2017年06月11日

『ローガン』をユナイテッドシネマ豊洲9で観て、定番だふじき★★★

171289_3
▲「老いては子に従え」的なビジュアルに見えるのは私が老いてるから?

五つ星評価で【★★★去りゆく者はいつも美しい】

この映画の中のローガンはただ生きている。
元から「死なない」という属性を持つローガンであるが、
その不死性がプラスに働く事もなく、毎日つまらない日常を送っている。
なんてサラリーマンなローガン。
彼の生活は彼の仲間(師匠みたいな仲)の生活を支える事がその全てになっている。
老人介護の為に、自分の生活全てを使いきってしまうローガン。
何て今の日本的な哀しみに満ちたサラリーマンみたいなローガン。

彼の元へはもう足抜けしたというのに昔のヤクザ関係者が現われて、ヤイノヤイノ叫ぶ。
何て後期高倉健的な人生にいるのか、ローガン。
平穏に暮らしたい彼を誰もほっておいてくれない。
彼はもう老境にいる。
彼の師父代わりが、彼にしてくれたように、
彼も彼の心を誰かに引き継がなければならない時が来ている。

彼は自分から戦いを求める事はない。力強かったが心ないならず者ではなかった。
彼は他人の為に、自分の強烈な痛みを全て無視してずっと戦い続けてきた。
他人の幸福の為に、自分が全ての痛みを引き受ける。それが不器用な彼の生き方だった。
それがいい目に結びつく時も、悪い目を引きよせてしまう時もある。
彼は不死性さえも失ってしまう。
でも、それが何だと言うのか。不死性があろうが、なかろうが彼の痛みに代わりはない。
不死性がなくなる事こそが彼の救いでもあるのだ。
だが、その不死性の減少を止めてでもやらなければいけない事がある。
彼は彼の心を引き継ぐ者達を逃がす為に、別に望まれてもいないのに
最後の命の蝋燭を最大限に燃やそうとする。なんてヒロイズムだ。

かっこいいぞローガン。
かっこいいぞヒュー・ジャックマン。
ヒーローはどれだけ相手に対して殺傷能力を持つかではない。
ヒーローはどれだけやせ我慢をして、他人に幸せを授けられるかだ。
そういう日本人的な英雄観に実によく合う男だった。
だから、かっこいいに決まっているじゃないか。

ヒュー・ジャックマンのかっこよさに拍手し、
パトリック・スチュワート(プロフェッサーX)の病気に戸惑い、
ダフネ・キーン(ローラ)のじゃじゃ馬っぷりを微笑ましく見た。

S的な要望かもしれないが、
もう一つくらい最悪なヴィランを用意してもらいたかった。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜会員割引料金1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
LOGAN/ローガン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
LOGAN/ローガン@映画のブログ
LOGAN/ローガン@ペパーミントの魔術師
LOGAN/ローガン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

