2015年05月21日

『百日紅』をテアトル新宿で観て、ああ普通だなあ。他の人のように後から染みんなあふじき★★★

五つ星評価で【★★★普通に通りすぎた】

山場の設定もなく淡々と進む。
映画館の椅子に拘束されている時間が退屈な訳ではないが、
強いエモーションを感じなかった。
後からじわじわ来るという感想もツイッターで散見されたが、
私に関しては特にそうでもなかった。

日常を描く。
その世界での当たり前や生活の機微を描く。
それはもちろん大変な事だし、
採光に注意した映像は一見に値する。

でも、これは実写で撮った方がいい素材だろう。
アニメならではのデフォルメは活きないし、
実写で撮った「人の皮膚」が語りかけてくる感覚があった方が
より「人が生活している感」が伝わってくると思う。
原作がマンガ(未読)なので、実写化による原作との乖離を避けたかった、
というのはあるかもしれないが(未読なので判断できん)。

有名俳優を多く集めた声のキャステイングは「下手」な人がいない事は評価したい。棒読みにもならず、声はちゃんと聞き取れる。だが、声優として確立された声ではない。普通の声が大多数で、そういう普通の声が集まると何とも耳触りが地味だ。もうちょっと無駄に分かりやすい声優の声が入ってバランスを取れたらよかったのに。

後、これは演技メソッド側の問題であろうが、美保純と杏の掛け合いとか、演技の同一線上にいないみたいなやり取りも面食らった。

杏は宛て声で、キャラも似せてるだろうから違和感はない。ただ、やはり、見ていて「杏」を忘れるのには時間がかかった。
陰間茶屋の部分だけでも実写にならんかなあ。
いやあ、あそこだけでいいよ。


【銭】
テアトル火曜会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
百日紅〜Miss HOKUSAI〜@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
百日紅〜Miss HOKUSAI〜@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
百日紅〜Miss HOKUSAI〜@ペパーミントの魔術師
百日紅〜Miss HOKUSAI〜@こねたみっくす

fjk78dead at 19:05|個別記事コメ(14)トラバ(18)

2013年10月27日

『劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の1日』をシネマート六本木3で観て、下ネタ全開ふじき★★★

五つ星評価で【★★★夏帆ちゃん可愛い。杏ちゃん凛々しい。要君は個人的にはどうでもいいけど普通だからえんでね】

のっけからなんだけど、「要(カナメ)」と「潤(ジュン)」って女の子二人のメンバーでガールズユニット「TSH(タイムスクープハンターズ)」を作って淫靡なセーラー服着せて歌って踊らせたらCDくらい買うぞ。カナメはKAHOちゃん、ジュンはANNEちゃん希望だ。歌詞が終わって最後に二人で口を合わせた決めセリフを叫ぶ。
「恥ずかしいから」
「セーラー服なんか着たくないんだぞ」
ああ、今思い付いたばっかりだからデザインがよく分かんないんだけど、
二人がちゃんと恥ずかしがれるようにTバックセーラー服とかがいいな。

えーと、オープニングのキャスティングロールで、杏ちゃんが「AN」じゃなくって「ANNE」って事が分かった。そうか、本当は「アンネちゃん」なのかと妙な妄想を膨らませるのは間違いで「Eは発音しない」って奴だ。頭が悪い諸君は調子に乗って「杏ちゃんとSXしたい」とか言わないように。俺も言いたいけど我慢するから。

という訳で、NHKでやってたオリジナル番組は未鑑賞。
「タイムスクープハンター」初体験である。
やさしくしてね、杏ちゃん。
いやいやいやいや、竹山に優しくされても・・・って微妙な下ネタで繋ぎながら、
タイムスリップ物としては、何かズボラってか、雑だな。

遺失物茶器を新しく出来た未来から回収って、クーラーのリモコンを未来から回収する『サマータイムマシーン・ブルース』かよ。あれ、劇場公開時にリモコン割引ってあったから、これも茶器割引、いや、加藤茶割引があってもいいな。妻になって加藤茶を連れて行ったら映画が1000円で見れる。
もとい、茶器、経年してるから古びるとかないのか?

