2017年01月03日

『ピートと秘密の友達』をトーホーシネマズ新宿8で観て、新しい物は何もないかもしれないけどいい映画★★★★

168783_1
▲犬系エリオット(左)

五つ星評価で【★★★★例えば捨て猫を見つけたら保健所に電話かけるよりも隠れてでも育てるような子供になってほしい/そういう気持ちの映画】

とりあえずまず驚いたのは実写だったこと。
アニメだと思い込んでいた。
それほど情報露出が少ないし、宣伝にも力が入っていなかった。
なんか契約的に公開しないとしょうがないから、お義理で公開でもしたかのよう。
でも、とてもいい映画です。

宣伝が下手です。
宣伝コピー(下記)がおかしいです。

彼と友達になるための3つの約束
 名前をつけてあげること
 不思議な力を隠すこと
 絶体に守りぬくこと


宣伝担当者、本当にこの映画見たのだろうか?
一つ目の約束は約束にする事ではないし、
二つ目と三つ目の約束は友達になるための約束ではない。
約束というよりは友達を守るために自然にすることだ。
そして、この約束は規格外の物が最初から社会に受け入れがたい事を知っている大人の目線から考えたコピーだ。だから、この条件はこの映画より、より『E.T.』の方が似あっていると思う。
原題は『Pete's Dragon』
だから邦題も『ピートのドラゴン』
もしくは『ピートとドラゴン』でよかったと思う。
なんか「ドラゴン」を表に出したくない理由でもあるのか?

この映画のドラゴンは犬系。
『ヒックとドラゴン』は猫系だったが、犬系もありえなくはないと納得させられる実にいい出来だった。大昔、『ネバー・エンディング・ストーリー』のファルコンも同じ犬系だったが、今回のエリオットと比べようにならないポンコツ具合だった。恐るべし、技術の進化。つーか、爬虫類系にはせんのかのう。

主役のピートがスザンヌに顔が似てて可愛い。
168783_2
▲ピート(左)(右)

彼の対となる女の子もなかなかいい感じで、かーいらしい(欲情とかしないよ)。
爺ちゃん役のロバート・レッドフォードがちゃんと爺ちゃんしてていい。『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』の政治家役も良かったが、もう本当こういう年相応の役がいいのだ。油断してるとまだまだ若いもんには負けないとキスしたりセックスしたりするような役をやりたがるけど、彼自身が思ってるほどそれは爽やかな絵面ではないし、爺さんのセックスなんて悪代官が町娘を手籠めにする場面だけでいいと思うのだ。ちなみに、ロバート・レッドフォードに悪代官は似あわないと思う(レッドフォードにも欲情とかしないよ)。

森の奥で過ごす心の優しい怪物を町から来た者が捕まえて迫害する、という主筋はありがちだし、その後の正しい行いをする者達が皆で怪物を逃がす事も特に新しくない。でもまあ、新しくない物語でも、的確に語られるなら、定石として作り直してもいいっしょ。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・26本目(2016年11月25日〜12月24日)Final
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ピートと秘密の友達@ぴあ映画生活

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

6. ピートと秘密の友達  [ いやいやえん ]   2017年04月06日 16:08
【概略】 家族旅行中に不慮の事故に遭った迷子の少年・ピート。彼を助けたのは、モフモフの毛に覆われた不思議な生き物・エリオットだった…。 ファンタジー ディズニー映画としては、実は日本での公開が初めてのリメイク作品なんだそうですね(1977年アメリカで公
5. ピートと秘密の友達 ★★★・5  [ パピとママ映画のblog ]   2017年01月14日 18:04
1977年製作のディズニー映画「ピートとドラゴン」を最新の映像技術でリメイクしたファンタジー・アドベンチャー。深い森の中で出会った少年ピートと不思議な生き物エリオットの絆と大冒険の行方を描く。少年ピート役にはオークス・フェグリー、共演にブライス・ダラス・ハ...
4. ピートと秘密の友達  [ 象のロケット ]   2017年01月12日 09:47
迷子の少年ピートは、深い森に隠れ住む不思議な生き物エリオットと出会う。 彼らは<3つの約束>を交わしていた。 それは、(1)名前を付けてあげること。 (2)不思議な力を隠すこと。 (3)絶対に守り抜くこと。 森の中での夢のような日々は、ずっと続くと思っていた。 人
3. 『ピートと秘密の友達』(2016)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2017年01月09日 10:49
事故で両親を失い、森でひとりぼっちになってしまった少年ピート。しかしそこでドラゴンと出会い、エリオットと名付け仲良く暮らすことになる。だがその楽しい時間も長くは続かなかった。森の伐採が始まり、ピートは森を守る仕事をしているグレースという女性に出会い、半ば
2. 17-004「ピートと秘密の友達」(アメリカ)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年01月07日 00:46
森には魔法がある  事故で両親を亡くし、深い森の中でたった一人になってしまった5歳の少年ピート。そこで出会った心優しい不思議な生き物に助けられ、森の中でのびのびと暮らしていく。  6年後、ピートは近くの田舎町ミルヘイブンに住む森のレンジャー、グレースに発
1. 『ピートと秘密の友達』 このドラゴンは友達ではない  [ 映画のブログ ]   2017年01月05日 10:34
 【ネタバレ注意】  ドラゴンのエリオットが可愛いのだ。この映画の魅力はそこに尽きる。  物語の原型は、ディズニーが1950年代に権利を取得した未発表原稿だという。それが1977年に『ピートとドラゴン』として映画化され、2016年に再び映画化されたのが本作『ピー

この記事へのコメント

1. Posted by 太川 陽介.   2017年01月03日 10:29
>とりあえずまず驚いたのは実写だったこと。
予告観なかったのかい?

>この映画のドラゴンは犬系。
顔が長いせいか、いかりや長介みたいだった。
>爬虫類系にはせんのかのう。
差別化を計ったんじゃない?

>油断してるとまだまだ若いもんには負けないとキスしたりセックスしたりするような役をやりたがるけど、
それはもうないだろ。
「ニュースの真相」では、下半身に人格があるよ。
2. Posted by ナドレック   2017年01月03日 11:03
こんにちは。
物語の基本として、押さえるべきところを押さえた映画ですね。
ところで、ピートは(右)だと思います。
3. Posted by ふじき78   2017年01月03日 22:02
こんちは、先輩。
おで、かなり映画館で予告いろいろ見させられちゃう方なんだけど、これの予告は多分、一回も観てないと思うわ。

> 長介

じゃあカトちゃんドラゴンや志村ドラゴンもいるのか。とりあえずブードラゴンは自然界で生きていけないと思う。

> 「ニュースの真相」

未見。やっぱり油断してはいけなかったか。
4. Posted by ふじき78   2017年01月03日 22:04
こんちは、ナドレックさん。
えーと、お箸を持つ方が左で、いや、違う。
いやいやいやいや、これはピートが左とん平にちょっと似てない?って、、、、、、はいはいはいはい。間違いです。直しときます。ひえーっ。
5. Posted by maki   2017年04月06日 16:07
ディズニーランドのパレードにいるドラゴンってこやつだったのですねー
なんか知って得した気分になる。
いい話だけど心に残りはしないかな、王道過ぎて。
6. Posted by ふじき78   2017年04月06日 22:53
こんちは、makiさん。
王道なんだけど、これはこれで問題ない。
ヒックと違って人間側の主人公がまだ子供だから悩みのレベルが直接的だよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字