2017年05月25日

『くちづけ』『僕らのワンダフルデイズ』を目黒シネマで観て、良いけど悪しふじき★★★,★★★

目黒シネマの「俳優竹中直人特集」で未見2本がカップリングされてたので見ました。

◆『くちづけ』
160621_2
▲うーやんを演じた宅間孝行(左)は舞台版の演出家。

五つ星評価で【★★★貫地谷しほりの熱演が見たかった】
どっちかと言うとこっちを見たくて来た。
貫地谷しほりの熱演が評判が良かったが見逃してしまっていたので。
でも、堤幸彦なのである。そうだ、だから見逃したのだ。

とりあえず貫地谷しほりの凄さを再確認。この人はいい女優になったよなあ。
堤幸彦は舞台のように演劇的に撮るという方法に固執していたようだが、
それは空間を演劇的にしてフィクションの通り道を大きくするような効果もありながら、
映画である事、映画としてのダイナミズムを失ってしまうという当たり前の結果にも
繋がった。それでも、最終的には貫地谷しほりが全てどうにかしてみせた。


◆『僕らのワンダフルデイズ』
五つ星評価で【★★★なかなかいい話なんだけど】
いい話なんだけど主演の竹中直人の余計な演技がうるさい。
他はそのままで主役だけ変えて撮ったのを見たかった。
映画内のイベントが盛り沢山で飽きない。

こっちの映画でも親子をやっている貫地谷しほりの恋人役はAのT(秘密にする)。
今までのどんな映画で言われる親から娘への「あんな奴はダメだ」の最上級。
キャスティング担当偉い。うん、そら、いやだろう。普通の常人だったら必ずいやだよ。


【銭】
目黒シネマ一般入場料金1500円からチラシ割引で100円引いて1400円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
くちづけ@ぴあ映画生活

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 『くちづけ』 エンドクレジットが短すぎる!  [ 映画のブログ ]   2017年05月27日 00:55
 エンドクレジットが短すぎる!  どんなに泣いても今どきの延々と続くクレジットなら場内が明るくなる頃には泣き止むのに、本作はまだ泣いてるうちに映画が終わってしまう。どうりで前回の観客が泣きながら出てきたわけだ。  丸の内TOEIは上映が終了してもしばらく明か
1. くちづけ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年05月26日 17:55
 『くちづけ』を新宿バルト9で見ました。 (1)こういう「感動」を売りにしている映画は、これまでの経験からどうかなとの躊躇いはありましたが、監督が堤幸彦氏なのでまあいいかと映画館に行ってみました(注1)。  ですが、やっぱりこの映画は受け付けませんでした。 ...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2017年05月26日 17:51
今晩は。
貫地谷しほりは、すぐその後も、『偉大なる、しゅららぼん』(2014年)で見ましたが、まさに「この人はいい女優になったよなあ」と思いました(「ふじき74」さんも、同作のエントリで「この人が真ん中にいると誰とも馴染んで、周りのバランスがとてもよい」と述べています)。
また、本作の堤幸彦については、おっしゃるように、「舞台のように演劇的に撮る」と「映画としてのダイナミズムを失ってしまう」ことがわかっていない人だな、と思いました。
2. Posted by ふじき78   2017年05月26日 23:37
こんちは、クマネズミさん。

だよね〜。
貫地谷さんは今年の大河ドラマでまた、難しい役やってるので毎週、楽しみにして見てます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字