2017年01月22日

『疑惑のチャンピオン』をギンレイホールで観て、これが面白いのは不正な主人公にでも観客が肩入れしてしまうからだふじき★★★

168294_1
▲チャンピオン

五つ星評価で【★★★濃い主人公と薄いその他】
自転車レース、ツール・ド・フランス7冠のチャンピオンはドーピングを行っていた。
これはもう映画の前提であり、やった、やってないを争う映画ではない。
主人公はドーピングを行って不正に勝利を勝ち取ってきた男。
であるにもかかわらず、観客は彼に強烈な嫌悪感を抱かない。

それはベン・フォスターが魅力的な俳優ということもあるが、
「ドーピング」という行為に関して観客はそれほど強い嫌悪感を持っていないのだ。
これが麻薬やドラッグなら別だが、映画内で推進派トレーナーが言ってるように
「乱用はいかん」だけで、ごくごく常用する分にはサプリみたいなもんにしか見えない。
あとは「フェア」かどうかの問題だけなのだが、映画はここを上手く切り抜けている。

チーム全体を汚染させ、それがそれほど特別な事でないように見せた。
みんなやっててもおかしくないような世界で今更「フェア」を言ってもせんないじゃん。
主人公がドーピングを行おうが行うまいが極限まで努力する姿を見せた。
ドーピング発覚リスク回避の為、更に努力しているように主人公が見えた。
ドーピング否定派の選手が必ずしも格好良く映っていなかった。

みたいな事から、諸手を振るって賛成する訳でもないが、
観客は多少の判官贔屓で主人公を見てしまう。

そんな中、明らかに間違っているのに、
主人公が正しい事を言っているメディアをやり込めてしまうのは底恐ろしいが痛快だ。
物凄く強い勝利への執着を持っている主人公、だが、彼は単なる我欲の強い男ではない。
彼には皆から賞賛の目で見られたいという欲求も高いが、
彼自身が勝利し続ける事で社会貢献しようという殊勝な面もあるのだ。
それに引き換え、彼の敵が手元に持っているのは凡庸な社会正義だけ。
「正義が勝つ筈だ」という緩い信念だけでは手負いの獣は止められない。

後半、引退してからは彼の軸がぶれてしまう。そこで初めて彼は負けるのだ。
この後半の失速そのものが又、ゲームの局面を見ているかのようだった。
故障を抱えたプレイヤーはその故障の波動が徐々に全体に伝播していき、
臨界点を越えると一気に決壊する。
決壊した彼はもう彼ではないので、映画はそこで終わる。
結局、彼は何に負けたのか。
彼は変容・変質してしまい、それに負けたのだ。
ドーピングをやろうがやるまいがターゲットに的を絞り、
先に進めるだけの彼に変化はなかった。
だが、コース外から仕掛けてくる敵をかわす為に動きを止め、
元の位置に戻るために向きまで変えた。
あの映画の世界の中では、ただ純粋に同じポリシーを貫く者が尊重されるらしい。
だから、主人公に詰め寄られてすぐ髭を剃ってしまう新聞記者は小物として扱われ、
外敵からの攻撃に同じ強さを維持できない第二選手はスポイルされる。
そして、世間から胡散臭げに見られながらも、全くブレてない
ドーピング推進派のトレーナーは最後まで悪びれもしない。
この世界観は、ちょっと最後の最後まで主人公が覚醒剤を肯定し続けた
『シャブ極道』みたいかもしれない。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。
会員証失効期限が近づいてきたので10800円を支払い14か月更新。
あと、併映作品の『トランボ』は公開時に見ていたのでパスした。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
疑惑のチャンピオン@ぴあ映画生活

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

5. 疑惑のチャンピオン  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2017年02月04日 22:10
■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞疑惑のチャンピオン/THE PROGRAM 2015年/イギリス/103分 監督: スティーヴン・フリアーズ 出演: ベン・フォスター/クリス・オダウド/ギョーム・カネ/ジェシー・プレモンス/リー・ペイス 公式サイト 公開: 2016年07月02日
4. 疑惑のチャンピオン  [ C’est joli ここちいい毎日を♪ ]   2017年01月29日 20:20
疑惑のチャンピオン '15:イギリス ◆原作:THE PROGRAM ◆監督:スティーヴン・フリアーズ「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」「あなたを抱きしめる日まで」 ◆主演:ベン・フォスター、クリス・オダウド、ギヨーム・カネ、ジェシー・プレモンス、リー・ペイス、デニ
3. 英雄の本当の顔  [ 笑う社会人の生活 ]   2017年01月27日 00:57
11日のことですが、映画「疑惑のチャンピオン」を鑑賞しました。 25歳で発症したガンを克服後、「ツール・ド・フランス」で7年連続総合優勝の偉業を達成したランス・アームストロング 競技外ではガン患者を支援する活動に尽力し賞賛を集め まさに英雄 しかし 1人のジャ...
2. 疑惑のチャンピオン ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年01月24日 11:42
ガンから奇跡の復活を果たし、自転車レースの最高峰“ツール・ド・フランス”で前人未踏の7連覇という偉業を成し遂げ、自転車界のみならずスポーツ界のスーパースターに登り詰めたアメリカ人アスリート、ランス・アームストロング。長年、疑惑の目を向けられながらも、決し
1. 「疑惑のチャンピオン」  [ ここなつ映画レビュー ]   2017年01月23日 17:41
ツールドフランス前人未到の7連覇を達成したアメリカ人ランス・アームストロングの黒く汚れた栄光についての物語。彼は類い稀な才能と克己心をもってレースに挑んだが、その裏では薬物の力を借りた組織ぐるみのドーピングが行われていたのだ。このことが白日のもとに晒され

この記事へのコメント

1. Posted by ここなつ   2017年01月23日 17:41
こんにちは、コメント&TBをありがとうございました。
「勝つことが全てに優先する」という考えは個人的には大っ嫌いなはずなのに、なぜかランスに対しては、「プロが勝つためにヤッテ何故悪い!?」と思わずにはいられませんでした…これって、私が術中にはまったということですね。
2. Posted by ふじき78   2017年01月23日 23:16
こんちは、ここなつさん。
そもそも「勝つこと」は悪い事ではない。例えばボクサーが勝つために自分の自由時間を全て練習時間に費やしたら美談になる。勝つために練習する事は悪ではないから。勝つためにどこまでやるか。モラルを捨ててまで勝つべきか?でも、そのモラルって誰かが策定した物で万人がそれに諸手を振るって賛成してるかは疑問だ。自分の欲望のためであっても一線を越えた者はやはり注目してしまう。それはモラルとかの方が勝利よりあやふやだからじゃないでしょうか。
3. Posted by りお   2017年02月04日 22:15
こんにちは。
スポーツにおけるドーピングは、必要悪みたいなものですかねえ。
モラル的にはダメとわかっていても、結局スポーツって勝ってなんぼですからね。
4. Posted by ふじき78   2017年02月05日 01:12
こんちは、りおさん。
そら勝った方が嬉しいだろうけど、じゃあ選手全員がサイボーグでもいいのかってーと、、、、「少林サッカー」みたいに一応努力した人間に勝って欲しいというのが一般的な意見ですよねー。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字