こういうのをルーズにやるなら「時間の修正機能が効くから大丈夫」とか
誤魔化しセリフの一つも入れておけばいいのに。

あと犯人照合にあんなに時間がかかるのはやる気がないとしか思えない。
というか、使用してる銃にシリアルナンバーくらい入れておくべきだろう。
発砲回数を調査、記録と照合しないなんて管理としてルーズすぎる。

そういう基本設定の矛盾をボンボン無視するなら、そこそこ面白かった。
総合的に、ドラマ部分より、スコープ画面の変なデザインとか、夏帆ちゃん、杏ちゃんが可愛かったり凛々しかったりとか、戦国時代の衣装・背景設定がそれっぽかったりとか、小道具関係が楽しかったりする。

夏帆ちゃんかーいーなあ。
セーラー服まだ全然着れるなあ。
あのセーラー服の下に巨乳とか思うとたまらん。
しかし、有名な事件を追うにせよ、名もなき人を追うにせよ、最後に考え方がどう変わったか、変わらないかを表明させないと作りから言っていかんだろ。

杏ちゃんりりしいなあ。最後に現場に出てきた時のスーツ姿で
胸が青年のように平だったのがちょっとショックだった。
そこはちょっと盛ってもいいんじゃない。
本社でちょっとだけ映る美脚かっけー。脚の人なのだよね。

カンニング竹山は脱がないから良かった。
最近、やっと映画で脱がなくなったような気がする。

上島竜平のあの小物感は貴重だと思う。
あんなに出てきた途端、一目で「小物」が分かる芸能人ってなかなかいない。

何よりも怖いのが、
戦国時代の武将より、戦時のモンペ女子、1980年代の不良の方が危険ってのが
そこそこ説得力持ってるのが凄い。

まあ、普通、夏帆ちゃんが人買いに買われた時点で味見くらいされるよな。
そこを省略しちゃうのはいかがなもんかな。



【銭】
シネマートのメンバーズポイント10ポイントを使って無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日@ここなつ映画レビュー
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日@はらやんの映画徒然草
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日@だらだら無気力ブログ
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日@大江戸時夫の東京温度

PS そうそう、私、基本的に眼鏡をかけている女の子に対して、
 眼鏡をかけているから萌えるという事はないんですが、
 夏帆ちゃんが眼鏡をかけた瞬間、
 どうしようもなく針がどストライクに振り切りましたね。
 目の丸さが強調されて可愛かったです。
PS2 コスプレタイムスクープハンター
 カンニング竹山:ブリーフ一丁
 上島竜平:ブリーフ一丁
 杏:『プラチナデータ』の性悪女スタイル
 夏帆:『任侠ヘルパー』のキャバ嬢ルック
 要潤:仮面ライダーG3着装
 時任三郎:牛若丸三郎太(FROMリゲイン)
 嶋田久作:『帝都物語』加藤保憲
 宇津井健:スーパー・ジャイアンツ
PS3 勿論、眼鏡をかけた夏帆ちゃんともSXしたいです。


fjk78dead at 11:00|個別記事コメ(6)トラバ(9)

2013年10月13日

『真夏の方程式』をトーホーシネマズ六本木6で観て、杏ちゃんいいなふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★杏ちゃんかーいー吟渋い】

これも随分前に観た。同じようにただ何となく感想を書き忘れていた、今更感はあるが書いておこう(初期TB省略するぜよ)。

杏ちゃんのちっぱいが最高。

以上


【銭】
映画ファンサービスデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
真夏の方程式@ぴあ映画生活

PS 泣ける話でした。
 罪に加担した者はみな優しく、罪の引鉄を引いた被害者のみが存在悪。
 それでも正義の執行を行う意味はあるのか。
 ・・・という命題も杏ちゃんのあの顔の前には勝てない。ああ。いいわあ。
PS2 「ひろせまなつの方程式」でも俺は喜んで見れたと思うね。追記1日遅れ

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(4)トラバ(4)

2013年04月09日

『プラチナデータ』をUCT1で観て、何故囁かせたんだろうふじき★★

五つ星評価で【★★バランスがボロボロの怪作】


基本的に二宮君に情け容赦ない記事になると思うので、
ニノ大好きという方はここで読むのをやめていただいた方がいいと思います。

まず何であの囁き方をさせたの?

予告観た時、あまりに唐突で変な喋り方にNGカットか何かか?と思っていたら、本編でも全く普通に当然が如く予告と同じまんまで使われていた。何、あれはああいう風に喋るとかっこいいの? 何かそういうルールが私が知らない間にどこかで制定されたの? 知らない私が馬鹿なの? あの喋り方には腹立たしさしか感じない。又、あんな喋り方させたせいで凄くIQが低く見えてしまう。まあ、IQ高すぎる人を実際には観た事がないから本当はあんな喋り方をするのかもしれないけど。

