2017年01月23日

『お遊さま』を角川シネマ新宿1で観て、ピンと来ないよふじき★★

「溝口&増村保造映画祭 変貌する女たち」から

五つ星評価で【★★純愛が肉体を凌駕する異常さ】
6本目の溝口健二。溝口健二がどうこうでなく、
原作が谷崎潤一郎というのが合わなかった。
アブノーマルな性愛を純文学で描こうとする谷崎はよくよく苦手。
切り口がスキャンダラスなのはともかく、
皆がうじうじ悪い方に進み、最悪の結末しか迎えられない所に魅力を感じない。

美人姉妹の姉が田中絹代、妹が乙羽信子。
ぷくっと膨らんだ感じの田中絹代は妹を凌駕するような美人に見えない。


【銭】
チケット屋で額面1000円の前売券を1000円でGET。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
お遊さま@ぴあ映画生活

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字