アン・ハサウェイ

2014年12月08日

『楽園追放』を新宿バルト9−5、『インターステラー』をミラノ座2で観て、日米ハードSF決戦だふじき★★★★,★★★(ネタバレ気味)

日米ハードSFを同日に観て、感じる所などがあったので合算して書く。

◆『楽園追放』
五つ星評価で【★★★★ハードSFの設定を使ってライトに人間と社会の関係を絵解きする】

いきなりで何だけど『インターステラー』ではちょっと涙ぐんだが、『楽園追放』では涙のカケラも浮かばなかった。話は全く違うが要素は似たものが幾つかあるにもかかわらずだ。

『インターステラー』は、ぶっちゃけて言うと、宇宙の片隅に生存可能な惑星を探しに行くパイロット親とその子供の絆の物語だ。
『楽園追放』は上流社会の捜査官がスラムで捜査する中、新たな価値観と出会い、今までの自分の価値観を揺さぶられる物語だ。

どちらも主人公に世界を揺るがしかねない事件に対するミッションが与えられ、それを解決するために新天地に赴き、自分の中の大事な何かを失いかけるという点が相似している。

何で似たような「(一番大切なものの)喪失」が描かれながら、『楽園追放』で涙が出ないのかと言うと、主人公の感情表現がアニメである事を差し引いても希薄なのだ。又、その感情を相乗するような所謂「泣き節」な音楽も背景として掛からない。ドラマ演出上も奇をてらうようなオーバーな表現はなく、実に淡々と描かれている。慟哭を描く事が目的ではないという事だろう。クールなもんだ。

では、『楽園追放』は何を描きたかったのかと言うと、爆発と乳揺れである。冗談ではない。これはこれで大事な要素だ。この爆発と乳揺れの何とも絶妙な描写。いやいやいやいや、でも、それだけではない。異文化同士のコミュニケーションの面白さもあげたい。カルチャーショックという奴だ。ざっと四つの文化層がそれぞれの異なる見識をぶつけ合う。

ー膺邑(上流階級労働者層)
▲好薀狃嗣
テロリスト
せ拉杣堊悄幣緡階級支配者層)

この中で一番穏便なのがテロリストで、一番非情なのが支配者層というパラドックスの面白さ。誰の立場に立つかによって、それぞれが正しい意見でありえる所も面白い。ここで描かれる悪は決して絶対的な悪ではない。
ブラック企業の社長は、賃金を下げてはならぬ。過剰労働も緩めてはならぬ。と言うだろう。それは間違えっぽく世間にアピールするが、極論的には、それをしているからこそ会社が潰れずに残ってきたのだ。その指針その物は程度の差を考慮しなければいけない事を除けば、それは悪ではない。それ以上に善に近いとすら言える。そんな思考の錯綜が見られるのがなかなか面白かった。乳揺れも爆発も面白かったけれど。
このカルチャーショックの面白さを減じないために、無理にドラマチックにするのは避けたのではないか。ドラマチックにすると 銑い隆愀犬料蠡仞が薄れて、誰かが善になる、誰かが悪になるの絶対性が高まってしまうから。いや、それ以上に単に乳と爆発が大事だった、それだけの事かもしれないが。

PS 捜査官アンジェラの初排尿、初排便の様子を特典映像化するなら
 ソフト高くっても買うよ、俺は。


◆『インターステラー』
五つ星評価で【★★★ハードSFの衣を被りながら重厚に人間の情愛を描く】

いや、もう、見栄を張ってもしょうがない。
分かったような、分からんような話だった。
異なる重力の下では時間の流れる速さは異なる。
うん、分からん。分からんけどルールだと言うなら、それに従おう。
すると1/6重力の月でも時間の流れは違うという事か?
映画内で語られていた「月への着陸は共産圏を破滅させる為のデマ」
というのは、映画内の世界では本当かもしれない。

はっきりよう分からんと思えるのはラスト近く、マコノヒーの決断の後、
宇宙に残されたもう一人(もしくは二人)の運命である。
この辺があまり丁寧に語られていないから、
その人が在命できた事について、ちょっとしっくり来ないのである。
まあ、よう分からん、と。
そこは監督がそんなに重点を置いてない部分だという事ではないか。
別に大事じゃない、と。そんな事より、家族の慟哭を観てよ、と。
個人的には、おいおいノーラン、ちょっとくらい爆発と乳揺れにも力……
爆発はあったな。あれはなかなか良かった。
プリーズ、乳揺れ。
アン・ハサウェイ、いい乳してただろ。

ゲホンゲホン

この物語はハードSFを背景にしながら、
人は自分の命、家族の命、人類の命のどこに重きを置くべきか、
そして、それによる奇跡(いや、奇跡だろ)を出して観客を納得させる。
そういう映画だろ、と思う。

なので、ハードSFでなくても構わない。
ハードSF的には、その統一イメージの破綻なさが徹底されている
『楽園追放』の方を強く買う。

PS ロボくん達は面白いけど、どれがどれなんだかだったし、
 極力、感情移入を避けるためにしたという、あのデザイン。
 どこか『サイレント・ランニング』くらいの
 SFデザインを引きずってる様に見える。
PS2 アン・ハサウェイが目を閉じると、
 ちょっと昭和のダッチワイフっぽい顔になるの。


