マシュー・マコノヒー

2014年12月08日

『楽園追放』を新宿バルト9−5、『インターステラー』をミラノ座2で観て、日米ハードSF決戦だふじき★★★★,★★★(ネタバレ気味)

日米ハードSFを同日に観て、感じる所などがあったので合算して書く。

◆『楽園追放』
五つ星評価で【★★★★ハードSFの設定を使ってライトに人間と社会の関係を絵解きする】

いきなりで何だけど『インターステラー』ではちょっと涙ぐんだが、『楽園追放』では涙のカケラも浮かばなかった。話は全く違うが要素は似たものが幾つかあるにもかかわらずだ。

『インターステラー』は、ぶっちゃけて言うと、宇宙の片隅に生存可能な惑星を探しに行くパイロット親とその子供の絆の物語だ。
『楽園追放』は上流社会の捜査官がスラムで捜査する中、新たな価値観と出会い、今までの自分の価値観を揺さぶられる物語だ。

どちらも主人公に世界を揺るがしかねない事件に対するミッションが与えられ、それを解決するために新天地に赴き、自分の中の大事な何かを失いかけるという点が相似している。

何で似たような「(一番大切なものの)喪失」が描かれながら、『楽園追放』で涙が出ないのかと言うと、主人公の感情表現がアニメである事を差し引いても希薄なのだ。又、その感情を相乗するような所謂「泣き節」な音楽も背景として掛からない。ドラマ演出上も奇をてらうようなオーバーな表現はなく、実に淡々と描かれている。慟哭を描く事が目的ではないという事だろう。クールなもんだ。

では、『楽園追放』は何を描きたかったのかと言うと、爆発と乳揺れである。冗談ではない。これはこれで大事な要素だ。この爆発と乳揺れの何とも絶妙な描写。いやいやいやいや、でも、それだけではない。異文化同士のコミュニケーションの面白さもあげたい。カルチャーショックという奴だ。ざっと四つの文化層がそれぞれの異なる見識をぶつけ合う。

ー膺邑(上流階級労働者層)
▲好薀狃嗣
テロリスト
せ拉杣堊悄幣緡階級支配者層)

この中で一番穏便なのがテロリストで、一番非情なのが支配者層というパラドックスの面白さ。誰の立場に立つかによって、それぞれが正しい意見でありえる所も面白い。ここで描かれる悪は決して絶対的な悪ではない。
ブラック企業の社長は、賃金を下げてはならぬ。過剰労働も緩めてはならぬ。と言うだろう。それは間違えっぽく世間にアピールするが、極論的には、それをしているからこそ会社が潰れずに残ってきたのだ。その指針その物は程度の差を考慮しなければいけない事を除けば、それは悪ではない。それ以上に善に近いとすら言える。そんな思考の錯綜が見られるのがなかなか面白かった。乳揺れも爆発も面白かったけれど。
このカルチャーショックの面白さを減じないために、無理にドラマチックにするのは避けたのではないか。ドラマチックにすると 銑い隆愀犬料蠡仞が薄れて、誰かが善になる、誰かが悪になるの絶対性が高まってしまうから。いや、それ以上に単に乳と爆発が大事だった、それだけの事かもしれないが。

PS 捜査官アンジェラの初排尿、初排便の様子を特典映像化するなら
 ソフト高くっても買うよ、俺は。


◆『インターステラー』
五つ星評価で【★★★ハードSFの衣を被りながら重厚に人間の情愛を描く】

いや、もう、見栄を張ってもしょうがない。
分かったような、分からんような話だった。
異なる重力の下では時間の流れる速さは異なる。
うん、分からん。分からんけどルールだと言うなら、それに従おう。
すると1/6重力の月でも時間の流れは違うという事か?
映画内で語られていた「月への着陸は共産圏を破滅させる為のデマ」
というのは、映画内の世界では本当かもしれない。

はっきりよう分からんと思えるのはラスト近く、マコノヒーの決断の後、
宇宙に残されたもう一人(もしくは二人)の運命である。
この辺があまり丁寧に語られていないから、
その人が在命できた事について、ちょっとしっくり来ないのである。
まあ、よう分からん、と。
そこは監督がそんなに重点を置いてない部分だという事ではないか。
別に大事じゃない、と。そんな事より、家族の慟哭を観てよ、と。
個人的には、おいおいノーラン、ちょっとくらい爆発と乳揺れにも力……
爆発はあったな。あれはなかなか良かった。
プリーズ、乳揺れ。
アン・ハサウェイ、いい乳してただろ。

ゲホンゲホン

この物語はハードSFを背景にしながら、
人は自分の命、家族の命、人類の命のどこに重きを置くべきか、
そして、それによる奇跡(いや、奇跡だろ)を出して観客を納得させる。
そういう映画だろ、と思う。

なので、ハードSFでなくても構わない。
ハードSF的には、その統一イメージの破綻なさが徹底されている
『楽園追放』の方を強く買う。

PS ロボくん達は面白いけど、どれがどれなんだかだったし、
 極力、感情移入を避けるためにしたという、あのデザイン。
 どこか『サイレント・ランニング』くらいの
 SFデザインを引きずってる様に見える。
PS2 アン・ハサウェイが目を閉じると、
 ちょっと昭和のダッチワイフっぽい顔になるの。


