ふじき78TV部

2016年02月15日

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』

一週間前に放映されていた最終回までをまとめて見た。
最初の数話は皆勤賞で観ていたが、
やはり時間的にきつくて(6人目の)スターニンジャ登場辺り
とかはゴッソリ抜け落ちてて見てないエピソードも適当にある。
そんな完璧にガッツリ見ていた訳ではない。

なんつか、おでも爺さんで涙もろくなったな、と思わされる事しきりだった。
ラストニンジャ笹野高史の孫5人が、その継承を争いながら、
悪の牙鬼軍団と戦うのがニンニンジャーのメインのストーリーであるが、
主人公の赤と妹の白の父親は祖父の愛弟子に「ニンタリティー」という要素を
抜かれてしまい、忍者としては何一つ役立たない存在だ。
もう、元々のこの設定が泣けてしょうがない。
それってインハイ目指してたら同じチームの相棒に
闇討ち合って手足折られたようなもんだろう。
普段、戦力外だが父さんたまに頑張る。
今回ラストに向けて奪われたニンタリティーが取り戻される。

で、その裏切り者の愛弟子が実は敵・牙鬼の実子(側室の子)である事が分かる。
牙鬼の実子は正室の息子をニンニンジャーに打ち取らせ、
今まで自分を目下扱いしていた幹部も正室も戦地に送り込み、始末させる。
おお、なかなかひどい奴でいいじゃん。流石、裏切り者。

牙鬼の総大将幻月と笹野高史の一騎打ち。
これがCGが厚くって本当にかっこいい。
そして、幻月と笹野高史が死力を尽くした直後、
物陰に隠れていた牙鬼の息子・新月が笹野高史を撃ちとる。
ラストニンジャの証は世代継承で前の世代を滅ぼした者の手に落ちる。
新月はラストニンジャの能力を手に入れる。

だが、笹野高史は死の直前、新月に対しても技の遺産を別に残していた。
裏切られて敵に付いた不肖の弟子でも、弟子は弟子。大きいぞ、笹野高史。

ラストニンジャ笹野高史もなく、全ての力を新月が手に入れたが、
ニンニンジャーの基本姿勢は変わらない。ラストニンジャの理を受け入れない事で
ラストニンジャを超える。それは理屈だ。
でも、理屈が通って、とりあえず気力で新月に打ち勝つ6人。

これまでかと新月を自らに吸収しようとする幻月。
この幻月、単にでかくて負けないってメタファー存在でしかない何ともつまらん奴だ。

ニンニンジャーが戦う中、幻月の中の新月の自我が目覚め、
笹野高史の教えなどを思いだしつつ、親父に対抗。最終的に幻月が破れる。

忍びの先輩にして裏切り者、十六夜九衛門が、
最終的に本当の敵であると競り上がってくるも、
彼も又、修行時代を思いだし、完全な悪にはなりきれなかったというのが複雑で良かった。



fjk78dead at 20:53|個別記事コメ(0)トラバ(0)

2016年01月10日

『真田丸 第一回』

珍しくTVネタ。

私、真田幸村は昔やってたNHKの『真田太平記』のイメージが強い。
だから、その時の主役の草刈正雄(華麗なる刑事)がイメージだった。
ちなみに、その時は父ちゃんが丹波哲郎、兄ちゃんが渡瀬恒彦。

で、草刈正雄の父ちゃん役は、何かとっても食えない感じがよかった。
丹波哲郎も腹の底が見えない父ちゃんだったが、
それは腹の底を明かしてないか天然か分からない感じだった。
草刈正雄は頭が良すぎて周りがその鬼謀を判断できないような深さに見える。

堺雅人は今後のメリハリを考えてるんだろうけど、愚弟縛りがひどすぎる。
「アイデアの人」にする伏線は張られているが
「アイデアだけの人」になりそうで、どうも。

兄ちゃんの大泉洋もどうかなあ、と。
やっぱり渡瀬恒彦の兄ちゃんが頭にあるので、
天才肌の弟と実直な兄貴のイメージがあるのだが、
大泉洋が配役だと、ただただ「真面目馬鹿」みたいに見えてしまう。
兄ちゃんは兄ちゃんでドラマがある人であって、
決して幸村の引立て役ではないのだからなあ。

お姉ちゃんがいるとは知らんかった(歴史マニアやないもん)。

武田の若い殿様は、力がないものの悲哀が出ててよかった。

ぬっくん、いいなあ。ハゲてるからという訳ではなく、
この人以外に時代劇にはまるな。

織田信長だけ妙にお爺ちゃんっぽい。
いや、世代は上かもしれないけど、それにしても一人だけ年長さん的だぞ。

話は今のところ「ふーん」で、まだ、海の物とも山の物とも。
ラストカット「走るぞ!」と言ったからにはちゃんと走れよ。
テレテレテレテレ走って味方同士のなれ合いかと思ったわ
(これは演出側の問題だろうけど)。


fjk78dead at 22:29|個別記事コメ(0)トラバ(0)

2013年09月25日

ヤマト2199第二十四回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第二十四話。イスカンダルでポロリなし回。

・ヤマト、イスカンダルに到着。
 イスカンダルは8割を海が占める静かな星。
・ヤマト海に着水。側面には激戦の傷跡がザックリ刻まれている。
 但し、モニターは画面が暗く、ほぼ傷跡は見えない。

・ユリーシャが森雪をスターシャの会見へと連れて行った理由。
 ユリーシャ・森雪「幽体離脱」(嘘)

・みんな水着は着たけどポロリはなしだぜ。

・古代守がイスカンダルにて病死したとのメッセージ画像。
 眼鏡を取って顔を伏せて泣き崩れる新見さんの肉体がエロい。

・ヤマト自身をコスモリバースシステムに改造。
 波動砲は使えないよう蓋をされるが、モニターの色味が濃く、
 今までと変わらず只の穴にしか見えない。
 スクリーンに映し出される映像が基準ではなく、
 TVモニターを基準にした色調整をすべきである。

・戦闘も何もない回だが、遂に目的を達し、地球へ帰るとの喜びがみなぎっている。
・場面場面とても丁寧にじっくり描かれていて、情感が高まる。



▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 00:40|個別記事コメ(0)トラバ(1)

ヤマト2199第二十三回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第二十三話。ガミラス本土決戦回をとことん下世話に読み解く。

・開始早々、冒頭から「ヤマト消滅した模様」と報告が上がる。
 ここでそんな事になったらこれからの展開は大変だ。
 森雪がランボーよろしく一人でガミラス全体を敵に回して制圧。
 制圧したままイスカンダルに到着。
 イスカンダルでは唯一残った星の記憶「森雪」を
 コスモリバースシステムに作り変えて、
 宇宙戦艦型テロンロイド森雪風として再生。16万8000光年の帰路に着く。
 まあ、これでもいいはいいか。

・案の定、主役は死なずでヤマト、ガミラスに最大船速で侵攻。
 行け、地脈を操ってガミラスを滅ぼせ!

・スターシャからデスラーにホットラインで抗議
 スターシャ「デスラー総統、いったいどういうおつもりですか?」
 デスラー 「抗議かね。抗議抗議抗議抗議。いつも抗議だ」
 ここから嘘「君も抗議ばかりじゃなく、
       せっかくホットラインを使ってるのだから
       『身体の一部がホットホット』とかボケたらどうかね?」
 スターシャ「(真っ赤になって無言)」
 あ、いいなあ。何となくこれは見たいなあ。

・ブンチャカヤマト・ギガMAXバージョンでヤマト、ガミラスに侵攻。
 帝都でビルに被害を与えながらの戦艦戦は痺れる。
 本当は戦艦の巨大さや被害を表わす人死にを描いてほしいが、
 それはまあ無理だろう。ヤマトが悪役になってしまう。
・ヤマト総統府に突き刺さる。
 メタファー的に言うとチンコにチンコが突き刺さった状態かな。
 いや、違う。
 総統府からデスラー艦デルスーラが離脱。
 つまりSEXしてた男女にもう一本チンコを突き刺して、
 元のチンコが抜けた状態だ。
 男性原理(デスラー)と男性原理(ヤマト)の狭間で
 女性原理(ガミラス臣民)が悲鳴を上げているという。
・只の牝になってしまったセレステラさんが叫ぶ
 「うそお、うそよおー」ちょっと女声すぎる。
・デルスーラ(旧チンコ)は第二バレラス(2号=愛人)と合体。
 何か落とすらしい。
 やはりあれだろう。破産宣告による養育費免除とかそういう衝撃だろう。
 ヒス「それでも指導者かあ、デスラー」
 ヤマト波動砲を発射して、堕ちてくる衝撃を破壊する。
 これは「どっぴゅどっぴゅ」という真の愛が問題を解決する、という事かな。
 ええとまあ、落ちてくる設備の中に人がいたら、
 どっちにしても虐殺だけどそれはなかったらしい。
・ヒルデちゃんも無事でよかった。
 デスラーがセレステラを見捨てたように、
 セレステラもヒルデを見捨ててしまっている。
 セレステラに関してはおそらくそれを気付いてもいない。
・という事で、新しい男(古い男のライバル暴走族のヘッド)が
 優しくしてくれたので女(ガミラス)はメロメロ、
 古い男と愛人は家庭内不和で修復不可能という寓話みたいな話になった。
 これというのも古い男が危険分子(森雪カラーの黄色が表わすのはズバリ金)
 を懐に入れつつ、その処理がいい加減だったからだろう。
 森雪はちゃんと扱わないと身を滅ぼす悪女だ。
 だが、大丈夫。古代進のカラーは血の色、赤だ。
 血を流しながら、最後は二人で愛を勝ち取るに違いない。

・古い男が女も愛人も捨て去って、旅の途中の新しい男に向かって
 「お前が欲しい」とホモ丸出しになるのは又、別の話である。

・第二バレラスから噴出される森雪が「エイリアン2」のエイリアンみたいだった。
 やっぱ化け物って事かな。
・広大な宇宙の中から古代に見つけられる森雪。
 性感もとい星間を超越するような強力なフェロモンを出しているのかもしれない。


▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 00:20|個別記事コメ(0)トラバ(0)

ヤマト2199第二十二回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第二十二話。マゼランパフェ回だけど実は濡れ場がいっぱいあってもおかしくないじゃないか回。

・メルダがヤマトに戻ってきた。
 元ヤン同士みたいな空気の山本といい感じ。女は強い。
 そこにイスカンダルのお嬢様が加わって、頓珍漢なバランスが無茶苦茶面白い。
 山本(貧乏人)、ユリーシャ(お嬢様)、メルダ(親がユリーシャの使用人)
 みたいな。

・メルダ  「こら、イスカンダルの方をあんた呼ばわりするな」
 ユリーシャ「あんたがいい。あんたが好きよ。あんたのバラード」
 ちょっと嘘を足しました。

・一方、ガミラスでは森雪が。
・ガミラスに付いて早々イスカンダル人じゃない事がお付きのノランにばれる。
 成人映画だったら秘密を担保にここで濡れ場だ。
・セレステラに紅茶を振る舞われる。
 メイドはザルツ人のヒルデちゃん。
 この紅茶の席でも森雪がイスカンダル人じゃない事はばれているよう。
 成人映画だったら秘密を担保にここでもレズの濡れ場だ。
 コードが許すならヒルデちゃんも加えて濡れ場の長さを二倍にする。

・森雪   「(デスラー総統を)愛してるの?」
 セレステラ「おっほっほっほっほ。ごめんなさい。
       イスカンダルの姫君にしては『愛してる』なんて
       随分、下世話な言い方だったので」
 この辺りって自動翻訳機が言葉を変換してるからセレステラには次みたいな
 言葉に聞こえていた可能性がある。
・森雪   「(デスラー総統と)パコパコしたいの?」
 セレステラ「おっほっほっほっほ。ごめんなさい。
       イスカンダルの姫君にしては『パコパコしたい』なんて
       随分、下世話な言い方だったので」
 うん、下世話だ。
 相互理解って難しい。

・そしてイスカンダル人じゃない事を承知の上で
 森雪をユリーシャに見立てて、ドメル追悼の政治集会で演説するデスラー。
・この追悼式に未亡人のエリーザがいないのは政治ショー的に痛いのだが、
 革命派と行動を共にしてるのだからしょうがない。
 雪もノランと行動を取らずにエリーザと行動を取っていれば、
 この後の展開も大きく変わったのに
 (ただ、そうすると最終的にヤマトは撃沈してしまうのだが)
 政治集会にはドメルに花を渡した少女も登場する。この辺りに抜かりはない。
・「ガミラスとイスカンダルの大統合」って、とりあえずパコパコさせろや
 って事ですかね?
・って事で、「ガミラスとイスカンダルの大統合」を既成事実にすべく、
 成人映画だったら、ここでデスラーと森雪の濡れ場だ。

・そんな股間が渇く暇もない森雪とは打って変わって、
 ヤマト艦内では女子界の嵐が吹き渡る。
 ユリーシャ「君はいないの? いい人いないの?」
 山本   「余計なお世話よ」
 ユリーシャ「私はいるよ」
 山本   「まさか、古代?」
 ユリーシャ「ここにはいない。イスカンダルにいる」
 相互理解って難しい(明らかに「いい人」のニュアンスが違ってる
 ってか、山本がユリーシャに遊ばれてるのかもしれない)。

・ユリーシャ「メルダは可愛いね」
 メルダ  「そんな勿体無いです」
 山本   「本当、可愛いねえ」
 メルダ  「お前が言うな」
 成人映画だったら、メルダの(エッチに対する)可愛さを確認する為に、
 ユリーシャ、山本攻め、メルダ受けでレズ3Pになる。
 「ほら。こんな可愛いじゃないか」「くっ」みたいな。

・そんな中、古代は一人で壁ドン。

・ヤマト、大ワープの末、遂にガミラス+イスカンダルに到着。
 それを標的として狙い定めているデスラー
 森雪  「何をなさるおつもりですか」
 デスラー「戦争だよ」
 鳴り響くデスラー襲撃のテーマ。上がる上がる
 そして一転JUJUのエンドテーマ、下がる下がる。

・デスラーは自分が決定権限を持たず企画アドバイザー的な位置に立つなら
 かなりいい戦争屋じゃないかと思う。

・近々で調整を付けるのなら収容所惑星回か、
 この政治回の大きさを少し凝縮すれば、七色星団戦を後15分くらい
 伸ばせたんではないだろうか?


▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(0)トラバ(0)

2013年09月23日

ヤマト2199第二十一回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第二十一話。収容所惑星革命の嵐回。

・宇宙葬。
 みんなチベットの鳥葬とかじゃなくてよかった。

・森雪を奪われた記憶に古代壁ドン一発目。

・奪われた森雪はイスカンダル人として収容所惑星レプタポーダへ。
 ここでの雪の見栄の切り方がかっこいい。
 劣等人種としてレプタポーダ入りを認められないザルツ義勇兵に
 「イスカンダルが命じます。あなたの任務を果たしなさい」
 痺れます姉さん。

・ガトランチス人を趣味で射撃の標的に使うようなクズの所長は
 「え、ええやろ。イスカンダルはん。減るもんやおまへんし」とか言って、
 自分の支配地である事を笠に着てセクハラしてきそう。
 ま、そんな大層なキャラではないのだが。

・森雪、イスカンダル服に着替える際に黒のブラチラ。
 大人の女だなあ。

・だが、何の為に、ここに寄ったのかはよく分からない。
 服を着る為だけなら、ここでなくてもいいと思うのだが。

・ヤマトいろいろ収まって
 新見「では私は営倉に戻ります」
 沖田「新見君、君の戻る場所は営倉ではない筈だ」
 ・・・涙の新見。
 沖田「君の戻る場所はわしの膝の上じゃ」
 営倉に戻ったという(嘘)。

・古代、伊東(糸目)、藪、ユリーシャというもしもツアーズ的陣容で
 レプタポーダに偵察。着くや否やとっつかまる。
 って銃があるんだから応戦できただろ。

・ガトランティス人暴動。
 ガトランティス人はみんな筋肉質だ。
 なんかガタイのいい百姓っぽく感じる。どっか田舎者くさい。
 ガトランチスの一斉攻撃のテーマがとても安く使われていて可愛い可愛い。

・糸目優しい行動で案の定死亡フラグ。

・遠目に連れていかれる森雪を見ながら
 「ユキーーーーーーーーーっ」
 古代、机ドン。

・藪いつの間にか脱走者に囲まれて、新しい人生状態(うぷぷ)。

・「行先は分かってる。ガミラス」
 ここで、ガミラスとイスカンダルが双子星である事が告げられる。
 原典では最初から同じ場所にある事を荒筋欄で絵解きしてしまってたりする。
 2199から見始めた旧ヤマトを知らない世代は驚いただろうか。
 うーん。スターシャとデスラーのホットライン会話みたいなのがあるから、
 そんな遠くでもなかろうみたいな感触はあるのかもしれない。


▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 01:50|個別記事コメ(0)トラバ(0)

