本田翼

2016年12月31日

『土竜の唄 香港狂想騒曲』をトーホーシネマズ新宿7で観て、前作よりおもろいと思うわふじき★★★★

170302_1
▲ジャニーズの主人公を除く共演者の皆さん。

五つ星評価で【★★★★何よりコーディネーターの実力が凄いんちゃうかな】

衣装がキンキラで凄い。
ヤクザが二束三文でドコスコ画面に投入されて
画面がビッシリヤクザで埋まってる感じがこんな言い方変だが心地よい。
そして、女優陣がヤングマガジン・テイストに無駄に汚く色っぽいのがいい。
そう、あの中坊の性欲を嘘でも満たせてあげたいみたいな
悪い兄貴の親心みたいな感じはヤングマガジン・テイストだ。
ヤングジャンプのスマートな美乳とかより、汚くても体温のあるムチっとして
どこかじんわり湿っているような感じ。

前作に関してははっきり言ってもう覚えていない。
99の岡村が出てて鬱陶しかったのだけ覚えてる。
あれが関西ヤクザだから、導入部のフォークダンスまでが前作との引継ぎになるのだろう。で、今回は「対香港」と言いつつ、国際感覚はゼロ。まあ、それで別に全然かまわない。敵がいきなりゴキブリ人間に変わっても三池演出の前では大きな問題なしでOKになってしまうだろうし。

生田斗真はようやってる。
あのテンションと一人芝居。
彼が照れたらこの映画は瓦解する。
そういう意味では立派な座長芝居である。
つか、生田斗真のハイテンションが前作とキッチリ映画を繋いでいる。
彼があのハイテンションで演技を変えずに出る限りは他のどの要素が変わっても
シリーズとして持続可能だろう。

ヤクザ役はみなまあまあまあまあ。想定内の演技だけど、それでいい。
気持ち良さそうに兄貴分を演じる堤真一がいい。
いや、どちらかと言うといいのは服の方だ。
『海賊と呼ばれた男』でもキーパーソンな人物を演じていたが、
どっちかというとこっちの方が自由でよい(いやまあ本当にいつも通りなんだけど)。

そして中坊の心をドキドキさせる三人の女優。
本田翼の予告でも見せたあの思い切りのいい啖呵。
でも、処女というギャップ。
その処女をエロく蹂躙するという、ありがとうございますなエロ展開。
古田新太になって「ぐいっ」とモモンガ突っ込みたかったよ。
ルパン三世のくすぐり機械みたいに若者のトラウマになりそうないいシーンだった。
170302_3
▲罵倒されながらセックスしたいなあ(徐々に罵倒できなくなる展開とか超エロい)。

菜々緒って言うのは第一にビジュアルの人なのだけど、
そのビジュアルを元にしたアクションの切り取りが惚れ惚れするほど良かった。
菜々緒の底なしの無表情って凄く「映画」っぽいと思う。
あ、途中でやめたけど予告の締めだった「ずっぼんバキューム」はあんなん使わんでもええやろ。

170302_5
▲中学生はこれで今晩お世話になりなさいという衣装が最高。

そして仲里依紗の性格とパンツ。
仲里依紗は菜々緒と違ってパンツ以外は性格しかないような役だ。
何が勿体ないって、本編見るとそうでもないのだけど、
予告編だけだと仲里依紗が和田アキ子にそっくりなのだ。
それじゃ本田翼に「婆あじゃねえ所だよ」と言われてもしょうがない。
日本中の大半がそうだと思うのだけど、和田アキ子では欲情しないぜ!

そんな3人に比べたら新規参入の瑛太は面白味のない役だった。
いや、別に瑛太に脱ぎは期待してないけど。

同じく新規参入の古田新太はなかなか面白味のある役なのだけど、
上層部からトカゲの尻尾切りされる理由はモモンガ側に持たせなあかんでしょ。

そういや、虎が出てくるんだから、豹柄の上地雄輔とは対面させるべきじゃないか?
上地雄輔が豹柄なんだから、菜々緒には女豹のポーズを取らせるべきだろう。
もしこの先シリーズが続くなら、香港マフィアが崩壊しても菜々緒は無事そうなので
再出演を果たせそう。それってバリバリ峰不二子っぽいよなあ。

