2017年04月16日

『バーフバリ 伝説誕生』を新宿ピカデリー9で、オマケに『ラ、ラ、ランド』をトーホーシネマズ新宿4で観て、インド映画節全開とちょっと器用じゃんふじき★★★★,★★★

171778_2
▲バーフばりばり。
◆『バーフバリ 伝説誕生』
五つ星評価で【★★★★荒い荒い荒井注】
どっかーん ばっこーん ぐわんじゃー みたいな映画。
インド節炸裂が愉快愉快。
ググっと寄ってあからさまな百面相で感情を露わにして
見栄を切る様はインド歌舞伎のよう。
ミュージカルパートが割と現実に即して入っているので、通常のインド映画のように「あ、舞踏パートに入ったな」というスイッチをほぼ気にせずに見れた。この映画のダンスパートと『ラ・ラ・ランド』のダンスパートだったら、後者のダンスパートの方がより作為的で日常から乖離してるのではないか。まあ、あれはそういう飛躍を見せるための映画だから尚更なのだと思うけど。だから、インド映画で歌謡舞踏みたいなパートもちゃんと入っているのに、今までハリウッド映画しか見てこなかった人にもそんなに違和感なく受け止められるのではないかという気がする。

あと、要点だけ言うと、
・話がこれからと言う時に終わる。ぐおおおおおおおおお。
 全編じゃなく前編かよ、おい!
・一週間限定公開はしんどい。ぐおおおおおおおおお。
・攻めてくる黒んぼ軍団が、指輪物語のオークっぽく
 「人間の中で、これでもかと醜い人たちを集めてきた」風なのはちょっと感動する。
 親玉がフォレスト・ウィテカーぽい。
 後編で親玉の息子とかで本当にフォレスト・ウィテカー出てきたら受ける(かも)
・少なくとも『真田十勇士』なんかより、100倍くらい合戦が面白いし、
 合戦での戦略が描かれている。
・インド美女は相変わらず美貌がゴージャスな感じでいいなあ。
・あの戦いに行く前にカーリー神に血をかけていく、
 あのカーリー神がかっけーなー。
・エンドロールの手前でエンドテーマが終わってしまう映画、久々に見た。

こんなだろうか。
はよ、後編みたい。
まあ、ピカデリーさんは『RWBY』とかも、
ちゃんと3作公開したから、そのうち上映してくれると思うけど。
171778_8
▲野性的かつキュート。


◆『ラ・ラ・ランド』
170115_11
▲ここ、ここ。
五つ星評価で【★★軽く語ろう】
・エマ・ストーンがスカートの裾を掴んで行進するように踊るシーンがステキ過ぎ。
・ラ・ラ・ソープランドだったらステキだ。
・ラ・ラ・ラドンでもステキだ。
・アカデミーの作品賞でなくて、監督賞と言うのは至極妥当な評価。
・ゴズリングが本当のジャズではなく、歌謡シャズみたいなコンサートを開きながら
 いやいや生活を凌ぐみたいな描写が出てくるが、金を貰っているのなら
 ジャンルに関わらず全力で立ち向かえよと思う。自分に取っての好き嫌いはともかく
 「そんなにジャズが偉いのかよ!」と思わずにはいられない。


【銭】
『バーフバリ 伝説誕生』:前回有料入場割引+ネット割引で600円減の1200円。
『ラ・ラ・ランド』:東宝シネマズの鑑賞ポイントを6ポイント使って無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
バーフバリ 伝説誕生@ぴあ映画生活
ラ・ラ・ランド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ラ・ラ・ランド@映画的・絵画的・音楽的

