パージ

2017年05月05日

『ワイルド・スピード アイスブレイク』『パージ:大統領令』をトーホーシネマズ日劇1と2で観て、ムチャクチャすげーとちょっと渋滞感ふじき★★★★★,★★

同日鑑賞2本をまとめてレビュー(実はロマンポルノ・リブート2本も同日に見てる)

◆『ワイルド・スピード アイスブレイク』
169405_9
▲車ではないけど、この刑務所内アクションが一番面白かった。
 ロック様、看守たちに全く容赦なしかよ。

五つ星評価で【★★★★★ちょっと普通じゃない傑作】
もう、見せ場と見せ場を繋いで映画にしながら、
キャラをドコドコ立てていく凄まじい映画。
冒頭のオンボロ自動車のカーレースから、
ニューヨークのゾンビ車を前座として使った後での
ワイスピ・ファミリー対ドムの根性比べ。
ラスト、車 対 潜水艦。本当にバカじゃないの(褒めてる)

ファミリーの皆さんがやってる事は、普通に都市破壊だったり、強奪行為だったり、
国同士が戦争起こしかねない軍事行動だったりするのだけど、
「まあまあまあ、世界を救ったんだから大目に見てよ」って、
おいおいおいおいそら通らんだろ。

キャラで言えばステイサムを迎えて更に坊主感を増したが、
そのステイサムと弟でもないロック様でもない、あの担がれる男とのコラボが最高。
ステイサムいつの間にやら儲け役である。もう仲間にしか見えない。
そしてロック様がもともとグレーではあったが、ついに只の荒くれ者になってしまった。

えー? 

まあ、超法規的なサンダーバードみたいな走り屋集団だからそれでもいいんだろうけど。
あ、ロック様の娘役、秘かにモアナに似ていた。
いろいろ荒いし適当なんだけど、ノリがいいから細かい事はどうでもよくなる映画。

そう言えばカート・ラッセルが一作目から出てるみたいな安定感と
呟いてる人がツイッターにいた。なるほど、『バーニング・オーシャン』でひどい目に
あってるので、こっちでは楽をさせてあげてください。

特報チラシ、通常チラシのどちらにも監督の名前が一切載ってない。
確かに一般的にはそんなに有名なスター監督ではないけど、
この徹底さにはちょっと驚いた。何かプロデューサーの娘を口説くとか
悪い事でもしたのか?(それは007のティモシー・ダルトン)

ロツク様以降、アイス、ユーロ、MEGAMAX、スカイの順番で好きかな。
ユーロとMEGAMAXは記憶が薄れてるから団子状態だけど。

PS そうだ、そうだ。映画のベストショットはステイサムのウィンク。


◆『パージ:大統領令』
170960_1
▲このデザインセンスとかがいいんだよなあ。
 今回はリリカルなピカピカ車もステキだった。

五つ星評価で【★★単品で観ると佳作だが、シリーズ物として観ると凡作】
「パージ」シリーズの三作目。
一作目は砦に侵入してきた殺人者に普通の人間がどう立ち向かうか。
二作目は危険な時間帯に砦の外に出てしまった人間がどう身を守るか。
それぞれ補完しあえる描いてなかった表と裏の関係にあった。
三作目は付随条件はあれどもアクション映画的には砦の外に出てしまった人間が
どう身を守るかの映画であり、二作目と大差なく、驚くようなアイデアも出なかった。
この「パージ」を為政している側をトランプ政権と紐づけて見る批評もあるが、
まあ、そこはそう見れば見えるという程度。
どちらかと言うと政権が教会と癒着している状態の方が
アメリカ人のメンタリティがキリスト教の倫理観に根差している事を考えると怖い。


【銭】
「どちらも映画ファン感謝デーに観たので1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ワイルド・スピード ICE BREAK@ぴあ映画生活
パージ:大統領令@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に基本、初期TBだけ付けさせて貰ってます。お世話様です。
ワイルド・スピード ICE BREAK@タケヤと愉快な仲間達
ワイルド・スピード ICE BREAK@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ワイルド・スピード ICE BREAK@だらだら無気力ブログ
ワイルド・スピード ICE BREAK@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
パージ:大統領令@ここなつ映画レビュー
パージ:大統領令@映画一カ月フリーパスもらうぞ
パージ:大統領令@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(14)トラバ(19)

