2017年06月06日

『BLAME!』をシネ・リーブル池袋1で観て、濃厚なSFの香りが嬉しいぞふじき★★★

172495_2
▲「マスクを取れ」と言われて即座に応じる娘。「パンツを取れ」と言いたい。

五つ星評価で【★★★SFしてていいのだけど、謎がほったらかしなんだよねえ】
「人類が自動生成機能を持つ都市に害虫として駆除される」という設定がたまらない。
確かにこれは今、起きようとしている切実な問題なのだ。
人間と機械との間に明確な上下関係があるうちは大丈夫だった。
車は自分を運転する者に疑念を抱かない。
運転する権利(起動キーを持つ)さえあれば、運転者の資格は問われない。
相手がAIのような物になり、自分に命令を下しているものはいったい何者なのか、
その者の特定とは何を持って行われるのか、を悩みだすとこの映画の世界に近づく。
人間とは何かが失われた時代に繰り広げられる
人間に作られた人間以外を排斥しようとする機械と、人間だった者達の戦い。

人間は設定上駆除対象だから弱い。ビクビクしながら生きている。
そのままだと駆除されて終わってしまうので、冒険者の旅人と
村の深層に隔離されていた魔法使いを付けた。

この旅人と魔法使いの存在が現状を打破しようとする状況に上手く作用して、
物語を面白くしているが、彼等二人自身の存在の謎が解明されないのはマイナス。

でも延々と続くアクションや殺し合いは音楽のかっこよさも合わせてワクワクさせられてしまった。ちなみに3DCGで描かれたキャラクターはどれも似通ってしまい、その「声」だけでなくもう少し各々の個性を際立たせるべきだったと思う。


【銭】
テアトル会員割引+曜日割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
BLAME!@ぴあ映画生活

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

4. 『BLAME!』  [ beatitude ]   2017年06月12日 01:13
過去の“感染”により正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がっていた。そんな都市の片隅でかろうじて生き延びている電基漁師の村
3. BLAME!  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年06月11日 21:43
原作読んでみたくなるなぁ。
2. ブラム BLAME!  [ あーうぃ だにぇっと ]   2017年06月11日 10:38
ブラム BLAME!@一ツ橋ホール
1. 17-174「BLAME! ブラム」(日本)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年06月09日 00:36
私の脳は腕にある  テクノロジーが暴走し、巨大な階層都市が無限に増殖を続ける未来。人類は制御不能となった防衛システム“セーフガード”に“違法居住者”と認識され、その多くが駆除・抹殺されてしまった。  都市の片隅でかろうじて生き延びていた“電基漁師”の村人た

コメントする

名前
URL
 
  絵文字