2016年12月31日

『土竜の唄 香港狂想騒曲』をトーホーシネマズ新宿7で観て、前作よりおもろいと思うわふじき★★★★

170302_1
▲ジャニーズの主人公を除く共演者の皆さん。

五つ星評価で【★★★★何よりコーディネーターの実力が凄いんちゃうかな】

衣装がキンキラで凄い。
ヤクザが二束三文でドコスコ画面に投入されて
画面がビッシリヤクザで埋まってる感じがこんな言い方変だが心地よい。
そして、女優陣がヤングマガジン・テイストに無駄に汚く色っぽいのがいい。
そう、あの中坊の性欲を嘘でも満たせてあげたいみたいな
悪い兄貴の親心みたいな感じはヤングマガジン・テイストだ。
ヤングジャンプのスマートな美乳とかより、汚くても体温のあるムチっとして
どこかじんわり湿っているような感じ。

前作に関してははっきり言ってもう覚えていない。
99の岡村が出てて鬱陶しかったのだけ覚えてる。
あれが関西ヤクザだから、導入部のフォークダンスまでが前作との引継ぎになるのだろう。で、今回は「対香港」と言いつつ、国際感覚はゼロ。まあ、それで別に全然かまわない。敵がいきなりゴキブリ人間に変わっても三池演出の前では大きな問題なしでOKになってしまうだろうし。

生田斗真はようやってる。
あのテンションと一人芝居。
彼が照れたらこの映画は瓦解する。
そういう意味では立派な座長芝居である。
つか、生田斗真のハイテンションが前作とキッチリ映画を繋いでいる。
彼があのハイテンションで演技を変えずに出る限りは他のどの要素が変わっても
シリーズとして持続可能だろう。

ヤクザ役はみなまあまあまあまあ。想定内の演技だけど、それでいい。
気持ち良さそうに兄貴分を演じる堤真一がいい。
いや、どちらかと言うといいのは服の方だ。
『海賊と呼ばれた男』でもキーパーソンな人物を演じていたが、
どっちかというとこっちの方が自由でよい(いやまあ本当にいつも通りなんだけど)。

そして中坊の心をドキドキさせる三人の女優。
本田翼の予告でも見せたあの思い切りのいい啖呵。
でも、処女というギャップ。
その処女をエロく蹂躙するという、ありがとうございますなエロ展開。
古田新太になって「ぐいっ」とモモンガ突っ込みたかったよ。
ルパン三世のくすぐり機械みたいに若者のトラウマになりそうないいシーンだった。
170302_3
▲罵倒されながらセックスしたいなあ(徐々に罵倒できなくなる展開とか超エロい)。

菜々緒って言うのは第一にビジュアルの人なのだけど、
そのビジュアルを元にしたアクションの切り取りが惚れ惚れするほど良かった。
菜々緒の底なしの無表情って凄く「映画」っぽいと思う。
あ、途中でやめたけど予告の締めだった「ずっぼんバキューム」はあんなん使わんでもええやろ。

170302_5
▲中学生はこれで今晩お世話になりなさいという衣装が最高。

そして仲里依紗の性格とパンツ。
仲里依紗は菜々緒と違ってパンツ以外は性格しかないような役だ。
何が勿体ないって、本編見るとそうでもないのだけど、
予告編だけだと仲里依紗が和田アキ子にそっくりなのだ。
それじゃ本田翼に「婆あじゃねえ所だよ」と言われてもしょうがない。
日本中の大半がそうだと思うのだけど、和田アキ子では欲情しないぜ!

そんな3人に比べたら新規参入の瑛太は面白味のない役だった。
いや、別に瑛太に脱ぎは期待してないけど。

同じく新規参入の古田新太はなかなか面白味のある役なのだけど、
上層部からトカゲの尻尾切りされる理由はモモンガ側に持たせなあかんでしょ。

そういや、虎が出てくるんだから、豹柄の上地雄輔とは対面させるべきじゃないか?
上地雄輔が豹柄なんだから、菜々緒には女豹のポーズを取らせるべきだろう。
もしこの先シリーズが続くなら、香港マフィアが崩壊しても菜々緒は無事そうなので
再出演を果たせそう。それってバリバリ峰不二子っぽいよなあ。

こんなんおもろいって言うと「俺は下品でパイオツもツオケーも大好きです」とちんちん振り回しながら宣言してるようなもんだから恥ずかしいんだけど、退屈せずに最後までおもろかったよ。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・24本目(2016年11月25日〜12月24日)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
土竜の唄 香港狂騒曲@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
土竜の唄 香港狂騒曲@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
土竜の唄 潜入捜査官REIJI(一作目)@死屍累々映画日記