ヤマト2199第二十回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第二十話。ドメル回。

・ついに七色星団戦。
 ドメル将軍がかっけーんである。
 ドメル将軍には絶対ふんどしが似合う。
 ちなみに七色仮面は出て来ない。

・黒髪の女の子、西条未来と言うのか。

・ザルツ義勇兵会話
 ノラン「綺麗な人ですね」
 ベリス「惚れるなよノラン」
 ノラン「だ、誰が!」
 伏線にニヤニヤ。

・ここからともかくギッシリ密密に話が進んでいく。
・ヤマト直上に敵艦載機がワープ、攻撃開始。
・ドリルミサイル発射。(あれ、雷撃艇より前なのか)
 「プレゼントだああああ」
 岩田鉄五郎の「にょほほおおおおおう」みたいな爺ちゃん兵の叫び。
 ドリルミサイルのアイデアは好きなんだけど、
 原典のように波動砲が塞がれてしまう事の恐怖が描かれてなかったのは不満。
・反省室から出される新見さんのピンクのブラ見せカットがやばいくらいエロイ。
 「新見のチョンの間」とかドアに張り紙をしておけば客はすぐ付くと思う。
・星名ザルツ義勇兵に撃たれる。憑依岬大ショック→ユリーシャ本体の覚醒。
・「イスカンダル御無礼」ザルツ義勇兵に当身を食らわされる森雪。
 時代劇口調がよい。森雪強奪さる。この展開には驚いた。
・コスモゼロで勢い発艦するが古代何もできず。
・新見+アナライザーコンビはドリルミサイルの解析に成功。
 ジェット噴射で空を飛ぶアナライザー。高性能すぎる。
 オルタの下りもあったし、アナライザーにペットみたいにまとわりつく
 女の子を一人くらい用意してあげても良かったのになあ。
・雷撃艇での攻撃に至るもヤマト致命傷には至らず。
 これは、艦載機、雷撃艇、とどめにドリルミサイルという
 原典の流れの方がスムーズ。次の攻撃やとどめの攻撃があるから
 引き上げてるのが分かるし、ドメルがヤマトの何倍もの火力を使って、
 ヤマトを撃沈できない理由が、精神論で「頑張ってるから」だけではいけない。
・ドリルミサイル反転。敵空母群に向かって逆進。
 太田「当ててくださいよ、先輩」
 南部「任せろ。俺は大砲屋だ」
 ここのセリフが好き。南部の大砲屋としての自負が出ててよい。

・ドメル自爆。波動防壁の復旧でヤマトにほぼ影響を与えられなかったのが悲しい。
 「波動防壁の復旧によりヤマト全体では大事には至りませんでしたが、
  爆破の衝撃で第三艦橋の至るところが内部破壊された模様です」
 くらいの報告をしてほしい。
 武人の死を「俺の鎧、直ったからOK」みたいなノリで片づけちゃいかんだろ。
 悲しさの中、JUJUのED。
 これは浸れる。この使い方はいい。

・そして、ユリーシャ・イスカンダル登場。
 おいおいおいおい。どう考えてもこの回、話を盛りすぎだ。

・ドメルの奥さんがこの回でヤマト世界唯一の未亡人になったので、
 馬鹿の皆さんは興奮してください。

・やっぱり七色星団戦は2回に分けて欲しかったなあ。せわしすぎる。



▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 01:40|個別記事コメ(0)トラバ(1)

ヤマト2199第十八回十九回

感想やら連想やら妄想やら。
今回はTV放映が一時間スペシャルだったので2連続だ。

・TV放映第十八話。ゲートをくぐるとそこはガミラス艦隊で花盛り回。

・ナレーションで今までの経緯説明から開始。
 オープニング省略かと思いきやバカ騒ぎ続行。

・バランのワープ回廊をちゃんと使えるかどうか偵察に行く。
 人選はTRFっぽい兄ちゃん。
 「軍隊」がベースかもしれないけど旧作にはここまでの長髪はいなかった
 (旧作では古代進が長髪扱いされてた)。
 これはいい事かな。IQ低く見えそうだからモヒカンとかにいてほしくはないけど。
・山本とちょっといい空気のTRF篠原
 山本「一つ忠告。偵察は必ず戻って来るのが任務。必ず戻って来るのよ」
 篠原「ゲー」
 山本「戻すんじゃない!」

・偵察時間はたったの3時間だという
 山本に「ラブホの休憩時間かよ!」と言ってほしかった。火星にはラブホはないか

・篠原ガミラス機に乗って発艦
 『ファイヤー・フォックス』みたいに
 「ガミラス語で命令を考えろ」みたいなOSじゃなくてよかった。
 すったもんだの挙句、帰艦。
 ガミラス機で時間いっぱいギリギリってのも酷だけど、
 そもそも鳴門海峡の渦の中に入って先に道が通じているか確認してこいみたいな
 無茶な要求だから、これを志願する事についてもうちょっと盛り上げてもよかった。

・そんな中、バランではガミラス艦隊が集結中。
 ゼーリックのもとに揉み手で現われるゲールが素晴らしい。
 ガミ、ラスにも「揉み手」って文化が存在するんだなあ。
 何かこの二人はこの二人なりにいい組み合わせだ。
 ゼーリック、デスラーの死を公表。秘密にしている政府に反旗を翻すと発言。
 腰砕けで、どっと冷や汗を流すゲールのアニメートがまた素晴らしい。
 乗ってるな、アニメーター。
 ゲールには何となく、完全な安全が用意されているような事態でなければ
 これに乗るのは危険という防衛本能が立つらしい。

・さて、ヤマト
 島 「敵艦隊がいっぱいなので迂回路を策定しました」
 沖田「いや、航路に変更はない」
 藤木「お前、ちょっとおかしいよ、Mじゃないの?」
 沖田「いや、これを乗り越えてこそ………」
 藤木「鞭で打たれたりするのが好きなんだろ、お前」
 沖田「う、うむ」

・ヤマト1隻対ガミラス終結全艦隊というバカみたいな対決構図。
・ゲール  「密集隊形を解け。味方艦に当たる」(あ、マトモなこと言いよった)
 ゼーリック「構わん。そのまま押しつぶせ」
 一番偉い人が無能。ヤマト何たる幸運。
 「テロン艦撃沈バランに沈みます」
 何回も沈んだ振り戦略を取っているのに、学ばんなあガミラス艦隊。
 宇宙戦って、基本、負けた方は全滅するから
 知識が伝わりづらいと言うのはあるかもしれんけど。

・ヤマト狩りも一段落して天井モニターにデスラーが映る
 デスラー 「御機嫌のようだねゼーリックくん」
 ゼーリック「貴様あ」
 ゲール  「総統閣下」
 デスラー 「何か言い残す事はあるかね、ゼーリックくん」
 ゼーリック、モニターを射撃。モニター壊れる。
 ゼーリック、言訳する。
 ゲール、ゼーリックを撃つ。
 凄い。揉み手のゲールが歴史に関与してるよお。

・ヤマトお得意の死んだふりから復活。
 バランを撃つ。
 お前ら、宇宙的な遺産に何て事しやがる。
 大回廊を通りながら制御装置を壊しながら回廊通過、
 回廊を閉じたので追っ手が追撃不能という設定は凄く良く出来ている。
・ヤマト大マゼランに。

・ここから十九話
・TV放映第十九話。ドメルさん戦いの前の準備回。

・オープニング代わりに入る合唱ヤマト。
 この合唱ヤマトも全面賛成ではないが、現OPの馬鹿騒ぎよりは何ぼもまし。

・宇宙服を着て宇宙船甲板に立ち、かっけーセリフを言うデスラー
 「この星にしがみついて何になる」
 今回のヤマトではガミラスが星の寿命に差し掛かってるような設定は
 特に取ってなかったと思うのだが・・・。
 デスラーも家庭菜園とか持ってて、土地の疲弊に悩んでたりするのかなあ。

・ここからデスラーにテロン艦攻略を命じられた
 ドメル将軍の怒涛の艦隊集結シーンに突入する。
 うおおおおおおおう、ガミラス軍歌がかっけーぞお。
・「やれやれ、子供と年寄りばかりだぜ」
 「精鋭が聞いて呆れる」
 「空母が4隻だけかよ」
 お前ら、そういう不平不満愚痴 は「早く起きた朝は」にでも投稿しろよ。
・じいちゃん兵士バーレル「兵は戦場で一人前になると言いますからな」
 宇宙戦だとほぼみんな死んじゃうから、それは難しいと思う。
 それを考えると数多の危機を潜り抜け自分だけは死なないゲールは凄い。
・そして惑星ザルツの義勇兵。泣ける、泣けるぞお前ら。
 言われなき自分たちへの差別を自分たちの才覚で切り開いていく男達に涙。
・ヤマト2199で株をあげたのはシュルツを初めとするザルツの民だな。
 次は潜水艦乗り達か。
・つうか、そんなに二等市民を使うのが嫌なら、ドウランを塗ってお前が乗りこめ。
・しかし、アニメでは同じ肌色として描写されたが、
 乗員全員がモンゴロイドのヤマトに肌色が似てても
 アングロサクソン系が紛れるのはきついかもしれない。
 ニグロだったら一発だけど……ヤマトって黒人出てないものなあ。

・憑依岬「波動エンジンは武器ではない。武器にしてはいけない」
 沖田 「16万8000光年を旅する私たちには身を守る盾が必要だった」
 憑依岬「そして、作ってしまった」
 沖田 「技術立国日本万歳!」
 憑依岬「あなた!」
 沖田 「いや、武器じゃないんじゃよ。
     あれは光の美しさをみんなで鑑賞する花火みたいなもんじゃ」
 ・・・
 真田 「ど、どういうことですか、波動砲を7色にしろちいうのは」
 沖田 「いや、だってさあ。そうしないとコスモリバースくれそうにないしさあ」

・憑依岬「何故、聞かないのかな。
     波動エンジンではなく
     コスモリバースシステムを届けてくれなかったのか、と」
 沖田 「それは…………あなた方がSだからでしょう」
 ・・・
 真田 「どういうことですか、ヤマト全体を荒縄でグルグル巻きにしろとは」
 沖田 「やはり、相手の気持ち思いやって先手を打つことが大事なのじゃよ」

・最大の難所、七色星団
 島 「沈んでしまっては元も子もないので迂回路を策定しました」
 沖田「いや、航路に変更はない」
 藤木「お前、ちょっとおかしいよ、Mじゃないの?」
 沖田「いや、この難所を乗り越えてこそ………」
 藤木「鞭で打たれたりするのが好きなんだろ、お前」
 沖田「う、うむ」

・森雪の代理の黒髪の女の子のビジュアルが凄く好きなのだけど、
 事務的な事しかしないんだよなあ。

・ED変更
 相変わらずヤマトっぽくはないな。


▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 01:29|個別記事コメ(0)トラバ(1)

2013年08月03日

『天空の城ラピュタ』

・バルス!
 滅びの呪文を口にすると機械の隅々にまで「バルサミコ酢」が!
 自己崩壊しちゃうくらいすっぱいのが嫌いらしい、ラピュタ。

・適当に流し見してたんだけど、悔しい事にこれがムチャクチャ面白いんである。

・何でも14回目の放送とか。
 14回やって古びないのも、見飽きないのも凄い。
 そんなコンテンツはこれとカリ城くらいじゃないのか?
・基本的に宮崎駿はここまでが好きだなあ。
 この後は、そんなに好きじゃない、と、嫌いしかない。
 というより、許せる・許せないの観点に変わってしまう。
・あと、ラピュタ、カリ城、ナウシカがヘビーローテーションしてる事を考えて
 新作を作るって考えはジブリにないのか。

・ロボットの都市破壊を見て、かっけーな、と。
 こういうガキがワクワクするシーンは今のジブリにないんじゃないか?

・海賊の男どもがマザコンすぎるのがそんなに好きじゃない。
 あの服の色も、女色なのが公開当時から気にいらなかった。

・ラピュタの空中庭園のシーンを見て
 『サイレント・ランニング』を思い出す。
 ラピュタの前日談として、ああいう話があったとか夢想したりする。

・ラピュタがボロボロ崩れるシーンで『さらば宇宙戦艦ヤマト』
 都市帝国が崩壊するシーンを思い出す。
 すると、瓦礫の中からムスカが乗りこんだ超弩級戦艦が!
 ムスカはどうして戦艦に乗れたのか?
 静脈認証かな(飛行石使用時に自動的に認証登録される)。
 というか、飛行石自身を奪われる事があるだろうから、
 王族の遺伝子をセキュリティの条件として取っておけばいいのに。
 いや、途中に間男がいたり、不義の子がいたらそれもあかんのか。
 さて、超弩級戦艦に乗りこんだムスカに、パズーとシータは
 「これが僕たちの結婚式だ」と言って特攻して映画は涙のうちに終わる。

・パズーとシータはコナンとラナっぽい(ルパンとクラリスっぽくもある)。

・「バルス」でツイッター止まらなくてよかった。
 偉い、よくやった。ツイッター。
・ラピュタ終わった後の「見終わった」ツイートの方が重かった気がする。


fjk78dead at 00:14|個別記事コメ(2)トラバ(0)

2013年07月30日

ヤマト2199第十七回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第十七話。ゲートに行って昔話に花を咲かせましょう回。

・オープニングは相変わらずのバカ騒ぎ
 これが最後まで続くのかなあ。
・冒頭のナレーションもなくなってしまった。
 これはその分、本編伸びてるのだからいい事だと思う。

・トップシーンは佐渡先生に諸肌脱いで診察されてる新見女史から。
 新見女史のブラは薄紫だか濃いピンクだか、曖昧な色なのが妙にリアルだ。
 あ、同じ部屋の中に星名がいるじゃん、てめー。
 佐渡先生は専門職だからしょうがないにせよ、
 旧ヤマトみたいに女子一人っきりじゃないから、
 お付きの警護も女子を付けられると思うけど(資質で山本一択になっちゃうなあ)。
 今の星名監視状態だと新見女史にトイレとかも行かせられなくて………失禁。
 よし、みんな薄い本を描け(高学歴者の羞恥はいいネタだぞ)。

・デスラー暗殺の汚名を着せられてドメルが軍事法廷で裁かれる。
 ヒス副総統の法廷での服装がムームーっぽくて、
 常磐ハワイアンセンターでくつろいでるのに暗い顔みたいに見えなくもない。
・陪審員全員一致でドメル死刑。
 国民的英雄の処刑による人心への配慮とかないのは筋書きが出来てるんだろうな。
・ゼーリックの「ドーメル」って抑揚が面白い。
 「チョーコべえ」とか「仮面ラーイダV3」とかみたいだ。

・「森さんが異星人だったなんてガッカリだよなー」
 何がどうガッカリなのか、今一つ要領を得ない。
 とりあえず、森さんが異星人なら人権と衣服を剥奪して、
 首輪でも巻いて皆で飼ってみたりしたらどうだ?

・真田、古代、森でゲート偵察。
大地康雄に似てるロボット出現
・7年前の思い出話始まる。
 詰襟に白衣の真田、新見。
 真田は変わらんが、新見は若めに描き分けられてて、なかなかフレッシュだ。
・森雪≠ユリーシャ、ユリーシャが自動航法装置のコアである事が明かされる。
 経口で栄養とか摂取しないにしても最低限の排泄とかするんじゃないのかなあ。
・真田が一人部屋に入って危険な事はオレに任せろ状態。
 えーと、人間が生身でやると危険な作業があるなら
 森雪を置いてアナライザー連れてくれば良かったんじゃない?
 そんなギリギリのタイムリミットがあるっぽくも見えなかったから
 出直してもいいと思うし。

・6年前「新見君ならいないぞ」
 10カ月前「新見君には会ったのか」「分かれちまったんだ、俺たち」
 どうやら新見女史、処女ではなさそうだ
 (付き合って6年の間、処女を守ってはいられないだろう)

・森 「制御室内に中性子発生。中にいたら生きていけない」
 真田「中性子は水を通しにくいんだ。そして人体の70%は水分だ。だから大丈夫」
 古代「いや、何か違う」

・沖田、ユリーシャが自動航法装置で眠っている事を明かす。
 お前、こないだまでガンガン寝ていたくせに!


▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 19:05|個別記事コメ(0)トラバ(6)

2013年07月27日

ヤマト2199第十六回

なんか仕事が忙しくて深夜2時に見たりする。丑の刻参りかよ。

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第十六話。革命の回。

・ツイッターで話題になってたからオープニングが変わった事は知っていたが……
 何だ、このバカ騒ぎは。
 映像編集が凄く高スキルだとは思うけど、
 歌の方は何語で歌ってるかもよく分からない。
 テロップで歌詞が……日本語で歌っとったんけ!
 おま、せめて同じ日本人からは日本語で歌ってるのが分かるような歌い方をせえよ!
・単にオリジナルのいさおバージョンを流すというのは許されないんだろうか?
 似つかわしくない曲のタイアップより、
 原曲の再商品化(リ・パッケージ)の方向で攻めないのは何故なんだろう。
 販促部長が昔、佐々木いさおにオカマを掘られた私怨があるとか……
 ちゃんと仕事しようぜ、みんな、なあ!
 16万8000光年の先にいらないCD捨てに行くような旅路はあかんやろ。

・さて、革命ですわよ、奥様(前座噺が長いわ)。

・島と新見と伊東で悪巧み。
 地味な組み合わせだなあ。
 3Pとかやると最初から最後まで無言でSEXしてそうな組み合わせだ。

・タイミングよく沖田艦長過労で倒れる。
 このタイミングの良さは艦内に藁人形か何かを持ってる人がいるんじゃないの?
 (ドキュメンタリー映画を撮る記録班の人間が緩急の為にたまに針を刺す)

・新見から島へ置手紙。
 置手紙の大きさが妙に学生っぽい。
 内容は公開されなかったけど
 「やきそばパン買ってこい」
 とかだったら笑う。

・つい本音を漏らしてしまう新見
 「これなら第二の地球として……(はっ)」
 いらん事を口走ってしまうのは、ちょっとかーいーかも。
 真田さんも、ここくらいまでなら「まあ、しゃーねーか」みたいに懐が深い。
・結局、いらん事の口走りを止められない新見。
・真田 「保安部長、新見君を拘束したまえ」
 ふじき「できれば赤い荒縄で拘束したまえ」

・一方、ビーメラに補給調査に行ってる古代、平田、岬の三名(+アナライザー)。
 割と理由がはっきりしない謎の組み合わせだ。
・平田って個性がないのが個性みたいなキャラだ。んー、相原っぽい。
 こういう無個性キャラがそこそこいるのはリアルだけど、ドラマとしては失敗。
・今回の古代君はこういうお使い任務が多い。
 館長代理も真田さんに取られちゃったりするし、意外と軽んじられてるか。
・岬ゆりあ「私、記憶が飛んじゃうことがあって………でも大丈夫なんです」
 よし、お前はロボトミーに決定。
・人体に影響のある有害物質がないからと言ってヘルメットを外すのはようないやろ。
 その土地独特のウィルスで『宇宙戦争』の火星人みたいにヤマト滅ぶで。
・ビーメラで食べたキノコでヤマト艦内みんなマタンゴってのもありそうな展開だ。
・そして妙にマニアックなデザインの巨大虫に襲われて逃げる三人。
 何気にアナライザーが岬をお姫様だっこしてる。
 やりやがるな、機械野郎。
 でも、触手で虫に激・頑張ってもらいたい。
・「虫さんさよーならー」
 ああ、なんかなごむ。
・ビーメラの古代遺跡は極めて『エイリアン』的。
 ここで、新たな波動コアをGET。
 何だその「金なら1枚、銀なら5枚的展開は?」

・ヤマト艦内ではイズモ派によるクーデター
 保安部の出番だ。
 保安部はクーデター部って付けてもいいくらいに、ここが一番の活躍どころ。
 やっぱり大前提としていらない部署だよなあ。
 これがありなら「燃えるゴミは火曜って言ったでしょ部」とかだってあっていいし。
 人望薄そうな(厚いってありえんでしょ)糸目の伊東が
 保安部全体を革命派として掌握してるのもちょっと不思議。
 あれだな、新見さんの身体で繋がった組織なんだな、きっと。
 お、俺もそれなら保安部に入るよ。
・山本さんの「まんぐりアタック」で革命は破れてしまう。
 恐るべし、山本さんの「まんぐり力」。
 山本さんの「まんぐりアタック」が受けられるなら、やっぱり俺、保安部に入るよ。

・森雪=ユリーシャ・イスカンダル説を伊東がぶちまける。
 なかなかいい伏線だ。

・クーデターが終わって、実は本人は何の活躍もしなかった古代と森雪が熱い抱擁。
 ああ、そんなに胸を押し付けて……南部の「ふえええええええ」が心に響く。
 いいな、南部かっこ悪くて。
・森雪の藁人形の股間にスポイトで水が垂らされてるのだと思う。
・ここで古代が活躍する為には艦内に虫を放つしかないしなあ。
 いや、あれか。
 古代がアナライザーに囁く
 「AUO9、ビーストモード」
 アナライザーの機体色、赤は返り血を浴びても目立たないための配色。

・沖田「ばかもーん」
 お前なんかすーすー寝てたくせに。


▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 06:38|個別記事コメ(0)トラバ(4)

2013年07月21日

ヤマト2199第十五回はちょっとだけよ

うわ、時間ずれとるやん。定時枠前後10分プラスでしか録画してへんよ。
という訳でレコーダーの隅っこに10分だけお情けのように残ってた。
なんで今回はちょっとだけです。しくしく。

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第十五話(の前半ちょっと)。
 謎の回。
 いや、TVの番組表ちゃんとチェックしてないおのれが悪いんだけど。

・大ガミラス帝星からデスラーとセレステラさんの会話。
 デスラー 「やはりイスカンダル人が乗っていたのか」
 セレステラ「リンケが伝えてくれました」
 デスラー 「だが、逆に言えばリンケの言葉しか残ってないという事だな」
 セレステラ「はい、申し訳ありません」
 デスラー 「・・・・・」
 セレステラ「・・・・・」
 デスラー 「(ぼそっと)リンケに賭けろ」
 セレステラ「は?」
 デスラー 「何でもない!」
 セレステラ「総統がどんなでも、私は総統に忠誠を誓います!」
 デスラー 「ならば私に『ちゅうせい』」
 セレステラ「・・・・・」
 デスラー 「何でもない!」

・秘密警察のトカゲっぽい奴が惑星オルタリアを壊滅させる。
 長官「さあ、殲滅のメロディーを」
 部下「 ♪ ちゃかちゃかちゃん、ちゃかちゃかちゃか、ちゃかちゃかちゃん
  ちゃん、ちゃりらあ」
 長官「それは戦メリのメロディーだ」

・実は、この惑星殲滅カット、映画館でイベント上映を観た時に物凄く興奮した。
 でもTVのモニター越しだとそうでもなかった。
 やはり、でかい画面と響く音響はいい。
 ガミラス国歌みたいな荘厳な曲は特にそうなのかもしれない。
 ああもう、スクリーンで同じ興奮を味わうために
 ガミラスの属国は幾つも幾つも粛清されてほしい。

・という興奮の粛清カットが終わって、シーンはヤマト艦内の岬ゆりあに。
 「はてな?」
 ふふふふふ。憑依しちょる、憑依しちょる。
 「はてな」という語彙が浮世離れしてて、実は非常に秀逸だ。

・平田「水と食料など、このままでは備蓄が底をつく恐れがあります」
 島 「なに、ビーチクが!」
 古代「島の言動は無視するように」
 島 「び、ビーチクに虫だって。それはすぐにでも動画サイトにうぶしないと」
 古代「島・・・・いい気になってると絞めるぞ。あーん」
 島 「あああああ天の川らんちたたたた食べあった仲じゃん」
 藪 「古代×島で薄い本作ったら、作家先生としてモテるかなあ」
 岬 「はてな?」
 あああああああ、俺が悪かったあ。
 はてなの人を汚せはしない(しない事もないけどそれは公表しない)

レコーダーの中身はここまでです。

この後、きっとヤマトに最強を名乗る世紀末覇者が現われ(そういや世紀末だよね)、艦内モヒカンだらけになったり、実は艦内に拳法の一子相伝伝承者が百人を越えて存在することが判明したり、山ほど色々な展開が残り20分で繰り広げられたに違いないのだけど、その辺はよく分からないながら収束に向かったと信じて、次週を楽しみにしたいと思う。

  以上



▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 01:57|個別記事コメ(0)トラバ(4)

2013年07月13日

ヤマト2199第十四回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第十四話。
 リアルタイムではこの時、ユーロスペースで映画を観ていた筈。
 なので、ツイッター参戦もせず、後から一人でゆっくり静かに孤独に鑑賞です。
 魔法少女ミレーネル・リンケ回。

・冒頭は岬ゆりあのヒール、どアップから。
 何か「このヒールに踏まれたい」みたいな、とても力の入った作画だ。
 ディテールが細かいのはいいよね。
・即座に画面スイッチングでガミラスに。
 ミレーネル・リンケって、パッと見、少女マンガっぽいキャラだ。
 ヤマトの世界に前髪揃ってるJKみたいな女の子はいそうでいないからかな。
・即座に次元潜航艇のムサイ艦内にスイッチング。
 副長「俺たちは便利屋じゃないんですぜ。戦争屋ですぜ」
 艦長「安心しろ、次はデスラー総統自らの指示がある」
 デスラー「三丁目のスーパーの特売に次元潜航艇で出動だ!」
 一同「ぎゃふん」
 つうか正規軍の癖に海賊みたいで、こいつらが一番おもろいわあ。
・そして目まぐるしく古代と雪のイチャイチャぶりにスイッチング。
 せわしないアニメやな。
 ラブコメっぷりおかし。
 このやり取りが艦内(と言っても第一艦橋だけだろうけど)に筒抜けになることで
 古代と雪の仲が半ば公然化していく。
 今回、島は恋のライバルとして全く候補にあがらない。
 その役は南部に振られてる。
 南部ってチャラくて攻撃的で人間的に全然ダメそうなところがいいキャラだ。
 現実にいたら、信用おけなそうだし、
 一群引き連れてカツアゲとか笑ってしそうだから
 繁華街とかでは逢いたくない野郎である。
 ヤマトがもっとダークで腐った世界なら、南部はレイプくらいしそうなキャラだ。
 いいよ、やっちゃえ。
 何となく地球に帰還するまでに何組かのカップリングは出来そうなのだが、
 南部だけは恋に積極的なのに誰ともくっつきそうに思えない。
 その辺りは製作者側のチャラ男に対するルサンチマンが
 地味にあるんじゃなてだろうか。

・ラブコメの二人が帰ると、ヤマトが縦にぐるんぐるんである。
 芸術点目当てみたいな操船だ。

・そして、ここから精神攻撃みたいな、
 ヤマトなのに、エヴァみたいな、押井みたいな、ウテナみたいな、になっていく。
 個人的には好かん。

・森雪のケツを下から見上げる古代。
 ああああああああああああ
 こんな目に会いたいという、とても力の入ったカットだった。
 描いた奴ブラボー。

・艦内になんかでっかいゴキブリがいるかのようなカット。
 まあ、黒髪テカテカでゴキブリっぽいっちゃ、ぽい。

・映画館で先行上映してる時には気にならなかったが、
 モニターで見てると、画面がずっと暗くって見えづらいな。

・森雪とユリーシャと岬ゆりあの、とっても込み入った連携。
 後から見直すと、ちゃんと納得できる演技をキャラクターがさせられてて、
 その鉄壁ぶりにはちょっと舌を巻く。

・古代家のハーモニカは父から兄から弟へ。
 前の二人は故人だから、これは形見分けと言ってもいい。

・最終的に若い二人の初めての共同作業みたいな形でヤマトは危機を脱するのだが、
 何故、危機を脱する事が出来たかの説得力は乏しい。
 相手が通常の上を行く「魔女」であるなら、
 もうちょっと明確にイスカンダル介入みたいにしてもよかったのではないか。

・ってことで、有耶無耶のうちに魔法少女リンケは破れ、
 セレステラさんは一人っきりになって「美魔女」と呼ばれていく。
 若く見えないんだよな、セレステラさん。

・古代と雪のラブコメっぽい展開は面白かったが、
 精神攻撃はやっぱり理屈を付けた戦争と相性が悪い。


▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 05:17|個別記事コメ(0)トラバ(4)

2013年06月30日

ヤマト2199第十三回 @excalibur2140 @sga851

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第十三話。
 せっかくの十三話なのだから、
 沖田が病気に倒れたとヤマト内部で偽装して、
 波動ライフルを片手に亜空間に一人飛び込みながら
 敵の旗艦を超長距離で撃ち抜いて、影ながら世界の歴史を変える
 「沖田13」回でも良かったのになあ。
 「俺の背中に立つな」・・・確かに沖田は滅多に人に背中を見せない男だ。
 いや裏表型デザインのあしゅら男爵とか言う訳ではないと思う。
・という事で今回はフラーケンの次元潜航艇との「眼下の戦い」回だ。

・このフラーケン隊がとても楽しい連中だ。
 ある意味、全員クラス委員タイプのヤマトの連中(除く藪)より好感が持てる。
 みんな「べらんめえ」で、小汚く、血に飢えてて、
 結果さえ出せば細かい事は言ってくれるなという、
 こういう誇り高きプロの連中が好きだ。

 「みんなひげづらくらあけん、文句はいうなくらあけん」という感じ。

 基本、ヤマト側は沖田、徳川、佐渡とか除いて若いのはみんなアマチュアだしね。
 みんなヒゲぼうで、お行儀悪くて、肩とか剥き出し野郎がいたりするのもグー。
・そんなフラーケン隊の
 「物陰から明子姉ちゃんが覗いてるみたいミサイル」がヤマトを襲う。
 おおっ、エフェクト炎に3D隕石。
 こんなの昭和の手書きでやったら大変だよ。いい時代になった。

・「頭のいいネズミ」とか言われるヤマト。
 そう言えばヤマトって全身ネズミ色だしな。
 だが本当に頭がいいネズミなら、フラーケンの次元潜航艇に
 丸三つの落書きをして版権裁判で勝利を…………ゴホゴホゴホ。

・倒れる沖田艦長。
 もう爺さん大事な時に。
 と言うか、やる気はあっても徘徊しちゃったり、
 失禁しちゃったりする沖田さんだったら困るよなあ。
 とりあえずブラックジャック佐渡先生の出番だ。
 アホ毛女も最終回までに一回くらい「アッチョンブリケ」と言ってほしい。
・徳川「あの人は死なん。何せ若い時に火の鳥を生け捕りして
  生き血をすすって、ここまで生きながらえてきたからのう」
 真田「不死身の寝たきり老人って困るな(ボソ)」
 佐渡「大丈夫。艦長の手術は終わった」
 古代「…………佐渡先生、艦長を頼みます」
 佐渡「おう、まだ人魚の刺身が何きれか冷凍してあるからしばらくは大丈夫じゃ」

・ガミラス次元潜航艇の中が松本ゲージだらけでかっけー。

・古代が暴走して軍隊組織にあるまじき好き勝手をやる中、
 高らかに響く、ぶんちゃかヤマトで迎撃だ。
 何となく勝てば官軍みたいな展開。

・フラーケン「良い猟犬は深追いしないものだ」キャーかっけー。
 でも、翻訳としては次の翻訳の方が正しいニュアンスだと思う。
 フラーケン「良い猟犬は深追いしないものだワン ♡ 」
 
・かくしてヤマトはワンちゃん野郎から辛くも危機を逃れたのであった。
 しょうがないよなあ。ヤマトはネズミだけど、
 有名なネズミのミッキーは犬を飼ってたりするからなあ。

・あ、そうだ。書き忘れ。
 真田さんの最後の方のラストのアップカット、なんか松重豊に似てた。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 21:04|個別記事コメ(2)トラバ(8)

2013年06月23日

ヤマト2199第十二回 @excalibur2140 @sga851

今日やった分。

感想やら連想やら妄想やら。

・ギリ夜勤明けのうたた寝から目覚めてツイッター叩きながらリアルタイム視聴。

・TV放映第十二話。
・古代と島のツンデレ、コミケで薄い本頼む回。

・デスラーがホットラインで誰かと会話をしている。
 ああ、あの人だ、とピンと来るんだけど、
 案外、実は新宿の母とかだったりするかもしれない
 (モデルの一人であるヒットラーが神秘学に傾倒してたって背景もあるし)。
・ちなみにセレステラがホットラインの相手をあまり認めていないというのも
 後々はっきり伏線回収される。
 ホットライン破りってデスラーは気にしてなかったが、
 実は政治的な極秘事項だってあるだろうから、 悪くすれば二人とも処刑だ。
 セレステラはそれでもいいだろうけど、親衛隊はそんなんいい迷惑だろう。 

・ドメルのパレードでのミニナース姿の青い肌の女の子可愛い。
 エクスカリバーさんによるとドメルの追悼集会にも出ていたそう。
 それは見逃していた。
 っていうか、直接話に関係しないキャラクターだから一切忘れていた。

・総統は遷都や大統合を考えている、との伝聞。
 清盛の生まれ変わりかよ。
 これもちゃんと後から伏線回収される(清盛の生まれ変わりではない、多分)。
・大統合はある意味、セブンイレブンが元の母体であったイトーヨーカドーを
 吸収合併した様に似ているかもしれない。
 あれ、アメリカのセブンイレブンも傘下に入れたんだっけ?

