夢と狂気の王国

2013年12月10日

『夢と狂気の王国』をトーホーシネマズ六本木アートスクリーンで観て、動かされないふじき★★★

五つ星評価で【★★★真摯を感じないのは私だけ?】

いいなあ三吉(※1)。三吉で全然行けるよ。
いいなあ砂田麻美(※2)。砂田麻美の声で全然行けるよ。
爺さん(※3)が姉ちゃんたちにかまってもらっていい余生だよな。

※1ジブリ女性スタッフ。
※2当該ドキュメンタリー映画監督。
※3宮崎駿。仮想敵。

ってことでジブリには特に恩もないのでズケズケ言ってく
(おら基本的にアンチ・ジブリだ)。
宮崎駿に関しては、あんな「ゆったら」な作り方をしてたら
いい物は作れないだろ。
「脚本ありません」なんて自慢してたらいかん。
絵コンテが出来上がった部分だけ次に渡して、
作っていくという体制(に見えた)も物作りのやり方として正気とは思えない。
そんな事やったら後から前の部分を直したくても直せないし、
映画全体のテンポだってガタガタになるだろう(現になってる)。
「絵コンテが脚本替わり」だというなら、
脚本工程終了と同タイミングで絵コンテを完成させるべきだ。
事前に全貌を掴めない映画が、いい映画になる筈がないと思うのだ。
そのための時間が果てしなくかかると言うなら宮崎駿一人にコツコツ作らせておいて、
他のスタッフは高畑勲の支援に回ればよい。

何でそういう事が出来ないのかというと、
宮崎駿に、もうそういう姿勢を貫くだけの気力がないのだろう。
本来、そんな人間を神輿に乗っけてはいけないのだが、
商売的に彼のネーム・バリューが生命線であるので、
その特異なやり方に対してダメを出せないでいる。

作家主義と言えば聞こえはいいが、作品が商品として管理されていない。

なるほどジブリは宮崎駿と高畑勲が、それぞれの領土を分割統治する王国なのだ。
王様が二人に鈴木敏夫Pが法皇みたいな位置で背後に暗躍する。

変な担がれ方をして、恩人故、起用を断わる事も出来ない庵野監督が気の毒だ
(本人そんなに嫌がって見えないけど)。
鈴木敏夫(※4)を加えたジブリの3人より冷静で、
いい意味で大人に見える(オブザーバーだからだろうけど)。

※4「鈴木と塩を加えた」という漢字変換にのけぞった。
 庵野秀行がいい意味で大人なら、鈴木敏夫は悪い意味で大人。

そう言えば、話には上がるけど、それぞれの細君は一切出て来なかった。

退屈はしないけど物理的には長い。
いや、この物理的に長い118分を退屈させない手腕を誉めるべきか。


【銭】
東宝シネマズの会員デー火曜日で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
夢と狂気の王国@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
夢と狂気の王国@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


fjk78dead at 03:27|個別記事コメ(4)トラバ(9)