で、そのいわゆるニノの身体が前回の『大奥』でも感じたけど、子供すぎる。いや、体格はしょうがないでしょうとか言われるかもしれないが実はそうではない。上手な役者は自分の体格を凌駕する演技をするのだ。小っちゃく見せたり、大きく見せたり、若く見せたり、年老いて見せたり。勿論これは演技だけでなく演出とガッチリ息を合わせた上での結果であるのだろうけど。二宮君は器用な演技をするが、身体イメージを大きく変えて見せるほどの演技巧者ではない。又、デニーロ・アプローチみたいに実際の身体改造もアイドルという多忙な職業上、許されはしないだろう。別にそういう役者は日本にいっぱいいるだろうから二宮君只一人が罪人ではないのだが、自分にできない役や、自分が適さない役であるならちゃんと断わっていただきたい。彼が役者しかしない人なら時間も作れるだろうし、もっと突き詰め方もあると思うけれど、現実的にはそれはありえないだろうから。
だって二宮君スーツ似合わないよ。
着せられてる感が凄く強いよ。
七五三っぽいよ。
タッパのある杏ちゃんと並ぶと、合格の時にしつらえたスーツを着てる大学の新入生と、その姉(キャバクラ勤務)みたいに見えるもの。という訳で二宮君は頑張っているものの起用が間違えている(ちなみに同じ視点から役柄が似合う『GANTZ』については全く問題がない事も触れておく。別に個人的に嫌いだとか憎んでいる訳ではない)。

役者の話を続けるなら、二宮君と比較して
いつも通りの役を渋く演じたトヨエツは問題なし。
二宮君が変だったので引き立ってしまった。

水原希子も及第点。
それに俺は顔に痣のある女性フェチだから、きゅん。

杏ちゃんすらっと脚が長くてなまめかしくて個人的には眼福だけど、
警察庁の研究機関でそんな無駄にお色気出さんでもいいだろ。
いや、無駄ではないのか。
映画の設定通りなら、杏ちゃんはどうしようもなく淫乱なDNAを持ってる事になる。いいなあ。それが分かるんなら「君、淫乱だね、今晩どう?」とか高田純次みたいにとっても軽くアプローチするのに。


DNAプロファイリングについては大袈裟なビジュアルのシステムがおもろい。こういうでかい嘘をのうのうとつくのはいいなあ。二重人格問題の解決を何もしてないので、ああ見えて性格判断なんかは占いレベルのはなはだ精度が低いもんと言わざるを得ないところが又、マヌケで可愛い。中盤以降に出てくる警察庁の秘密捜査システムもおもろい。あんなの共犯者一人いれば瓦解してしまうやろ。また、みんなが花粉症対策で顔をマスクで覆っちゃう春先の今はちょうど使えん。

「真のプラチナデータ」って意味は分かるけど、
脚本上の言葉として分かりづらくて成立しない。


映画の中で、明らかになる犯人の犯行動機が、遠大でちょっとイカしている。
千年王国みたいな世界観がSFとは言え、
ミステリ要素の強いこの映画で出てくるとは思わんかった。
これは嬉しい方の誤算。


あとドラマ部分が終わった後に荘厳な音楽が流れて、いい気持ちになっているのに
いきなり実にスチャラカな感じの嵐が歌う主題歌が流れて来たのにはビックリした。
あれが辛うじて保っていた作品としての後味の良さを思いっきり吹き飛ばしてしまって大笑い。
「 ♪ 身体中が叫んでる おっおおー」じゃねえよ、本当に。


という事で、この映画のバランスが何かあちこちボロボロすぎて、逆にそういった楽しみ方が出来てしまった。
この映画を家に例えるなら、敷地(製作費)は広い。そこに立てる建築物(設定)は敷地に合わせて広いけど突っ込むと耐久度が低い薄いダンボールハウスだ。でもその家の内装(CG・特撮・音楽)は実に豪華でいい雰囲気を出している。主人(二宮和也)は赤ふん一丁(変なワードローブ)で、足元には電動河豚(杏ちゃんの美脚)が転がっている。そして、そこで食す堪能すへきディナー(映画の後味)はスーパーで売ってる味はソコソコだけど高級感が何一つない自社ブランドの百円菓子(エンドロールで流れる嵐の主題歌)だ。

とりあえず主人の足元の電動河豚は確保しておくけど、この家に住むのは嫌だな。主人も赤ふんだし。



【銭】
UCTのポイント6回分を使って無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
プラチナデータ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
プラチナデータ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
プラチナデータ@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
プラチナデータ@流浪の狂人ブログ


fjk78dead at 19:00|個別記事コメ(20)トラバ(12)

