ブリッジ・オブ・スパイ

2016年01月17日

『ブリッジ・オブ・スパイ』をトーホーシネマズ渋谷6(B1F)で観て、ジェフ・ブリッジやないんかいふじき★★★

五つ星評価で【★★★主演はトム・ハンクスだけど誰でもええわ】

脚本がしっかりできてて、演出がちゃんと脚本のまんまやってるから、よっぽど変な人を据えない限り、主役は年輪を感じさせる人なら誰でも大丈夫。例えば、間寛平が主役で裁判所や東ドイツで「かいーの」を連発したら映画は壊滅してしまうだろうが、ごくごく普通に日本の映画宣伝部がやるみたいに「橋」で引っ掛けて、ジェフ・ブリッジスが主演でも映画その物は大丈夫。じゃ、何でトム・ハンクスなのかと言うと、抜群の興行成績、つまりトム・ハンクスがお客を持っているからだろう。一応、トム・ハンクスも間寛平みたいな時期(『ビッグ』)があったが、まあ、今、あそこに戻る気もあるまい。で、脚本のコーエン兄弟、監督のスピルバーグがビッグネームで、役者は世界的に有名なのはトム・ハンクス一人だけ。この「トム・ハンクス主演」というのが宣伝の根幹で、キャスティングで宣伝が全て終わっている、と言っていいだろう。

まあ、別にトム・ハンクスが悪い訳でもなく、トム・ハンクスは良かったよ。
あと、私自身は良く知らないけどロシアのスパイ、アベルを演じたマーク・ライランスももう一人の不屈の男(Standing Man)で、彼自身が何か行動を起こせる訳ではなく、全て受け身の体制なのであるが、信念を曲げない姿勢で言えば、私にはこちらの方が恰好良く映った。外見は目がウルウルしてる波平なんですけどね。

「Standing Man」=「不屈の男」って訳は決まりきった訳なんだろうか?
もう、これ以上ないドンピシャな訳なのだが。
トム・ハンクス演じるドノバンが不屈の男である事に異論はないが、周り全ての小人物が一人でも誤った行動を起こせば、成功はおぼつかなかったろうから、やはり幸運であったとは思う。そして、私がロシア人だったらドノバンのスキャンダルでっちあげ写真とかを撮らせて、最終的にドノバンが不屈であっても彼の権限を行使できなくなるそういう絵図を描くな。最低だな、俺。

ただ、これ映画の最初で「史実に基づいた」と訳されているけど、
「inspired true story(史実に触発された)」と英字幕が出るので、
本当はこんなスッキリした話ではなく、
もっとエゲツない裏取引とかあったのかもしれない。


【銭】
トーホーシネマズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ブリッジ・オブ・スパイ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ブリッジ・オブ・スパイ@ペパーミントの魔術師
ブリッジ・オブ・スパイ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 主演、橋幸夫でどうだ(いやダメだろう)
PS2 鰤が大好きな辻さんでも……

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(16)トラバ(20)