・古代と島がケンカして懲罰としてあちこち艦内および艦外清掃。
 波動砲の砲口とか掃除してるけど、あまり汚れて困るとも思わない。
 海上船舶みたいに貝殻とか変なの付着するなら掃除した方がいいけど、
 そもそも居所が真空空間が大半のヤマトの艦外は汚れるのか?
 そもそも真空空間で何をどう清掃するのか?(洗剤とか使えないから全て乾拭き?)
 あのでかい艦を汚れてもいないのに全乾拭きさせる。
 収容所の捕虜にただひたすら穴を掘らせて埋めさせると、
 自分たちの作業の意味のなさに最後には精神に異常をきたすと言うが、
 実はそこまで考えた上での懲罰なのか。
 恐るべし沖田十三。
・単に艦外に出るとお勧めスポットからヤマト女風呂が覗けて、
 そこで二人してナカヨシになって帰ってくるという策略だったのかもしれない。
 恐るべし沖田十三。

・前回第十一話でメルダがヤマトの碇マークのランニングを着ていたので
 「へーっ」と思ったんだが、今回は全く同じランニングを
 営倉の山本が着用していた。まあ、支給品みたいな物なのだろう。
・というか、ヤマトの艦内って売店みたいなのもなさそうだし
 (そもそも売る物がない)、一切お金を使わんで暮らしていけそうだ。
・ジュースや煙草の自販機くらいあってもよさそうとは思うが、
 それを誰が作ってるのかという点で躓いてしまう。
 そう考えると給料を払うにしても使う場所がないから、給料あるかも怪しい。
 共産主義戦艦ヤマトだな。
・唯一売り物として成立しそうなのは「売春」だったりするのだけど
 金が媒介物としてないなら、食事用ポイントカードや勤務シフトの切り替え権
 などが貨幣単位として売買されるかもしれない。
 だから、ヤマトでもっともエロクて身持ちが悪い美女は
 「手書きの肩叩き券」とかを物凄くいっぱい持ってたりするかもしれん。
・ヤマトのどこか秘密の部屋に
 女性用生理用品が山のように格納されてる部屋があるに違いない
 (艦内の工場みたいなとこで作るか?作んないだろう?)。

・徳川が島に孫娘愛子の写真を見せる。
 パンチラでね?
 未来の婿候補として「ハアハア」言うか言わないか確認してたのかもしれない。

・島から古代に
 「あの、天の川ランチってのを食べに行こうぜ」みたいに誘うのだが、
 宣伝によると1日10食限定なので食べられなくなって、
 更に仲が悪くなるという可能性も高い。
 あまり、娯楽がたくさんあるとも考えづらいから、
 食い物に関してはみんな必死になるに違いない。

・そして魚雷が来たとこで、今回は終了。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 22:23|個別記事コメ(0)トラバ(7)

ヤマト2199第十一回

まんず先週分。

感想やら連想やら妄想やら。

・レコーダーで撮ってこっそり視聴。

・TV放映第十一話。
・風呂回もとい、戦争の初っ端判明回。

・出だしが小マゼラン銀河外辺部、
 ドメル率いるガミラス艦隊と白色彗星艦隊の戦闘から。
 うおおおおおおおおう。
 白色彗星艦隊のディスコ・アレンジで気分が上がる上がる。
 でも、この曲を白色彗星側の負け戦に使うのは皮肉な選曲だ。
・ドメルかっけー。

・ディッツ提督「君に勲章が授与される」
 ドメル「ここはガミラスの祖国防衛線の要だ。それを放って来いと言うのか」
 ディッツ「分かってる。これは政治パフォーマンスだ。
  だが、総統には何かお考えがあるようだ」
 ・
 ・
 ・
 デスラー「やあ、ドメルよく来た。
  今日、君にここに来てもらったのは他でもない。
  君が戦場で冷たいごはんを食べてると思うと
  いても立ってもいられなくてな。
  是非、この象印の炊飯ジャーを持って帰ってくれ
  そうそう君に与える勲章の名前は象印章と言うんだよ」
 ドメル「まさか、それだけのことで」
 デスラー「うん!」 
 ガミラスは滅んだ。

・そんなやり取りにも顔を出すディッツ提督の
 ヤマトで捕虜になってる娘さんの下着が妙に小さい。
 ブラもショーツもストリッパーのバタフライみたいな小ささじゃないか?
 もしかしたらガミラスの生地とヤマトの洗濯洗剤が合わないのかもしれない。
 とは言え、清潔は健康を守る身近な防衛線である事を考えるなら
 遠慮せずにどんどん洗濯をしてもらいたい。
 特にディッツ少尉には選択に励んでもらいたい。                
 そのせいでブラが乳首を隠す程度、ショーツが紐パンみたいになったとしても
 健康には変えられないだろう。
                       
・沖田「メルダの処置は幽閉。尋問は古代に一任する」
 島「よし、古代。お前の波動砲をぶちまけてやれ」
 古代「やめろ。そんなんじゃない」
 島「……パルスレーザーくらいちっちゃくってピストンが早いのか?」
 古代「おめ、しめるぞ(怒)」

・メルダ「認識番号は3817529」
 ふじき「『惨敗。ナナコに苦しめられる』との暗譜を使った批判声明だな」
 メルダ「何を言っている?」
 ふじき「黒猫ヤマトでnanacoの使用は可能だがポイントは付かないのが
  惨敗気分で実に苦しい。そう批評したいんだろう、異星人め」
 メルダ「地球人は宣戦布告もせずに攻撃を始める野蛮人とバカだけだな」
 ふじき「ハアハア(ぞくぞくしてる)」

・島の父ちゃん、ぽっちゃりチョビ髭。
 船乗りというより下町のレストランのコックっぽい。
 この島の父親がガミラスとの最初の戦いの犠牲者である事から
 島はメルダの地球人からの先制攻撃開始と言う言葉を認められないでいる。
 「死んだ父ちゃんは、死んだ父ちゃんは不倫なんかしてなかったんだ!」みたいな。
 そして島に明かされる真実。
 山崎「実は私は島艦長とならぬ関係に・・・」違う違う。
 真実を認められない島が不憫だ。
 もうこうなったらルドビコ療法で真実だろうが嘘だろうが、
 どっちでも嘔吐するように洗脳してしまえ。

・風呂
 山本のおっぱいが何となくお湯の上にぷかぷか浮かんでる風。
 アニメーターの執念を見た気がした。
・これ、外に宇宙空間が見れるから、
 船外活動とかしてたら丸見えなんじゃないだろうか?
 まあ、森雪のあの服もマッパもあまり違いはないのかもしれないけど。
 あくまで学術的な探究心の発露と取ってもらいたいのだが、
 あの服をどうやって着るのかはちょっと興味がある。
 あれ、背中ファスナーかな? 
 だとしたら自分一人で着れなくて脱がしやすい服って事になる。
 ヤマトの中に専用の着付け師が乗ってたりして(正月のラブホかよ!)。
・山本「もっととっつきにくい人かと思ってた」
 森「それは、問題ね」
 問題解決の為にこの後、覗き男子が森雪の乳首に
 みんなでとっつくシーンの追加を希望。
・「とっつきにくい」はあの彼女が森雪に憑りつきづらいの伏線だったりして。
 確かに後々、それも含めて問題にならない訳でもない
 (そういうとっ憑きが可能なら森はとある惑星でもっとちゃんとした
  政治対応が出来ていた筈なのである/そしてその憑りつきが惑星一つくらいの
  距離なら大丈夫と言うのはヤマトとビーメラで後々、証明されるのである)

・空中戦をするメルダの機体は赤。山本の機体は白。
 こういう時の慣例として、メルダの方が機体を3倍性能高くして使えるから、
 そりゃあ山本は勝てないだろう。

・山本は6日間の営倉入り。
 山本がマックイーンだったら
 営倉の中で壁とずっとキャッチボールをしてるのになあ。
 っていうか、営倉にボールとラケットを持ち込んで
 ずっとスカッシュやってるとかってのはありなんだろうか?
 マックイーン『大脱走』の土壁寝床のみの営倉では無理だけど、
 どこか都会のオシャレなワンルーム・マンションみたいなヤマトの営倉なら
 ギリ、スカッシュとかできそうだ。
 ってか、昔、思ったヤマトでのラブホの代わり設備って営倉かもしれんな。
 ああ、俺も営倉に行きてい。ハアハア。

・古代が「4日分の食料が入っている」と
 けっこう大きな荷物をメルダに渡してたけど、
 ふと、ずっと戦闘機みたいなとこに乗ってるのなら、
 4日分の食料より、大小トイレの方が大事じゃないかと思った。
 メルダが女性である事が災いして、
 糞尿まみれだと仲間の救助自体を拒否するかもしれない。

・メルダ「君は中々いい腕をしていると彼女に伝えてくれ」
 ふじき「よし、俺もメリダのように山本の腕に欲情するぞ」
 メルダ「本当に、地球人は宣戦布告もせずに攻撃を始める野蛮人とバカだけだな」
 ふじき「ハアハア(ぞくぞくしてる)」

・来週はメルダが成人映画みたいな目に逢うんだ。ワクワク。と先週思ったけど、
 俺の脳内ではビッシリそれは起こってしまっているから間違いではない。
・素晴らしいくらいに下ネタだらけだな。
 「流石俺」と言おうか「流石じゃない俺」と言おうか。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 21:27|個別記事コメ(0)トラバ(2)

2013年06月09日

ヤマト2199第十回 @excalibur2140 @sga851

感想やら連想やら妄想やら。

・リアルタイムでツイッターで呟きながら・・・家用の電話が三回も。
 うおおおおおお。発狂しそう(大人になれよ俺)。

・TV放映第十話。
・サルガッソーでガミラス女少尉登場回。

・初っ端から怒られるゲール。
 強い者にへつらい、通信終わると腰砕けでヘロヘロ。
 声優もいいけど、アニメーターが凄くのって描いてるのが分かる。
 多分、アニメート的には誰よりも濃い演技が付いてると思う。

・ワープ。
 特殊な状態で1ナノ秒がずっと続くワープ。
 ツイッターでエクスカリバーさんがその間、雪がずっとスケスケだったらって、
 いったい何を考えてるんですか。
 だが、ワープを正しく描くには、俺は嫌だけど、そう描くべきだろうと思う。
 いいですか、俺は嫌なんだけど、それが正義の為っすよね。
・そして岬ゆりあに憑依現象。
 金髪の貞子が手を差し伸べてくるみたいな、実写でやったら怖いだろ。
 「あたあたあたしの中に女の人が入ってきたあ…あん」とか
 エロ目のセリフを言ってほしいかな。
・現れる森雪にビックリのゆりあ。
 演技でかいな。
 「ひゃああああああああ」って・・・女ゲールかよ。

・猿がいないのにサルガッソー。
 海の中って演出はどうなんだろう。
 最初だけしかやらんかったから、あまり意味があるとも思わんのだけど。
 そんなにコダワリがない演出なら猿が充満してる空間だっていいじゃないか。

・ガミラス艦から提案。
 提案のために乗りこんでくるガミラス人一人。
 度胸が据わってるな。
 胸がいいって事だな。

・相原「ガミラス人って化け物みたいな奴に違いないぜ」
 古代「人間じゃないか」
 島「胸が巨乳だ」
 古代「いや、そこはいいから」
 森「肌は青いのね」
 島「乳首はピンクかな」
 古代「いや、そこはいいから」
・……………いやいやいやいや、そこはそこで大事。

・メルダ「メルダ・ディッツである。階級は・・・」
 島「慰安婦だな」
 メルダ「馬鹿者。少尉だ」
 島「慰安少尉ってなんてステキなんだガミラス軍!」
 メルダ「この馬鹿を撃ち殺してもいいか」
 古代「まあよせ、こんな馬鹿でも殺せば軍法会議だ」
 島「『死ぬ死ぬう』とか言わせるのはこっちの方だぜ」
 古代「やはり、問題を解決する為に殺しておくべきか」

・「私どもに翻訳機がある」
 ここでエクスカリバーさんから「翻訳機」って聞くのはいいけど、
 喋るのはって疑問が・・・ツイッターで「脳下垂体埋込」と即答したけど、
 きっと、口元から出たガミラス語を衣服のセンサーで把握、
 でっかい二つの胸を振動させることで再音声化してる。
 そうだ。そうに違いない。
 だから、使者は女性の方がよかったのだ。
 現代だったら戸田奈津子・・・・・しまった。余計な連想を!

・メルダ「我が軍にもお前らと同じ肌の劣等人種がいる」
 古代「君は交渉する気があるのかね」
 メルダ「交渉に銃をもって話しかける相手を信用できるかね」
 古代「分かった。信用の証しとしてこれは外そう」
 メルダ「ついでに、その股の下にぶら下がってる物も外してもらおうか」
 古代「え、いや、これは………」
 森「(ボソボソボソ)」
 メルダ「(真っ赤になって)す、すまん。いや、大きかったからつい・・・」
 古代「お、大きいだなんて・・・」
 メルダ「(超真っ赤)」
 うわ、こういう屑展開が大好きだ、俺。

・沖田「策はある。相手を信用する事だ」
 ・・・そ、それは策なのか?
・沖田「成功したら投げキッス百個贈ると打電しろ」
・沖田「裏切ったらネットに悪口書くぞと打電しろ」

・相手の艦長、地味にカッケー。
 男は中身。だが、この回しか出ないからシュルツみたいな大絶賛が起きなかった。
 いい、いいよ、あんた(忠誠心の強い部下の君もナイスだ)。
・それに引き替え、ガミラスの親衛隊がひどい奴なんである。
 男の約束とかには興味ないんである。
 きっとデートとかも遅れてくるような奴なんである。
 後ろから見たら髪型がふかわりょうっぽいんである。
 うん、そりゃあダメな奴だろう。

・ゲール登場
 ニタニタ笑ってるのが最低でグー。
 ヤマト撃沈を手にする為に味方艦を犠牲にするゲール。
 「あれはヤマトに沈められた」
 言い張りゃ通るってのは割とアナログだな。

・沖田「艦首回頭」
 南部「逃げるんですか」
 沖田「いや、逃げるんじゃない。これは明日に向かってのダッシュだ」
 南部「ジャンプ10週打ち切り第一部完みたいなこと言わないでください」
 森「相手艦、消滅していきます」
 岬「貞子の呪いが………」
 真田「波動エンジンにいつものお札を貼っておいてくれ」
 沖田「わしは死んだらどこに行くか分かった気がするよ」
 古代「早く死んでヤマトを鎮護する神になってもらえませんか」
 島「とりあえず、俺はあのガミラス娘を抱こう」

・来週はメルダが成人映画みたいな目に逢うんだ。ワクワク。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 19:01|個別記事コメ(0)トラバ(2)

2013年06月02日

ヤマト2199第九回 @excalibur2140 @sga851 @erodori_midori @gambav

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第九話。
・アナライザー回。
 異色だし、ヤマトの中でこの話をやらんでもというジャッジもできるが、
 個人的にこの美しくて残酷な話が一番好き。

・最初のナレーション
 「外宇宙へと船を進めていた」が「外宇宙へと骨を進めていた」に聞こえる。
 縁起は悪いが、気骨って言葉もあるから、まあ良かろう
 (おでが聞き間違えただけだし)。

・ラジオ文学館9号の話、何気に9号のデザインがジブリってかパヤオっぽい。
・そしてオルタはエヴァっぽい(パヤオ弟子だなあ)。
・イヴ普通に可愛い。
 あえてタッチを変えてるんだろうけど、挿入されるデザインはヤマトっぽくない。
 (でも旧ヤマトみたいに水木しげるキャラでこれやったらあかんやろなあ)

・アナライザー「私は英雄オナニー、アナル愛者と呼んでくれ
  お前はオルガズムが多そうだからオル多と呼ぼう」
 真田「アナライザー、ツイッター下ネタ・フォロワーの漢字辞書を
  ダウンロードして使うようなら、記憶を初期化するぞ」
 アナライザー「それは・・・正しい判断です」

・ヤマトのリーダー会議で沖田が「同じ将棋を打てるということだ」を引き取って、
 アナライザーとオルタが将棋で遊んでるカットがなかなか不思議でステキ。
 コンピューターの方式が同じだからと言って、同じ考え方をする保証は
 全くないと思うのだが。相手が「不思議惑星キン・ザ・ザ」とか
 「クレヨンしんちゃん」的なメタ発想をするかもしれない。
・アナライザー「王手」
 オルタ「その角行はピーマン食べれない角行だから、王はケツだけ歩きで逃走」
 風間君「な、何だよ。それ、そんなルールいつ作ったんだよ、汚いぞオルタのすけ」
 オルタ「ふっ、風間くんたら子供なんだから、もう。あの日のことも忘れて」
 アナライザー「ちゃんと勝負してください」
 オルタ「ぶりぶりー、ぶりぶりー」 
 このオルタには将棋で誰も勝てないに違いない。

・オルタ監視のモニターに連動させて可動センサーとか付けとくべきだろ。

・オルタが逃げ出して保安部出動。
 GOGO、無駄飯くらいの汚名をそそげ。
 しかし、やっぱり内部に銃を向ける存在ってことで、
 ここが一番今回のヤマトでキナ臭い部署だ。
 「ガードマン」部隊だから爺ちゃんばっかでもいいような、いけないような。
 糸目が嫌な奴で嫌い。しかもあれが部長なのか。人材いないなヤマトも。
 真田さんの一言でちょっと溜飲下がる。

・オルタけつだけ歩き

・最終的にアナライザーが汚れ仕事を片づける。
 リスク管理的にはしょうがないだろう。
 先行劇場で見た時にはアナライザーの「私に行かせてください」みたいな進言が
 あったんじゃなかったっけ。いきなり破壊みたいなのは展開を急ぎ過ぎだ。
 時間足りないならEDを削ってもいいんだぞ(販促側がそれを許さんか)。
 このやらされながらも、やらなければいけなかった作業の終わりにかかる
 スキャットか哀しすぎて涙うるうる、ああもう本当に爺は涙もろい。

・ラジオがFMじゃなくAMで何気にTBSラジオ954を指してるっぽい。
 他に何の悪影響がある訳でなし、艦内放送はFMでもAMでもよさげたしな。

・エンディング変更。
・今度の曲も特に思い入れないなあ。
・バックの一枚絵が変わった。
・山本とガミ女が巨体ですっくと立って巨人みたい。なら裸がいいよ。
・アホ毛女の乳が病気みたいにでかい。
・ツイッターで予想してた藪の頭の上から足の爪先までって
 一枚絵は採用されませんでした。 

・なんか感情的な流れを随分、省略されちゃっ気がして、そこが残念だ。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 19:00|個別記事コメ(0)トラバ(4)

2013年05月26日

ヤマト2199第八回 @excalibur2140 synkronized417 @sga851

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第八話。
・全部擬人化するとガス人間と太陽男との二股で板挟みになるヤマト。
 二人がBLになったのも束の間、後ろからは昔の男シュルツとガンツが!回。