2013年01月02日

『映画 妖怪人間ベム』を109シネマズ木場7で観て、あかんやろふじき★★

五つ星評価で【★★着地点に何もない】
  
ドラマ未見。
終わりを暗示するような予告編だったが、終わる要素はない。
通常のドラマ枠の拡大版に近いが、話がないのに長い。
何だか60分のドラマを2倍に薄めたみたいだ。

亀梨君はへたっぴっぽい。
確かに背景の全くないような役を
彼みたいな若いアイドルが演じるのは大変だと思うが。
柄本明主演では商品にならんだろうしなあ。

福くんはあれでいいんだろう。
ベラが「あの子は一生あのままなんだ」と言うセリフを言うのだが、
最低20年以上、あの姿のままである事よりも、
頭脳も大人に成長しない事の方が、実は禍々しい設定だ。
その点は触れずにスルーされた。やばいよね、それは。

杏ちゃんおもろい。
昭和のズベコウみたいな語り口調で何気にツンデレなのが微笑ましい。
亀梨君と並ぶと背丈のバランスが明らかに悪いのは、しゃーないけど残念な一点だ。

映画ならではの新化け物キャラは植物系で、
ちょっと『リトルショップ・ホラーズ』のオードリー2に似てる。

オープニング曲、昔のアニメ版と同曲なのだが、昔の曲の方が燃える。




【銭】
クレジットカードのポイントを映画鑑賞券に変えて観にいったからロハだぜ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
映画 妖怪人間ベム@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
映画 妖怪人間ベム@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
映画 妖怪人間ベム@Akira's VOICE


fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(0)トラバ(7)

2012年04月15日

『おかえり、はやぶさ』を新宿ピカデリー7で観て、そこはメイド服だろ杏ちゃんふじき★★

五つ星評価で【★★いや、別に何を期待して見に行った訳でもないし】

何をどう勘違いしたのか、
チケット屋で安値前売券を買った時は成島出監督作品だと思ってた。
あにはからんや、本木克英監督でした。
特に何も期待しないで映画館に行った。

なんで、まあ、いいや。

できれば、杏ちゃんにメイド姿で(妙に似合わなそう)
「おかえりなさいませ、はやぶさ様」とお辞儀してほしかった。
そうかあ、日本は予算ないのね。
じゃあ、藤原竜也君が地下賭博で命を賭けるか、
三浦友和の死の散歩に付き合うか、
いや、やっぱりお金の為に杏ちゃんを風呂に沈めて、
その風呂で杏ちゃんにメイド服を着せたい。
そして、メイド服を着たままで、感情が高ぶる中で杏ちゃんにこう叫んでほしい。
「ああ、お帰りになったはやぶさ様が、ずんずん、私の中に入ってくるう」
そっちの方が見たかった。

あ、でも、これ、「感想文コンクール」ってのをやって、
客層対象が小中学生なのね。
それじゃあ、しゃあないか。
風呂には沈められないか。

しかし、淡々としてた。
この「淡淡としてる」が、割とリアルかもしれない。
実際はドラマみたいに皆が同じ方向を向いて熱血したりはしないと思う。

ココリコ田中はもうすっかりドラマの人だ。
でも、ココリコ田中の家族の話はいっさいいらんなあ。

カンニング竹山もかなりドラマの人だ。
今回は変なサービスシーン(フンドシとかブリーフとか)が
なくって良かった。ラストシーンはOKされちゃダメだろ。

基本、中村梅雀と大杉漣が出て来ると画面が面白くなる。
「味」だなあ。

あ、あと、物凄く華のない役を実直に演じた木下ほうかを誉めておきたい。

さて、ちょこっと寝てしまったが、
これはハヤブサの4基のエンジンのうち1基が止まってしまったのと
同じくらい想定内だったので何ら問題がなかった。



【銭】
3D前売券を800円で購入して2Dを観た(3Dは終了してた。身体に負担がかかるので別に2Dでもよかった)。前売券に「2Dでも見れます」ってちゃんと書いてあったのは良心的。しかし、理屈で言うと400円を客に返すべきだと思う。ちなみに最底値で250円で2Dの券が売ってるのを見た。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
おかえり、はやぶさ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
おかえり、はやぶさ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
おかえり、はやぶさ@LoveCINEMAS調布
おかえり、はやぶさ@ほし★とママのめたぼうな日々
おかえり、はやぶさ@as soon as

PS 三浦友和の役名は「大橋教授」、
 彼が子供のように溺愛する火星探査艇の名前は「のぞみ」。
 つまり、「大橋のぞみ」なのだった。


fjk78dead at 00:34|個別記事コメ(4)トラバ(4)