2017年05月29日

『イップマン 継承』を新宿武蔵野館1で『美女と野獣(吹替)』『帝一の國』を109シネマズ木場3,6で観て、どれも最強ふじき★★★★★,★★★★,★★★★★

最強3本を忘れる前にレビュー

◆『イップマン継承』
171278_4
▲「この手が、この手がいけないんだあ!」

五つ星評価で【★★★★★不安を瞬殺する傑作】
実の所、映画を褒めるのは照れる。
でも、そんな照れとかもうどうでもよくなるくらい、これは褒めんといかん映画だろう。
前二作と比べると静かな映画である。
映画はイップ・マンが熱狂の中で勝って英雄になる事よりも、
真に正しい勝利を勝ち取る事を選んだ。気高い映画である。

工場に子供を助けに行く百人組手も素敵だが、
タイのキックボクサーから夫人に害をなさないように離れて圧倒するシーンも素敵だ。
タイソンとの一騎打ちもいいが、同門対決も見逃せない。

カンフーカットがアクション映画として優れている事は勿論だが、
そのアクションの中にも、普段の佇まいにもイップ・マンの個性が際立つ。
ドニー・イェンが出ているシーンは全て美しい。
妻役のリン・ホンもやるべき事をやりきった美しさがある。
もちろん好敵手の位置にいる同門の使い手マックス・チャンも良い。

それにしても、この映画がドニー・イェンがあまり若い頃に作られなくて良かった。
年齢を重ねた上での、師匠的な佇まいや達人としての顔、今のドニーだからこそ出せる良さが出ていると思う。

ただね、興行としては充分ペイするくらい入ってるのかもしれないけど、出来ればこれを昔の新宿ミラノ座みたいな殺人的なくらい客が入る大劇場の大スクリーンで見たかった。

PS そう言えば、学校の美人先生と弟子のロマンスみたいなのが
 あるかと思ったら全然進まなかったなあ。


◆『美女と野獣(吹替版)』
168785_2
▲素敵なエマ・ワトソン

五つ星評価で【★★★★キャー、エマ・ワトソン】
大好きなエマ・トンプソン(ポット夫人)も出ているが、まあ、まずは何と言ってもエマ・ワトソンである。かーいーの何の。そして、アニメのベルその物と言うより、アニメよりかーいーのがもうメチャクチャだ。

野獣もアニメ版ではペットぽかったのが獣感マシマシになってて良かった。
獣であるだけでなく、表情が愛を拒絶するかのように孤独な影に覆われている。

あと、ガストンが素晴らしい。
人間が演じる事で、人間のいやらしさが100倍くらいリアルに伝わってくる。
扇動シーンの恐ろしい事よ。

全体のバランスから言ったら、ベルが野獣を好きになるプロセスがちょっと駆け足すぎると思った。あそこはもちっとジックリちゃんとやらんとベルが遺産(=本)目当てで心を動かしてるみたいな流れが強調されてしまう。それはゼロではないのだが、それだけでもないのだから抑えて出力しておきたい。


◆『帝一の國』
171926_1
▲♪若い息子がうっふ〜ん、お色気ありそにうっふ〜ん

五つ星評価で【★★★★★エンドロールという武器】
映画として、物語として、ちゃんと普通に面白いのだが、エンドロールの永野芽郁がダメ出しで素晴らしすぎるので、そこでこの映画の価値が5倍くらい上がっている。
この映画の永野芽郁は凄く抑制されて撮られている。
衣装はレトロなセーラー服だし、滅多にアップにならないし、笑顔が封印されているし、
その抑制が最後の最後でひっくり返されるエンドロールの輝き具合が凄い。
『パズル』の夏帆のエンドロール・ダンスに匹敵する(ベクトルは正逆)。

キャラとしては氷室ローランド・間宮祥太朗が謀略の野村周平の立てた戦略により、王道を踏み外していく様子が「いとあはれ(グレート哀愁)」で目を引かれた。巨神堕ちるみたいなスペクタルには目を奪われる。

ドラマ上の問題点としては戦術の男・千葉雄大があまり戦術を駆使しているようには見えない点があげられる。

PS クマネズミさんのところ(映画的・絵画的・音楽的)に書いたコメントが
 自分らしいと思う。
 僕は、言葉遊びで勝つ。−−−−−勝てんわい!


