2016年12月15日

『海賊とよばれた男』をトーホーシネマズ日劇1で観て、役者はいいけどダイジェスト感高しふじき★★★

169039_3
▲そう言えば吉岡くんは『三丁目の夕陽』と演技変わらんな。
ちなみに主役は版権の都合で写真が映画サイトに降りてこないV6の岡田くん。

五つ星評価で【★★★何でこんなにダイジェスト感が高いのか?】

原作未読、コミカライズ後半だけ接触。
岡田准一が頑張っちょるのは認める、
ヘタレをノリで押し通す吉岡秀隆も、
これくらいの大きさの役をやる時の染谷将太もいい。

ただ、あんまりピンと来ないのは
岡田准一演じる主役の国岡鐵造という男、
この男の並々ならぬ胆力や決心を横で見てたらいい男だろうと思うものの、
彼が何故、そういう男になり、どんな思いでガムシャラに事業を進めたのか、
ちょうど話の幹になる部分が実はよく分からないのだ。

話は戦後、晩年の鐵造が事業を建て直す所から始まり、
青年時代や、戦前など、回想の形で話を前後しながら進むのだが、
最初から順を追って進めない為、そもそも鐵造がどういう男なのかが理解しづらい。
映画の話からは彼の実行力や決断力は伝わってくるが、
そもそも何で「油」なのか、
彼が「油の商い」を守る事で何を目指したのかが分からない。
結果として、ああなった、こうなったは映画内で描かれるが、
そもそも彼の求めていた物がよく分からない。

チラシのコピー
「全てを失った日本で、未来を睨み付けた男がいた」

いや、そんなにそうは見えなかった。
彼の行動は仲間を守るためのその場その場の対処だ。
大っぴらに「未来のために」動いているようになど見えない。
これは宣伝側からのミスリードによる映画の再意味づけだろう。

映画はそこそこの長さで、飽きずにスムーズに見れる。
だが、物事が都合よく進みすぎる。コミカライズされた後半から察しても、
もっと複雑に色々紆余曲折があった筈なのだ。かなりバッサリ刈り込んでいる。
商品として売り込む為には刈り込みが必要なのだが、
作品としては前後編になるくらいが適当な長さだったと思う。
ただ、その為にはもうちょっと国岡鐵造が伝わる映画にして貰わんといかんと思う。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・14本目(2016年11月25日〜12月24日)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
海賊とよばれた男@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
海賊とよばれた男。@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 綾瀬はるか、かーいーけど出番少ない。
PS2 カイゾークと呼ばれたのは仮面ライダーX。
PS3 「海賊とよばれる男に俺はなる!」