11. LOGAN/ローガン  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2017年06月23日 15:42
【LOGAN】 2017/06/01公開 アメリカ 138分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、リチャード・E・グラント、ボイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャント、ダフネ・キーン 少女と刻んだ、最後の爪跡。 STORY:近未来
10. 映画「LOGAN/ローガン(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2017年06月21日 21:32
映画 『LOGAN/ローガン(字幕版)』(公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』と『ウルヴァリン: SAMURAI』、『X-MEN』シリーズは鑑賞済み。原作の『オールドマン・ローガン』
9. 「LOGAN/ローガン」  [ 或る日の出来事 ]   2017年06月19日 07:11
老いて、どう生きるか。
8. LOGAN/ローガン  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年06月17日 11:37
そういう最後を迎えるのか・・・。
7. 『LOGAN/ローガン』(2017)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2017年06月16日 22:31
<X−MENユニバース>はまだまだ続くようですし、水面下では<マーベル・シネマティック・ユニバース>とのコラボも噂されてますが、2000年の「Xーメン」以来全作品(!)でウルヴァリンことローガンことジェームズ・ハウレットを演じ続けてきたヒュー・ジャックマンは
6. LOGAN/ローガン★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年06月14日 20:13
「X-MEN」シリーズの中でヒュー・ジャックマンが17年にわたって演じてきた人気キャラクター“ウルヴァリン”の最後の戦いを描くヒーロー・アクション。治癒能力を失い、老いから逃れられなくなったウルヴァリンことローガンが、絶滅寸前のミュータント唯一の希望となる..
5. LOGAN/ローガン  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2017年06月14日 19:36
評価:★★★★【4点】(11) お爺ちゃんとお父さんと私、三人のハチャメチャロードムービー
4. 映画「LOGAN/ローガン」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2017年06月14日 11:21
2017/6/10、109シネマズ木場、3番スクリーン。 3番スクリーンは、7列(一部8列)88席。 最後列の配置が少し違うだけで、木場で最も小さい4番(86席)とほぼ同じ。 席数が少ないだけあってほぼ満席だった。 なんでこんな狭いスクリーンでやるのか、ウ...
3. 「LOGAN/ローガン」☆VS.老眼  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2017年06月13日 17:09
誰もが心配していた『不死身の再生能力があるウルヴァリンをヒュー様はいつまで演じられるのか?』という問題を逆手に取って、ウルヴァリンことローガンをぐっと年老いさせたという斬新な発想が見事!! しかしほとんどのミュータントも死滅し、チャールズも老衰、ローガン
2. LOGAN/ローガン  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2017年06月12日 11:09
Ost: Logan [CD]2029年。すでにミュータントの大半が死滅し、X-MENの存在は人々から忘れられていた。年老いて、かつてのパワーを失ったウルヴァリンは、衰弱しきったプロフェッサーXことチ ...
1. 『LOGAN/ローガン』 二人の父の物語  [ 映画のブログ ]   2017年06月12日 00:45
 【ネタバレ注意】  ジェームズ・マンゴールド監督の作品にハズレなし。『LOGAN/ローガン』を観て、改めてそれを実感した。  まして本作では、マンゴールド監督が原案も脚本も制作総指揮も手がける八面六臂の大活躍。これまでのスーパーヒーロー物とは一線を画す作品

この記事へのコメント

1. Posted by ナドレック   2017年06月13日 01:30
こんにちは。
前作『ウルヴァリン:SAMURAI』では、矢志田市朗が「本当は死にたいと思ってるんだろう」と云ってローガンの治癒能力を吸い取っていました。今にして思えば、本作と符合する話でしたね。

本作は、ダフネ・キーンという逸材に出会えたことでも貴重な作品だと思います。
2. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年06月13日 17:14
ふじきさん☆
ぐっと人間的なラストでしたね。
今はアフラックがあるからいいけど、不死身な人生も辛いものです。
本物のヒーローはまさに「シェーン」のような者たちなのですね。
本当に最後までカッコよくて見事でした☆
3. Posted by ふじき78   2017年06月13日 23:40
こんちは、ナドレックさん。
もう『ウルヴァリン侍』全く覚えてないっすよ。
意訳して「本当は『死ぬう、死ぬう』と叫びたいと思ってるんだろう」と言いだしたら、エロいっすなあ。
4. Posted by ふじき78   2017年06月13日 23:59
こんちは、まだむさん。

> 本物のヒーローはまさに「シェーン」のような者たちなのですね。

「ジェーンのよう」って、せめてターザンかチーターにって濁点が違うがや。
5. Posted by yukarin   2017年06月23日 15:57
こんにちは。
最後の作品は人間っぽくなってましたね。
ミュータントも老いには勝てないとは...
ラストにXでしめたのもグッときました。
6. Posted by ふじき78   2017年06月23日 23:39
こんちは、yukarinさん。
最後Yでしめたら何だか分からないものなあ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字