2017年02月27日

『世界一キライなあなたに』『マイ・ベスト・フレンド』をギンレイホールで観て、キャラを立てて殺せふじき★★,★★

身近な病人が死ぬ映画二本立て。

◆『世界一キライなあなたに』
169481_1
▲王子と家来

五つ星評価で【★★あー死んだ死んだ】
自ら死期を決めた首から下が動かないイケメンとお手伝い女の擬似ラブストーリー。
イケメンに同情をするのはやぶさかではないが、感情移入は出来ない。
誰だってあんな目に会いたいとは思わないが、
そんな目に会う事がどんな目であるのかが、彼によってしっかり訴えられていない。
彼のツラさは「そらツラいだろう」という状況証拠からしか心情を類推できない。

お手伝い女は貧乏で、すましてると水原希子っぽい美人なのだが、
感情表現過多でいつも顔をグチャグチャにしてしまい、なかなか不快な顔だと思う。
美人は笑顔も美人じゃないと台無しになってしまうのである。


◆『マイ・ベスト・フレンド』
169729_1
▲狸と狐

五つ星評価で【★★こっちも死んだ死んだ】

ドリュー・バリモア(狸女)とトニ・コレット(狐女)の友情物語。
これでもかとばかりにキャラを盛ってから、的確に殺す手腕は見事。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
世界一キライなあなたに@ぴあ映画生活
マイ・ベスト・フレンド@ぴあ映画生活

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字