PS エンティングの関ジャニの歌もバーターだろうけど、これは合ってると思う。

この記事へのトラックバック

11. 土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲 (2016)  [ のほほん便り ]   2017年11月06日 08:37
パート1で、ひぇ〜〜、生田斗真が、ここまで!と、その肚の座り方に驚いたのですが、パート2は、さらに、きわきわ度を筆頭に、諸々のパワーがアップしてました。だって、冒頭から、道頓堀の上空を、へりにつかまり、ほぼ全裸で… なんですもの。続投する仲里依紗、堤真一
10. 土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲  [ 銀幕大帝α ]   2017年06月24日 11:44
2016年 日本 129分 アクション/コメディ/任侠・ヤクザ 劇場公開(2016/12/23) 監督: 三池崇史 『テラフォーマーズ』 原作: 高橋のぼる『土竜の唄』 脚本: 宮藤官九郎 主題歌: 関ジャニ∞『NOROSHI』 出演: 生田斗真:菊川玲二 瑛太:兜真矢 本田翼:轟...
9. 土竜の唄 香港狂騒曲  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年01月20日 20:55
 『土竜の唄 香港狂騒曲』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)第1作の『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』を見て大層面白かったので、第2作目もと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、東京のビル群の夜景が映し出され、そこに大きな檻を吊り下げたヘ...
8. 土竜の唄 香港狂騒曲  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年01月07日 00:31
前作同様、クスクス笑えて面白かった。
7. 「土竜の唄 香港狂想曲」  [ ここなつ映画レビュー ]   2017年01月04日 16:24
2016年は過去最高本数の映画作品を劇場で観た1年であった。(私にしては)サクサクブログをアップしたのもこれまた過去最高である。なので、どの作品を1年の締め括りとして最後に観ようか?というのは、割と重要な課題であった。本年の終わりに相応しく、自分らしく(ってそ
6. 土竜の唄 香港狂騒曲  [ 象のロケット ]   2017年01月02日 23:04
潜入捜査官“モグラ”となり、広域指定暴力団・数寄矢会に潜り込んだ菊川玲二に、最終ターゲットの数寄矢会会長・轟周宝からのビッグミッションが! それは、極悪非道のチャイニーズマフィア仙骨竜を叩きのめすこと。 そして轟周宝とその娘・轟迦蓮のボディガードになるこ
5. 「土竜の唄 香港狂奏曲」☆突き抜け感すごい  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2017年01月02日 15:04
横浜の洋館めぐりが続きすぎてしまったので、ちょっと一休みして、明日から公開の映画「土竜の唄 香港狂奏曲」の感想を。
4. 土竜の唄 香港狂騒曲★★★・5  [ パピとママ映画のblog ]   2017年01月01日 18:54
高橋のぼるの人気コミックを、生田斗真主演、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本のタッグで実写映画化した『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』の続編。今回は原作の「チャイニーズマフィア編」を基に、チャイニーズマフィアの撲滅、最終ターゲットの護衛を命じられた潜入捜
3. 『土竜の唄 香港狂騒曲』('16初鑑賞112・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2017年01月01日 13:57
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 12月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:45の回を鑑賞。
2. 16-273「土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲」(日本)  [ CINECHANが観た映画について ]   2017年01月01日 00:34
お天道様侮辱罪で逮捕する  交番勤務から潜入捜査官“モグラ”となった警察官の菊川玲二。最終ターゲットの数寄矢会会長・轟周宝を挙げられないまま、今や“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也と兄弟の契りを交わすなど、ますます極道の世界に深く潜り込んでしまっていた。
1. 土竜の唄 香港狂騒曲  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年12月31日 19:45
交番勤務のダメ巡査から潜入捜査官、通称モグラになった菊川玲二。犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだはいいが、クレイジーパピヨンこと日浦匡也と兄弟の契りを交わすハメに。その ...

この記事へのコメント

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年01月02日 15:03
ふじきさん☆
男性には堪らない映画でしたね〜
でも生田斗真くん狙いの女性にも十分笑えてたのしめましたよ。
ズッポンのところは本当に要らなかったわ…
2. Posted by ふじき78   2017年01月02日 17:29
こんちは、まだむさん。
スツポンのところはアレで菜々緒が退場するならまだしも、あの後も出てくるから誰得か全く分からないシーンですね(何となく勢い余って岩城滉一にすっぽんバキュームやっちゃったら面白そうだけど前後繋がらなくなっちゃいそうだ)。
3. Posted by ここなつ   2017年01月04日 16:19
こんにちは。
いやいや、「俺は下品」宣言はしかと受け止めさせていただきます。っていうか、下品でくだらないのがこの作品の一番面白いところなので、この作品を選択した人にとりすました顔をされても、ですよね〜。
パピヨンが健在なのも、警察トリオが健在なのも嬉しかったです。
4. Posted by ふじき78   2017年01月04日 23:25
こんちは、ここなつさん。
いや〜、映画でいい精進落としが出来ました。
俺は下品は否定できかねるところであるんですが、「ちんちん振り回しながら」宣言はしていない事は声を大にして言いたいと思う。
5. Posted by クマネズミ   2017年01月20日 20:57
今晩は。
「香港マフィアが崩壊しても菜々緒は無事そうなので再出演を果たせそう」とありますが、仮に第3作がシチリアマフィアを扱うことになるにしても、チャイニーズマフィアと同様に、その幹部らは画面に登場せず、モモンガとか兜のような代理人たちが日浦や玲二と立ち向かうのでしょうから、必ずや菜々緒も登場するに違いありません!ただ、鞭は良いとして、虎の代わりに何を使うのでしょうか?
6. Posted by ふじき78   2017年01月20日 23:49
こんちは、クマネズミさん。

> 虎の代わりに何を使うのでしょうか?

三池崇史って別にいくら嘘を付いても問題ないタイプの映画監督だから、虎の代わりは「龍虎」でタメ晴れるって事でドラゴンじゃないですかねえ。
7. Posted by ヒロ之   2017年06月24日 11:57
こんちは!
取りあえずこちらにコメントも。
前作よりも面白くなっていたのは同感ですね。
女優陣の体を張った頑張りが作品として活きていたのかも。
仲さん、言っちゃ失礼かもですけど、凄くブスでした(キャー!ファンに殴られる!)
8. Posted by ふじき78   2017年06月24日 21:16
こんちは、ヒロ之さん。
仲さんは身体で勝負の領域に誰にも言われないのに踏み行ってしまってましたね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字