【銭】
楽園追放、正規料金1800円。
インターステラー、チケット屋で招待券買って980円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
楽園追放−Expelled from Paradise−@ぴあ映画生活
インターステラー@ぴあ映画生活
▼他の記事、読んだ後だと内容が揺れそうなので今回、初TBはなし。

fjk78dead at 00:33|個別記事コメ(16)トラバ(19)

2014年05月29日

『MUD』をギンレイホールで観て、ああそんな映画なのかふじき★★

五つ星評価で【★★恋愛のウェイトがこんなに重いとは思わんかった】
マシュー・マコノヒーが謎の男を演じて少年と交流する話だけど、
映画のモチーフはいろんなコイバナを散りばめたいわ、オホホみたいだったので
朴念仁の自分はあまり乗れず。

マコノヒーは精一杯謎の男でなかなかいい。
そのマコノヒーのミューズかつ、
向き合わない恋愛関係でありながら腐れ縁という難役を演じたのが
リース・ウィザースプーン。一見してパっとしない感じのいい味を出してる。
主役の少年のタイ・シェリダンは上手く見えるけど、特別感はない。
居心地悪そうに演技すれば自然にああなるくらいにしか見えない。

アクション映画かと思ったら、
『ごきげんよう』の恋バナみたいな話だったので、
どうにも乗り気にならなかった。

追い求めるものが違って見たので、ラストの銃撃戦は好き。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
MUD −マッド−@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
MUD −マッド−@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
MUD −マッド−@ここなつ映画レビュー

PS あの蛇はチンチンの象徴?


fjk78dead at 00:31|個別記事コメ(6)トラバ(4)

2014年04月03日

『マジック・マイク』『ペーパーボーイ 真夏の引力』をギンレイホールで観て、マコノヒーにひいひいふじき★★★,★★

◆『マジック・マイク』

五つ星評価で【★★★普通におもろい。でも、もう忘れだしてる】

一月前に観たのか。
でも、もう、忘れだしてる。
野郎なんだから、野郎の裸を瞳をキラキラさせて思い出せるのもまずいから、そこは思い出せないでいい事にしておいてください。

チャニング・テイタム扮する男性ストリッパー、マジック・マイクが堅実野郎として頑張ろうとするんだけど、堅実より現実は厳しいよってオヤジギャグみたいな話。
PART2製作が決まったので、本作で堅実を究めきれなかった主人公が次こそは堅実に到達するのだろう。姉ちゃんはいっぱい見に行くかもしれないけど、ギンレイホールで掛けてくれるなら見てもいいやって消極的なスタンスで許してください。

だって、裸はマシュー・マコノヒー様の裸くらいしか興味がないから(嘘)。
マコノヒーは変野郎として美味しい怪演。



◆『ペーパーボーイ 真夏の引力』

五つ星評価で【★★二回観て二回寝たから、俺的にはつまらんでいいや】

グチャグチャ話が込みいってるが、
主役のブリーフ少年ザック・エフロンとヤリヤリ姉さんニコール・キッドマンのやってやられて恋は実らない悲恋でGOみたいな話。

こっちにもマコノヒーが癖の強い役で出てるが、ジョン・キューザックとニコール・キッドマンの汗臭そうな濡れ場の本当にやってるぽいな感には負ける。

よく覚えてないけど、そんな映画。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マジック・マイク@ぴあ映画生活
ペーパーボーイ 真夏の引力@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
マジック・マイク@いやいやえん
ペーパーボーイ@或る日の出来事


fjk78dead at 18:05|個別記事コメ(4)トラバ(4)

2014年03月21日

『ダラス・バイヤーズクラブ』をHTC有楽町1で観て、ちょっと時間たっちったふじき★★★

五つ星評価で【★★★思った方向ではなかった】
  
エイズを発症し、ガリガリに痩せた余命30日の男が、
アメリカ政府と戦いながら生き抜いていく話と言うのは知ってたけど、
「アメリカ政府との戦い(法廷闘争)」より「生存」が話の主眼だった。
裁判で有無を言わさずギャフンみたいに考えてたので、ちょっと勝手が違った。
まあ、単純明快な自分なので、単純明快に答えが出る法廷劇を望んだのだと思う。

さて、アカデミー主演男優賞おめでとう、という感じでマコノヒー熱演です。
個人的には「痩せる事」その物は演技でないから、「よくやったなあ」とは思うものの
商品で売るなら、痩せる過程も見せた方がいいんじゃないか、と思う。
勿論、マコノヒーを知らない人が見てもライト鬼気迫る演技で凄いではあるのだけど、
過程を見せないなら痩せた役は痩せた役者が演じればいいと思うよ。
個人的には、別に裸が好きと言う訳ではないが、
これより『マジック・マイク』のマコノヒーの方が精彩を放っていたと思う。
いや、全体的にこれも大した演技ってのはもちろん認めるんだけど。