【銭】
『イップマン継承』:チケット屋で劇場鑑賞が6回可能である武蔵野興行の株主優待券を4500円でGET。うち1回分で鑑賞(4枚目)。
『美女と野獣』:109シネマメンバー感謝デー(毎月19日)で会員1100円。
『帝一の國』:109シネマズデー(毎月10日)で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
イップ・マン 継承@ぴあ映画生活
美女と野獣@ぴあ映画生活
帝一の國@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
イップ・マン 継承@ここなつ映画レビュー
イップ・マン 継承@ノラネコの呑んで観るシネマ
美女と野獣@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
美女と野獣@映画的・絵画的・音楽的
美女と野獣@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
帝一の國@お楽しみはココからだ
帝一の國@だらだら無気力ブログ
帝一の國@beatitude
帝一の國@ペパーミントの魔術師
帝一の國@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
帝一の國@映画的・絵画的・音楽的

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

18. イップ・マン 継承  [ ネタバレ映画館 ]   2017年08月02日 01:03
詠春拳武館をブルース・リーが継承する話ではなかった。
17. 17-135「帝一の國」(日本)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年06月02日 23:32
されど空の深さを知る  800人の天才エリート学生が通う超名門校、海帝高校。その生徒会長を務めた者は、将来の内閣入りが確約されているという。  そんな海帝高校に首席で入学を果たした新1年生の赤場帝一。彼には総理大臣になるという明確な目標があった。つまり、彼...
16. 17-122「イップ・マン 継承」(中国・香港)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年06月02日 23:31
一番大事なのは、そばにいてくれる人だ  1959年、好景気に沸く香港。イップ・マンは最愛の妻ウィンシンと小学生の息子とこの町に暮らし、詠春拳の普及に努めていた。  そんな中、町では裏社会を牛耳る不動産王フランクが、小学校の土地を狙って悪行を重ねていた。イップ...
15. マイムマイムで大逆転。(爆)〜「帝一の國」〜  [ ペバーミントの魔術師 ]   2017年06月02日 10:23
盗聴、賄賂、靴もなめます的な媚、知略、策略の限りをつくして海帝高校の生徒会長になるべく奮闘する高校生のすんげーコメディ。・・・いやコメディだからいいんだけどね。これ政 ...
14. ストーリーがわかってても泣ける。〜「美女と野獣」〜  [ ペバーミントの魔術師 ]   2017年06月02日 10:23
やっぱりミュージカルは苦手だ。なんかこうすんごい大げさになってしまって。といいながら、最終的にはすっかりその世界にのめりこんでるから不思議だ。 実はディズニーの元ネタ ...
13. ショートレビュー「イップ・マン 継承・・・・・評価額1700円」  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2017年05月31日 22:59
誰のために、闘うのか。 中国武術・詠春拳葉問派宗師、葉問(イップ・マン)の活躍を描くシリーズ第三弾。 監督のウィルソン・イップ、脚本のエドモンド・ウォン、音楽の川井憲次ら主なスタッフは続投。 1930年代、日本軍占領下の仏山から始まった物語は、前作で終戦直
12. 『美女と野獣』  [ beatitude ]   2017年05月31日 01:20
ある時、ひとりの美しい王子(ダン・スティーヴンス)が、魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で希望を失いかけていた
11. 『帝一の國』  [ beatitude ]   2017年05月31日 01:19
全国屈指の優秀な学生800人が通う日本一の名門校・海帝高校。4月、新学期を迎え、赤場帝一はある夢を胸にこのエリート校に入学する。彼の夢は、総理大臣になり自分の国を作ること。政財界に強いコネを持つ海帝高校の生徒会長になれば将来の内閣入りが確約されると言われて...
10. 「帝一の國」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2017年05月30日 23:57
2017年・日本/フジテレビジョン=集英社=東宝 配給:東宝 監督:永井 聡 原作:古屋兎丸 脚本:いずみ吉紘 製作:小川晋一、木下暢起、市川 南プロデューサー:若松央樹、村瀬 健、唯野友歩 古屋兎丸
9. 帝一の國  [ 真・天文台 ]   2017年05月30日 23:22
監督:永井聡 脚本:いずみ吉紘
8. 美女と野獣(2017実写版)  [ 真・天文台 ]   2017年05月30日 23:22
監督:ビル・コンドン 脚本:ステファン・チボスキー、エヴァン・スピリオトプロス
7. 「イップ・マン 継承」  [ ここなつ映画レビュー ]   2017年05月30日 12:48
ここ数年で映画でイップ・マンその人を演じてきた人は、私の知っている限りでは、アンソニー・ウォン、トニー・レオン、そしてドニー・イェンである。本作はドニー・イェンがイップ・マンを演じる3作目。当初ドニー・イェンはどうしてもギラギラ感が抜けず(設定された年齢や
6. 「美女と野獣(2017年版)」  [ 或る日の出来事 ]   2017年05月30日 05:57
けっこう重たくない?
5. 帝一の國  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年05月29日 23:22
見所はエンディング!
4. イップ・マン 継承  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年05月29日 23:22
相変わらずドニー兄貴かっけー!
3. 美女と野獣  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2017年05月29日 10:27
美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック [CD]ある城に魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった、一人の美しい王子が住んでいた。魔女が残した一輪のバラの花びらがす ...
2. 帝一の國  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年05月29日 05:19
 『帝一の國』を同じくTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭は、「時は昭和」の字幕。  次に、主人公の赤場帝一(菅田将暉)のモノローグで、「政治とは、流血を伴わない戦争である。僕の夢は、...
1. 美女と野獣(2017)  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年05月29日 05:19
 『美女と野獣』(2017年)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に足を運びました。  本作(注1)の冒頭は、舞踏会のシーン。  ナレーションが「昔、フランスの美しい城に若くてハンサムな王子が住んでいた。望むものはすべて手にした薄情...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2017年05月29日 05:18
お早うございます。
『美女と野獣』については、「ベルが遺産(=本)目当てで心を動かしてるみたいな流れが強調」とあるところ、なにはともあれ、ベルが大好きな戯曲『ロミオとジュリエット』の文章を野獣が諳んじていることにピッと来たのですから、そう見えても仕方がないようにも感じます。
逆に、『帝一の國』の菅田将暉が、学校での成績がトップであるにもかかわらず、「本」を読む姿が見られずに、選挙戦だけに埋没“してるみたいな流れが強調されてしま”っているのは、もちろん「それはゼロではな」く、むしろメインの話であるにしても、決して「それだけでもないのだから抑えて出力しておきたい」という感じがしたところです。
とは言え、この程度では単に「言葉」をアレンジしているに過ぎず、いただいたコメントのように、「言葉」を創造することによって「言葉遊びで勝」とうとされる「ふじき78」さんには、とても勝てるわけがありません。
2. Posted by ふじき78   2017年05月29日 23:10
こんちは、クマネズミさん。
私も自分が好きな少年マンガを語る女子には目がハートになりつつあるのですが、逆に自分の好きな少女マンガを語るオタクには女子はキュンと来てくれなそうだなあ。
1011−92→3150(こんなこと考えてないで本を読め俺)
3. Posted by ここなつ   2017年05月30日 12:53
こんにちは。「イップ・マン」の方に。