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

9. 17-137「ラ・ラ・ランド」(アメリカ)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年05月04日 11:46
どうか乾杯を、夢追い人に  夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。女優志望のミアは映画スタジオのカフェで働きながら、いくつものオーディションを受ける日々。なかなか役がもらえず意気消沈する彼女は、場末のバーから流れてくるピアノの音色に心惹かれる。  弾いてい...
8. ラ・ラ・ランド ★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年05月01日 14:02
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』...
7. バーフバリ 伝説誕生★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年05月01日 14:01
「マッキー」のS・S・ラージャマウリ監督が伝説の戦士バーフバリの数奇な運命をVFXを駆使した迫力の映像で描く歴史アドベンチャー大作。本作は2部作の前編。本国インドでは歴代興行記録を塗り替える大ヒットとなった。 あらすじ:胸に赤ん坊を抱いた老女が大勢の兵士
6. 17-118「バーフバリ 伝説誕生」(インド)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年04月30日 19:01
10人の敵を殺せば英雄、1人の命を救えば神  赤ん坊を抱えた高貴な女性が大勢の兵士に追い詰められ、大滝に身を投げるも、自らの命と引き換えに赤ん坊を救う。村人に拾われた赤ん坊はシヴドゥと名付けられ、たくましく成長する。  シヴドゥは滝の上の世界に興味を持ち...
5. ラ・ラ・ランド  [ 象のロケット ]   2017年04月24日 06:46
夢追い人が集まる街アメリカ・ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指しているが、オーディションに落ちてばかりだった。 ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾く青年セブことセバスチャンと出会う。 彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思
4. バーフバリ 伝説誕生  [ 象のロケット ]   2017年04月24日 06:45
兵士に追われ命を落とした女性が守り抜いた赤ん坊は、シヴドゥと名付けられ村人に育てられた。 青年となったシヴドゥは、美しい女戦士アヴァンティカと出会い恋に落ちる。 彼女の一族は暴君バラーラデーヴァが統治する王国と戦っていた。 自ら戦士となり王国へと乗り込ん
3. 「ラ・ラ・ランド」  [ ここなつ映画レビュー ]   2017年04月20日 17:49
素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はかなり斜に構えていた。元々ミュージカルに親和性がない上、ラブストーリーオンリーはあまり好み
2. 「ラ・ラ・ランド」(1回目)  [ 或る日の出来事 ]   2017年04月17日 09:31
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
1. ラ・ラ・ランド  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年04月16日 05:17
 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されていた作品賞からは外れてしまいましたが)。  本作(注1)の冒頭では、ロサンゼルスのハイ...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2017年04月16日 05:23
お早うございます。
おっしゃるように、『ラ・ラ・ランド』のゴスリングに対し「そんなに(お前の演っている)ジャズが偉いのかよ!」と言いたくなるとはいえ、モット偉いのが「クラシック音楽(なかでもクラシック・ギター曲!?)」であり、でも、影響力絶大でもっとずっと偉いのは、もしかしたら高峰秀子が歌った『銀座カンカン娘』かもしれず、さらに言えば、その映画に出演している笠置シヅ子の『東京ブギウギ』なのでしょう?!と言って、「ブギ」は、あるいは「ジャズ」の一種かもしれませんが!

それにしても、見たいと思っていた『バーフバリ 伝説誕生』が、新宿ピカデリーでは1週間で終わっていて、残るは「MOVIX昭島」ですが、そんな遠くまで行けるものではありません(おまけに20:30からの回だけですし)!
2. Posted by ふじき78   2017年04月16日 21:20
こんちは、クマネズミさん。
クラシック・ギターが一番と言うとラルフ・マッチオの『クロスロード』とか思いだしますね。まあ、でも、ほんま、音楽に捧げる汗に貴賤はないと思うっすよ。ゴズリングくんも若い時、ジャズ・スポットじゃなく地下アイドルのライブに行ってれば、オタウチとかに真剣に感動したんじゃないかと思うし(まあ、そんな『ラ・ラ・ランド』は全世界的に求められないだろうけど)。
『バーフバリ』一週限定はヒドイ仕打ちですよね。関東では他に神奈川の小田原。これもレイト枠。時間置いてからインド映画率の高いキネカ大森辺りでかかるんじゃないかと思っているんですが。
3. Posted by ボー   2017年04月18日 09:08
5 バッフンだ!
あ、ちがうほうの映画だ、それ。
ボリウッドものは、見てて楽しいのだけど、わざわざ見なくて。
あ、「ララランド」の話のはずがマーティン・ランドーになりそうなので、さようなら。
4. Posted by ふじき78   2017年04月19日 03:16
こんちは、ボーさん。
「バーフバリ」も機会があったら見てちょ。

「バーフバリ」って「ふ抜け」の「バーバリ」だな。
5. Posted by ここなつ   2017年04月20日 17:45
こんにちは。
>自分に取っての好き嫌いはともかく
「そんなにジャズが偉いのかよ!」と思わずにはいられない。
って、すっごーくよくわかるし共感多々ですが、
まあ、そういう感じが傾向としてありますよね、夢を追いかける不労所得者の男(=ダメ男)というものは。
6. Posted by ふじき78   2017年04月21日 22:54
こんちは、ここなつさん。
「そんなにジャズが偉いのかよ!」は私の本音で、私あんまりジャズがどうとは思えないのですね。セッションとかライブの直中にいればそれはジャズの凄みを感じないでもないでしょうけど、それでも、それはジャズだからじゃなく、どんなジャンルでも同じじゃないかなと思うんです。あーなんか「かっこいい音楽」みたいな立ち位置がイライラする。アニソンとかアイドルソングとかヒエラルキー最下層にいたからなあ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字