バイアグラ

2011年12月18日

『ラブ&ドラッグ』をシネマート新宿2で観て、アン・ハサウェイが山田邦子とか花子だったら屑映画だろふじき★★

五つ星評価で【★★アン・ハサウェイの胸一つにつき星一つ】
  

いや、アン・ハサウェイが可愛いに尽きる。
だから、後半、アン・ハサウェイが不遇になるとドラマも落ちる。

相手役は下半身野郎(いや、映画の中の役どころだよ)
ジェイク・ギレンホール。
『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』で時間を戻り、
『ミッション:8ミニッツ』では人の記憶を戻った。
今回は何を戻るのか。

愛を戻るのである(ぷーっとか笑うかもしれないけど、間違えてないのよ)。



【銭】
シネマート新宿月曜日メンズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラブ&ドラッグ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ラブ&ドラッグ@Love CINEMAS調布
ラブ&ドラッグ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

PS ジェイクが自分のチンチンとアン・ハサウェイのボインを指さしながら
 「これ、バイアグラ。それ、パイアグラ」と言う、
 そんなセリフが脚本にあったなら、
 アン・ハサウェイはこの仕事を引き受けなかったに違いない。
 (喜ばしい事に、そんなセリフなかったよ)

fjk78dead at 13:01|個別記事コメ(11)トラバ(7)