『誰も死なない』トリウッド『剣客之恋』K’s cinema

2008年11月27日

『最高の人生の見つけ方』『ぼくの大切なともだち』ギンレイホール

『最高の人生の見つけ方』:予告通りだけど、うまく作ってあると思う。しかし、個人的な嗜好を優先させるなら、爺二人がずっと出ずっぱりのこんなに爺濃度が高い映画を、お金を出してまで観たいとは思わない。若い末期ガン患者でも成り立つなら偏屈者のモデルを栗山千明、実直で周囲の期待に応える為だけの人生を歩んできた女子大生を蒼井優って、そんな映画の方がとっても観たい。

『ぼくの大切なともだち』:ああ、そっちに行っちゃダメだあ、という方向に話が進んでいってしまう歯がゆさ。ル・コントはこういう軽い話の方がいい。そして、フランス映画は姉ちゃんが奇麗だ。主人公もひどい奴であるけれど、その主人公に救いの手を差し出してあげない周囲もひどい奴等だらけじゃないだろうか。

【ギンレイホール会員パスで入場】


fjk78dead at 00:33│コメ(0)トラバ(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
『誰も死なない』トリウッド『剣客之恋』K’s cinema