
でも、その武装独力では決して大竹しのぶを打ち破る事は出来ない。
調停してくれる樹木希林のような者がいて初めて対等にジャッジされるのだ。
すると、やはり、すずが山形に残る事は残酷な結果しか生み出さないだろう。

綾瀬はるかが「がんばったね、ありがとう」と言った時に
流れる広瀬すずの涙の何と美しい事か。
決して褒められる為にやっていた訳ではないけれど、
誰にも認められない彼女が初めて他人から認めてもらった瞬間、
とてもナチュラルに流れる涙が素晴らしい。
心はともかく、身体が泣きたがっている。

正しい綾瀬はるかが着る服はユニセックスっぽい色実の少ない単色もの。
同じ服を次女が着るとコーディネートで「ザ・女」みたいな服に変わる。
三女は変わり者仕様の派手な服。
四女は若さが溢れるカジュアル服だが、長女と同じユニセックス単色を着がち。
やはり四女はミニ長女なのである。

俺物語コンビ(鈴木亮平と坂口健太郎)が出ているが二人は出あわない。
鈴木亮平:サッカーチーム監督
坂口健太郎:長澤まさみの彼氏→フェイドアウト

とりあえず、今回も四姉妹で一番好きなのは夏帆ちゃん。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼関連記事。
海街diary 一回目@死屍累々映画日記

PS 同時上映の『きみはいい子』は二回目はまだいいやという事でパスした。
 二回目を見れる機会があったら見てもいいけど、きつい部分がある映画なので
 何にせよ、まだいいや、と思って今回は見限った。

fjk78dead at 01:12|個別記事コメ(2)トラバ(1)

2015年09月10日

『海街diary』を109シネマズ木場3で、『マッドマックス怒りのデス・ロード』をトーホーシネマズ六本木4と立川シネマ2aで観て、ともかくもう感想をすぐ落とすふじき★★★★,★★★★★

未レビュー撲滅運動対象記事。
時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。

◆『海街diary』
五つ星評価で【★★★★「これが癒しだ!」と叩きつけられる映画】

あんな四姉妹がいたら、そらさぞかし喜ばしい事だろう。
地球が誕生した甲斐があったという物だ。
でもまあ、現実にはいないから映画として出来ると
みんな「はあー」と溜息つきながら夢見心地で鑑賞してしまう。

しっかり者の長女に綾瀬はるか。
生来の「ほわん」とした空気とキリっとした役柄が融合していい感じ。
全日本理想の長女癸韻任靴隋ああいう姉ちゃんに世話焼かれたい。
血が繋がってなくてロマンポルノに移行しても、全然良し。

奔放な次女に長澤まさみ。
まあ、そこそこの年齢なんだけど、今までそっち方面がそんなにだったので
何となくちょっと無理してエロ目の役をやってるように見える。
脚もきれいだけどブラとか惜しげもなく見せるのは
エロいというより逆にオヤジ的な面倒くささを感じる。
まあ、それでも全然良いのだけど。

変わりものの三女に夏帆。
四姉妹の循環油役。
四姉妹の中で彼女だけ明確な悩みパートが映画に取り上げられていない
(原作は未読なので不明)。
だから、逆にどこにでも溶け込んでいく。
というか、御託は抜きにして夏帆ちゃん大好き。

母親が違う四女に広瀬すず。
ちょうどいい子供具合。
だけど、一人で現実と向き合ってきたので、
弾ける寸前まで我慢する強さみたいなのも感じる。

しっかり長女、長女に反抗的な次女、どちらからも可愛がられる末っ子三女、
+ 新しく来た「擬似一人っ子(別系統の長女)」の四女、という組み合わせ。
次女から見た四女は三女同様、格下として制御してやればいい存在。
三女から見た四女は新しく来た仲間。
三女はチーム全体が気持ちよくなるよう自然に気づかいするポジション。
四女から見た次女、三女は新しい群れの仲間。仲良くする事に問題はない。
長女から見た四女、四女から見た長女は
ボス猿と、別のチームからはぐれたボス猿との関係で、
両サイドから調整しようという感じになるのが、まあよう描かれている。

それにしても本当にこういう四人がいればいいなあ、
という映画であって、筋とかオチとかどうでもいいし、
実際ビックリするような強い落ちもない
(ムリクリ強い落ちを付けるなら四女が父の血を継いでないとかだろうな)。

喫茶店のマスター、もとい、リハビリ医者役に鈴木亮平。
よう出てるなあ、この人。
確か映画の中では「クリーム玄米ブラぁ〜ン」とか歌ってなかった筈だ。
いや、覚えてない。ただ、役柄的に全裸でリハビリをして、
綾瀬はるかが凄く嫌な顔をするという展開は見てみたい気がする。

そうか、喫茶店のマスターはリリー・フランキーだった。
この人もこの後、ヤクザ組長で吸血鬼、とか野火のあの役とかをここでも演じてたら、個人的には拍手したいと思うんですが世間的にはダメですね。「猿の肉入りシラストースト」とか、そっと出してほしい。

四姉妹の中の三姉妹の母親役に大竹しのぶ。
けっして悪い人、悪意がある人ではないが、コミュニケーション・スキルに問題があり、いや、それは姉妹側とも合わせた上での問題点なのだが、姉妹側に同調している観客にイライラを与える役。大竹しのぶはこういうの自然でとても上手い。『海街diary』でのイモータン・ジョー的な役どころ。


◆『マッドマックス怒りのデス・ロード』
五つ星評価で【★★★★★理由は言葉にできないが、ぼーっと見ててノリノリで観終わって、その堪能の深さが今までにない深さだったら幸せじゃん】

あのぴょーん、ぴょーんってのと、
エレキギターでガガガガガってのと、
太鼓叩いてドンドコドンってのが最高。

あまりに最高だったので「極上爆音上映」やってる立川に再見に行ったら……
すんげー更に最高だったのだが、微細な音響トラブルがあり、
これを「極上」と名乗る訳にはいきませんと立川の方から返金があった。
偉い、男だ、立川。女かもしれないけど男だ。立川。
と言う事で、「極上」を体験しに3回目に行く予定。


【銭】
『海街diary』は109火曜メンバーズデーで1300円。
『マッドマックス怒りのデス・ロード(1回目)』はトーホーシネマズのポイント鑑賞(有料入場6回分)で0円。
『マッドマックス怒りのデス・ロード(2回目)』は立川、半年会費600円を払って期限半年の会員になって、会員平日価格1000円で鑑賞したが、その1000円は後から返金された(一応600円という事かな)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
海街diary@ぴあ映画生活
マッドマックス 怒りのデス・ロード@ぴあ映画生活
▼関連記事。
海街diary二回目@死屍累々映画日記
マッドマックス怒りのデス・ロード(3〜5回目)@死屍累々映画日記

何で『海街diary』『マッドマックス怒りのデス・ロード』が同じ記事に同居してるのかと言うと、次のふじきのツイッターでの呟きによります。

女戦士綾瀬はるかが一緒に住まないと言って長澤まさみ、夏帆、広瀬すずを連れ出したらイモータン大竹しのぶが襲ってくるみたいな映画なんだからカンヌに出せばいいんだよ。あ、マックスはリリー・フランキーで。

fjk78dead at 00:51|個別記事コメ(18)トラバ(12)