2015年08月02日

『パージ』をトーホーシネマズ日劇2で観て、やべこれ好みふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★私、多少無理だったり、アラがバリバリ見えるような話でもグイグイ進んでいくタイプの話が好き】

一年のうち一日(厳密には12時間)、
法の拘束力を皆無にする制度が成立しているアメリカを舞台に状況で見せるドラマ。ポケモン公開の間、収益が弱くなる夜間の代打番組として二週間だけイブニングショー公開。

バトルロワイアル法案にも匹敵するハイパー法制度は「ある」という事で触れずに置いとくとして、じっと黙ってただただ身を潜めていれば、嵐は過ぎ去ってしまう筈なのに、内輪揉めがあったり、人間として見過ごせない矜持があったりで、とても自然に状況が二転三転するのが見事(お姉ちゃんがふらふらさまよっちゃったり、増援来たりする展開はそんなに自然でもないか)。

基本的にストーリーラインが映画のツボなので、細かい話や展開は語らないが、主人公の家に押し寄せる暴徒が殺人を楽しみにする白人だけで構成されているのは面白いと思った。彼等は敬虔なクリスチャンのような美辞麗句を口にしながら殺戮する。これはまるで欧州出身の信仰心の厚い若者がボカスカ殺戮をしてのけた西部開拓時代を思わせる。プロムの社交ドレスのように着飾った彼等は、ごくごく普通で、凄く金持ちそうにも、凄く生活に困ってる風にも見えない。ざっくり「中流」っぽい。大学などで普通にキャンパスライフを送って、うまくいかない事にはむかっ腹を立てて1年のパージを楽しみにしてるように見える。彼等が襲うのは弱者だ。映画ではホームレスのニグロだ。ここで黒人が狩られるのは、アメリカに黒人が溢れていて(たしか首都ワシントンでは黒人の比率が白人を超過した)、更に彼等が社会の要所要所に配置されている事に白人社会のフラストレーションが溜まっているからではないか。世が世なら全部、自分達にかしずく存在であるくせに。

暴徒に襲われる家の主人にイーサン・ホーク。
イーサン・ホークの出る映画は外れないなあ。
しかもこういうポッと出のインディペンディント系作品は全部、予算が安い。
これなんて、映画系学校の卒業作品で作れるくらいの予算枠に思える。
脚本読む力が半端ないのか、いいエージェントが付いてるのか。
いいね、イーサン。

で、イーサンもいい年なので、子供二人の親役で、それは違和感ないけど、今回は子供が可愛すぎて違和感がある。あ、姉も弟も目が大きくて、イーサンの遺伝子持ってたら、ああはギョロ目にならなかったろう。そこに違和感があるのだ。しゃあないな。子供の目をメンチョかなんかにする訳にもいかないからな。

姉ちゃんのJKっぽいファッションにハアハア。


【銭】
トーホーシネマズの会員ポイント6ポイントを使って無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パージ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
パージ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
パージ@ここなつ映画レビュー
▼関連記事。
パージ:アナーキー@死屍累々映画日記

PS 「こんなありえない設定はない」という感想がけっこう多いみたいなのだが、
 ありえない度から言ったら『猿の惑星』だって全然ありえない。
 ありえないけど、そこをありえる物として仮定したらどうなるって話なんで
 端から否定しちゃうのはいかがなものか。
 寓話として見てとってもいいんだし。
 1年に1回とかではないけれど、アメリカ人(軍)が中東に行くと
 (無秩序ではないが)現地の法律を完全に無視して、彼等独自のルールで
 少しでも動くものがあれば全員粛清するのだって、
 とても『パージ』の延長にある話のような気がしてならないのだ。

fjk78dead at 11:01|個別記事コメ(8)トラバ(10)