・デスラーの演説会にシュルツの娘ヒルデ。
 親の辛苦も知らずデスラーの演説に夢中だ。
 これ、可愛くて可哀想で泣ける演出だ。

・演説が終わってガミラスの偉いさんが集まって余興。
 「これから総統による影絵劇を御覧に入れる」
 「!!!」
 (恐怖政治だから逆らえない)
・ではなく、余興はテロンの宇宙船の撲滅ショーだ。
 「そんな事よりセレステラさんがポールダンスとか踊らねえかなあ」
 (恐怖政治だから発言しない)

・場面は変わって、ヤマト艦内。
 森雪が宇宙空間を見ながら何やらポケモンボールらしき物を握っている。
 まさか、森雪がポケモンマスターを目指すスピンオフを作る気か!?
 いやまさか、ピンローみたいな機械だったりして(カットしなくていいぞ)。

・そして艦内別の場所では「岬ゆりあ」が「見える体質」発言をする。
 伏線、はってやがるなあ。
 まさか、最終回で沖田の霊体が森雪の中にヨッコラショと入るのを
 こいつが見たりするのか!
 それとも名前通り、実は南斗聖拳の使い手で、
 トキの内科医療拳法と南斗独自に開発した外科医療拳法を合わせて、
 沖田艦長を完治させたりするのか。
 「お前はもう生きている」

・艦長ブリーフィング
 沖田「わしらが取り戻すのはあの8年前の青い地球だ」
 古代「8年前と言えば新見さんを除いて
    みんなあの青い地球みたいに処女だったろうなあ」
 沖田「バカモン。TPOをわきまえんか!
    それじゃあ新見さんだけ今も昔も
    赤茶けた爛れたSEXをしてるみたいじゃないか!」
 新見「わ、私、今でも青い地球です」
 全員「え?」

・沖田艦長の部屋に百合みたいなお花。
 誰が飾ってるんだろう。

・「ガミラスに下品な男は不要だ」出た!
 しかし、あのポロロロロロンから穴に落とすのは難しいだろう。
 多分、どの辺を触ったかを監視するチームとフロアディレクターとがいて、
 不敬発言対象者の場所とかを事前に把握しているのだろう。

・デスラー魚雷。デスラーの肌の色よろしく青い。
 そして魚雷を破壊すると中からガス。
 「魚雷だけに魚のおならプープー攻撃ですな」
 やばい。俺も落とされる方だよ。
・ガス生命体と太陽とに挟まれるヤマト。
 デスラー「ヤマトは灼熱の溶鉱炉で溶かされる事を選んだようだ」
 沖田「I'll be back!」

・総統にいいとこ見せれずに激昂するゲールの
 「劣等人種め!」に超ムカ。
 静かにモニターを切るガンツ。
 いいなあ。これ、いいシーンだ。
 分かってる武人とその手下。
 シュルツもガンツもヤレタラーもみんな、それぞれいい見せ場があるんだよね。
 だから、老け専もデブ専も、ハゲ専もみんな頑張れ!

・シュルツ・ガンツ戦線から離脱。
 お疲れ様でした。

・ラスト森雪が星にお願いしてる。
 エクスカリバーさん「雪の願い事は何なんだろう?旧作と同じじゃないよなあ」
 ふじき「婚活」
 エクスカリバーさん「違うと思うぞ」
 森雪「1年しか記憶なくても結婚できるわよね」
 エクスカリバーさん「そりゃ当事者同士が気にしなければ」
 森雪「わわわわ私、処女なのかしら?」

・芸能界だったらヤンキー時代か、キャバクラ勤務時代の森雪の写真が出てくる。

・マジ面白かった。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 22:05|個別記事コメ(0)トラバ(7)

2013年05月25日

ヤマト2199第七回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第七話。
・太陽系にさようならあ戦闘シーンがないよ回。

・レコーダーでとっといた奴をヒイヒイ言いながら続けて見る

・これで地球と最後の通信になる。
 男A「よし。いいか男性兵士諸君。
  ヤマト艦内では自由にズリネタを作ったりするのは難しいから
  地球から高速高密度通信で自分好みのエロ動画をダウンロードできる
  これが最後のチャンスだ。心して行動にかかれ!」
 男B「途中で断線しやがってファイル壊れちゃって解凍できないよ」
 男C「ギリギリでDLできたんだけどホモ画像だった」
 男D「彼女が出てた」
 みたいなエピソードが裏であったのだと思います。

・「これから太陽系赤道祭を行う!」
 「太陽系あかみち祭?」
 「あの青田赤道を奉るという」
 「チョンワチョンワ」
 「あーよく分からん(「花の応援団」読んどらん)」

・アホ毛女「誰も仮装なんてしてないじゃないですか!」
 太陽系を最後にする。ここでもう太陽系太陽の光を受ける事もなくなるだろう。
 我々は身体全体で最後の太陽光を少しでも受けるべきである。
 全員全裸で甲板に集合。
 どうせ騙すならこう騙せ。

・「あれから何人もの若い者がわしらより先に行ってしまった事か」
 在りし日の森繁みたいなことをいう徳川さん。
 森繁には火の鳥の生き血を飲ませてやりたかった。
 あのセリフを言うだけの為に。

・ハーモニカで真っ赤なスカーフ。
 ハーモニカは哀愁出ててかっこいい楽器だよな。
 ギターもかっこいい(キカイダー)。
 トランペットはちょっと違うなあ、煩い感じが強くてモテづらそうだ(01)
 横笛は何か真っ赤なスカーフのアレンジが思い浮かばない(ギル) 
・ラジオで真っ赤なスカーフ。やっぱり原曲もいい曲だ。

・シャワーで山本がタオルだけのヌードに。
 これが実は全く必然性のないカットであって、
 これから全搭乗員分このカットが入るなら、、、せめて女だけで。
 それがダメなら、せめて若者だけで。

戦闘シーンを入れずに話を持たせてしまうのだから、
ヤマトってベース、オリジナルがちゃんと出来てると思う。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 10:50|個別記事コメ(0)トラバ(5)

ヤマト2199第六回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第六話。
・冥王星基地どかーん回。

・レコーダーでとっといた奴をヒイヒイ言いながら見る
 (こんなん貯めてしまったらどうにもならんから即消化せんと)。

・開始早々ヤマト冥王星に沈む。
 おいおい2回見逃したらもうこの下りまで来ちゃったか。
 シュルツとガンツの二級市民で萌え萌え漫才みたいな下りが一切、見直しできずに
 抜け落ちちゃったっので、シュルツが単にただの悪い側の人になってしまった。
 宇宙にいる悪い人だから、スペース・ショッカーといってもいいかもしれない
 (よくない!)。
 シュルツの部下が全員、黒衣装で「イー」とか言っててもそんなに違和感ない
 (いや、違和感ありありだろ)
 いっそシュルツも変なベルト巻いて「××男」になりきってしまって、
 最後にヤマトと直接対決するというのもいいかもしれない。
 (いや、だからダメだってって。だけどちょっと『ダイターン3』寄りだな)
 真田さんがこの日の為に開発していたヤマトの直立二足歩行脚による
 ヤマトキックでシュルツ大爆発。
 もしくは「太陽系太陽の光を浴びて今必殺の波動砲ビーム」
 あ、でも、ビジュアルを妄想したらこれはこれでおもろいかもしらん
 (過度にグレンラガンっぽいノリだな)。

・ということでヤマト冥王星に沈む。
 いわゆる狸寝入りみたいな戦法。
 男らしくないぞ。
 男らしくして散っても地球が困るかもしれないが。
 どうせ男らしくないなら、ユニホームとか
 みんな女用ネグリジェで戦えばいいんだ!
 しまった。徳川さんのを想像してしまった。

・デスラー風呂。
 まずい。やばい。美しいじゃん。
 ここに古代ローマから阿部ちゃんが飛んできて、
 何も得る物がないと落胆して帰って欲しい。
 そこから今度はデスラーが昭和の銭湯でテロン人の風呂開発意欲に圧倒されて
 戦闘の続行を踏みとどまる。おっ、それはそれでいい展開じゃん。
 毎回デスラーの風呂シーンが入って女性ファン狂喜。
・風呂上がりのデスラーに詰め寄るミニスカ女性士官。
 いいなあ。
 だが、デスラーも体面上ここでモッコリをしてはいけない。
 ああ、プレイっぽい設定だ。
 いいなあ。
 このお姉ちゃんたち微乳っぽいのがこの場合はいいと思う。
 ガミラス戦線に巨乳の女性士官がいたら何かそぐわない。
 そういう人がいたらとても申し訳ないけど慰安士官っぽい。
 「慰安士官」って言葉にゾクゾク来てる。
 いいなあ。

・脇道にばっか入ってなかなか先に進まない。

・対冥王星戦闘での医務室描写。
 ケガ人が運ばれてくるがケガ人が野郎ばっかである。
 パーティーのシーンで出てくる女性兵士はどこにいったんだ。
 ・・・ダッチ隊員か?(パーティーの時だけ膨らます)
 まあ、女性の方が基本的に生命力強いから、ということにしておこう。
・一人くらい綾波みたいのがいても・・・
・一人くらい胸元を開いて巨乳に心臓マッサージを受けてる女の子がいても・・・

・反射衛星砲ってデザインがダンゴ虫集めて作ったみたいなズングリ感があって好き。

・ ♪ ぶんちゃかヤマトが鳴り響く中、
 ガミラス冥王星前線基地37564DEATH

・逃げるシュルツ、追うヤマト。
 37564ったら37564だ。
 敵のヤレトラーが旗艦の楯になる。
 ハゲでヒゲってロック様みたいなビジュアルなのに古代守な行動だ!
 しかし、誰も古代守と一緒とか言ってあげる人がいない。
 不憫よのう、ヤレトラー。ハゲでヒゲなばっかりに。

・ガミラス冥王星前線基地陥落。
 沖田「これでもう地球に遊星爆弾が落ちる事はない」
 ガミラスのやる気の問題だと思います。

んまあ、よしよし。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 10:40|個別記事コメ(0)トラバ(4)

2013年05月09日

ヤマト2199第五回

時間が特番でずれててレコーダーに撮れてなかった。


orz


fjk78dead at 00:51|個別記事コメ(0)トラバ(0)

2013年05月05日

ヤマト2199第四回

レコーダーがぱんぱんで撮れてなかった。


orz


fjk78dead at 10:00|個別記事コメ(0)トラバ(0)

2013年04月21日

ヤマト2199第三回 @excalibur2140 @gambav @sqa851 @suzy_yyz @sakura1361

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第三話。
・ワープして波動砲ボーン回。

・今日はリアルタイムにツィッター突っつきながら鑑賞。
 ツイッター見ながら思い出して書くよ。

・オープニング、合唱始まり。
 何か悲惨な祈りみたいな始まり方が引くんだけど、
 功節が聞ければまだしも、合唱のまま続くんで何か勇壮な気分になれない。

・沖田「ワープテストをブリーフィングルームで行う」
 でっかい爆弾を回避してからそんなに時間が経ってないから
 みんな耳がバカになってるかもしれない。
 つい間違えて「ワープテストをブリーフ一丁で行う」しても俺は怒らないぞ。
 特に森雪のブリーフ一丁に期待する。

・古代「どんな理屈なんです」
 新見「簡単に言うと・・・」思った通り、簡単じゃない。
 「余剰次元」という単語に、果てしなくSFテイストを感じる。
・ええと違います。言葉が大四畳半に近いからって
 サルマタケを「ぶわっ」と出現させてぶつけるとかそんな兵器じゃありません。
・ルパン三世の次元もぶつけません。
 もう局が違うんです。

・森「サーシャは火星で一人で寝てるのね」
 古代「いや。美人だったから火星人に添い寝されてるかもしれない」
 森「ばかばかばかばかーっ」
 島「動画をくれ」

・あっ、「蠅男」って呟いたが、ワープで蠅男はできないか。
 物質転送再現じゃないものなあ、実体は一つだ。
 あれ、しかし、もしかしたらガミラス戦法は物質転送器を使ってたから、
 ドメルの部下に蠅男がいっぱいいるかもしれない。

・ワープテストで森雪が一瞬下着姿に。
 だが、しかし、もう今は小学生じゃないからこのくらいじゃ興奮しないんだぜ。
 ええい、男物のブリーフでも穿かせてみろ(おいおいそれも違うぞ俺)

・木星に謎の浮遊大陸。
 古代「ふらふらしてますね」
 沖田「浮遊大陸じゃからな」
 古代「大陸の名前ニートって付けてやりましょうか」
 沖田「やめろ!」
 古代「ぷーの方がいいですか」
 沖田「それもやめろ!」

・沖田「島、あの浮遊大陸に不時着しろ」
 島「いやです!」
 沖田「何じゃと!」
 島「僕が不時着させたら、みんなで島がニート一番乗りだとか言うんでしょ!」
 古代「安心しろ、成功しても失敗しても言ってやる」
 島「いやああああああああ」
 沖田「早く不時着させんかあ!」

・ロケットアンカー(碇)登場!
 しかし、宇宙船に碇って。
 ツイッターしてるエクスカリバーさんによれば「色々使ってる」との事だけど、
 宇宙空間には重量がないから海で沈むみたいに碇の重さに関しては基本関係ない。
 つまり、ブルース・リーが振り回す打撃武器ヌンチャクみたいな使い方が主流だ。
 TV『宇宙海賊キャプテン・ハーロック』
 艦首にナイフが装着されてた時もぶっ飛んだが、
 理論的な観点ではヌンチャクを振り回す宇宙船ってのも結構気が狂ってる。

・アナライザーの識別番号(らしい)AUO9(えいゆうおおないん)が
 「英雄オナニー」に聞こえる。ふじきさん入院した方がいいよ。
 実は「ロボG」だという説もあり。
 オフではGの中身と佐渡先生が酒酌み交わしてたりするんだろうな。

・浮遊大陸基地のガミラス艦4隻登場。
 なんか目が光るシャム猫っぽいぞ。
 そしてエクスカリバーさんいう所の「ブンチャカヤマト」が鳴り響く。高揚。

・波動砲発射。
・そして消し飛ぶ浮遊大陸。
 ツイッターで「猫ちゃんがぁぁぁぁぁ」ってのがRTされてきたのも笑ったけど、
 誰かガミラスのおばさんの事も一言くらい呟いてあげろよ。
 まあ、いいか。青い肌じゃないし。

・沖田メギドの火がどうたらこうたら言うのが渋い。
 だけど、『AKIRA』の中で
 「あの力は私たちにはまだ・・・」という「ガキども」と基本は変わらない。

・波動砲発射と『ヒステリア』のツイートが一緒に流れて来たので、
 波動エネルギーでバイブを動かしたらいったいどんな凄い事が・・・・・・
 とあからさまにどうしようもなさすぎる妄想が頭の中に炸裂。
 ああ、でも今回は女性乗組員が一人だげゃないから安心だ。
 お、俺だけが悪いんじゃないやい。

んまあ、面白かった。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 22:29|個別記事コメ(0)トラバ(1)

2013年04月16日

ヤマト2199第二回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第二話。

・スターシャの椅子の座り方がエマニエル夫人っぽくってエロくてたまらない。
 なんであんなに挑発的なんだろう。
 撮影にフランス書院かマドンナ文庫あたりが絡んでいるに違いない。
 見てるといい香りが漂ってきそうな映像である。

・沖田の写真立てに入ってる娘らしい人物が1カットだけだけど可愛い。
 まあ、不美人を探す方が大変なアニメではあるけど。
 一応、現在から200年ばかし経ってるので、日本と韓国が併合して、
 不美人は全て整形手術で矯正されるという世界観でもおかしくはない。

・新登場のヤマト乗組員がほとんど発言などしないまでも、
 場面の隅にチョコチョコ出てる。
 用意周到な。
 極めてスリーピング・スパイみたいである。

・「偽装解除!」
 中から山野田みたいのが出てきたらやだな。
 まあ、岸和田教授がいたら地球はガミラスにああまで惨敗しなかったに違いないが。

・「ヤマトは?」
 「溶けてなくなってしまったのでは」
 なんてネガティブな発想をする司令部だ。

・「波動防壁解除」
 あ、なるほど。ちゃんとやってるんだな。

・エンディングの中島美嘉にはどっか違う感が漂う。
 あまり歌、うまくなく聞こえる。

やっぱリアルタイムにツイッターしながら見た方が楽しいなあ。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(2)トラバ(1)

2013年04月07日

ヤマト2199第一回

感想やら連想やら妄想やら。

・「バカメと送ってやれ」
 「するめ」
 「するめじゃない、バカメだ」
 「アタリメ」
 地球艦隊は滅んだ。

・サーシャの服がエロくてたまらない。
 男のオタクが女の子に写真見せて
 「このコスプレしてくれ」と言ったらセクハラになるレベル

・地球艦隊のモニターが白黒で画面ノイズの入り方が宇宙っぽくていい。

・軍人が歌を歌うのは嫌い。

・ヤマトスキャット来ると盛り上がる。

・地下都市のビジュアルがエヴァっぽい。
 実写版は新宿の地下街っぽかった気がする
 (それはそれでリアルかもしれんが)。

・TBSの番組のCMにヤマト(日テレ)と
 ガンダム(テレ朝)って凄いクロスオーバーだよなあ。

・森雪にサーシャの映像を被らせる古代進。
 これ、実写でやったら古代進が
 オカズみたいな妄想してるようにしか見えん筈だ。

・アホ毛女、超ミニ。戦時下だからスカートの布地すらもうなかったんだな。

・「君の兄、古代守は男だった。そしてわしは女だ。女だった」

・真田さんの眉毛がない顔がトカゲっぽくて好き。

・エンディング(実はオープニングらしい)が合唱。
 意表を突かれたが、そんなにいいとは思わん。

・いやあ堪能堪能。

▼関連記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事


fjk78dead at 18:15|個別記事コメ(0)トラバ(2)

