2017年02月01日

『本能寺ホテル』を109シネマズ木場4で観て、胸と足首と心根を評価したいふじき★★★

170757_2
▲綾瀬はるかの乳の何とごつい事よ。

五つ星評価で【★★★映画自体は面白いと明白に断言しづらい。この星三つはあくまで綾瀬はるかの胸と足首と心根に対しての評価であります】

映画としてはゆるすぎる。
こんな適当ではダメだ。
でも、綾瀬はるかがかーいーからOKなのだ。
つまり、これは単に綾瀬はるかのアイドル映画である。
大掛かりなアイドル映画だなあ。

現代のホテルと戦国時代の本能寺がタイムトンネル的に繋がっている事から発生する小コメディーなのだが、何故、繋がっているか、どうやったら繋がるか等はハナハダ適当にボカされている。まるで、それを探る事が「いけず」であるかのように。その謎を一手に担う風間杜夫は謎を把握してるようでもあり、謎から一歩下がって触れないようにしてるようでもあり、はたまた謎を全く知らないようでもあり、どうでも取れるように演じている。丸くなったね、銀ちゃん。そう言えば『蒲田行進曲』の銀ちゃんって信長みたいな役だ。ともかく、謎にまつわる設定が適当なのである。別に適当でも見れてしまうのであるが、納得がしづらい。それに、常時、あの日の本能寺に接している訳でもなく、ワンタイム・ワンチャンスしかこの物語が成り立たないというのも「そんなん都合良すぎるやろ」という嘘のバリバリ感を高めている。戦国時代の武将と綾瀬はるかのトンチンカンな会話とかも面白いのだけど、やり取りが通じすぎてしまう点もリアリティーを押し下げている。どんな時代劇でも多少そういうキライはあるのだが、戦国時代の武将が戦国時代の武将を演じている役者が集まっているように感じさせられてしまうのだ。にも関わらず、堤真一のお館様と部下の交流などでジーンとさせられたりもするけど、でもね、それで全て押し流されるほど全体の「嘘っぽさ」が弱くない。この辺を御座なりにしているので、嘘でもグッとくる物語には至らず、嘘だからグッと来そうだけどちょっと冷静な頭が「待て待て」とストップをかける物語に落ち着いてしまった。

話の中核は、戦国時代の堤真一演じる織田信長と濱田岳演じる森蘭丸、現代で婚約者の父・近藤正臣と出会う事により、綾瀬はるかがその流され人生に杭を刺して、新たな人生を模索すると言う物なのだが、そこから導き出される最終的な着地点が再就職のリクルート先変更と言うのはムチャクチャ弱い。そんな事の為に「本能寺の変」が利用されのか! この着地点はもうちょっと真剣に考えるべきだったろう。

いやまあ、でも、苦言を呈している話は本当はそこそこどうでもよくて、綾瀬はるかが可愛いからこの映画はそこそここれでいいのである。逆に言えば、この映画はその綾瀬はるかの可愛さに甘えている。素の綾瀬はるかの性格の良さと天然(は疑いがないのを前提とする)を観客が知っているからこそ、話が適当であるにも関わらず、押し通して見れてしまえるのだ。これが綾瀬はるかでなかったら「純粋で真っ白だけど、もう流されるままの少女では済まなくなりつつある女性」ではなく「小学生のように考えなしに行動する頭の悪いバカ女」になってしまうだろう。物語の雑さを綾瀬はるかのメンタリティーが救っているのだ。

そして、綾瀬はるかの胸が大きい事よ。
大きすぎる胸の割に足首が締まっていて、くるぶしのアップが美しい事よ。
そして、これでもかとメンタルが天使っぽい事よ。
綾瀬はるかありきの企画だよなあ。

ところでね、風間杜夫はやっぱり綾瀬はるかが戦国時代に行ってるらしい事は気づいてるんだろうから、それなら靴代くらいはサービスすべきだと思うな。それと、客を不安なままにしてほっておくのはサービス業として失格だろう。


【銭】
109シネマズの火曜メンバー割引を使って1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
本能寺ホテル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
本能寺ホテル@映画的・絵画的・音楽的
本能寺ホテル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
本能寺ホテル@だらだら無気力ブログ
本能寺ホテル@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
本能寺ホテル@ペパーミントの魔術師