こんなんおもろいって言うと「俺は下品でパイオツもツオケーも大好きです」とちんちん振り回しながら宣言してるようなもんだから恥ずかしいんだけど、退屈せずに最後までおもろかったよ。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・24本目(2016年11月25日〜12月24日)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
土竜の唄 香港狂騒曲@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
土竜の唄 香港狂騒曲@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
土竜の唄 潜入捜査官REIJI(一作目)@死屍累々映画日記

PS エンティングの関ジャニの歌もバーターだろうけど、これは合ってると思う。

fjk78dead at 17:45|個別記事コメ(8)トラバ(10)

2015年11月17日

『起終点駅 ターミナル』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、女優がいいとしか思わんわあふじき★★

五つ星評価で【★★ぐっと来ない】

もういい年だから、こういう主人公が侘び寂び集めましたみたいな映画で
「はあああああ」とか声出して脱力してもいい筈なんだけど、
主演の佐藤浩市が肉体は白髪も増えて枯れ出しているのに
顔の作りが「何かあったら不撓不屈で頑張る」作りなので、
「佐藤浩市が老人のコスプレ」してるみたいで、
どこかその存在を嘘くさく感じてしまった。
佐藤浩市は佐藤浩市と言うだけで、弱そうに見えないのだが、
この役は贖罪の為に弱すぎて消えてなくなりそうなぐらいの人に合う役なんじゃないだろうか? 原作未読なので元々の主人公のニュアンスがどうであるかとかは分からないが、私には佐藤浩市の不器用で無骨な強さがあまり「そこに逃げ込んだ人」に見えないような気がした。

本田翼は身体に似あわず顔だけエロイ顔しよるなあ。
潤んだ瞳で発熱した少女とかが、何かたまらんのは私自身が病んでるからだろう。
しかし、いきなり高熱でフラフラしてるってのは展開にムリがある。
というか、よくありすぎる陳腐な展開で、コメディーすれすれだ。その展開の強引さが強すぎて中村獅童が割り込んで来てサスペンスに路線替えするかと勘繰ってしまった。
私はこの役を佐藤浩市の代用子供(息子の代わりとなる娘)として捉えたので、その佇まいは本田翼自身であれば良くて、演技力とかそんなにいらないと思っていたのだが、本来は佐藤浩市と本田翼との間に淡い恋心が生じる役らしい。それはミスキャストでしょう。どう見ても「淫行」っぽいもん。


【銭】
トーホーシネマズデーなので1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
起終点駅 ターミナル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
起終点駅 ターミナル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
起終点駅 ターミナル@MOVIE BOYS

PS 本田翼が子供なんで尾野真千子が大人だったな。
 「いい意味で化粧が濃い」なんて思わんよ、普通。

fjk78dead at 03:47|個別記事コメ(2)トラバ(6)

2015年03月07日

『アオハライド』をトーホーシネマズ六本木アートスクリーンで観て、凄いぞ本田翼ふじき★★★★

忘れちゃいそうだから、軽くポコポコ映画の感想潰していっちゃうぞ祭。

五つ星評価で【★★★★可愛いは力】  

観終わった後のツイッターへの呟き。

「うわあおあうあおおうおう。男も女もみんなかーいすぎる(除くベンガル)」

わははははは。もう、ベンガルが出てた事を覚えてない。
別にそこ大事じゃないし(いや多分、大事じゃないと思うよ)。

本田翼が可愛い。割と今まで本田翼には良さを感じなかったのだけど、今作に関しては死ぬほど可愛い。いや、死なないけど。
今まで本田翼の映画で見たのは『江の島プリズム』『らくご映画』『鷹の爪7(声)』の三本。基本、本田翼って「強くないし、中途半端」という個性なのだと思う。だから、それがマイナスに出るとメインキャラクターなのに真っ中心の立ち位置にいるのが似つかわしくないような場違いな薄いキャラになってしまう。今回はその「強くないし、中途半端」を「儚げな部分もあるし、自己確立されていない」に置き換えているのが本当に見事だった。そう、未完成に見える部分は取り繕おうとすると欠点に映るが、フューチャーすれば取り柄になるのだ。多分、これは撮る側がどこまで撮られる側を愛するかで見出した視点なのだと思う。三木孝浩監督はそういう掬い上げが涙を流すくらい上手い。

