2016年12月25日

『ドント・ブリーズ』をトーホーシネマズみゆき座で観て、その暴力性より心が気持ち悪いねんふじき★★★

171195_1
▲いないいない爺

五つ星評価で【★★★痺れる狂人】

見た直後のツイッターでこう書いてる。

攻防戦としてもう少し色々な見せ方があったのでは?と思う。間取りが分かりづらいのも勿体ない。ただ久しぶりに痺れるような狂人を見たなあ。

コソ泥3人がチョロイと思った盲人の逆襲に合う話だが、主たる攻防戦が予告でかなり語られ切っているので、もう一つ二つ何か残しておいてほしかった。そういう意味で、シリーズ化され、毎回いろんな仕掛けで楽しませた『座頭市』ってのは凄いコンテンツだったな。ベン・アフレックの『デアデビル』も盲人の聴覚を視覚化した映像がなかなかステキだった。アニメ見てないからマンガのみなんだけど、超能力盲人が敵をソナーで発見し、発砲で追い詰めるという『JOJO第四部』のキャラは今作にかなり似てると思う。だから、もう一つか二つ盲人にハンデ(銃とかの武器という意味でなく)を与えたかった。戦いの場所は盲人の生活スペースでホームグラウンドなんだから、そういったところでもうちょっといいアイデア出せたと思うんだ。そういや『江戸川乱歩の盲獣』なんてのもあったな。あの家の中にでっかい彫刻あったら怖いな。あれはあれで痺れる狂人だった。

そうそう、予告編で片鱗が見えてるけれど、あの盲人が決して「障害持っているいい人」ではないのだ。「障害持ってるいい人」だったら、もうちょっとのっぺりしつつも敵を追い返すか追い落とすだけのスカっとしたアクション映画になったろうに。地雷的に家にいる座頭市だな。それはそれで面白そうだ。
でも、今作はそうではなく、なかなかこの盲人が痺れるような狂人なのである。
盲人である事をメリットに変えて攻撃してくる直接的な猛威よりも、ネジの狂い方の方がよっぽど強烈だった。だから、私はそこを高く評価したい。なかなか身近にああいう狂人はいないよ。いやリアルにいないのは勿論、フィクションの世界にもね。

あと、犬が目標物を補足したホーミング・ミサイルみたいで、人格というか犬格みたいな物を一切考慮せず、単に歯の付いた危険なガジェットとして扱ってるのも好感度が高かったですね。盲人と犬があまりにも追い詰められたらあの一人と一匹でパトラッシュとネロみたいにならんでもないかもしれんけど………なるかあっ(叫び!)


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・20本目(2016年11月25日〜12月24日)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ドント・ブリーズ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ドント・ブリーズ@ノラネコの呑んで観るシネマ

PS 略して「どんぶり」と言ったのは、
 自分のツイッターのTLの中では自分が一番最初。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