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

21. <「海賊とよばれた男」 試写会>  [ 夢色 ]   2017年03月24日 14:22
完成披露試写会ではちょっと斜めからの映像だったのが見辛かったので、今回は正面から観てきました(笑)いつもの試写会よりも、男性たちが多かったよ!会社員とか、OBくらいの年齢のおじさまが、おじ様同士とか、制服着た娘さんと父子で来てたり、んで、会社の人に挨拶してた
20. 「海賊とよばれた男」  [ ここなつ映画レビュー ]   2017年02月09日 10:50
鑑賞中、私はのめり込み、笑い、涙し、共感し、今の自分の生活が先人の築いた土台の上に乗っていることをしみじみとありがたく思い、…していたのだが、誤解を恐れずに言うと、これは危険な作品である。もちろん、映画の出来は素晴らしかった。VFXも時代のディテールも。全く
19. 海賊とよばれた男  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2017年01月22日 07:19
監督:山崎貴 出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、小林隆、矢島健一、黒木華、浅野和之、光石研、綾瀬はるか、堤真一、近藤正臣、國村隼、小林薫 【解説】 第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹のベストセラー小説を、
18. 岡田くん、頑張ってます!〜「海賊と呼ばれた男」〜  [ ペバーミントの魔術師 ]   2017年01月20日 14:59
すいません、いきなりパロディで。(爆)この「結局やらされた男」がちらついてちらついて。あはははは。ジャニ系の方が主演するとポスターがNGだったりするので持って帰ってきた ...
17. 海賊とよばれた男  [ とりあえず、コメントです ]   2017年01月03日 19:38
百田尚樹著の同名小説を山崎貴監督が岡田准一主演で映画化したドラマです。 原作を読んでいたので、あの物語がどんな映像になるのだろうと気になっていました。 戦後の難しい状況の中で一途に正義を貫こうとした主人公の姿に様々な想いを感じる作品でした。
16. 海賊とよばれた男  [ 象のロケット ]   2016年12月31日 22:35
主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた国岡鐵造。 北九州・門司で石油業を始めた彼は、海上で油を売りさばき事業を拡大していく。 …敗戦後、同業者からも石油メジャーからも敵視され、国岡商店は石油輸入ルートを断たれてしまった。 追い詰められた
15. 海賊とよばれた男  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年12月26日 15:59
2016/12/10公開 日本 145分監督:山崎貴出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、光石研、綾瀬はるか、堤真一、國村隼、小林薫 戦う理由は、未来にある――。 STORY:敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐵造(岡田准一)..
「海賊とよばれた男」は百田尚樹の小説で出光興産創業者の出光佐三をモデルにした作品で、戦後石油を求めて世界と戦った男がここまで戦ってきた生き様を描いたストーリーである。 ...
13. 海賊とよばれた男  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年12月23日 07:08
海賊とよばれた男@東京国際フォーラム
12. 海賊とよばれた男  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年12月20日 20:58
 『海賊とよばれた男』を吉祥寺のオデヲン座で見ました。 (1)原作が本屋大賞を受けているので面白いかなと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「inspired by true events」の字幕があり、B29の前面の大写しがあった後、その胴体が開いてたくさん...
11. 海賊とよばれた男 ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年12月19日 18:54
百田尚樹の一大ベストセラーを「永遠の0」に続いて山崎貴監督、岡田准一主演で映画化した大作ドラマ。若くして石油業に乗り出し、欧米石油メジャーに果敢に立ち向かって激動の時代を駆け抜けた男の一代記を吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、堤真一、綾瀬はるか、小林薫をは...
10. 「海賊とよばれた男」☆店主ラブ  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年12月19日 10:03
一見、大手石油会社を興した一人の男のサクセスストーリーのように思えるこの作品。 実は描かれていたのは、社員を家族の様に大事にしていた店主の事を、社員全員が好きで好きでしょうがないという話。 それは百田尚樹 原作の同名小説のほうがより強く描かれていたけれど
9. 『海賊とよばれた男』  [ こねたみっくす ]   2016年12月18日 23:38
海賊とよばれた男、國岡鐡造。士魂商才で日本の未来を信じ、礎を築いた男。 改めて日本人としての誇りを感じさせる、何とも日本的で和の心に満ち溢れた作品なのか。 出光興産株式 ...
8. 海賊とよばれた男  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年12月18日 22:03
評価:★★★★【4点】(P) 戦中、戦後の日本のドラマはこの黄金トリオにお任せあれ〜!(笑)
7. 海賊とよばれた男  [ 勝手に映画評 ]   2016年12月18日 19:24
『永遠の0』の岡田准一主演×山崎貴監督のタッグで、はやり『永遠の0』と同じ原作者の百田尚樹の同名の小説の映画化。出光興産創業者の出光佐三がモデル。 いやぁ、途中、二度ほど泣かされそうになりました。原作も中々ですが、やっぱり岡田くんの演技がすごい。まだ30...
6. 海賊とよばれた男 監督/山崎 貴  [ 西京極 紫の館 ]   2016年12月18日 15:21
【出演】  岡田 准一  吉岡 秀隆  染谷 将太 【ストーリー】 敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐡造は、日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従業員を激励する。戦後の混乱期にもかかわらず誰も解雇せず、独自の経営哲学と行動力で事...
5. 映画「海賊とよばれた男」  [ FREE TIME ]   2016年12月18日 08:09
映画「海賊とよばれた男」を鑑賞しました。
4. 『海賊とよばれた男』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2016年12月18日 07:46
□オフィシャルサイト 「海賊とよばれた男」□監督・脚本 山崎 貴□原作 百田尚樹□キャスト 岡田准一、小林 薫、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口 徹       光石 研、綾瀬はるか、堤 真一、近藤正臣、國村 隼■鑑賞日 12月11日(日)■劇 場 T
3. 『海賊とよばれた男』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2016年12月18日 02:08
原作はイイ話なんだろうなぁというのは解る。 でも2時間の映画にしてみるとどうも散漫な感じで。 登場人物もエピソードも多いのなんの。 もうちょっと厳選するなり、2部作にする ...
2. 映画『海賊とよばれた男』  [ よくばりアンテナ ]   2016年12月15日 09:07
原作小説を買っておいたんだけど、未読。 『永遠の0』と同じく、山崎貴監督・岡田准一主演。 原作は百田尚樹2013年の本屋大賞受賞作。 出光の創業者である出光佐三をモデルにした物語。 いや〜〜2時間半。長いわ。 しかし、その長さの割には描ききれて
1. 海賊とよばれた男  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年12月15日 00:57
海賊とよばれた男 単行本 上下セット [単行本] [Jan 01, 2012] 百田 尚樹 [単行本]1945年、東京。敗戦の焼け跡の絶望の中、石油会社・国岡商店を率いる国岡鐵造(くにおかてつぞう)は、日 ...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2016年12月20日 20:57
今晩は。
「ふじき78」さんがおっしゃるように、おそらく、「鐵造が「油の商い」を守る事で何を目指したのか」「そもそも鐵造の求めていた物」がわかるように描き出したら、「前後編になる」長さの話なのでしょう。あるいは逆に、「日章丸事件」に焦点を絞って描くことでも対処できるかもしれません。いずれにしても、ヒロインのはずの綾瀬はるかが、「かーいーけど出番少ない」状況をなんとかしてもらわないと、と思うのですが(本作に登場する2人の女優の内の1人の黒木華もほんの少ししか登場しないのも、なんとかしてもらわないと)?
2. Posted by ふじき78   2016年12月21日 05:14
こんちは、クマネズミさん。
綾瀬はるかについては初夜のシーンを一時間くらい余計にとってもらいゲホンゴホン。

