小松菜奈

2016年12月21日

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』をトーホーシネマズ日本橋4で観て、すんげアイデアぞなふじき★★★

169565_2
▲ぐっとくる二人。

五つ星評価で【★★★驚くべき着想】

物語の着想が凄い。
何でこんな事を思い付くのか。
じっくり「じゃあこれはどうなんだよ」みたいに問いただしたらアラが出てきそうなのだが、そこはあえて突っ込まなくていいのではないのか。そもそも大前提でありえない世界観なのだから(いやいや、ありえんだろう、あんなの常識的には)。そのありえない世界観の中でこんな事あったら、人の感情はどう動くのかを模索するのは極めてSF的な心地よさを充たすものであった(泣いたりするほど同調する感情は持てなかったけど)。

小松菜奈が超いい。基本、彼女は私のタイプではないのだけど、凄く思いを込めて撮られてるのが分かる。
彼女のプロポーションって手足が長くて胸板が薄い。ちょっと気を抜いてそのまま撮ると「不思議の国のアリス」のトランプ兵士みたいにチグハグな体型に撮れてしまう。また、すっと長身で小顔なので、普通体型の日本人と並べると、その日本人のチグハグさを浮き立たせてしまったりもする(『娚の一生』の榮倉奈々状態)。そういう部分がカバーされて、(ちっちゃくないのに)ちっちゃくて脚が綺麗な女の子として映っている。やるなあ、三木監督。やられたなあ、小松菜奈(いや、勿論やらしい意味でなく)。

で、そのバランスをおかしく感じさせない相手役に福士蒼汰。
出だしのそこはかとないダサさとグングン上がる男度と、小松菜奈が最初からミステリアスのヴェールを被っているのに、性格がダダ漏れである演出が功を奏し、軽く「男だったら友達でもOK」の位置を獲得している。福士蒼汰もでかい人なのでバランスがいい。

友達役の東出くんもワンポイントな役だけど、ナチュラルでえがった。

福士蒼汰 183
小松菜奈 168
東出昌大 189

巨人のカップルと巨人の友人じゃ。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・18本目(2016年11月25日〜12月24日)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ぼくは明日、昨日のきみとデートする@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ぼくは明日、昨日のきみとデートする@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

fjk78dead at 10:05|個別記事コメ(0)トラバ(12)

2016年12月06日

『溺れるナイフ』をトーホーシネマズ新宿5で観て、そらあからさまやないふじき★★

168798_1
▲オスとメスの二人

五つ星評価で【★★この映画の中の恋の生々しさ】
原作未読。
この映画の中で小松菜奈は菅田将暉と初対面で意識しあう仲になる。
その時点では、これがまだ「恋」とも「愛」とも定義されない。
そして、もう三日と絶たないうちに二人はお互いを運命の相手と見極めてしまう。
少なくとも映画はそういう空気で作られている。
何で、どこが、どう「運命の相手」なのかはよく分からない。説明されない。
「ビビビ」なのかもしれない。
ある事件がきっかけで壊れる二人の恋。
疎遠になった二人、生活が壊れる小松菜奈をクラスメートの重岡大毅が励ます。
この重岡大毅がこういうヤングのラブ映画の二番手に出てくる
とてつもなく良い奴の典型で、観客はみんなこいつを好きになる。愛犬みたいな奴だ。
そして二人は徐々に親密になっていく。いいぞいいぞ。
だが、小松菜奈から菅田将暉の影を消す事は出来ない。何だよ、呪いかよ。
二番手のとてつもなく優しい男を振って、
一番手の菅田将暉との関係も発展的に清算して、彼女は新しい世界へ飛び立つ。

物語のエンディングは「らぶらぶ💛」ではないのだが、
二人がお互いの為にそれぞれ最良の決断をした上での別れだ。

私が引っかかるのは、
いい奴が身を粉にしても得られない「愛」を「運命の相手」だから簡単にGETできてしまうという、まるで呪いの如く作用する「運命の相手」の不合理さだ。私には映画を見てて、小松菜奈が何故、菅田将暉を「運命の相手」として選ぶのかがよく分からなかった。映画が私を納得させてくれなかった。

さて、映画内でもう一人、大変、気持ちの悪い男が出てくる。
小松菜奈のストーカーで「結ばれる運命」と思い込んでいる奴である。
「運命の相手」の一方通行。
だがしかし、相手に対して強い執着を持っているのはこの男が一番だ。
この男は小松菜奈に強烈に恋しているのである。
では、小松菜奈の彼氏は菅田将暉ではなく、この男ではいけないのか?
いけないだろう。だってキモイのだもの。
だがしかし、小松菜奈の菅田将暉に対する思いだってふわふわで不安定だ。
何故、好きなのかが外面から見てるとよく分からない。
それなら、「後から好きになればいい」というストーカーと結ばれるのはダメなのか?
やはりダメなのだろう。それは先に言った通りキモイから。
菅田将暉を好くのはきっとかっけーから。ここは言葉では説明されない。
言葉で説明しないという事は「子宮がきゅーん」となって「ビビビ」という事だろう。
何となくおそらくそうだろうと思うのは、小松菜奈が菅田将暉に
肉体で、子宮で、遺伝子レベルで引かれていて、
それこそが「運命の相手」なのではないか。
女の子小松菜奈は相思相愛の相手かつ彼女が許容しうる遺伝子を好く。
これは甚だ不愉快な結論だ。
地球上で一番形のいいチンチンと形のいいオメコが惚れ合わざるを得ないという結論。
それはとても「運命」なのだが、「運命」以外の人としての資質を全て否定してしまう。
だから、この二人の物語は何だか居心地が悪く思えてならなかった。