ぶっきらぼうな東出くんもまあいい。身体が大人だから高校生きつそうに見えるカットも幾つかあるのだけど、全体に違和感はない、ないと信じたい。メイクの腕がいいんじゃないだろうか。

本田翼とつるむ三人娘のツンツンした新川優愛とデレデレした藤本泉、どっちもかーいー。藤本泉って『小川町セレナーデ』の子だったのか。観てから二か月経ってやっと気が付いた。すげえ化け具合だ。このマンガな顔立ちにマンガな演技。藤本泉自身の腕もあるのだろうけどやっぱメイクの腕がいいんじゃないかな。

本田翼の東出くんを巡るライバルに高畑充希。鉄板のオールラウンド・プレイヤー。任せておけばどんな配置でも大丈夫。

本田翼はこの映画がピークな気がしてならないなあ。
そんな憶測をふっ飛ばしてもらいたいものです。


【銭】
トーホーシネマズの有料入場六回分ポイントを使った無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アオハライド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アオハライド@MOVIE BOYS

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。


fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(2)トラバ(1)

2014年04月07日

『鷹の爪7 女王陛下のジョブーブ』をトーホーシネマズ日劇2で観て、えんでねふじき★★★

五つ星評価で【★★★鷹の爪団はこの長さが適正だなあ】
  
無料公開である。
鑑賞料金はジョブーブ(タウンワーク)の奢りだ。
タウンワークのCM映画って言えばそれまでだし、その通りだけど、
別に普通にネタとして面白いから全く問題ない。
これがお金を払わずに見れるなら、つまんない映画はお金を貰ってもいいくらいだ。
と言うか、20:00から上映で20:05から本編が始まったんだけど、
鑑賞料金がおごりってことは見たくないのに見せられた無関係な広告に関して、
お客にいくらか払い出すのが筋じゃないだろうか。
まあ、極道じゃなし、こんなとこでゴネてもしょうがないから、これ以上書かんけど
(いや、そんなん一言も書くなよ、セコチンだなあ)。

それにしても長さは40分? 短くってよかった。
一連の『鷹の爪団ムービー』は長すぎるのだ。
そんなに緩急のある話じゃないし、
緩急のある演出をできる素材じゃないから、今回程度の短さが妥当だと思う。

40分で1800円を取れないのなら500円で回転多く回して、
割チケでも配って通常の興行にお客が来るように誘導すればいい。


意図的か偶然かは分からないが、
本田翼の抑揚のないクールな棒読みは『鷹の爪団』に合ってると思う。
このギチギチに作りこまない作品には素人的な声が合うのだ。

基本、思想性はないだろうから、
次は今回のジョブーブのライバル会社のキャラで作るとか
業界を震撼させるようなことをやってくれたら面白いのだけど、
それはないな(そこまでやらなきゃいけない理由もないし)。



【銭】
無料公開。マイル的には鑑賞履歴は付くけど鑑賞ポイント、マイルは0ポイント、0マイル。そらそうだろ。こんなん回数見られてマイル稼がれちゃたまらんだろ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
鷹の爪7〜女王陛下のジョブーブ〜@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
鷹の爪7〜女王陛下のジョブーブ〜@或る日の出来事
鷹の爪7〜女王陛下のジョブーブ@気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ)
鷹の爪7〜女王陛下のジョブーブ@そーれりぽーと

PS 木の実ナナに木のコスプレをさせて、
 「木の実着のナナ」って言ったらなかなかいいダジャレじゃないだろうか?
PS2 次回作は観に行くとお金が貰える映画でお願いします。


fjk78dead at 21:53|個別記事コメ(2)トラバ(3)

2013年09月30日

『江ノ島プリズム』をシネマート新宿1で観て、その理屈は分からんが泣けるぞふじき★★★

五つ星評価で【★★★やせ我慢をする主人公はみんな好き】

他人の為に、自分から貧乏籤を引こうという善人がたまに映画に出てくる。
このフォーマットにメチャクチャ弱い。
そして、この映画はそのフォーマットに乗っ取ってるのである。
その貧乏籤の引き方が大好きなマンガ『うしおととら』の延長線上にある。

くるわあ。

設定が雑で、何故そういう事象が起こるとかを説明しきれてないのが、痛し痒し。
ああ、掻き毟りたい。
そんな状態でも、自分を捨てて運命に立ち向かう主人公の姿には号泣してしまう。

