星待つひと中篇

2017年02月10日

『魔法使いの嫁 星待つひと:中篇』を新宿ピカデリ−7で観て、相変わらず商売としてアコギなんちゃうかふじき★★

171338_17
▲三浦と、ちせ

五つ星評価で【★★今回も作品はともかくとして】
大雑把な雑感は「前篇」と同じ。
最初に感じてしまうのは、作品がどうのではなく、
興行についての貧弱さというか、貪欲さ。
作品について語ろうとする前に、作品が終わってしまうという面もあるが。

前回、興行の長さとして以下にあげるツイッターの自分の呟きを載せた。

「魔法使いの嫁・前編」上映時間50分、予告抜かして40分、メイキング抜かして30分。それでパンフ1600円取るってボロ儲け具合がヒドすぎるな

今回、パンフは未確認(雪降ってたからとっとと帰った)。
19:50スタート20:43には終わってた。
すると、上映時間53分、予告抜かして43分、今回はメイキングはなかったが、フラッシュアニメが10分、前回前篇の粗筋が同じく10分というところか。すると本編は正味23分。まあ、目分量なんでもちっと長短あるかもしれないけど、短い。

これだけ短いと「飽きる」とか「展開がダラダラする」前に終わってしまう。
実際、「前篇+中篇+後篇」で一本にして90分程度で1800円取るならそう、悪い気はしない。コンテンツとしてはよく出来ているから。それを小出しにするのは良くない。単純に一度に見た方が面白い話だと思うから。分けた状態が「正」ではないのだ。

物語の全貌は見えながらもまだ分かりきってはいない状態だが、
「つまらない、面白い」で言うと「面白い」側。
日常生活に滲み出てくる化け物の描写が怖すぎる。あの怖さは買いだ。
あと、このスピンオフにだけ出てくる三浦理一と言うキャラが割と薄気味悪い。
人格者に見えるし、主人公の心の逃げ場所になっているから、悪人ではなさげだが、
言動に奇怪な点があり、安心しきれないキャラとして描かれている。

ただまあ、森の閉ざされた図書館で成人男子と幼女の組み合わせで
鍵を閉めて二人きりでは彼の本質がどうであれ、世間は許してくれまい。


【銭】
特別価格1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
魔法使いの嫁 星待つひと:中篇@ぴあ映画生活
▼関連記事。
魔法使いの嫁 星待つひと:前篇@死屍累々映画日記

PS 映画終わって帰ろうとしたら、顔が骨のエリアスさんが来日してるというので
 握手してから帰った。エリアスさん、目が見えづらそうだった。

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(0)トラバ(0)