ブログを携帯で確認していたら電車もう一題

2009年02月15日

読書『からくりからくさ』ほか、梨木香歩、新潮文庫

『西の魔女が死んだ』の作者、梨木香歩の新潮文庫上での『西の魔女が死んだ』の後に発行された文庫。新潮文庫では次の順番で出版されている。

『裏庭』
『西の魔女が死んだ』
『からくりからくさ』
『りかさん』
『エンジェルエンジェルエンジェル』
『家守綺譚』未読

『家守綺譚』 は未読。
最初に読んだのは、映画公開に促されて『西の魔女が死んだ』を公開前に読んだ。面白い。短くて、芯が通っていて、平明で飽きさせず、最後にサプライズも待っている。入門編に読むにはこれが最適。

次に読んだのは 『エンジェルエンジェルエンジェル』、うわ、うまいと思った。これも短くて入門編にいい長さ。

その次が 『りかさん』。変な話だ。おどろおどろしてるなあ。何か妙にしっくり来ないなあ、と思ってると『からくりからくさ』が正編で『りかさん』が姉妹編の関係である事を知る。うわ、順番、逆に読んでしもうて損した。まあ、どっちの順で読んでも趣味がよくない話なのではないかと思うが。

で、『裏庭』。個人的な意見として、これは退屈。異世界冒険譚がガリバー旅行記っぽい風刺を伴いながら書かれるが、いろんな概念を詰め込みすぎていて、複雑で絵解きがしづらい。絵解きをする事が目的みたいな小説になってしまってるのは間違えてると思う。「馬鹿だから絵解きでもしなきゃ分からんのだろう」という意見は正しいかもしれないけど、一応却下します。

さて、やっとこさ 『からくりからくさ』。これも長い。長いからつまらない訳ではないのだが、何か寄り道ばかりしてるようで、とてもバランスが悪いように感じてしまう。で、この本の後半近くに、かなり唐突にトルコ人のクルド人差別に対する話題が降って沸いてきて適当なページ数を占める。ちょっと前にドキュメンタリー映画 『バックドロップ・クルディスタン』 の映像で確認した内容とほぼ同じ主旨だったので、これには驚いた。

『からくりからくさ』 の新潮文庫発行が2002年で、『バックドロップ・クルディスタン』 の発端が2004年なので、この二つの作品はそれぞれ独立して、影響を受けずに作成された事が分かるのだが、それにしても世界ってのは広いような狭いような。


fjk78dead at 00:57│コメ(0)トラバ(0)読書 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログを携帯で確認していたら電車もう一題