主役は仮面ライダーフォーゼ福士蒼汰。活躍してるな。
幼馴染のヒロインに本田翼。色々なCMに出ているカワイコちゃんだけど、この映画の中では妙にオーラがない。この映画の翼ちゃんにはきっと惚れないな。一生懸命感がなく、感情がどうも伝わってこない。
福士くんと同じ境遇の先輩を演じる小さい娘、未来穂香ちゃんは抜群にいい。

『バタフライ・エフェクト』っぽい映画だけど、もうちょっと青くて甘い感じ。


【銭】
火曜シネマート新宿のメンバーズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
江ノ島プリズム@ぴあ映画生活


fjk78dead at 19:00|個別記事コメ(0)トラバ(0)

2013年04月23日

『らくごえいが』をシネマート新宿2で観て、猿後家好きよふじき★★★

五つ星評価で【★★★いい役者で凌いでる】

古典落語のオムニバス現代劇化。
枕と締めに落語家のインタビューを付ける事で
「落語」と「映画」の違いを浮き彫りにする批評性を持ち得た。

一時期創作落語のイベントに足繁く通った事もあれば、
招待券を貰って寄席に入った事もあるけど、
今ではすっかり足も遠のき、落語に関してはそんなに偉そうな事は言えない。

んーと、それでもとりあえず二代目三平は出してほしくなかった。
いや、二代目三平の高座を見た事がないのだけど、
初代三平がTVで名を馳せた人だから、
TVも制さずに名跡を血縁世襲させちゃいかんとは全国民が思ってる。
それも含めて業界批判を付けた上での起用なら立派だが。
鶴光師匠あったかくていいなあ。
志らく師匠は偉そうに言ってるけど、
立川一門の快楽亭ブラック師匠からは江戸の風を感じないけどね、私は。

ケチを付ける人選が素人っぽくていいっしょ。

残念なのは現代劇にする事で、落語臭が薄れたこと。
なまじそんなに有名でない話を選んだので
落語を題材にした普通の話になってしまった。
製作費用とかあるのかもだけど、観客側からは別に時代劇でも現代劇でも境はない。
落語を喚起させやすいなら時代劇でもいいのだ。
お金がかかるなら一編くらいネット経由の安いペラアニメで作っても良かった。
又、現代劇に固執するなら「饅頭怖い」や「寿限無」のように知られ過ぎてる話を
縦横無尽に壊していく方が古典落語が現代落語だった時のバイタリティが
出たのではないか。

各話の枕は落語家が話すのだが、ここは話の沿革だけ説明しておけば
もっとバリバリふざけてもいい。実際、落語では枕が一番の無法地帯なのだから。


『ビフォーアフター(ねずみ)』
人情噺。
ちょっとほっこりするが、話やオチの意外性は薄い。
田島ゆみかOK。


『ライフ・レート(死神)』
怪談噺。
実はここに出てる本田翼目当てだけど、うん、可愛いけど脇役だな。
死神と対峙する山田孝之はいつも通り安定している。
死神役の安田顕の湿っぽい感じがいい。
役者が演じる事で高座の演者を越える、ここに発見がある。


『猿後家はつらいよ(猿後家)』
笑い噺。
古典落語を崩しながらメタにテーマを展開する。
この冒頭のドカっとした入り方から、ラストの潔い締め方まで、
スタイリッシュでとってもかっこいい。
何でも安請け合いしてしまうプロデューサー加藤貴子のホイホイ具合が面白くて。
それをいやいやながら最後にはのんでしまう監督戸次重行のトホホ具合も良い。
ミニ『ラジオの時間』なのだが、
基礎が崩れてく様が如実に見える点に関してはこちらの方がよいかもしれない。
満を持して登場する主役はもっと意外性のある人物が欲しかった。
主役とマネージャーが双子で一人二役とか。
田中要次さんはもう一ネタくらい何かあるかと思った。


女の子三人ともショートカットなのはプロデューサーさんの趣味か?

でもね、見て損だったとは全く思わないから見るといいよ。


【銭】
新聞屋系の招待券もらった。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
らくごえいが@ぴあ映画生活


fjk78dead at 01:07|個別記事コメ(0)トラバ(0)