PS 『本能寺ラブホテル』の製作が待たれる。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

13. 本能寺ホテル  [ 象のロケット ]   2017年03月10日 09:26
倉本繭子は婚約者の両親に会うため、彼の故郷・京都を訪れる。 通りすがりの「本能寺ホテル」にチェック・インするが、エレベーターを降りると、なぜかそこは400年前の本能寺! 天下統一を目前にした織田信長が森蘭丸ら少数の家臣団と共に滞在している。 そしてその日は、
12. 映画「本能寺ホテル」  [ FREE TIME ]   2017年02月19日 22:55
映画「本能寺ホテル」を鑑賞しました。
11. 本能寺ホテル  [ C’est joli ここちいい毎日を♪ ]   2017年02月15日 20:49
本能寺ホテル '17:日本 ◆監督:鈴木雅之「HERO」「プリンセス トヨトミ」 ◆主演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、風間杜夫、高嶋政宏、近藤正臣 ◆STORY◆何の疑いもなく流れに任せながら日々を過ごしてきた倉本繭子(綾瀬はるか)。勤めていた会社が倒産し、あて
10. 織田信長のいいひと感はんぱない。(爆)〜「本能寺ホテル」〜  [ ペバーミントの魔術師 ]   2017年02月14日 01:37
綾瀬はるか×堤真一といえば、プリンセストヨトミ。役柄は違うんだけども、かもしだす雰囲気がどことなく似てませんでしたか?綾瀬はるかって黙ってるとすんごくきっちりしたしっ ...
9. 本能寺ホテル  [ 花ごよみ ]   2017年02月12日 22:11
監督は鈴木雅之 綾瀬はるか、堤真一、濱田岳等が出演。 信長は堤真一、 森蘭丸には濱田岳。 会社が倒産し解雇。 なんの目的も持たない主人公である 繭子(綾瀬はるか)。 彼女は恋人からプロポーズされ 結婚しょうとする。 恋人の両親の金婚式を祝うため 京都へ向かっ...
8. 本能寺ホテル  [ 勝手に映画評 ]   2017年02月12日 16:36
ネタバレあり。 主演の綾瀬はるか。女性の年齢を言うのはアレですが、三十路を迎えても、いい演技しています。結婚を迷っている女性。年相応の役ですしね。でも彼女、不思議ですよね。演技ではきちんとしているのに、何故、ボケボケの不思議ちゃん扱いなのか(失礼) 本能...
7. 「本能寺ホテル」本能寺前日にタイムスリップした先にみた信長の運命に逆らわない先見の明  [ オールマイティにコメンテート ]   2017年02月11日 10:38
「本能寺ホテル」は本能寺のあった場所のホテルを舞台に婚約者の両親と挨拶のために訪れた女性がひょんな事から本能寺前日にタイムスリップしてしまいそこで本能寺の歴史を目撃し ...
6. 本能寺ホテル  監督/鈴木 雅之  [ 西京極 紫の館 ]   2017年02月09日 23:23
【出演】  綾瀬 はるか  堤 真一  濱田 岳  風間 杜夫 【ストーリー】 倉本繭子は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一にプロポーズされ、恭一の両親の住む京都へ向かう。京都に着いた繭子は、路地裏にある“本能寺ホテル”に導かれ、気が付けば1582年の本能寺にいた。繭..
5. 本能寺ホテル  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年02月02日 00:24
個人的には薄味でイマイチ。
4. 本能寺ホテル  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2017年02月01日 23:31
映画「本能寺ホテル」オリジナル・サウンドトラック [CD]流れに身を任せて生きてきたOL繭子は、会社の倒産をきっかけに恋人の恭一と結婚することになり、彼の実家の京都へと向かう。 ...
3. 本能寺ホテル  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年02月01日 18:53
 『本能寺ホテル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、ビスマルクの言葉「愚者は経験から学ぶ。賢者は歴史から学ぶ」が字幕で映し出され、次いで、明智光秀(高嶋政宏)が刀を挙げて進み、
2. 本能寺ホテル  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2017年02月01日 17:14
2017/01/14公開 日本 120分監督:鈴木雅之出演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫 私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった STORY:倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一(平山浩行)にプロポーズさ
1. 本能寺ホテル ★★★・5  [ パピとママ映画のblog ]   2017年02月01日 17:03
「プリンセス トヨトミ」の鈴木雅之監督と綾瀬はるか、堤真一が再びタッグを組んで贈る歴史エンタテインメント。ひょんなことから戦国時代に迷い込んだ現代人の女性が、織田信長と心を通わせ、“本能寺の変”を回避しようと奔走するさまを描く。共演は濱田岳、風間杜夫ほか..

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   2017年02月01日 17:17
ほかの人が演じたらダメーってなるけど
綾瀬はるかが演じるとOKというのもある意味すごいですね。
で、つい胸に目がいってしまいます 笑
2. Posted by クマネズミ   2017年02月01日 18:53
今晩は。
本作のエンドローに登場する「ホテル本能寺」については、そのHPを見ると、「平成29年(2017年)11月18日をもちまして営業を一時中断し、解体・建設工事を執り行います」とあります。あるいはその際に、天正10年6月1日にタイムスリップできるエレベーターが取り付けられるかもしれませんし、ひょっとして別館として「ラブホテル本能寺」も合わせて作られるかもしれません!監視を怠らないようにしてください。
3. Posted by ふじき78   2017年02月01日 22:21
こんちは、yukarinさん。
胸が本当に立体的にごつくって重そうなんです。『秘密』で生田くんがタートルネック着用で防弾チョッキって設定でしたが、綾瀬はるかの胸の方が効果が……いやいやいやいや、それはないか。防御はともかく攻撃用としては優れてるかもしれん(どんな攻撃だよ)。
4. Posted by ふじき78   2017年02月01日 22:25
こんちは、クマネズミさん。
フロントおよびそれ以外も全く人を見た記憶が残っていないので全て風間杜夫さん一人でやってるんだと思うんですよ。ラブホテルまで併設したら、どう考えても一人ではこなせません(案外エレベーター使って天正の人間を見えない所で雇用してたりして)。
5. Posted by ナドレック   2017年02月07日 02:23
こんにちは。
徹頭徹尾、綾瀬はるかちゃんを可愛く撮るための映画なので、もう大成功ですね。映画というより、アイドルのイメージビデオみたいなものかもしれませんが、こっちもそれを期待して観に行ってるのだから文句なし。
もっと登場人物を減らして、ストーリーを薄っぺらにすれば、もっとはるかちゃんの映る場面が増えたのにと、それだけが残念です。
6. Posted by ふじき78   2017年02月07日 09:08
こんちは、ナドレックさん。
夏だったら水着のシーンとかあったのかもなあ。
しかし、親戚の可愛い姪みたいなもんで、脱ぎ側面とかなくても、綾瀬はるかがずっと出てればきっと楽しめるだろう。一時期のゴールディホーンみたい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字