マンガ表現で内なる天使と悪魔が顕在化して主人公を叱咤激励するみたいなのがありますが、重大な局面局面で鐵造の頭上に岡田准一の悪魔と綾瀬はるかの天使が浮かび上がって口論するみたいな映画にしたら良かったかもしれないな。
3. Posted by タケヤ   2017年01月22日 07:17
僕はですね、結構好きでした。
(よー分からんけどグイグイ行っとる。)
的な作品、大好きですね。

しかも成功者の物語、たまらんです。
それだけで何も考えなかったのかも?
4. Posted by ふじき78   2017年01月22日 23:56
こんちは、タケヤさん。
すんごくつまらなかった訳じゃないけど、手放しでノレなかった感じですね。やっぱあれか。綾瀬はるかが走るシーンがなかったからか(違うだろ)。
5. Posted by ここなつ   2017年02月12日 00:13
こんばんは。
綾瀬はるかがカワイイのは承知ですが、新婚の頃の岡田准一もちょっとウブな感じがしてなかなか良かったです。もう押しも押されぬ「コレ系」の邦画の主演男優さんになっちゃいましたね。ジャニーズなのに。
6. Posted by ふじき78   2017年02月12日 01:53
こんちは、ここなつさん。
なんすか「コレ系」って?
泣き系?
岡田君は次の映画「追憶」で、小栗旬と共演しますが、予告編で見てると二人の身長差がちょっと凄くてどっちもかっこよく見えないのはどうにかしてもらえんかなあ。
7. Posted by ここなつ   2017年02月14日 13:18
再訪です!「コレ系」とは戦争(「図書館戦争」も含む(笑))ものの男子一代記系を指しています!
↑たいへんな造語になってしまいました…すみません。
で、私は小柄な男の人はすごく色気があると思うので、岡田准一の身長のことは全力で擁護します!
8. Posted by ふじき78   2017年02月14日 23:41
再訪こんちは、ここなつさん。
「追憶」の予告では、岡田くんの小ささより、小栗旬が「ぶよ」っとふやけた感じに大きくて、かっこ悪いんですよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字