2012年10月28日

そう言えば清盛

  

加藤あいが凄くいい役で、
  
深キョンがそこそこいい役で、
  
璃子様が思いの外、いい役で(案外すっと亡くなっちゃったなあ)、
  
今は杏ちゃんが輝いてる(でも姫様より小汚い恰好の時の方が可愛かったなあ)。
  

男優は誰が誰でもどうでもいいなあ。
松ケンは頑張ってると思うよ。
みんな似たような年齢の役者が演じてるので、
清盛の兄弟、息子、孫、どの辺りの世代なんだかが全く分からない。


fjk78dead at 19:41|個別記事コメ(0)トラバ(0)

2012年08月26日

ボクらの時代・モデル三人娘

毎週、何となく見てる。

今日はモデル三人娘。

秋元梢(千代の富士の娘)
菜々緒(バラエティあり)
佐藤かよ(元男)

佐藤かよが一番タイプなのが何か不思議。
基本的には性別ではないのだと思う。
(マッチョは嫌だよ)
男のファンタジーを分かるのは男という事なのか。


fjk78dead at 07:28|個別記事コメ(0)トラバ(0)

2012年02月19日

仮面ライダーフォーゼ第二十三回

蟹よりも白鳥回前編思いつくまま感想

・白鳥の勇者登場。
 デザイン的にも割と頑張ってる。
 ちょっと白いダンバインっぽいかな。そうでもないか。
・最初の引ったくりにあった女の人、綺麗じゃん。
 「夜目遠目傘のうち」で傘はなし。えっ、あれだけか、まあ、そうだろう。
 せっかくだから毎回、冒頭で何かにずっと襲われ続けてほしいな。

・落研が嫌な奴度爆発。
 こんなイメージダウンやったら落研に入る奴いなくなっちゃうよ。

・キングが思ったより馬鹿でマザコン。案外冬彦キャラだな。

・蟹、甲羅が厚い。まあ、それだけのキャラか。
 ・・・炎であぶって美味しそうな匂いを出すってのを何故、やらん。
 あと、「鍋」に入れるでもいいじゃん。
 まあ、鍋スイッチはないか。
 味噌汁に入れたっていい。
 味噌スイッチはないか。
 蟹、別れ際の謎かけは全くいらない。
 ただ、何かあったら、教室か部室に行けばいいから再戦は簡単かもしれん。

・「白鳥同盟」秘密宗教くさい。
 キッグ・ナス様を崇め奉るのだあ。
 でも、こう壇上に中途半端なプリマ一人って本当に可哀そうだ。
 配役にかこつけた社会的イジメじゃなかろうか。
 まあ、普通に考えたらこいつがキッグ・ナスだ。
 これで前回2回と同じ手を使うなら白鳥同盟のデブくんしかない。
 そして、罪を差し出してニヤッとする奴。
 『キック・アス』『ブラック・スワン』
 『愛のむきだし』まで混入してる。貪欲な。

・ゴスとメテオ急接近。
 当初からこの二人はアチチになりそうな組み合わせではあったが。
 この裏をかくには、いきなりゴスと白鳥同盟のデブくんとをくっつけるしかない
 (って、どう考えてもそんなでかいキャラじゃないって)

・イベント会場や映画館では携帯電話はちゃんとオフ電にしておくように。
 マイナス10000点だ!

・そう言えばソフトクリームのフードロイド初登場。

・ゴスがちょっとメテオの正体を分かってそうな空気。
 まあ、月光仮面やウルトラマンもそうだけど、
 誰か一人くらい気づく奴がいないとおかしい。

・何で「足」。『モンティ・パイソン』スイッチ。
 うわああああああ。あのマーチをかけてほしい。

・予告でいきなり「私がキッグ・ナスよ」
 おいおい。
 ・・・・・
 「私もよ」
 「俺もだ」
 「何、言ってるのよ。私こそ、本当にキッグ・ナスなんだから」
 「どうぞどうぞ」
 こんな展開をやるのか。

・はるか先生も出せよおおおおお。


fjk78dead at 21:51|個別記事コメ(0)トラバ(2)

2012年02月12日

仮面ライダーフォーゼ第二十二回

眼鏡女教師登場回後編思いつくまま感想

・羽根つきの女(っていうと生理用品みたいだ)のデザインが
 ファイブスター物語チック(読んだ事ないから内容は知らんけど)

・思った通り、落研がペガサスなのか(先週の覚書で憶測してる)。
 ドラゴン、デカ女、陸上部部長の誤解って
 同じ手口を二回続けちゃいかんだろうから、
 とりあえず落研には初代三平スマイルで謝ってほしい。
 「へへっ、どーも、すいません」

・眼鏡女教師ハイキック、打点が高いのがいいよな。
 長澤奈央ちゃんキワ物映画『小林老女』でも
 カンフーマスターやってたからな。

・「舌先だけで世界を作る」って、かっこいいけど、
 お前みたいなたどたどしい奴に言われたくはない。
 これはね『サンキュー・スモーキング』とかで使ってほしいセリフだ。
 しかし、このセリフはシナリオライターが言いたくてたまらんセリフだろうなあ。
・それにしてもスッピンで綺麗だ。

・スカート付きの赤い破壊弾がかっけー。

・はるか先生そっとドアしめ。
 あまりにも当たり前の反応に感動。
 そりゃ、そうするよ。

・「腹を出せ」
 落語ストリップ
 ええと、次からは女の怪人の胸と下腹部を
 執拗に攻撃するようにしてください。
・そう言えば「時計、壊れてるだろ」って昔のゼンマイ時計に見えたけど、
 というか・・・怪人になっても見えないだけで時計を着用してるという事か
 (ラストワンは別)
・蠍に食い込む園ちゃん先生のちっちゃいパンツ・・・
 うーん、萌えるか萌えないかギリギリの分岐点だな。
・蠍の尻尾を優しく擦ってあげたら、園ちゃん先生の声で
 「ああっ」って言って「ピッピッ」って毒液を吐きだしてほしいの。
・下ネタが止まらない。
・落研わりと地味にイケメンだと思う。
・馬の口回りはあまりウマくないと思う。

・よく分からないけどイガイガキック。
 なんだ、あれ。
 何のためにあるんだ。

・はるか先生の技を見ながら攻撃って『リアル・スティール』展開やん。

・落研、蟹になる。
 「かにーの」とか言え。
・ホロスコープス「子犬」→「蠍」、「ペガサス」→「蟹」って
 本当に全く関連がなさすぎて、違和感があるなあ。

・キックボクシング部はどうでもいいんだけど、
 どうしても部長のハイキックが全国の部長ファンの為に必要です。

・来週は学園生徒がホロスコープスってどうするんだろう展開。
 早く見たいなあ。


fjk78dead at 22:17|個別記事コメ(2)トラバ(0)

2012年02月05日

仮面ライダーフォーゼ第二十一回

眼鏡女教師登場回前編思いつくまま感想

・アンガールズ田中、生徒に「俺の話を聞いてくれえ」
 いいな、いいな。何か『デビルマン』のアルフォンヌ先生くらいキャラが立ってる。

・眼鏡女教師でハイキック。白いスラックスでケツの形がバッチグー、
 意欲がなくって伏見がち。属性の塊だな。
・園ちゃん先生、辞職。もう出てこないんだろうなあ。
 せめて最終回くらいに思わぬ展開で復活してほしい。
・田中と眼鏡女で何気に『小林サッカー』ギャグ。
・生卵を田中の股間にパシャってやって、誰かが舐めるというのは
 流石にオンエアできないからカットになったんだろう
 (最初からないって、そんなカット)。

・やる気のない進路指導もどうかと思うが、
 進路指導用紙に筆で「一直線」と書く生徒も生徒だ。

・先生とも友達になる→この学園の全員と友達になる。
 そうかあ、理事長とも友達になるのかあ。
 あの理事長は『山本五十六』でも『麒麟の翼』でも、害毒垂れ流しまくりだから、
 友達になるとフォローが大変だぞお。
 ある意味、ゲンちゃんは山本五十六レベルのでっかい男なのかもしれない。
 まあ、違うだろう。

・ゴキブリと馬の対決。
・ゴキブリが退いて馬と流れ星の対決。
・馬と流れ星の対決にロケット突撃。
・馬は女教師らしい。
・前回ドラゴンとデカ女が実は違うだったから、今回はその逆か。
 仮に女教師が馬じゃなかったら、落語部くらいしかいない。それは唐突だなあ。

・キックボクシングスカウトギャグ。
 「用事があるから」
 「宇宙がありますから」ともに理由になってない。
 「用事終わったら」「宇宙に行く為にもまず体力を」とか返せる。
 ゴスは元からいらない。まあ、そうだろう。
 部長が同行してたら、女教師以外の全員をのしてた気がする
 (脚長いから強そうじゃん)。

・キングの緊張感のないウエンツ顔にマンガ吹き出しの回想シーンは似合う。
・「君の望みなら何でも聞く前からOKさ」
 「じゃあ、保証人になって。ここと、ここと、ここに明日まで実印押してきて」
 キングをカイジの地下帝国に送るのは簡単だ。

・スノボいい効果だけど、最初誰かが引っ張らないと使えないのか?
 馬が仲間になるって展開はないか、ないだろうなあ、
 ラストワン向かえちゃうだろうからなあ。
 教師でもキックボクサーでもなく、馬になって幸せというのもありと思うんだが。

・「先生を殴る気?」あっ、馬汚ねえー。

・うわあ、もう次週だあ。

・そう言えば精子デザインのフォーゼ、OPに取り込まれた。


fjk78dead at 10:07|個別記事コメ(2)トラバ(2)

仮面ライダーフォーゼ第二十回

カラスなのにドラゴン回よりもBL痴話喧嘩回後編思いつくまま感想

・ケンゴ
 「ああん、もう、あたし、部が違うんだから話しかけないでよねえ、どんだけえ」
 みたいな。

・でか女そんなに美人じゃないな。
・ドラゴン、でか女じゃないのか。
・そりゃあ、そうだったらあまりにあからさまだけど。

・部長の軍コス、スッピンっぽい。
 どっちかっていうと厚化粧チックでビッチな部長が好き。
・部長土方コスでのスマイル素敵。
・結局ゴスの「白蛇の抜け殻」は役に立ったのか、立たなかったのか?
・ちなみに「蛇の抜け殻」は突き立てるチンチンであり、
 空洞である事から突き立てられるオメコでもある、シンボルとしては二重の象徴。
 そこに属性として「白」。単に聖性の強調と捉えられるが、
 でかくて柔らかい白人チンチンという事かもしれない。
 つまり、でかくて柔らかいチンチンを出し入れするように
 時間をかけてみんなでゆっくり探せば探し物は見つかる、
 そういう暗喩だったのだ(ウソウソ)。

・でか女が言う「部長が怪物!」がちょっと新鮮だった。
 身近な人が怪物になるってファクターが割と蔑ろにされてる。

・なかなか泣かせるダチ展開。ダチの為に頑張るのはいいぞいいぞ。
・そんな中、ドラゴンの中身の陸上部部長が驚くほどフューチャーされない。
・ゾディアック化が解除されてもダチになれない気がする男癸韻澄

・新機能マグネット、精子みたいなデザイン。


fjk78dead at 10:01|個別記事コメ(0)トラバ(1)

仮面ライダーフォーゼ第十九回

カラスなのにドラゴン回よりもBL痴話喧嘩回前編思いつくまま感想

・ああ、無精してたら3回前だよ、これもう。

・新フードロイド、ホットドック登場。
・デザインがユウキって事が判明。絵のレベルがムチャクチャ高い。
 だから、心の強いストーカー怪人とユウキがコラボして薄い本を作れば
 コミケでぼろ儲けできるよ。
 すると、メテオとゴスが火遊びして急遽産婦人科費用が必要って設定かな。
 コラボをお願いする為、ユウキがストーカーのいやらしい要求に耐える。
 何でこんなにスラスラ、ピンク映画みたいなストーリーが浮かんでくるんだろう、俺。
・そう言えばユウキは夜な夜なホットドックの事を考えて悶々してたのか。
・どんな些細な事でも妄想出来るようにならねば
 俺みたいなマント付きの変態にはなれないぜ
 (いや、別にマント付きの変態にならなくてもいいだろ)。

・宇宙にプカプカ浮かんでる立花さんが怪人化した二郎君(メテオの親友)
 なんじゃないかとちょっと思ってる。

・陸上部の女は「えがわゆみ」アイドルで同姓同名いなかったっけ?
・でっかい女の子がコンプレックス持ってるのはちょっと萌える。
・「君はその後ろに隠れるのは無理だ」言わないでおいてやれよ(これ20話か?)

・ドラゴンの怪人はドラゴンボールっぽい技を撃つ。
・ドラゴンなのにデザインは果てしなくカラスだ。

・いらいらするくらいBL痴話喧嘩回だった。


fjk78dead at 10:00|個別記事コメ(0)トラバ(2)

2012年01月15日

仮面ライダーフォーゼ第十八回

男なのに子猫ちゃん野郎後編思いつくまま感想

・メテオが変身解いてベルトだけ付けてると何かマヌケ

・「お前は1回も俺たちに本当の顔を見せていない」
 バカだからか野生に鋭いゲンちゃん。
・解決策として全員で乱交しよう!(本当の顔が見れるぜ)

・ガリ勉くんの繭を「アメフト部の倉庫に寝かしておこう」発言。
 アメフト部の倉庫にレイダースの聖櫃が置いてある確率70%くらい。

・メテオ回想、寺男らしい。頭、剃れよ。
・メテオ回想、病院で友人見舞い。
 カーディガン看護婦に萌えたと思ったら、ただのエキストラだった。
 いや、そこは園ちゃん先生がカーディガン看護婦とかで、
 もう一階層深い謎にしてもいいだろう。
 いや、園ちゃん先生の看護婦姿が見たいから言う訳じゃないけど。

・田中「てすと」炸裂。
 いいなあ、いい仕事しよるなあ、こいつ。

・ガリ勉くんの苗字は「野々村」初代いいとも青年隊かよ!
 そんな苗字のせいか、メテオに尺取られてムチャクチャ出番が少ない。

・園ちゃん先生が理事長の謎の部屋(昼でもいつも真っ暗なイメクラルーム)に。
 あんな事やこんな事をと思うのに、その辺は一切なし。
 ああそうか、対象年齢が子供だからか。

・天秤と蠍が一度にやってくる。
 アクション的にもなかなかいい見せ場を盛り込んでくるなあ。
・天秤マント脱ぐと羽根があって本当にゴキっぽい。

・マーズパンチは炎のグリグリパンチ
 ちっ、火星人ウヨウヨパンチじゃないのか。

・蠍やられる。
・女性ってだけで正体分からないで済ますのか?(ちょっと雑じゃないか?)
・もしかしたら、変身能力のある天秤座がこの後、
 イケメン校長と園ちゃん先生の二役をこなしたりするのか
・そして、園ちゃん先生まさかの退場。
 いや、奈落に堕ちるならせめてパンツ見せて落ちてくれえ。


園ちゃん先生の「ちっ」がたまらない。

 なのに、もう見れないのか(泣)。

・新幹部登場。ちょっとデザインがキモイから今度こそ田中かも。

いやあ、それにしても必ず毎回何かを盛り込んでくるなあ。


fjk78dead at 09:55|個別記事コメ(2)トラバ(1)

仮面ライダーフォーゼ第十七回

男なのに子猫ちゃん野郎前編思いつくまま感想

・隕石野郎は「はん・ぞでぃあっく・どうめい」
 漢字は分からないが、おそらく「反ゾディアック同盟」だろう。
 ダークホースとして「半ゾディアック同盟」という線もありうる。
 大穴は「半袖ファック同盟」だ。
・何だよ、それ、俺!


園ちゃん先生の「ちっ」がたまらない。

・案外、ニャンコ強いぞ。
 ニャンコ先生と呼んじゃうぞ。

・「仮面ライダー部……部活なのか」とちょっと呆れるメテオ
 しごく真っ当な見解だ。
 この真っ当な見解が今になって出てくるところが
 フォーゼの底知れないところかも知れない。

・ガリ勉くんは山猫座か。ふーん。

・隠れて潜んでいるメテオを除いて全員、部室から退室するんですが、
 みんないなくなる時は電気を消した方がいいと思います。
 月の電力ってどこから供給されてるんだろう。
 天の川学園までコンセントが伸びてるとするなら、それはそれで凄い事だ。

・メテオの変身ベルトでかすぎてかっこ悪いな。

・メテオの決め台詞「お前のさだめは俺が決める」
 時代劇みたいだな

・オレンジコートのゴスが何気に可愛い。

・メテオ、空中三連発打撃。いい意味でマンガみたい。
 『あしたのジョー』のハリマオ戦なんかも
 本当にもう実写で表現できちゃうんだろうな。

・ライダーキックをライダーキックで阻止。
 凄いぞ、そんな絵は初めてだろ。

・CMによるとメテオの決め技はマーズ、ジュピオ、サター(火星、木星、土星)
 ジュピオは木星パンチ
 サターは土星の輪っかで八つ裂き光輪
 じゃあ、未登場のマーズは……火星人いっぱい出てこい!