ジェニファー・ガーナーは、凄いな、こんな全く色気の一かけらもない女優って。
ハリウッドで『渡る世間は鬼ばかり』作るなら、
誰の役かは知らないけどオファーしとくといいんじゃないかな。
男のジャレッド・レトの方が普通にいい女だよね。

ジャレッド・レトは親父の元を訪ねる時に、
精一杯、男の服を着て行ったのに、七五三っぽくて似合わない所が良い。

あと上の三人と比べると明らかに扱いが小さいのだけど(チラシに名前、出てない)、
メキシコの医者(グリフィン・ダン)がいい味出してた。


マコノヒーが薬の買い付けの為に日本に来るんだけど、
日本に来たファーストカットが渋谷のスクランブル交差点。これが5秒くらい。
次のセカンドカットが岡山。なんだ、それ?
マコノヒーが止まるホテルが新宿か渋谷(これ怪しい)。
いったい、どんな旅程なんだよ。
いい加減、三千里薬局出すのやめろよ。

B5の特報チラシとB4のアカデミーノミネート後本チラシみたいなのの
二種類作られてるんだけど、明らかに後発のチラシの方が
デザインもコピーも使われてる写真もみんな悪くなってる。
いったいなんだ、この体たらくは。
「誰もが元気と勇気を貰える感動の実話」ってコピー、何だよ。
「実話」を外したら「アンパンマン」で使えるよ、そんな話かよ。
金がある所には凄腕を配置しろよ。
変なバカ配置してそいつの実績にするの、やめろよ。
縁故採用か何かの穴埋めじゃないだろうな、後々、ひどい事件起こすぞ。



【銭】
テアトル会員割引1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ダラス・バイヤーズクラブ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ダラス・バイヤーズクラブ@映画的・絵画的・音楽的
ダラス・バイヤーズクラブ@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ダラス・バイヤーズクラブ@SGA屋物語紹介所
ダラス・バイヤーズクラブ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS ダラス売春クラブ
 「いいか、女を売るんじゃない。セフレになる権利を売るんだ」


fjk78dead at 10:05|個別記事コメ(10)トラバ(21)

2013年02月18日

『ロック・オブ・エイジズ』『リンカーン弁護士』をギンレイホールで観て、わりとぬるくね?ふじき★★,★★★

『ロック・オブ・エイジズ』

五つ星評価で【★★星一つでもいいけど、お姉ちゃんがポールダンスするシーンがあったからオマケだ】

ロックをミュージカル・ナンバーにするなんてのは、そもそもロックの死に違いない。
今更、ロックで「反骨」って時代でもないか。
それにしてもラジオ体操みたいに健康化してしまうロックには面食らう。
同じロックミュージカルでも『ファントム・オブ・ザ・パラダイス』なら酔えるのに。
そんな中、ぶざまに悲壮感漂わせながらラリってるトム様はロックぽくって実によい。

香里奈に似てるけどブロンドで、もう少し育ちが良さそうなジュリアン・ハフは
ポールダンスするから「よし」としておこう。
でも『レ・ミゼラブル』ではアン・ハサウェイが客取るとこまで堕ちたから
それに比べれば緩いかもしれない。
せめて、乳首くらいどうにかしろよ、と言いたくなってもいいだろう。

そして、トム様といい仲になってしまうストーンズ誌の記者は、
眼鏡外しても微妙にブスのまま。
Tフロントを武器に戦ったピンクサターンの一番ブスな子にどこか似てる。
ゴツゴツなんだ。なんかニューハーフっぽい。

キャサリン・ゼダ=ジョーンズはOK。

割かし『シャ乱Qの演歌の花道』みたいな話だった。




◆『リンカーン弁護士』

五つ星評価で【★★★やはりラストは法廷でギャフンと言わせる定石が良かった】

周りの評判ほどガツンと来なかった。
裁判が終わった後がちょっともたついた感があって、少し好きでないのだ。

清濁合わせ持つマシュー・マコノヒーはブラック・ジャックみたいでかっこいい。

そして悪い奴が一見イケメンなのに生理的嫌悪感をそそる極悪。
ライアン・フィリップ演じるこの悪い奴を
トコトン主人公を追い詰める正当な極悪として描けた事が、この映画を成功に導いている。

PS 主人公が危機に陥ると天界からリンカーンの霊が主人公に憑依して、
 目の前の敵を斧で殲滅する。確か、そんな映画だった筈。
PS2 フォルクスワーゲン弁護士、とか
 いつかはクラウン弁護士、とか実は他にもいっぱいいそうである、ってカーズかよ!
PS3 「NT GUILTY」が「MT GUILTY」だったら「もっと罪を」。



【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ロック・オブ・エイジズ@ぴあ映画生活
リンカーン弁護士@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ロック・オブ・エイジズ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
リンカーン弁護士@映画のブログ
リンカーン弁護士@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
リンカーン弁護士@新・映画鑑賞★日記
リンカーン弁護士@徒然なるままに
リンカーン弁護士@いやいやえん


fjk78dead at 19:00|個別記事コメ(10)トラバ(11)