11. ドント・ブリーズ  [ 銀幕大帝α ]   2017年03月23日 13:19
DON'T BREATHE 2016年 アメリカ 88分 サスペンス/ホラー PG12 劇場公開(2016/12/16) 監督: フェデ・アルバレス 『死霊のはらわた』 製作: サム・ライミ フェデ・アルバレス 脚本: フェデ・アルバレス 出演: ジェーン・レヴィ:ロッキー ディラン・ミネット
10. 「ドント・ブリーズ」  [ 或る日の出来事 ]   2017年02月09日 00:22
アイデアもの。
9. ドント・ブリーズ  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年01月09日 00:16
何だか納得いかねぇ〜。
8. ドント・ブリーズ ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年01月02日 19:09
リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作の下で撮り上げた戦慄のサスペンス・スリラー。盲目の老人の家に盗みに入った若者3人が、相手の思わぬ反撃に遭い、逃げ道を塞がれた真っ暗闇の家の中で想像を絶する恐怖に見舞われるさまを緊...
7. No.558 ドント・ブリーズ  [ 気ままな映画生活 ]   2016年12月31日 22:51
強盗を企てた若者3人が、裕福な盲目の老人の家に押し入ったことから、思いがけない恐怖に陥る様を描く。親元を離れ、街から逃げ出すための資金が必要なロッキーは、恋人のマニーと ...
6. 『ドント・ブリーズ』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2016年12月30日 15:43
お爺ちゃんが怖い映画。 メンタルは本編の方が怖いけど、フィジカルは予告編の方が怖そうだった。 視覚以外の発達具合がもっとゴリゴリな感じだと思ってたけど、意外とそこは普通 ...
5. ショートレビュー「ドント・ブリーズ・・・・・評価額1650円」  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2016年12月28日 22:30
息を潜め気配を消せ。奴が、通り過ぎるまで。 リメイク版「死霊のはらわた」で脚光を浴びた、フェデ・アルバレス監督の最新作は、小粒だがピリリと辛い秀作ホラーだ。 女1人男2人の3人組の貧困層の若者たちが、盲目の老人が大金を家に隠しているという噂を聞きつけ強
4. 「ドント・ブリーズ」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年12月28日 13:26
「20年に1本の恐怖の作品」という謳い文句。じゃあ20年前ってどの作品を指すの?などと野暮なことは聞かない。確かに怖くて思い切り異常。デトロイトからカリフォルニアへ出て行きたいと願う男女3人が、その手段として強盗で得た金を使おうとする。これが最後、の押し込み先
3. ドント・ブリーズ  [ 象のロケット ]   2016年12月28日 12:09
親と決別し幼い妹と街を出るため金が必要だった少女ロッキーは、恋人マニーやその友人アレックスと3人で、大金を隠し持つと噂される盲目の老人宅に強盗に入る。 だが、元軍人で超人的な聴覚と嗅覚を持つ老人は、どんな“音”や“臭い”も逃さない俊敏な男だった。 真っ暗闇
2. ドント・ブリーズ  監督/フェデ・アルバレス  [ 西京極 紫の館 ]   2016年12月27日 23:41
【出演】  スティーヴン・ラング  ジェーン・レヴィ  ディラン・ミネット  ダニエル・ゾヴァット 【ストーリー】 街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。だが、...
1. ドント・ブリーズ  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年12月26日 23:29
評価:★★★☆【3.5点】(P) 予告編で決して見せなかった驚愕の真実に息を呑む!

この記事へのコメント

1. Posted by ituka   2016年12月26日 23:34
せっかく盲目というハンデを与えてくれてるなら
若者たちはただ逃げるのではなく途中でガラス片をまき散らしてほしかったです。
第二のジョン・マクレーン刑事みたいな続編が観てみたいです。
2. Posted by ふじき78   2016年12月26日 23:41
こんちは、itukaさん。
そうそう、そういうアイデアが欲しかった。靴を履いてると足音が聞こえてしまうから、そーっと脱いだらその足元に、、、みたいな。叫び声を上げられないのも又、サディスティックですなあ。
3. Posted by ここなつ   2016年12月28日 13:48
こんにちは。
「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」とは言いますが、逆にあれだけ音を出している標的に、元軍人さん当たらな過ぎかと。
その割には捕獲した女のジーンズを切り裂くのは正確でびっくりでした。
4. Posted by ノラネコ   2016年12月28日 22:36
あの爺さんが野に放たれるであろう続編がむっちゃ楽しみです。
ガラッと作りを変えてきてほしいなあ。
5. Posted by ふじき78   2016年12月29日 02:06
こんちは、ノラネコさん。
チアルート兄ぃと一騎打ちじゃ。
6. Posted by ふじき78   2016年12月29日 02:09
こんちは、ここなつさん。
軍人さん、ヘレンケラーっぽいのかも。
7. Posted by ボー   2017年02月09日 23:31
3 どうもうなニャンコのパターンも見てみたい。
8. Posted by ふじき78   2017年02月10日 23:28
ターバンを巻いた猫「どーもー」

そら、「どーもー」な猫のターバンじゃ
9. Posted by ヒロ之   2017年03月23日 13:22
こんにちは。
煩い犬にはファブリーズをシュシュッと。
「ドントファブリーズ!!」
10. Posted by ふじき78   2017年03月25日 00:27
> 「ドントファブリーズ!!」

ドント・ファック・プリーズ?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字