堤真一

2017年02月01日

『本能寺ホテル』を109シネマズ木場4で観て、胸と足首と心根を評価したいふじき★★★

170757_2
▲綾瀬はるかの乳の何とごつい事よ。

五つ星評価で【★★★映画自体は面白いと明白に断言しづらい。この星三つはあくまで綾瀬はるかの胸と足首と心根に対しての評価であります】

映画としてはゆるすぎる。
こんな適当ではダメだ。
でも、綾瀬はるかがかーいーからOKなのだ。
つまり、これは単に綾瀬はるかのアイドル映画である。
大掛かりなアイドル映画だなあ。

現代のホテルと戦国時代の本能寺がタイムトンネル的に繋がっている事から発生する小コメディーなのだが、何故、繋がっているか、どうやったら繋がるか等はハナハダ適当にボカされている。まるで、それを探る事が「いけず」であるかのように。その謎を一手に担う風間杜夫は謎を把握してるようでもあり、謎から一歩下がって触れないようにしてるようでもあり、はたまた謎を全く知らないようでもあり、どうでも取れるように演じている。丸くなったね、銀ちゃん。そう言えば『蒲田行進曲』の銀ちゃんって信長みたいな役だ。ともかく、謎にまつわる設定が適当なのである。別に適当でも見れてしまうのであるが、納得がしづらい。それに、常時、あの日の本能寺に接している訳でもなく、ワンタイム・ワンチャンスしかこの物語が成り立たないというのも「そんなん都合良すぎるやろ」という嘘のバリバリ感を高めている。戦国時代の武将と綾瀬はるかのトンチンカンな会話とかも面白いのだけど、やり取りが通じすぎてしまう点もリアリティーを押し下げている。どんな時代劇でも多少そういうキライはあるのだが、戦国時代の武将が戦国時代の武将を演じている役者が集まっているように感じさせられてしまうのだ。にも関わらず、堤真一のお館様と部下の交流などでジーンとさせられたりもするけど、でもね、それで全て押し流されるほど全体の「嘘っぽさ」が弱くない。この辺を御座なりにしているので、嘘でもグッとくる物語には至らず、嘘だからグッと来そうだけどちょっと冷静な頭が「待て待て」とストップをかける物語に落ち着いてしまった。

話の中核は、戦国時代の堤真一演じる織田信長と濱田岳演じる森蘭丸、現代で婚約者の父・近藤正臣と出会う事により、綾瀬はるかがその流され人生に杭を刺して、新たな人生を模索すると言う物なのだが、そこから導き出される最終的な着地点が再就職のリクルート先変更と言うのはムチャクチャ弱い。そんな事の為に「本能寺の変」が利用されのか! この着地点はもうちょっと真剣に考えるべきだったろう。

いやまあ、でも、苦言を呈している話は本当はそこそこどうでもよくて、綾瀬はるかが可愛いからこの映画はそこそここれでいいのである。逆に言えば、この映画はその綾瀬はるかの可愛さに甘えている。素の綾瀬はるかの性格の良さと天然(は疑いがないのを前提とする)を観客が知っているからこそ、話が適当であるにも関わらず、押し通して見れてしまえるのだ。これが綾瀬はるかでなかったら「純粋で真っ白だけど、もう流されるままの少女では済まなくなりつつある女性」ではなく「小学生のように考えなしに行動する頭の悪いバカ女」になってしまうだろう。物語の雑さを綾瀬はるかのメンタリティーが救っているのだ。

そして、綾瀬はるかの胸が大きい事よ。
大きすぎる胸の割に足首が締まっていて、くるぶしのアップが美しい事よ。
そして、これでもかとメンタルが天使っぽい事よ。
綾瀬はるかありきの企画だよなあ。

ところでね、風間杜夫はやっぱり綾瀬はるかが戦国時代に行ってるらしい事は気づいてるんだろうから、それなら靴代くらいはサービスすべきだと思うな。それと、客を不安なままにしてほっておくのはサービス業として失格だろう。


【銭】
109シネマズの火曜メンバー割引を使って1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
本能寺ホテル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
本能寺ホテル@映画的・絵画的・音楽的
本能寺ホテル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
本能寺ホテル@だらだら無気力ブログ
本能寺ホテル@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
本能寺ホテル@ペパーミントの魔術師

PS 『本能寺ラブホテル』の製作が待たれる。

fjk78dead at 10:05|個別記事コメ(6)トラバ(13)

2015年02月14日

『神様はバリにいる』をUCT11で観て、惜しいなふじき★★★

五つ星評価で【★★★堤真一のインチキくささがバリバリおもろい】  

映画が堤真一の役者力に負けてる一本。

堤真一のインチキ富豪っぷりがメチャクチャおもろいんだけど、
そのエピソードの語り口(脚本)がつまらん。
堤真一のエピソードを引き出す為の
狂言回し役の尾野真千子がよくやってるけど結果的によくない。
尾野真千子は堤真一の「破天荒」を際立たせるため、
地味かつ真面目かつネガティブかつ不幸のどん底というキャラなのだが、
「やりすぎ」というより「リアル」すぎて居たたまれない。
このキャラが堤真一に感化されて
映画の冒頭と尻で落差ができないといけないのだが、
その落差が目に見えるくらい大きくない。
要はばっちセックスしたくなるようなマックスいい女になってない。

玉木宏はいると安定する。
ナオト・インティライミは驚いた事に三の線としていい仕事をしていた。
菜々緒は出なくてもいい程度の役だが、実に菜々緒っぽいキャラ。
堤真一宛書みたいであるけど、西田敏行でもイケルと思う。


