『マックス・ペイン』『チェ 28歳の革命』新橋文化読書『南極1号伝説』高月靖、文春文庫

2009年09月14日

『南極料理人』銀座テアトルシネマ

最後に出てきて、野郎観客全員の心を射抜くKDDIインマルサット・オペレーターの清水さんは小出早織ちゃん(銭形雷)です。うわあ、可愛かったあ。これだけでいいや(失礼だな、俺)。

冒頭、堺雅人の奥さん役の西田尚美の無性につまんなそうな顔もリアルでいい。

で、後は野郎野郎野郎映像の嵐。おいおいおいおい、ホモでもヒゲ専でもねえんだからよお。
まあ、別に映画観てる最中、のべつまくなく欲情してる訳でもないので、普通に面白かったです。ただ、たんたんと日常が流れるシーンが多いので、山場(後半にちゃんと仕掛けられてはいる)で盛り上がって、どっしりと映画観たって幸福感に浸るタイプの映画ではなかった。エピソードが多いので、皆で観に行って、あのシーン、このシーン、みたいな会話が盛り上がる映画としてはいいかもしれない、って友達いなくて悪かったな。

すいません。本当の事なんで取り乱しました。

悪くないし、ちゃんと出来ているんだけど、ちょっと違う気もする。
映画の中の伊勢海老料理みたいなもんか。
評判が悪くっても、あれは一回、食べてみたいよなあ。

それにしても小出早織ちゃん、可愛かったなあ。

【銭】
常設ダフ屋で団体鑑賞券1200円というのを購入。
「団体様500人以上、一度に入場されないと困ります」とか
言われる事もなく、無事、入場完了。ほっ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
南極料理人@映画生活

PS ちなみに南極観測隊の隊員を番号で呼んじゃいけないぞ。

もひとつPS 今日、パルコ調布キネマに『バラッド』を観に行ったらモーニングショーでムーブ・オーバーする『剱岳』の予告がかかっていた。同じ寒地で野郎は髭面であるのに、仕事に対するベクトルが正反対だ。それがモチーフじゃなかったので、仕事や寒さへの言及はあえて避けたのかもしれないが、『南極料理人』の世界では、「死ぬ、死ぬう」とセリフでは言ってるものの、一晩中、基地の外でフンドシ一丁で寝てても死ぬ事はないに違いない。「いやあ、風邪ひいちゃったよ」で済むんだと思う。



fjk78dead at 00:30│コメ(6)トラバ(2)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 南極料理人  [ いやいやえん ]   2012年03月10日 08:34
南極なのに豪華な食事!もっと質素な食生活をしていると思ってた。 南極という非日常の中で描き出される南極基地隊員の食事への執着は面白い。食事も美味しそうだし彼らも学生みたいにはしゃいで楽しそうでしたけど…実際の仕事にあまり時間を割いて描かれてないのはち
1. 南極料理人  [ 単館系 ]   2011年08月02日 23:21
テアトル新宿で公開当初から見たかった作品。 なんだか地元川口のMOVIXに来たので見ることができました。 堺雅人さんは料理がうまい・・・・というかかなりさまになっていました。 小さめのエ...

この記事へのコメント

1. Posted by SUZU   2011年08月01日 23:26
連続してこういう映画は観たいとは思わないけど、たまーにこういうのもいいかなって思う作品。ていうかジャンル。

大丈夫です、私も一人で観ました。
誰とも感想を言い合えません。ナカーマ
2. Posted by fjk78dead   2011年08月02日 00:28
いや、仲間じゃない(梯子外し)。

嘘嘘。基本、映画は休日にハシゴして観たいのを潰すという生活なので、あまり人には付き合わせられないですね、悪くて。
3. Posted by    2011年08月03日 03:15
KDDIじゃなくてKDDですよ。
実在する会社名使うといろいろめんどうだから
似たような名前に変更してます。
4. Posted by fjk78dead   2011年08月04日 00:54
こんちは、谷さん。

> KDDIじゃなくてKDDですよ。
> 実在する会社名使うといろいろめんどうだから
> 似たような名前に変更してます。

ふーん。思い込みだったなあ。
まあ、会社がどうあれ、小出早織の可愛さは揺るがない。
5. Posted by maki   2012年03月10日 09:28
こんにちは♪
迎えに来てた清水さんがデブスだった方が面白かったかもしれない…とちょっと思いました
6. Posted by fjk78dead   2012年03月10日 09:32
> 迎えに来てた清水さんがデブスだった方が面白かったかもしれない
> …とちょっと思いました

そんな残酷な事いっちゃいやん。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『マックス・ペイン』『チェ 28歳の革命』新橋文化読書『南極1号伝説』高月靖、文春文庫