本作は、ドニー・イェンが限りなくイップ・マンその人のイメージに近づいた作品になったのではないかと思っています(両者とも実物と話したことないからわからない、といえばわからないのですが)。今回のドニー・イェンは、ギラギラな感じがないけれど、脂がまったくそぎ落とされたかというとそうでもないような。
あの妻を守るタイ人との格闘は良かったのですが、ちょっと悲し過ぎた。そしてタイ人、もっともっと強い奴だったらもっともっと良かったと思います。
4. Posted by ふじき78   2017年05月30日 22:47
こんちは、ここなつさん。
私、「イップ・マン」は1対100みたいな集団戦が来ると、「イップ・マン」らしいなと思いますね。まあ、タイ人もあまり強くし過ぎちゃうとタイソンが浮くのでアレでいいかなあ。

本当のイップ・マン、デブゴンみたいだったら笑うな。
5. Posted by yukarin   2017年06月01日 16:09
野獣さんのままでも良かったような。
人間に戻ってあれ?って 笑

>ベルが遺産(=本)目当て
あっそっかー!! 笑
6. Posted by Ageha   2017年06月02日 10:21
>ベルが遺産目当て。
・・・わ〜知りたくなかった。(;^_^A
ま〜それだけではないように見せてくれてたからまいっか。

つい最近もフランス版?の美女と野獣、
テレビでやってましたけど
野獣のビジュアルだけいうたら断然ディズニー。
・・・で、もとにもどったらがっかり。(コラコラコラ)

ガストン、ほんとやな奴メガ盛でしたね。
あたしゃ〜あのひとが王子だったらよかったのにと
そればっか。(爆)
人は見た目やないっていう肝心のところはまったくもって
わたしには効かなかったですわ。(爆)
7. Posted by ふじき78   2017年06月02日 22:51
こんちは、yukarinさん。
もう一つ意地悪な展開を仕込んで、王子に戻った野獣がガストンそっくりだったらベルは抵抗なく好きになれるのかしら、とかも思いますね。野獣はともかく、家臣は人間に戻してあげないと可哀想だから、魔法が解けるのは大筋賛成なんですけど。
8. Posted by ふじき78   2017年06月02日 23:05
こんちは、Agehaさん。
やな奴メガ盛と言えば、この間、「仁義なき戦い 代理戦争」で見た川谷拓三がマックスだった。一度鉄砲玉を失敗して手首を詰めて以来、度胸がなくなって、他人を鉄砲玉に仕立てて、手柄を横取りにしようとする。で、若者を鉄砲玉に仕立てるのに恩を着せるのに、嫌がる自分の女を殴って従わせて抱かせてやる。うん、サイテーだった。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字