2008年09月15日

『忘八武士道 さ無頼』『丑三つの村』シネマヴェーラ渋谷

『忘八武士道 さ無頼』 主役が丹波哲郎から伊吹吾郎へ。伊吹吾郎って真っ当だから(と言うより丹波哲郎が並外れて規格外)、ピカレスクな好色悪漢侍は似合わない。何か正義っぽい理由があってわざわざ好色を演じてるように見えてしまう。例えば、泉ピン子が清純派女優である事が成立しないように、映画その物が伊吹吾郎と言う異物を吐き出そうとして、もんどりうって悲鳴を上げてる感じ。伊吹吾郎は前作で忘八若頭みたいな役をこなしていたが、体制に入っている役ならOKなのだ。

『丑三つの村』 公開当時「皆々様方、今に見ていろで御座いますよ」というセリフで、そこそこTVスポットを沸かした津山13人殺しを題材にしたヒット作。ここに出てくる田中美佐子にだったら、人生を狂わされても悔いはない。ちゃんと乳首も見せてくれて大感動。これから4年後『暗号名 黒猫を追え!』で、何であんなにどーでもいい女優になっちゃうんだろう? 全くのついで扱いなんだけど、主演の古尾谷雅人も、イメージまんまの役で好演。

fjk78dead at 23:45│コメ(0)トラバ(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字