2017年03月26日

『ひるね姫』をUCT11で観て、あんたらで補えという部分がちょっと雑じゃない?ふじき★★

170271_8
▲この主人公のキャラが好きくない。

五つ星評価で【★★つまんなくはないが、もっとカッチリ、キッチリ作れただろう。あえて、その線を外してるように見えるけど、そのあえて外す理由が良く分からない】
まず、いたずら書きみたいな主人公のキャラが嫌い。野郎のキャラはいいんだけど、主人公だけ可愛くも美しくもなく世界から浮いている。

そして、夢と現実のリンクが意図的にだろうけど、雑に接合されている事がイヤだ。
接合が雑であるのに、リアルと夢が一目で違いが分かるのはご都合主義だろう。
夢と現実は二進数のように0と1で境界線がはっきりしている表裏一体のように描かれているが、私は夢をリアルと地続きに感じた事はあるが、裏表に感じた事はない。ひょっとすると監督はそう感じた事があるのかもしれないが、おそらくそれはあまり一般的ではないだろう(他人の事は分からないから強く断言しかねる)。夢でも現実でも同じ主観が世界を認知するのだから、一見して現実ではないと分かるような変な世界は夢で見ないと思う。夢を見てる中で徐々に「夢」と自覚する事はあるが、最初から「夢」と思って見ている夢はないと思うのだ。
なので、ココネが見る夢は物語としてはいいけど、何の説明もなしに、ココネがユニークであるとも言わずに、あれが一般的な夢であると言うのは納得しづらい。製作者は彼女が「ひるね姫」である理由を何で説明しなかったんだろう? 謎だ。

非プロ声優が充てている声もあるが、基本的に皆さんお達者でダメという風に感じた人は一人もいなかった。演出側がしっかり演技をさせたという事かもしれない。
主演の高畑充希も伸び伸びといつもと同じ声を出していたけど、一回コッキリなら別にこれで構わんでしょ。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜メンバー割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 「蛭姫」だったらダメだな。
PS2 エンドロールの物語の方が面白そうじゃない?

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

7. 17-149「ひるね姫 知らないワタシの物語」(日本)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年05月14日 21:56
心根ひとつで、熱も下がる  2020年、岡山県倉敷市。平凡な女子高生の森川ココネは、無口で無愛想な父親と二人暮らしをしている。  昼寝をすることだけが得意なココネは、居眠りをしては怒られてばかりの毎日。そんな彼女は最近、ある不思議な夢を繰り返し見るようになっ...
6. 『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』  [ beatitude ]   2017年03月31日 00:52
岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は、ついつい居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと…考えなければいけないことがたくさんある彼女は
5. ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年03月28日 20:08
ちょっと分かりづらいかな。
4. ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜  [ あーうぃ だにぇっと ]   2017年03月27日 06:11
ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜@よみうりホール
3. ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2017年03月26日 20:02
監督:神山健治 出演:高畑充希、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、前野朋哉、清水理沙、高橋英樹、江口洋介 【解説】 『攻殻機動隊』『東のエデン』シリーズなどの神山健治監督が手掛けたアニメーション。岡山県倉敷市児島を舞台に、瀬戸大橋のたもとののどか...
2. ひるね姫 知らないワタシの物語  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2017年03月26日 16:14
ひるね姫 オリジナルサウンドトラック [CD]岡山県倉敷市で父親と二人で暮らす高校生の森川ココネは、最近、一日中眠気に襲われ、どこでもウトウトしてしまう。しかも同じ夢ばかり見 ...
1. ひるね姫 知らないワタシの物語★★★・5  [ パピとママ映画のblog ]   2017年03月26日 14:33
「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」の神山健治監督によるオリジナルの長編劇場アニメーション。東京でオリンピックが開催される2020年、岡山県を舞台に、居眠りばかりしている女子高生・森川ココネが、いつも見る不思議な夢を通して家族の秘密に迫っていく姿を描く。 あ...

この記事へのコメント

1. Posted by タケヤ   2017年03月26日 20:02
ふじきさん、ココネのこの感じあんま好きじゃないんだ?僕はどっちも感じなかったかな?(可愛いとかそうじゃないとか)

岡山在住の僕にはそれだけで贔屓目。
(元々の地元じゃあありませんが)

物語がすっきりしないというのはある意味皆さん共通でしょうね(笑)
2. Posted by ふじき78   2017年03月26日 23:16
こんちは、タケヤさん。
物語はスッキリしていないなあ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字