2017年03月05日

『トリプルX:再起動』をトーホーシネマズみゆき座で観て、洋画らしい洋画ともかくスッキリふじき★★★★

170943_3
▲佐々木希のブラみたいなカットだなあ。

五つ星評価で【★★★★洋画らしいほんまに洋画らしい】
拳銃バンバン撃って、世界の危機がドンドン来て、美女がうふんうふんクネクネで、
洋画はかくあるべきという一本。こーゆーのに大入りしてもらいたい。
っつか、劇場に行ってでっかいスカラ座でかかると思ってたら、
こじんまりなみゆき座だったので、ちょっと凹んだ
(興行的にはララランドには勝てんからしょうがないが)。

再び呼び戻されたエージェント、ヴィン・ディーゼルと
謎の男ドニー・イェンの二枚看板になったのが映画としては大成功。
ヴィン・ディーゼルは嫌いじゃないけど、
随所にドニー・イェンのアクションがカッティングされる事で、
実に贅沢なアクション映画になった。
高速道路の追いかけっことかドニー様の『カンフー・ジャングル』みたいで燃えた。
いやいや、『カンフー・ジャングル』の、あのカットないから、
あっちの方がすげー、でも、まんまやらないよな。
しかし似てるんで、未見の人は『カンフー・ジャングル』もチェックしてほしい。

170943_2
▲なかなかいいスリー・ショット。

拳銃美女二人(連動アクションがかっけー)と
科学者ちゃんと情報屋ちゃん、美女づくしでええわあ。
科学者ちゃんは喋り続けのドジッコ属性みたいなのがちょっとウザい。

チーム戦的にはこれに若い兄ちゃん達とでかい男達が付く。
こんなところにトニー・ジャー。もちっと目立っても良さそうなもんなのに。
野郎4人はまあ、いい箸休めみたいなもんだな。

そしてトニ・コレット。
この人、なんか直前で観たなと思ったら『マイ・ベスト・フレンド』
ドリュー・バリモアの癌になる友達だ。まあ、当たり前だけど健康体で憎たらしい。
久々にいなくなってスッキリ溜飲下がるっていい悪役でした。

ダイヤル9の秘密はよいなあ。


【銭】
チケット屋で額面1400円のムビチケを1400円でGET。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
トリプルX:再起動@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
トリプルX:再起動@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
トリプルX:再起動@徒然なるままに
トリプルX:再起動@だらだら無気力ブログ
トリプルX:再起動@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

まず冒頭でビックリ! 某有名サッカー選手が新トリプルX に勧誘されている。 その選手とは、所属メジャーチームの助監督コーチから説教を受けたばかり。 その説教は「このままだと、ロナウジーニョになっちゃうぞ!」 どうも本人はこの発言で不機嫌だったそう...
7. トリプルX:再起動  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2017年03月15日 14:46
【XXX: THE RETURN OF XANDER CAGE】 2017/02/24公開 アメリカ 107分監督:D・J・カルーソー出演:ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカー・パードゥコーン、クリス・ウー、ルビー・ローズ、トニー・ジャー、ニーナ・ドブレフ、トニ・コレット、サミュエル・L
6. 「トリプルX:再起動」  [ ここなつ映画レビュー ]   2017年03月10日 13:14
12年ぶりの「トリプルX」シリーズなのだそうだ。この人が出るならどんな端役であってもとりあえず劇場に足を運ばずにはいられない俳優がいたとして、私にとってそれは正にヴィン・ディーゼルとドニー・イェンなのである。そして彼らが端役である事は近年まずあり得ないから、
5. トリプルX 再起動  [ 象のロケット ]   2017年03月10日 08:43
NSA国家安全保障局から、地球を回っている3万基の人工衛星を自由に操ることができる特殊装置“パンドラの箱”が奪われた。 犯人は抜群の身体能力を誇る謎の武装集団。 NSAの特殊工作部門“トリプルX”に復帰したザンダー・ケイジは、女スナイパーのアデル、スタント・ドラ
4. 『トリプルX 再起動』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2017年03月09日 19:06
□作品オフィシャルサイト 「トリプルX 再起動」 □監督 D・J・カルーソ□脚本 F・スコット・フレイジャー□キャスト ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカー・パードゥコーン、      クリス・ウー、ルビー・ローズ■鑑賞日 2月26日(日)■劇 
3. トリプルX:再起動  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年03月05日 20:26
なんだか既視感一杯の映画。
2. トリプルX:再起動  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2017年03月05日 11:39
トリプルX:再起動 [CD]エクストリーム・スポーツ界のカリスマ、ザンダー・ケイジは、世間から身を隠して生きていたが、再び政府の極秘エージェントとして呼び戻される。今回の任務は ...
1. 『トリプルX/再起動』(2017)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2017年03月05日 08:21
「トリプルX」、「トリプルX/ネクスト・レベル」に続くシリーズ第3弾。主演にヴィン・ディーゼルがカムバック。半ばリブートに近い新作かと思っていたら、きちんと3作目になっているのには驚いた。3作連続出演しているのはギボンズ役のサミュエル・L・ジャクソンのみ

この記事へのコメント

1. Posted by ここなつ   2017年03月10日 13:23
こんにちは。
そうでした、そうでした。「いなくなってすっきり溜飲下がる悪役」の存在は良かったのでした。部下はバカばっかりでしたけど。
ヴィン・ディーゼルとドニー・イェンの共演は、両者共に好きな私にとって、ほんにほんに楽しかったです。

そういえば、1年前に同じ「Xスポーツ」を元題材にした「Xミッション」という作品がありましたが、あの駄作および感じた脱力感は半端無かったな…
2. Posted by ふじき78   2017年03月11日 00:43
こんちは、ここなつさん。
トニ・コレットはちょっと見事な立ち位置でした。ヴィン・ディーゼルと初顔合わせの時から、ちょっとずつイヤなキャラだなというのを緻密に積み上げているのですよね。

「Xミッション」はみいひんかったなあ(評判悪くて行く気失せてしまった)。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字