ここんとこ「お気に」の上白石萌音ちゃんはとろける表情で随所随所可愛いのだけど、映画全体で前半と後半の対応の差が突飛に見える。原作の長い物語から抜いてきただろう彼女の時間が映画内では飛び飛びでしか描写されないので今一つ感情の続き具合が見えづらいのだと思う。その辺は残念だ。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・7本目(2016年11月25日〜12月24日)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
溺れるナイフ@ぴあ映画生活

PS ツイッターでタイトルを『溺れる魚』と間違えた。

fjk78dead at 01:59|個別記事コメ(0)トラバ(3)

2016年07月02日

『ディストラクション・ベイビーズ』をテアトル新宿で観て、乗れなくて残念だふじき★

169124_1
▲だんまりニタニタは良い。

五つ星評価で【★やってる事が変わらん映画はおらあかんのや。体調いい時に再見したらOKかもしらん】
柳楽優弥はにったりのったりでいい。少なくとも『変態仮面』の1000倍はいい。
小松菜奈の全身でキャバ嬢ですという感じもいい。ソープに沈めたい。しっかり研修を受けてもらって小松菜奈のソープテクに埋もれたい。いやいや、本気だよ(本気でもわざわざ書くなよ俺)。
菅田将暉のハイテンションって前に他の映画で見たのと変わらない感じで飽きる。役者は役に入るのも大事だが、メタで見て、自分が違う人間の役を全く書割よろしくパターンで演じてないかはチェックしないといけない。そういうのそんなに気にしなくていいのは丹波哲郎だけ。いや、丹波哲郎は感情ハイテンションの演技とかがあまりないから俳優としての癖があまり攻めてこないのだと思う。

169124_8
▲身持ちが悪そうなビジュアルが最高。


【銭】
テアトル会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ディストラクション・ベイビーズ@ぴあ映画生活

fjk78dead at 10:05|個別記事コメ(0)トラバ(1)

2014年10月17日

『近キョリ恋愛』をトーホーシネマズ日本橋4で観てクール木さんがキャラとして出来上がりきってない気がするふじき★★

五つ星評価で【★★クール木さん側の恋愛に落ちる理由が不明瞭・・・野性か?】  

俳優としての山Pが好きではないので、小松菜奈の「クール木さん」を楽しみに見に行った。ダメだった。

脚本上、山Pが小松菜奈に惹かれる理由は、実は山P側のファザコンと連動している事が暗喩されているが、小松菜奈が山Pに惹かれていく理由は実は謎である。恋に奥手というより、対人折衝能力に難あるヒロインが学力増強を褒賞として相手に好意を持つのなら、相手は教頭でも校長でもよい。対人折衝能力を補う相手として山Pが選ばれているという理屈に持っていきたいのだろうが、彼女側の「彼は私の事をこんなに分かってくれている」というリアクションが薄いので、いきなり熱病のように山Pを好きになった、ならんでいれるか、だって山Pなんだぜ、みたいにどうも見えてしまう。野性的よのう。

彼女が自分の意志のもとに動く一個人としてよりも、常に王子様に守られていたいお姫様である事を重視して行動するのも、対人折衝力の低い彼女を見ていると、大人ではなく子供の選択に見えてしまう。何か、クール木さんが魅力的に見えないのだ。

販促用のマンガ見てみる限り、クール木さんは外面に饒舌ではないが、そんなに対人折衝力が低いタイプではない。マンガのクール木さんには外面と同様の内面描写が加わるので実に饒舌で、マンガと映画のキャラは別人と言っていいだろう。その饒舌さを封印した映画クール木さんは、そこを封印してまで、対人折衝能力を低くした理由を明かさない。普通、考えたら何かしらエポック・メイキングな出来事があると推察されるが、そうではなく、何となくそうなってしまった。そうとしか解釈できないように映画は作られている。そら、つまらんなあ。

って事で山Pは及第点。山Pが惚れる対象のクール木さんには問題があるが、山Pサイドから見たら惚れる理由があるから問題なしだろう。

クール木さんの小松菜奈は思い切ったキャラクター改変を加えようとした脚本の不手際の為、魅力の乏しい役を割り振られて損してると思う。

水川あさみはもう、大人側なんだな。嫌な大人の役をさらっと好演。

山本美月が、とても薄い役。

新井浩史が久々に屑じゃない普通の役だったのが、この映画一番の衝撃かもしれない。しかし、長髪の無造作ヘアは少女マンガだからなのか。というより、少女マンガのキャラを新井浩史が演じているというのが何気に面白いなあ。美形とは思わなかったけど、オシャレな感じの新井浩史って今までなかったから新鮮。

多分、デジタル撮影、デジタル映写とかの掛け合わせだからなのか、
ともかくあっちこっちにデジタルモアレが発生して、
スクリーンがでっかいパソコン・モニターみたいだった。
フィルム撮影・映写は点での撮影だけど、
デジタルは線の強弱による撮影だから、テレビと同じく微細柄とかに弱い。
フィルムで撮らん映さんのは構わんが、
それならそういうテクニカルな欠点は意識して排除すべき。


【銭】
トーホーシネマズのフリーパス使用7本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
近キョリ恋愛@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
近キョリ恋愛@映画好きパパの鑑賞日記


fjk78dead at 10:49|個別記事コメ(2)トラバ(8)