【銭】
楽園追放、正規料金1800円。
インターステラー、チケット屋で招待券買って980円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
楽園追放−Expelled from Paradise−@ぴあ映画生活
インターステラー@ぴあ映画生活
▼他の記事、読んだ後だと内容が揺れそうなので今回、初TBはなし。

fjk78dead at 00:33|個別記事コメ(16)トラバ(19)

2013年11月05日

『レ・ミゼラブル』をトーホーシネマズ日劇1で観たのは8カ月前だけどまだ感想書けるのかふじき★★★

五つ星評価で【★★★映画らしくない】

全てのセリフが歌。
カットはバスト・ショットばかりという、劇シネに近い映画
(いや、劇シネ観た事ないけど)。

これはバッカでえええええー、と思いつつも見てると馴れる。
ただ、質疑応答みたいにどうしてもメロディーを付けるのに
向いてない場面もあり、練られてない感は時々感じさせられた。

これが「舞台『レ・ミゼラブル』の名シーンを凝縮して見せましょう旦那」
みたいな毛色の違った映画なので、最後はその舞台力に泣かされる。
だから、映画として全く優れてるとは思わないけど、やる気があるなら、こんなやり方だってあるし、それが大衆に認められて大入りしたってのは大変面白い。
まあ、大衆は「映画とは××でなくてはいけない」なんて考えたりしないから元々垣根は低いのだ。

アン・ハサウェイが凄い。
目がでっかいからいいのかな。
もう観客の目はアンたんに釘付けだ。
彼女が一番、スクリーンから目を離せない存在だった。

ヒュー・ジャックマンは囚人と市長で、全然違いすぎるので「もう別人でいいじゃん」なんて素人考え思うんだけど、そう簡単には許してもらえない。『ムービー43』みたいに喉の所にタマタマがあれば一目瞭然なのになあ。

追いつめる警部ジャベールにラッセル・クロウ。
っつか、もっと他に取り締まるべき物があるだろ、おめ。

その取り締まられるべき小悪党にヘレナ・ボナム・カーター。
すっかりこういう役専門になってしまった。確かに上手いし、他にこういう役やりたがる女優も少なそうだから安定してるのかもしれないけど、美人女優時代を知ってると複雑だ。ハリウッドの濱田マリ(「濱田マリが日本のヘレナ・ボナム・カーター」というのは何か違う気がする)。

アン・ハサウェイの子供役コゼットにアマンダちゃん。
これは恋に恋するだけの面白味のない役だった、残念。
同じく恋に恋しながらも感情に振幅の大きい不美人役のエポニーヌを演じた
サマンサ・バークスの方に目が向いてしまう。まあ、顔だけじゃないよね。
アマンダちゃんが殊更に性格が悪いとかではないけど。



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。最前列だったで。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
レ・ミゼラブル@ぴあ映画生活

PS パチもの映画で『レ・キングゼミラブル』ってどうだ。
 蝉怪獣が泣きながら歌う「夢やぶれて」も泣けると思うぞ。うるさいけど。


fjk78dead at 23:21|個別記事コメ(0)トラバ(2)

2012年10月11日

『ダークナイト ライジング』を渋谷シネパレス2で観て何で階級闘争なんだろう、そして結構今更感ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★何一つ物を持たない男のヒロイズムが泣ける】
  
泣けるねえ。

何の希望も持たない男が、更に利用し尽くされようとする。
彼はもうそこでリタイアしてもいいのだが、
最後まで微かな希望を捨てきれず、自分を酷使し続ける。
男だねえ。
いや、クリスチャン・ベールを女だとは思ってなかったけど。
例え、名前が「クリスちゃん」だとしてもだ。

男は人の為に自分を捨てきってしまう男が好き。
その満身創痍の身体に男の覚悟を見る。
美学だねえ。やせ我慢する男は男として価値がある、そう思う。

ただ、根幹になる階級闘争みたいな話はピンと来なかった。
アメリカの方が格差社会がひどいんだろうか。
家、追い出されて凍死みたいな話もあったし。


あと、アン・ハサウェイがステキすぎる。

  それだけでいい映画だ




【銭】
レイトショー料金1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ダークナイト ライジング@ぴあ映画生活


fjk78dead at 01:41|個別記事コメ(4)トラバ(8)

2011年12月18日

『ラブ&ドラッグ』をシネマート新宿2で観て、アン・ハサウェイが山田邦子とか花子だったら屑映画だろふじき★★

五つ星評価で【★★アン・ハサウェイの胸一つにつき星一つ】
  

いや、アン・ハサウェイが可愛いに尽きる。
だから、後半、アン・ハサウェイが不遇になるとドラマも落ちる。

相手役は下半身野郎(いや、映画の中の役どころだよ)
ジェイク・ギレンホール。
『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』で時間を戻り、
『ミッション:8ミニッツ』では人の記憶を戻った。
今回は何を戻るのか。

愛を戻るのである(ぷーっとか笑うかもしれないけど、間違えてないのよ)。



【銭】
シネマート新宿月曜日メンズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラブ&ドラッグ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ラブ&ドラッグ@Love CINEMAS調布
ラブ&ドラッグ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

PS ジェイクが自分のチンチンとアン・ハサウェイのボインを指さしながら
 「これ、バイアグラ。それ、パイアグラ」と言う、
 そんなセリフが脚本にあったなら、
 アン・ハサウェイはこの仕事を引き受けなかったに違いない。
 (喜ばしい事に、そんなセリフなかったよ)

fjk78dead at 13:01|個別記事コメ(11)トラバ(7)