・ガリ勉くんがこのまま退治されずに12星座にもならないと
 イケメン校長はガリ勉くんの事を「小猫ちゃん」もしくは「俺の山猫ちゃん」と
 呼び出すに違いない。
 うっ、腐女子くせえ。


fjk78dead at 09:51|個別記事コメ(0)トラバ(1)

2011年12月31日

仮面ライダーフォーゼ第十六回

ペロペロ野郎ペルちゃん後編思いつくまま感想

・クリスマス当日にフォーゼを真剣に観る俺。
・何かいろいろ大変で5日後にやっとアップだ。

・左手、石にされちゃうゲンちゃん。
 それでドツケよ。

・ゲンちゃんジャイアン歌攻撃。

・仮面ライダーは見た。
・「仮面ライダー覗鬼」

・俺、ゲンちゃんの絵は割と好きだ。
・『うしおととら』の、うしおの絵に似てる。

・天秤座はゴキブリ+カネゴンのデザイン。

・ゲンちゃんが石にって展開はちょっと凄いな。
・全く無関係だけど「バラージの青い石」をちょっと思う。

・「仮面ライダー覗鬼」再襲来。

・筆なかなか強い。
・年始一発目も筆を使いそうだ。

・木星パンチはいまだかって見た事がないくらいかっこ悪いパンチだ。

・やはり5日経つと忘れてるなあ。


fjk78dead at 00:05|個別記事コメ(2)トラバ(0)

2011年12月18日

仮面ライダーフォーゼ第十五回

ペロペロ野郎ペルちゃん前編思いつくまま感想

・いきなり立ち聞きを認めてしまうアンガールス田中。
 それを看過してしまうイケメン校長。
 大丈夫か、この学校。
・「子犬ちゃん」と言われる「園ちゃん」先生。
 「子犬ちゃん」似合いすぎ。

・ぐ、グリー。
 ハイスクール・ミュージカル路線か?
 なんか貪欲すぎるぞ。

・今回の怪人はモヒカンだ。

・黒魔術治療「ムカデとヤモリは効くから!」
 効いてもやだ。

・芸術くんあらわる。
 こいつがゾディアックじゃない理由が何一つとしてない。

・明子姉ちゃんする校長と園ちゃん先生からぐるっと回想して学生園ちゃん先生。
 そうだよな、学生だよな。大人になってから制服着てるとか、プレイとか、
 「可愛い鳴き声を上げるんだよ、子犬ちゃん♥」とかじゃないよな。
 いや、「可愛い鳴き声を上げるんだよ、子犬ちゃん♥」とかでもいいけど。

・部長オレンジコート素敵。
 纏って部長の香りにくるまれたい。

・グリーの部長が「え、ゲンタロウくんがライダー」とか初めて驚いて見せる。
 いいね、いいね。
 新鮮だねえ!

・あのペロペロ野郎の左手がゲンちゃんの性感帯に触れると
 カチンカチン体操(うつみみどり)で、大変な事に!

・回り込んで、火炎放射ドカン!
 お前、友達とか言っておいて、友達に何て事を!

・幹部の最終形は12人だが、顕在してるのは4人。
 いい感じで謎を小出しに出すなあ。

・来週はユウキのサンタコスと新ライダーか。

・あああああ、部長トナカイコスしないかなあ。


fjk78dead at 15:40|個別記事コメ(11)トラバ(3)

2011年12月11日

仮面ライダーフォーゼ第十四回

ああもうあれなしにはいられないんだ耽美野郎後編思いつくまま感想

・園ちゃん先生のスマイルが怖い。
・もう、今回ずっと怖い。
・女は怖いってお子様へのトラウマ刷り込み回か?
 それは確かに教育的配慮かも。
・園ちゃん先生へのメイクとライティングが違ってるんだろうな、グッジョブ!
・水商売メイク。タレントやめてもいけるぞ(泣)

・「怪物になりたいんだ」
 俺も「怪物くん」になってモテまくりたいぞ!
・いや、それは違うって。

・敵組織の名前はホロスコープス。
 ホロコーストとちょっと似てるなと思ったけど
 ……思っただけだ。それ以上の展開が何も思い浮かばない。
 歳だよ、ふじきさん。
 「都市だよ」とか変換するなよ、訳わかんねーじゃん、ワープロ。
・きっと、
 ホ  んとうに
 ロ  バ肉と
 ス  ルメと
 コー ラで
 プ  ルコギを
 ス  ムーズに作っちゃう会

 とか、そんな集団なんだと思う。
 それは怖いな。
 理事長、暗闇でプルコギ食ってそうだし(そうかあ?)

・園ちゃん先生に騙されて資料を漁るゲンちゃん、やられる。
 「もっとも苦しむように用意した」みたいな事を蠍が言う。
 これ、ゲンちゃん馬鹿だから気づかないけど、ゆる〜いカミングアウトだよね。

・ゴス「こうすればいいの」
 というか、誰もそれに気づかないのは不思議。

・ゲンちゃん脱走。
 一人くらい病人から目を離さないで看護してろよ。

・ただ単にスイッチの快楽がやめられないで
 彷徨ってるだけの男なのに三浦かっけー。
 よっ、ベストオナニスト!(それはスレスレで違うだろ)
・そして、三浦一人青春劇場。
・次のライダーか戦隊ヒーローの一人になったりするんじゃないかなあ。

・ゲンちゃんに続いてジェイク、あめふと君も刺される。
・あめふと君アナルにぶっといのみたいになる展開場面なのに
 朝だから耐えたんだな。
・部長のミニスカートの奥に挿して!
 というか、患部を刺されたら、まず毒物を吸い出すとかが基本だろ。
 だから、部長のミニスカートの奥に挿して!
 野郎の尻の近くを吸い出すのはイヤ。

・理事長から貰った力(よう分からん)で、園ちゃん先生の下半身が大変な事に。
 その大変な下半身にドリルやロケットを突っ込むという危険な展開を
 すんでのところで回避して、とりあえずやっつける。
 ってか、この間、宇宙まで行けないってやったばっかじゃん、オイオイ。

・園ちゃん先生の正体がばれずに新幹部が出てくるのはいい展開。
・新幹部の中の人はあっさり。
 まあ、そこは引っ張らなくてもいいんだろうな。
・「スコーピオンの中身は、お、お、俺え?」
 あっ『転校生』か。
 ゲンちゃんが園ちゃん先生の身体になって、
 とりあえず風呂やトイレで自分の身体を確認したり、
 ・・・田中にストーキングされたり、これからイベント沢山だ。

・園ちゃん先生がちゃんと学園から排除されない展開だとは思わなかった。
 やっぱり上手いな、と思う半面、
 園ちゃん先生がもうこれからは怖くてたまらない。
 これは演劇とかアニメとかではなく、
 人間を駒化できる連続ドラマならではの付加価値じゃないだろうか。
・この園ちゃん先生の病んだ心をアンガ田中がゆっくり溶かすというのが
 作劇としては定番だが、本当にそれを田中でやれるのか。
 ただ、田中は園ちゃん先生とペアで行動させざるを得ないから、
 実はフォーゼ、ドラマの最後のカギを握るのはやはり田中なのかもしれない。
 (次回辺りで死んだりして)

・「俺も恋してーなー」→映画に繋がります。


fjk78dead at 09:41|個別記事コメ(4)トラバ(4)

2011年12月04日

仮面ライダーフォーゼ第13回

ああもうあれなしにはいられないんだ耽美野郎前編思いつくまま感想

・ねじり鉢巻き大工っぽいゲンちゃん。
 ニッカボッカが似合いそうで、
 そういうガテン系腐女子戦略かもしれない(ちげえって)

・イケメン校長登場。
 設定的にありえん感で笑えるけど、
 今の大阪市長だってイケメン市長みたいなもんだから、実はリアルかもしれない。
・これで田中が教頭になったら、イケメンとブサメンでいいコントラストなんだが。
・校長「自分が蠍」みたいに取れる発言(子供のように騙されてしまう俺)。

・「あれが噂の如月ハニーか」
 空耳した(という事にしておいてください)

・ゴス女の黒い煙演出いいな。
 科学する心としては、どこから黒い煙が出てるかをはっきり特定したいので、
 風呂場とかで生まれたままの姿で遒け譴鮟个好掘璽鵑鯆媛短1憧望。

・元ゾディアック化した生徒・三浦の彼女、ちょっといいな。
・うわ、でも泣き顔がブチャイクだ。
・こういうの見ると一流女優の泣き顔って本当に綺麗だと思う。
 ごめん、三浦彼女。
・あ、三浦彼女がゲンちゃんに泣きながらオッパイ押しつけ攻撃。

・久しぶりに登場の三浦、妙にイケメンだ。
 何となくイケメンがアメフトやってるのって似つかわしくない気がするけど、
 それは偏見だろうか?(いや、キングはイケメンって言っても鼻の穴でかいし)
・「俺を呑みこんでみろ」ってセリフはちょっと日常から逸脱しすぎだ。
 もう少し普通のセリフにしないと、子供が分からんぞ。
・三浦彼女、そこで「私の身体で忘れさせてあげるわ」攻撃だ!

・フォーゼ、ピコピコハンマー(笑)。おいおい。

・夕日が照らす田中。
 悪い意味でフォトジェニックだよなあ。

・「青春劇場」
 ユウキのボケキャラ設定ぶりはちょっと凄いな。
・ゴス女出演せず。
・ゴス女の陰気なチアリーダー姿ちょっと見たかった。

・地球に優しい水スイッチだ!

・三浦イケメンだなあ。
 イケメンが太宰のように苦悩してる様子が絵になる。
 「ぼ、ぼくはあの快楽に抗えないんだ」とか言ってくれたら
 全国の腐女子フォーゼファン、ずっきゅんだ。

・蠍そっちか!
 科学する心としては、蠍分身を一人捕まえて、裸に剥いてみたい。

・次回予告
 悪い顔の園ちゃん先生がステキ!

又、来週


fjk78dead at 09:12|個別記事コメ(2)トラバ(2)

2011年11月27日

仮面ライダーフォーゼ第十二回

坊主ストーカー後編思いつくまま感想

・前回の回想シーンで坊主ストーカーに
 「汚れてる女」扱いされるユウキ。
 あんな奴に言われるままは悔しいじゃないか!
 本当に汚れてみよう。
・というのは甚だありえない展開なので
 パンツ脱いで「黄ばみとかないよ。私、汚れてないんだからね」
 という恥ずかしいボケをかましてみよう。これはまだありえる気がする。

・百式さんのツイッター呟き(@synkronized417)では
 「 アイツ絶対、お気に入りのアイドルの
  熱愛報道とかあったら発狂するタイプだよwwww
  握手会に婚姻届持参する痛い子だよwwwwwwww」
 だそうです。
 わはははははは。

・坊主ストーカーが「俺の恋人いっぱい」みたいな発言。
 おお、お前はモテナイくんの神になる気だな。

・仮面ライダー部の部員が危機に対して、
 各人が個人の判断で最善の手を打つという
 とても理想的なチームワークを発揮し出してる。

 つまり、実社会だとチャラ夫が客引きして、
 ユウキと部長がお酒を飲ませて、
 げんちゃんが裏口で話をしましょうと言って、
 あめふと野郎が裏口でボコる
 ゴスは殴られた客を黒魔術で看護。
 完璧。
 ・・・あれ、もう一人・・・地道に算盤勘定だな。
 経理とかいないと店、潰れるから。
 客はアンガ田中。
 なんか本当に完璧な布陣だ。

・坊主ストーカーの「未来ダイアリー」が1000円以内だっら本気でほしい。
 「みんなお星さまになっちゃえー」の後、
 冷たい水温でお星さまを保管して、
 今日はどのお星さまとラブラブしようかな、とかそういう方向で
 全員分の未来ダイアリーを書いておいてほしい。

・部長のスカート、何気に特注仕様で可愛いデザインだ。

・部長、ユウキを部屋から連れ出す。
 ゆみなさんのツイッター呟き(@yumina3910)では
 「これもしかして百合展開じゃ…」
 んな訳ないだろ。
 だが、視聴者がそれを求めている事が製作者に伝われば次はあるかもしれない。
 えーと、お願いします。

・そのちゃん先生ちょっと怪しい。
 いやいやブラフか。
 え、ブラがふーっ(何、言ってる俺)

・さそり爆発と同時に消える。
 イリュージョンだなあ。
 ああいう消え方の後、
 いきなりしずかちゃんちの風呂場とかに現われそう。

・ドキっ、恋人だらけの恋愛バス。
 よし、ポロリ行け!
 というか、夏、みんな操られて水着に着替えさせられて川にドボン、
 キャッキャッウフフフという展開の方がゲーム脳的には思いつきそうだけど。

・すげえ、坊主ストーカー変身解いたぞ。
 今迄のどんなライダー怪人よりもハートが強いぞ、こいつ。
 レイザーラモンRGなみの心の強さだ。なんかそういう強さって無駄だな。
 ああ、面と向かって「キモイ」とか言われてる。
 まるで無視。なんてハート強いんだ。
 羅針盤がどうとかじゃなくって、このハートの強さが何かにいかせれば・・・
 はっ、坊主ストーカーを認めだしてしまっている、俺。
 (ちなみにレイザーラモンRGは大嫌いです)

・蚕繭になった坊主ストーカー、今までのどの怪人の繭よりもダントツでカッコ悪い。
 変な表現だけど、若さがない感じ。

・部長がバスの運転席に。デコトラ展開で萌え萌え。
 ブレーキの代わりに俺を踏んでくださいみたいな大きなお友達が
 国内で20人くらいいそうな気がする。
 えっ、俺は踏まれるなら麻里子様に踏まれたい。
 部長は情け容赦なく踏みこんできそうで。
 ああ、何か部長、そういうお店からオファーがありそうだなあ。
 何だ、何でこんな事話してんだ、俺。

・ステルス機能だ。
 いや、ステルスって肉眼がどうとかって機能じゃないだろ、本来。
 5秒じゃ風呂も覗けに行けないし。

・怪人撃破。
 バスの中で野郎取り囲まれて孤立。
 これはM男にとって夢のような展開。
 こ、これを求めていたのか。

・そしてロッカーの謎解明。
 凄い。日曜朝8時からアンガールズ田中の性癖を織り込んだ展開の脚本。
 ある意味、みんな予想していた感はあるが、本当にやるとは!

・田中は最終回近くで『ドラゴンボール』のミスター・サタンみたいな
 立ち位置に立つんじゃないかとちょっと思ってる。
・それか今週でフォーゼが終わって、
 来週から田中と山根が1/2で合体する『仮面ライダーアンガールズ』が
 いきなり始まるかだ。

・ゴス女「きたよー(超棒読み)」
 うわああああああああ。
 これはいい。
 寝起きかよ。

・ともかく今回も面白かった。


fjk78dead at 11:01|個別記事コメ(2)トラバ(2)

2011年11月22日

仮面ライダーフォーゼ第十一回

坊主ストーカー前編思いつくまま感想

・坊主頭のストーカー。
 ゲンちゃんも「そのままのお前でいい。友達になってやる」とは流石に言えんだろう。

・フードロボ。新しいのはシェイクだ。
 ぶ、部長とユウキとゴス女に白濁液をかける攻撃をしてください。

・あめふと野郎ナイスだ。ナイスフォローだ。
 もしかしたらお前もストーカーだったりしないだろうな。
 しかもユウキのじゃなくって、アンガールズ田中の。
 「あめふと野郎」って平仮名で書くと凄くかっこ悪い事を発見。

・赤目が学校の理事長である事が判明。
 学校の理事長っていつも暗い部屋にいるのか?
 あれ、学校のどこにあるんだろう。
 用務員室の隣とかだったら笑うし、
 かと言って学校に専用の地下室とかあっても笑う。
 建設会社に発注しづらいよね
 なんか生徒に悪さする為に作る隠し部屋みたいじゃん。
 ・・・『けっこう仮面』の仕置き教師の仕置き指導教室みたいな。

・坊主ストーカーの「未来ダイアリー」が結構いい出来だ。
 とりあえず未来の夫婦の夜の生活まで
 ストーカー気質で執拗に書いてあればコミケでそこそこ売れると思う。

・園田先生が生徒に「そのちゃん先生」と呼ばれてるのが微笑ましい。

・あめふと野郎、またまた飛び込んできてナイスアシスト。
 こういう普段プーでもやってるかのように、
 いつでもどこでも現れるヒーローというのが
 実は初期仮面ライダーのコンセプトなのだが。
 うーん。。。

・敵怪人の攻撃が走ってる車に当たってフォーゼ、九死に一生。
 ええーと、車に人は乗ってなかったの?
 何気にけっこう大変な状況よ。
 保険査定官もビックリするよ「て、テロですか?」

・ユウキの夏服が俺のような地下貧民には眩しすぎます。
 眩しすぎるから、もう1枚、脱いでみよう。

・怪人がユウキに「僕の角を掴んで」というセクハラ状態。
 「僕の角を掴んで。感触はどうだい。あたたかいだろう。
 ドクンドクン脈打ってるだろう。君の事を思うといつもこうなるんだ」
 くらいは言ってほしかった。

・ゲンちゃん怒ってライダーひき逃げ!
 感情的になってバイクをそんな風に使っちゃいけねーぜ(変身前だし)
 「君も僕の角を掴むかい」という展開には勿論進まない。そらそうだ。

