スポットライト

2016年09月12日

『スポットライト 世紀のスクープ』をギンレイホールで観て、その地味さにいたく感銘ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★地味なんである。スタンドプレイや強引なカタルシスが用意されていない。逆にそこに誠実さを強く感じる】
もっと娯楽寄りに仕上げる舵取りもできたであろうに凄く物静かな映画になっており、それでいてテーマを外さない物に仕上がっていた事が元のスクープ同様に誠実さを感じる。最初のスクープが社会を揺さぶったように、映画が公開される事で過去の事件を告白する被害者の増加などが起き、再度、社会が揺さぶられているらしい。映画としてのカタルシスを制限してまでも、主張を貫いた映画は作品として立派だったと思う。うん、偉かったよ、映画。

マーク・ラファロっていい役者だなあ。
いつも別人としてそこにいるのに根のところでマーク・ラファロ。
激怒して緑色の大男にならずによく頑張った。
マイケル・キートンもビートルジュースの癖にいい役者だ。
自分の罪にさいなまれながらもバードマンにもならずよく頑張った。
人権派弁護士にスタンリー・トゥッチ。
ハリウッド版『シャル・ウィ・ダンス』の竹中直人の癖によく頑張った。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
スポットライト 世紀のスクープ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
スポットライト 世紀のスクープ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポットライト 世紀のスクープ@映画的・絵画的・音楽的
スポットライト 世紀のスクープ@或る日の出来事
スポットライト 世紀のスクープ@ノルウェー暮らし・イン・原宿
スポットライト 世紀のスクープ@yukarinの映画感想ぷらす日記

fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(9)トラバ(6)