『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢 』パルコ調布キネマ『あんにょん由美香』ポレポレ東中野

2009年09月15日

共通テーマ「藤子・F・不二雄の作品で好きなものは?」

実はマンガでは読んだ事ないんだけど、「ジャングル黒べえ」。

「♪タンタンタタン、タンタンタタン」という音感が気持ちいい。
あれが再放送できないってのは、規制する側が考えなしに記号的に規制してるだけだと思う。たかがマンガじゃないか。マンガのでっかい図書館を作るより無駄な自主規制で観れなくなったマンガを観れるようにしてくれ。

一人から二人に分裂してしまったF先生とA先生、マンガの神様、手塚治虫が100年、長生きして『ブラツク・ジャック』の連載がずっと続いていたら、こんな話が出来ていたかもしれない。世界マンガ会議に行く途中に事故にあったケンカ別れ中のコンビマンガ家、FとA、ブラックジャックはその天才的な外科手腕で二人の身体を一つにして、生命を救う。

ラストシーン
「アイデアがどんどん湧いてくるよ」
「ああ、昔、二人で最初にマンガを書き出した時みたいだぜ」
「よおし、どんどん描くぞお」

なんか、本当に描かれそうなストーリーだ。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 太川陽介   2009年09月16日 22:53
「♪タンタンタタン、タンタンタタン」という音感が気持ちいい。」

普通は「ベッカンコー」ではないか。


あの二人は喧嘩分かれだったんだ。
権利関係の清算のための「A 」と「F」の区別かなと思ってました。
それにしても松本VS西崎は醜いものだった。

今度の「ヤマト」は東宝が配給するんですね。
東映は「仏陀降臨」?で手一杯なのか。
2. Posted by fjk78dead   2009年09月17日 00:14
「♪タンタンタタン、タンタンタタン」はEDだって時点でマイナーだ。でも、音的にあそこが一番、気持ちいい。


> あの二人は喧嘩分かれだったんだ。

フィクション。フィクション。現実にはケンカ別れではなく、子孫の為に権利関係を明確にするで正解だと思います。


> それにしても松本VS西崎は醜いものだった。

いや、案外、「攻め×受け」だったりするかも(法廷では愛と憎しみが交差)。


> 今度の「ヤマト」は東宝が配給するんですね。
> 東映は「仏陀降臨」?で手一杯なのか。

へえ。「ヤマト」は当たっても外れてもでかい気がするんで、東宝にちょうどいいかも。しくじったら、単なる税金対策。でも、コンテンツ押さえとけば、後々よさそうだし。「仏陀降臨」はやっつけ仕事で、例年通り、あれでお客が来るとは東映さんも考えてないでしょ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢 』パルコ調布キネマ『あんにょん由美香』ポレポレ東中野