・「こいつにユウキを見張らせてたんだ。」
 す、ストーカーは正義の味方側か!
 えーと、帰宅して着替えたり、お風呂に入ったり、
 そういう所もちゃんと映像つきで見張っておかんとな。
 映像の端っこの方に怪人とか映るかもしれないし。
 「あっ、お風呂の時、ユウキの身体に変な影が!」
 い、いや、みんなこんな「しずかちゃん展開」を望んでんだろ。
 俺は望んでいるぜ。

・ロッカー大破。
 ゴレンジャーに出てたロッカー仮面だったらお手柄だ。
 (ゴレンジャーだったかなあ?)
・「タイム風呂敷スイッチ」を使うんだ、ゲンちゃん。
・ツイッターのゆみなさんの読みでは、
 本当のロッカーはアンガ田中の家にあるそうです。
・そして、アンガ田中が裸で「園田先生ーっ」とロッカーに抱き着いて
 舐めまわしながら「あっ、あーっ」と声を上げてると言うのが
 私とゆみなさんの公式見解です。

・「もう月から出られない」
 よし、3年毎にコピー人間を作って交代制で頑張ろう。

・次週の驚愕展開を予想。
 「ロッカーを壊したそのままのお前でいい。友達になろう」
 坊主ストーカー感激。
 世界の果てにあるという「何でもくっつけて直すアロンの宝」を
 怪人の力を使って探し出す。
 「この薬を手に入れるのを待ってたんだ」
 フォーゼ、怪人を退治。
 今日もお江戸は日本晴れだ。


fjk78dead at 10:02|個別記事コメ(2)トラバ(4)

2011年11月13日

仮面ライダーフォーゼ第十回

ゴス女回後編思いつくまま感想

・ゴス女の名前は「のざわともこ」だと思ったら「のざまともこ」だった。
 へー、ふーん、変なのお。

・結局、あの赤毛のマントヒヒみたいな怪人は何座なんだろう?
 あれで「乙女座」だったらやだよなあ。

・フォーゼの映画CM
 女子高生が「変身」って、ちょっとかっけー、テンション上がる。

・赤く照らされるアンガールズ田中。
 うんうん。
 別に何もメインストーリーとは絡まんけど、田中はいいと思う。
・女先生も若すぎて女子高生みたいだけど、いい人感がいい感じ。
 女先生はラストで無理やり田中と結婚みたいなオチに持ってかれそう。
 他に見合う人がキャラにいないからなあ。
 赤目と燃えるような恋愛とか面白そうだけど、
 きっとそれはフォーゼの話ではやらんだろう。

・「ともこはシャワーに」
 どらえもん・しずかちゃん展開行け!
 行かないか。
 行かないよな。
 いや、シャワールームの中で「そのままのお前でいいよ」だろ。

・ゴス部屋の中。
 虫虫虫。
 これで「変わりたいんだ」と分かるゲンの字はオカルトがかってる。
 カマキリも見かけたけど、あれは脱皮はしても形は変わらんだろ。

・ゴスシャワーから出てくる。
 パンツ一丁とかで来いよ。
 部屋着を着るとこまで、幼児と一緒に
 「♪パパンパ、パジャマ、パジャマママ」とかやろうよ、
 教育と娯楽を一度にやろう。

・ゴスすっぴん。
 ぷっくりしてる。
 貫地谷しほりに似てる。
 ふっくら系はそもそもゴスメイクが似合わないから可哀想な事をしたな。
 まあ、これから徐々にゴスメイク薄くしてくんだろうけど。

・追っかけた後、路地でカーブミラー越しアングル。
 割とこういう変なアングルを放り込んでくるな。

・「月に着ちゃった。こんな簡単にぃ」
 嬉しいし、悲しいし。
 人の夢をそんなに簡単に叶えてしまっていいのか。

・月面でドツキ漫才すると、低重力だから派手になっていいな。

・縛り
 できればもちっと本格的な荒縄で。
 もちっとちゃんと吐息も撮って。

・赤目と蠍は別人。
 これが分かったのは今回、初めてだよなあ。

・縛り解除。
 ぶ、部長だけ縛ったまま転がしておいてほしい。
 そして身動きのできない部長の身体を
 白鳥座の怪人が白鳥なのに孔雀の羽根ですうーっと。
 それが男の夢だ。

・魔女の下女二人を使ったパンチラ攻撃。

・魔女の怪人、フォーゼに蹴られて
 女子高生声で「あっ、あっ」ってちょっとエロい。

・ライダー部加入エピソードは一応、ここで打ち止めなんだろうな。
 あとは部だから、顧問設置とかあるかもしれない。
 コーチはないよな。何をコーチするか分からんし。

・このままでいいと言われたゴスが、
 実は男と言うオチもよかったかもしれない。

・川に投げ込んだ怪人のアストロスイッチが大爆発して、
 アストロスイッチ漁の禁止とかになってほしい。


fjk78dead at 09:54|個別記事コメ(6)トラバ(3)

2011年10月30日

仮面ライダーフォーゼ第九回

ゴス女回前編思いつくまま感想

・朝から全力疾走する弦太朗とユウキ。
 一直線なバカってアニメ濃度高い。

・ゴス女の名前は「のざわともこ」。
 果てしなく普通だ。
 「野沢」って「野沢直子」のせいで残念な名前度が高い。

・魔女の集いゆうきの「(うっふーん)」が痛くて、
 ゆうきの一瞬「超美人」が全く「超美人」でない。
 罰ゲームみたいな展開だが、
 ゆうきのキャラがいじられて何ぼみたいになってるからよし。
 ああ、ゆうきの人に言えない所をいじりたい(部長のでもいい)。

・弦太朗のオカルトだめが、ちょっとウザ過ぎるレベル。

・「宇宙だー」バックでゆうきが一緒に「だー」やってるのが可愛い。

・プールきたあ(いや、大して来てなかった) 
 リハビリの一環と称して部長を競泳水着でスタンバイ
 させるくらいの視聴者への気遣いが欲しい。

・ゴスの化粧、今回に限って薄い。
 隈になる目の下のアイライナー引いてないし。
 偽物でも分からんよなあ。

・部長は「啖呵斬り」キャラなんだ。
 かっけーな。

・火事場で変身。
 相変わらず変身に全く秘密な感じがない。
 もっと淫靡に見つかったら恥ずかしくって死んじゃうくらいモジモジしながら・・・
 すまん、それも違う。

・ツイッターのゆみなさん曰く「赤ウィンナー」に変形。
 なるほど赤ウィンナーだ。
 しかし、消防士なのに火を吹くって、隠れて放火魔って特性かよ。


fjk78dead at 09:44|個別記事コメ(2)トラバ(1)

2011年10月23日

仮面ライダーフォーゼ第八回

キング回後編思いつくまま感想


・ラスト1になって人間に戻れない奴が一人も現れてないから
 「間もなくラスト1だ」というセリフに説得力がない。

・さそりは鶴見辰吾なんだろうなあ。
 いや、明日花キララだ。
 そして綺麗な胸を朝からドバっと露出だ。
 いやあ、みんな喜ぶし嬉しいだろう。
 「綺麗な物を嫌いな人がいて?」
 一応、アンガールズ田中の蠍座はミス・リードで、
 鶴見辰吾でもなく、最終回いきなり出てくる
 アンガールズ山根って線もありじゃないかとか思ってる。

・狼は何だ。天狼星(シリウス)とかか?
 星座うといからよく分からん。
 彼がかっこいいかどうかも見落とした。

・キングはコンダラ(笑)を一人で自由自在にして力持ちキャラなんだな。
 カレーをパクパク食ったらキャラ変わるぞ。

・「お前にアメフトの何が分かる?」
 いや、分からんだろ、普通。
 ゲンちゃんの「ラクビーとどこが違う?」というのが物凄く健全。
・フェンシングもそうだけど、割と辺境部活に陽が当たってる感じ。
 次は卓球部だな。

・ああ、クィーンが汗だくになったあの機械の中は
 とってもいい香りが漂ってる気がする。
 いいなあ、キング。
 「キングどうした。メカが前屈みになってるぞ」
 「ハット、ハット」

・形から入る発言
 全く今の若いもんは!
 「もう48手、覚えたぜ」
 それだったら凄いなあ。

・キング泣く。
 定番展開だけど、どうせなら髭で泣いてほしいと思うのは俺だけか。

・「お前、まさかあのバッドボーイ達と」
 「バッドボーイじゃないんだ。ライダーだから飛蝗ボーイなんだ、
  しかもその他大勢はイナゴでイナゴライダーなんだ」
 「お前をこんな学校にいさせられない。転校だ」

・秘かに守る発言
 いつ「秘かに」やったってんだ。
 人から隠れて変身したりした事ないだろ、お前。
・でも「俺たちだけの勲章だ」ってセリフがかっこいいから許す。

・もしかしてライダー部に顧問ができるかと思ったが、
 非公式に秘かに守るから一応それはないらしい。

・とりあえず部長はみんなの部長だから復縁しちゃいかんぞ。



前回書かなかったから第七回について一点だけ

だ、が面白いってしかないよ。


fjk78dead at 09:28|個別記事コメ(2)トラバ(1)

2011年10月09日

仮面ライダーフォーゼ第六回

チャラ男回後編思いつくまま感想


・鶴見辰吾の役名は「赤い目の男」。
 まんまだ。
 兎かよ。
 ちなみに鶴見辰吾は山羊座。

・一角獣座の彼、かっこいいな。
 主役よりかっこいいと思う。
 でも、じゃあ、主役がどうだっていうと華がない。
 今回の主役、ゲンちゃんもそうだけど、みんな小粒な感じだ。
・「鼻がない」は意味が違うよ、漢字変換。

・一角獣座の彼が変身してユニコーン怪人になるが、
 フェンシングの剣が太い為、何か剣先がボヨンボヨンしてかっこ悪い。
 長芋っぽい剣って刺さらんよな。

・「ここは天国か」
 天国だよな。
 河原で戦ってたから、川に落ちて、身体をあっためる為に
 女子二人が裸で添い寝してくれる所までやってくれたら天国すぎる。
 「部員の命を救うのは部長の仕事」とか言ってやってほしい。

・チャラ男と握手するのはちょっと早い。
 「反省しない所も含めて」はいいのか。
 なんか性善説が過ぎる気がする。
 まあ、全体そういう世界観なんだろうけど。

・ダブル「頑張って」に超萌え萌え。
 「中萌え萌え」と打ち間違えた。
 若い女の子はええのう。

・ちょっとだけ「電撃だっちゃー」と言ってほしかったかも。

・クィーンがチャラ男にペース乱されてアタフタしてる。
 これでもう次回からは安易に右往左往するお茶の間キャラかもしれない。


前回書かなかったから第五回について二点だけ
・前回の遊び心しかない「3,2,1」に比べれば今回は普通だった。

・前回ビックリしたのはカラオケBOX内で、
 から揚げなめのフォーゼ・怪人の対決シーンがあった事。
 いまだかって食品越しに仮面ライダーの戦いがカメラに収められたことは
 なかったと思う。


fjk78dead at 09:28|個別記事コメ(3)トラバ(3)

2011年09月25日

仮面ライダーフォーゼ第四回

学園ミスコン後編。


ピンク映画脳を刺激する。
「私に一票入れて。入れてくれたら私に入れてもいいわよ」
いや、ピンク映画って本当にこんな展開。


「蠍の怪人」じゃなくって「蠍座の怪人」って言うのか。
美川憲一かなあ。
確かに怪人だけど。


「宇宙来たああああ」と叫んでいたのか。
なんか内容のない叫びだなあ。


松葉杖で「パシーン」ってのは演出的に決まるな。
よし、フォーゼに松葉杖スイッチを追加だ。


カメレオンの舌がクィーンに!
しょ、触手展開かよ。
えっ、何だ。
その場でやんないの。
ビデオで撮っとくのか。
それにしても、観客は「何かの演出だ」と思ってるよなあ。


カメレオンに連れ回されて普通に歩けてしまうクィーン。
ボクササイズ含みみたいなこの運動が案外いいリハビリなのか。
そう言えば翌日の部室に来た時、既に完治してたし。
よし、全国の病院はこれを取り入れてみよう。
・・・フォーゼになるのはクィーンの方が適役かもしれん。


カメレオンなんてコソコソ隠れて、周りに色を合わせて・・・
そんな事いったらカメレオンが可哀想じゃん。


カメレオン怪人、人間に戻れなくなるんじゃなかったのか?
既に人間じゃないのか。
ゾンビぃ〜〜〜


来週からはこのセリフで決めてほしい。

「俺と友達になろう! まずはセフレからだ!」


fjk78dead at 09:00|個別記事コメ(4)トラバ(0)

2011年09月11日

仮面ライダーフォーゼ第二回

「さあ脱いで」
いや、オチはいいから全部映せよ
パンツ穿いてからスカート着脱だろうけど、それでも見たいし
ニーソをどうしたかも気になるし。
まさか、あの宇宙服の中でもローファーを穿いてたりするのか!

最初の話題がこれからって、キモイな、俺。


アストロスイッチ・・・仮面ライダーでアストロ球団
ジャコビニ流星群キックだあ。
とりあえず、ロケット型の痣を探せ。
アームストロング船長の遺志を継ぐ9人のロケット操縦士で
ライダー9人まで出す。
「ジョイント」って言って合体するぞ。
合体って言ってもムカデ人間じゃないぞ。
ただ、途中からスペースシャトル型のライダーってのはありか?
アダムスキー円盤型ライダーか?

アストラル・スイッチだとまずいんだよな。
※ アストラル:オウム用語
 (多分「宇宙的に何かともかくいい」みたいな意味で使われてる)


月に行ったからトランスフォーマーの科学力を使えてる。
なるほど、なかなか理路整然としてるじゃん。


フォーゼは「白い涙」くん。
空から雨粒と一緒に降ってきそうなキャラ。
いや、燃えながらじゃなくて。


CMで「アストロスイッチ」って言うとマジ「アストロちんちん」に聞こえる。


ライダー都市伝説! 言い切るのはいい度胸だ。


異常にフックが多い番組だ。


もっとも早い最終回予想
 アルシンドが出てきて「友達なら当たり前」と言いながら全員で断髪する。


fjk78dead at 09:08|個別記事コメ(0)トラバ(2)

2011年09月05日

仮面ライダーフォーゼ第一回

新ライダーは宇宙ライダー。
コンセプトはよう分からんが、普通に面白かった。

もう、来るとこまで来てしまっているから、
今更どんな「ライダー」が出てきても驚きはしない。
妖怪人間ベムライダー、ベラライダー、ベロライダー
とかでも驚かない(あっ、それは響か)。
ライダーか否かの違いは日曜朝8時枠で
放映されるかどうかという事でしかないのだ。

さて、フォーゼはというと、
マンガだ。
もう完全にTVマンガのノリだ。
潔くってこれが楽しい。いい

「全校生徒を友達にする」
おめ、なんでリーゼントか!(笑)

基本、バカが主役は話に弾みがついていい。
小学校以来だぜい、という姉ちゃんも、
ずっとニコニコしてるところが気がかりではあるが、
まあ、可愛いからいいだろう。

アンガールズ田中も彼の使命を発揮してて良かったと思う。

「俺のロケットは空を貫くロケットだ」というか、
みんな思ってんだからドリル出すなよ、というか、
チアガールズの高慢ちきな姉ちゃんを単に泣かせてやりたいというか、
気になるフックがいっぱいある。

ともかく2回目も必ず見るに決定。


オマケ(百式さんのコメントに書いた奴をこっちにも載せるるるるるるるるる)

「時間の無駄だ」
「何だと!」
「俺は文盲だからな」
「えっ、なっ、そっ、それは悪かった」


fjk78dead at 17:21|個別記事コメ(4)トラバ(2)

2011年02月19日

ゴーカイジャーの第一回目を6日遅れで観た。

海賊船たい。ゴーカイジャー

おっ、今度の戦隊は博多もんかって、
粋な漢字変換誤りだな、IME。

主人公が海賊で反体制ってのは
前のレッドが少女まんがチックだった反動もあって
とても勢いがあっていい感じだ。

ピンクの女の子のお姫様キャラはまあ、ありがちだけど、
イエローの女の子の守銭奴ってキャラはやりすぎ感バリバリで痺れる。

敵と戦う理由がカレーを食べるのを邪魔されたから、
というチンケ感もグッド。
とりあえずいい離陸をした感じです。

▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ゴーカイジャー@狂人ブログ
ゴーカイジャー@NORI+nori日記


fjk78dead at 23:47|個別記事コメ(2)トラバ(1)

2010年11月23日

マリア様がオーズを見てる

『龍馬伝』は7週遅れ、『オーズ』は3週遅れで
なかなかTVにまで時間が避けません。

『オーズ』の怪力の女の子が『マリア様がみてる』に
出てるのは気が付いてたけど(ショウコのスールを断った女の子)、
『マリみて』主役のユミが出てるのは、
イメージ違ったんでぜんぜん気が付かなかった。

メズール姉さん(悪い中で一番偉っぽい)の人間体の時が未来穂香ちゃん。
幼すぎないちっちゃい女の子ってだけの人選な感じ。

だから、何がって事もないのだけど、
ほのかにちょっと楽しみが増えた
(いや「仄か」と「穂香」をかけてる訳じゃないよ)。


fjk78dead at 11:52|個別記事コメ(2)トラバ(0)