2017年04月03日

『暗黒女子』を渋谷TOEI△粘僂董▲殴薀殴藺臻足ふじき★★★★(ネタバレなしだけど、匂わせる部分はあり)

171282_3
▲このスイーツを全部たいらげる胃袋の貪欲さが暗黒女子だったりして。

五つ星評価で【★★★★いいな、女子が】
「暗黒(ankoku)」と耳で聞くと、今でも思いだすのがアニメの「一休さん」。
一休さんの暮らしている寺が「暗黒寺」だったのだ。
耳だけで聞いて凄い寺だと思ったが、後から「安国寺」と知った。
なので、この物語も「安国女子」だったりするかもしれない。
未来において良妻賢母となる女子は家庭や子供引いては国を守るため、
内なる敵を打ち滅ぼしてもかまわん、そんな気高い気構えの女子たちであろうとする。

よきかな、よきかな。
6名の女子が全く何の混同もなしにちゃんと見れるのは
キャスティングとスタイリング、メイクの腕前がいいのだろう。
あと、脚本とプロデューサーの力量が多分、半端ない。
彼女たち一人一人かちゃんとキャラが立ってカケラも混同しないよう気を配られている。

女子6人はまず主催者側と茶席に呼ばれたゲストに分けられる。
飯豊まりえ:主催者、太陽の女神。
清水富美加:副主催者、月の女神。本当に惜しい人を亡くしました。

ゲスト
玉城ティナ:留学生。ボブ。ブルガリア人なんて設定で来るとは思わなかった。
平佑奈:特待生の貧乏人。新入生、硬い。従順。眼鏡。あの落差には笑った。
清野菜名:女子高生作家。社交的でフランク。ショートカット。
小島梨里杏:スイーツ女子。小型犬みたいな小動物感。ツインテール。

6人に制服の落差はない。
やられがちなタイツ、紺ソク、白ソックスみたいな脚分けもない。
一度に複数人の登場人物を出して混乱させないというルールが厳格に適用されている。
ゲストサイドの四人それぞれが自分の描いた小説を朗読の形で読み上げるが、
その際には出てくる登場人物は主催者と自分とプラスアルファ一人。
香港のリンゴ・ラムみたいに一度に大量に登場人物を全出ししたりはしないのだ。
この徹底したやり方のおかげで、
ゲスト4人はそれぞれ自分の美点アピールと他者からの欠点ディスを4回ずつ浴びる。
こんなに分かりやすいキャラ立てはない。
彼女たちは太陽を賛美し、輝きを失った太陽の代わりに夜を支配する月に断罪される。
まるで太陽が撒いた種から、夜が終わりを迎える最後に狂い花を咲かせる光景のようだ。
4人のゲストが部屋の備品のようになり、
踏みつぶされ、馴染んで、大地を潤す肥料になった時、新しくまた種が求められる。
実はその新しい彼女こそが、その部屋の原罪があった時代を知らない唯一の者なので
収穫者を隠しながら近づいてくる簒奪者をも無化する、そんな可能性を秘めている。

と言うのは甘い夢か。

構成がエラリー・クィーンの短編推理小説『黒後家蜘蛛の会』のゴージャス・バージョンみたいだったのでニコニコしてしまった。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
暗黒女子@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
暗黒女子@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

8. 17-101「暗黒女子」(日本)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年04月25日 01:39
鈴蘭が、犯人が誰かを示してくれる  セレブなお嬢様ばかりが通う名門女子高、聖母マリア女子高等学院。  ある日、カリスマ的人望を集めた女生徒・白石いつみが謎の死を遂げる。  いつみが会長を務めていた文学部サークルの部員に疑いの目が向けられる中、いつみの親友...
7. 暗黒女子  [ 象のロケット ]   2017年04月24日 08:08
聖母マリア女子高等学院経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった3年生・白石いつみが、校舎の屋上から落下し死亡する。 いつみが主宰していた文学サークルを、いつみの親友・澄川小百合が引き継ぎ、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催することに。 今回のテーマは、「
6. 「暗黒女子」  [ 或る日の出来事 ]   2017年04月19日 09:43
「あんこ食う女子」
5. 『暗黒女子』(2017)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2017年04月16日 19:20
裕福な家庭の子女が集う聖母マリア女子高等学院。その経営者の娘にして全校生徒の憧れの的だった白石いつみ(飯豊まりえ)が、不可解な死を遂げた。やがて彼女が主催していた文学サークルのメンバーの誰かが、彼女を殺したのだという噂が飛び交うようになる。いつみの親友で
4. 暗黒女子  [ 花ごよみ ]   2017年04月16日 00:07
原作は秋吉理香子作の同名小説。 本は既に読んでいます。 清水富美加と飯豊まりえの ダブル主演で映画化。 岡田麿里の脚本。 監督は耶雲哉治。 聖母マリア女子高等学院の経営者の娘で 全校あこがれの的の 文学サークル前会長、 白石いつみの転落死。 彼女の手に残...
3. 暗黒女子★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年04月13日 14:34
秋吉理香子の同名ミステリー小説を、NHK連続テレビ小説「まれ」の清水富美加と「MARS ただ、君を愛してる」の飯豊まりえのダブル主演で実写映画化。聖母マリア女子高等学院で、経営者の娘にして全校生徒の憧れの存在である白石いつみが、校舎の屋上から謎の転落死を遂げた。
「暗黒女子」は1人の少女の自殺を巡り残された5人の女子が小説の推理から犯人を捜していくストーリーである。映画そのものは暗黒なものとなってしまったが、映画は映画として確 ...
1. [映画『暗黒女子』を観た(舞台挨拶付き)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2017年04月03日 06:05
☆・・・舞台挨拶付きで行ってきました^^ 映画自体は面白く、最初からハイテンションで進み、名門ミッション系女子高校と言う、やや使い古された、ツッコミどころも多いだろう設定に戸惑うこともなく進む。 メインの少女たち6人は、いざ、物語が始まると、どの子も魅力

この記事へのコメント

1. Posted by ボー   2017年04月19日 09:57
スイーツ女子か。和菓子なら、あんこ食う女子も時々。
うん、形式的な構築は、きっちりしているかもしれません。
2. Posted by ふじき78   2017年04月19日 23:15
こんちは、ボーさん。
スイーツ女子より水中女子の方がいいかもしんない(根拠なし)。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字