新幹線大爆破

2014年07月02日

『新幹線大爆破』をシネマヴェーラ渋谷で観て、腹立たしくなるほど面白いよふじき★★★★

特集上映「チバちゃん祭り!!」の1プログラム。

五つ星評価で【★★★★面白いの何の】
名画座でたまにかかって見たりするので多分、4回目かそこら。

本当は併映の『ウルフガイ 燃えろ狼男』が見たかったのだが、会社帰りで2本は間に合わず、レイト枠のこの1本のみ鑑賞。いやあ、おもしれえ。
ニュープリント。大したもんだ、ヴェーラの兄貴。

「チバちゃん祭り」だけど、主役は高倉健、向こうを張るのは宇津井健のW健健だ。
それにしても痺れる脚本だ。
山本圭が高倉健に言う。
「あんた博打やらねえだろ。コツコツやってればいずれどうにかなると思ってる」
ああ、この健さんは俺だ。グッと来た。
コツコツやる事が美徳で、それを守ってきたのは自分の誇りだが、
それで「どうにかなるものでもない」事もよく分かっている。
そして、健さんは一発勝負の大博打で、元を取ろうとするのだが、
一番手痛い代償を支払わされる。
もう、警察が怖い怖い。警察の仕事は捜査する事なのだが、
ここて出てくる警察は捜査もするが、それ以上に噛みついてくる。
怖くてしょうがない。警察や刑事、みんな気が狂ってる。
でも、主人公の敵はそれくらいじゃないとダメだ。

自分にとって千葉ちゃんは汗っかきなイメージがあるのは、
この映画からかもしれない。凄く汗かいている。

冒頭とラストのスキャットはかっこいいが、
おおむね劇奏は不気味な変な音楽がかかってる。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引、ラスト1本で800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
新幹線大爆破@ぴあ映画生活

fjk78dead at 01:07|個別記事コメ(0)トラバ(0)