【銭】
ユナイテッドシネマ豊洲金曜メンバーズデーで会員割引1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
神様はバリにいる@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
神様はバリにいる@映画的・絵画的・音楽的
神様はバリにいる@タケヤと愉快な仲間達
神様はバリにいる@ペパーミントの魔術師
神様はバリにいる@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 神様はバリバリ、バリにいるんや。

fjk78dead at 18:05|個別記事コメ(8)トラバ(7)

2014年04月14日

『土竜の唄』をUCT4で観て、出落ち映画だけどそこそこ楽しい。でもそこそこ。ふじき★★★

五つ星評価で【★★★あ、ワンちゃんも可愛い】  
原作非通読。チラ見程度に読んでる感じ。

数々の登場人物がすんごいヤクザ風コスプレでブイブイ言わす映画。
一番ノリがいいのは堤真一の賭場で最初のド突き合いを始めるまで。
あと親子杯とSEXはいいと思う。
全体にクドカンの脚本は粗くて適当、
三池が力技で面白い絵を放り込むものの、
三池も飽きっぽいから最後まで持たない、みたいに感じた。


以下、役者レビュー。
生田斗真:『脳男』の次がこれって凄い役者だ。
 どちらも全く違っているのに、物凄く自然で、
 どちらも演じてる感を感じさせない。
 ジャニーズでもこいつと岡田准一は本物くさい
 (岡田は役者よりもアクションスターとしての才能評価だけど)。
 豹柄の服がこれでもかと似合う。
仲里依紗:脱がないけど思わせぶりだったり、
 ちゃんと下世話なセックスシーン撮ってるからまあいいか。妙に昭和くさい。
 三池だからしょうがないけど、もちっとエロエロに撮ってやればいいのになあ。
 生田斗真は童貞の役だったけど、仲里依紗は処女役じゃないんだろうな、ビッチめ。
堤真一:クレイジー・パピヨン 蝶柄のスーツは流石に特注だろうな。凄い。
 演技は『地獄でなぜ悪い』と寸分変わらず一緒だけど、まあそれで困りはしない。
吹越満、遠藤憲一、皆川猿時:みんなおもろい。
 みんなアップでいい見栄を切れたり、いい背中の演技が出来たりするのが老獪。
 変形B3チラシでは3人でダチョウ倶楽部の「聞いてないよー」のポーズを取ってる。
山田孝之、岡村隆史、上地雄輔:出落ち組。見栄がつまらないんだろうな。
 上池は凄いメイクをしたけどそれだけだったので、
 ほとんどコントと変わらんメイクをした岡村に持ってかれた。
 その岡村は多分、チビなら誰がやってもいい役。
 演技的にナニという事はないので、
 ひょっとするとアニメ合成でもいけたかもしれない。
岩城滉一、大杉漣:抑え気味でもいい感じ。
斉木しげる:全くいつもと変わらないのに
 高そうな服を着るだけでヤクザに見えるってのは三池の撮り方がいいに違いない。
 チラシに名前が載ってなくて出てきて「あ、あ」とか思ったのは、
 他に渡辺哲と有薗芳記、角さん、的場浩司。何気にオールスター映画だよなあ。
 仲里依紗の同僚は誰だか分からんが、あっちの娘の方が好み。
 あ、最初に万引き少女にイタズラする市会議員はコント赤信号の小宮だ。

あと、助監督だかに渡辺武の名前があって驚いた。


【銭】
金曜UCT会員デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI@映画的・絵画的・音楽的
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI@迷宮映画館
▼関連記事。
土竜の唄 香港狂騒曲(二作目)@死屍累々映画日記

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(8)トラバ(6)

2014年03月04日

『地獄でなぜ悪い』をキネカ大森1で観て大笑いだけど残念ふじき★★★

五つ星評価で【★★★オチなし】

すんげ単純に「起承転結」の「結」がダメ。
オゾンの新作『危険なプロット』の予告で傑作の条件が三つ挙げられている。
「刺激的な設定」「読めない展開」「意外な結末」。
この条件に照らし合わせても三つ目の結末だけがダメ。

という訳で全体面白いのだけど、尻切れトンボで終わってる感じ。
それでも途中途中たいそう気が利くように気が狂ってて、
とても楽しめてしまうから、妙な映画だ。
まあ、ラストのほったらかしは残念ってことで。


長谷川博己:映画バカ。いいね。
 この人がずっと狂ったテンションを維持したせいで、
 映画の変さを忘れてスムーズに見れる。
星野源:巻添えくん。
 基本すごくボケっとした顔なんだけど、
 真摯に瞳を見つめると凄くピュアな顔に映るのが超お得な感じ。
二階堂ふみ:組長の娘。意外とムチムチした感じだなあ。
國村隼:組長。どんなぶっ飛んだ事や、どんな下世話な事を言っても、
 顔の説得力で頷いてしまう日本が誇る名役者。
堤真一:対立組織の組長。
 意外と乙女チックだったり、胸に恋を秘めてたりが笑う。
 堤真一の顔力に大笑いした。
友近:組長の正妻。意外とよい。


【銭】
キネカ大森名画座3回券保有の上、夜間割引で500円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
地獄でなぜ悪い@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
地獄でなぜ悪い@映画的・絵画的・音楽的
地獄でなぜ悪い@我想一個人映画美的女人blog
地獄でなぜ悪い@ペパーミントの魔術師
地獄でなぜ悪い@こねたみっくす

PS ジョン・ウォーターズの『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』を思い出した。
 あれもジョン・ウォーターズらしく、映画その物はつまらないんだけど、
 金で作る映画を批判して主役女優を誘拐したりして、
 テロリストのように映画を作るアマチュア映画集団が出てきてた。
 チラシに踊ったキャッチ・コピー
 「映画がそんなに好きなのか!」はなかなか良かったと思う。


fjk78dead at 18:05|個別記事コメ(10)トラバ(11)