2016年12月09日

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり!』をトーホーシネマズ日本橋5で観て、まあええねんふじき★★★

170111_4
▲お似合いさん

五つ星評価で【★★★ヒュー様のダンスがステキ】

音痴だけど人柄でカーネギーホールを満席にして絶賛された歌姫の話。
音痴な人は自分で音痴を自覚できないものであろうか?
日本でも二大かっこいい音痴として斉藤清六、逸見政孝がいるが、
極めて気持ち良さそうに歌っている。
それらの歌声は美しくはないが味がある。嫌いではない。
そもそも日本では「表面的な美しさだけに全てを求めない」という価値観が昔からある。
だから「侘び寂び」や「ヘタウマ」を知る日本人には、この話は理解しやすいのではなかろうか。

それにしてもメリル・ストリープの天真爛漫さが大屋政子っぽい。
ヒュー・グラントは大澄賢也のようだ。
ピアニストのサイモン・ヘルバーグの代わりに池松壮亮を置けば日本版すぐできる
(大屋政子が在命してればという条件がクリアでけへんけど)。

映画内の聴衆が割と善人だらけで、見ていて気持ちがいい。
特に、最初はマダムのドベタ歌唱に大笑いを抑えられなかったが、
後にヘイトする奴らに一発かます身持ちの悪そうな金髪美女と、
太っちょ旦那が良い。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・10本目(2016年11月25日〜12月24日)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
マダム・フローレンス! 夢見るふたり@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
マダム・フローレンス! 夢見るふたり@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

 【ネタバレ注意】  なんてチャーミングな映画なのだろう。  スティーヴン・フリアーズ監督の伝記映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』は、裕福なマダムを演じるメリル・ストリープと、事実婚の夫を演じるヒュー・グラントのユーモアたっぷりな演技が楽しめる
12. マダム・フローレンス! 夢見るふたり  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年12月22日 15:50
【FLORENCE FOSTER JENKINS】 2016/12/01公開 イギリス 111分監督:スティーヴン・フリアーズ出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ、レベッカ・ファーガソン、ニナ・アリアンダ それは、いちど聴いたらクセになる“しあわせ”。 STORY:ニュー
11. 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』('16初鑑賞108・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2016年12月18日 20:54
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 12月3日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 15:40の回を鑑賞。 字幕版。
10. マダム・フローレンス! 夢見るふたり  [ とりあえず、コメントです ]   2016年12月18日 20:14
人々に愛された音痴のオペラ歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンスの半生を描いたドラマです。 メリル・ストリープ&ヒュー・グラント主演なので、これは観なくちゃと楽しみにしていました。 音楽をこよなく愛する主人公と彼女を愛して支えた人々の姿が笑顔と共に描か
9. マダム・フローレンス!夢見るふたり  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年12月16日 07:07
 『マダム・フローレンス!夢見るふたり』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)メリル・ストリープの主演作というので、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭は、「based on true stories」の字幕が出て、1944年のニューヨーク。  シンクレア(ヒュー・グラント)が、...
8. マダム・フローレンス! 夢見るふたり  [ 象のロケット ]   2016年12月15日 08:54
ニューヨーク社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。 ソプラノ歌手になる夢を追い続ける彼女は、自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。 ついにフローレンスは、世界的権威のあるカーネギー
7. 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2016年12月14日 23:33
イマイチな邦題。 ヒュー・グラントも夢見てたっけ? 笑いあり涙ありの本編を想像させる本編に反して、わ笑いも涙もピンとこない本編で残念。 無自覚音痴関連で笑わせたいのか、 ...
6. 劇場鑑賞「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」  [ 日々“是”精進! ver.F ]   2016年12月11日 06:26
歌った事実は、変えられない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201612010000/ マダム・フローレンス! 夢見るふたり [ アレクサンドル・デスプラ ]
5. マダム・フローレンス! 夢見るふたり  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年12月10日 23:18
評価:★★★【3点】(P) このヒロインに対し純粋に応援できるか否か^^;
4. マダム・フローレンス! 夢見るふたり★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年12月10日 18:21
ニューヨーク社交界の顔にしてソプラノ歌手でもあった実在の女性、フローレンス・フォスター・ジェンキンスをモデルにしたドラマ。絶望的な音痴であるにもかかわらずソプラノ歌手になる夢を追う彼女と、それをかなえようと奮闘する夫の姿を描く。監督は、『クィーン』など...
3. 映画:マダム・フローレンス Florence Foster Jenkins「2016年 最も笑った映画」認定のワケは?!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2016年12月10日 15:41
ちょっと前にDVDでみた「偉大なるマルグリット」も同様のプロット。 どうも同じ原作(実話)をフランスが先に映画化していたらしい! その「偉大なるマルグリット」の主演は「大統領の料理人」以来 贔屓にしている カトリーヌ・フロ だったので、おおいに期待した。
2. マダム・フローレンス! 夢見るふたり  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年12月10日 01:24
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」 [CD]1940年代のアメリカ、ニューヨーク。社交界のトップとして華やかな毎日を送るマダム・フローレンスは、歌唱力に致命的な欠陥があるにも ...
1. 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』  [ よくばりアンテナ ]   2016年12月09日 23:24
映画の日ってことで、いつもよりお安く観られる日にお休みが被ることってあんまりないので観てきました。 今日から公開ですって。 今日からの公開で、しかも映画の日だっていってもやっぱり平日昼間はスカスカです(; ^ω^) この地域にはシネコンが乱立してるの

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2016年12月16日 07:07
お早うございます。
それにしても、「メリル・ストリープの天真爛漫さが大屋政子っぽい」とか「ヒュー・グラントは大澄賢也のよう」とのご指摘は、さすが「ふじき78」さんです!
ただ、調べてみると、大屋政子は音楽学校へ行き、レコード会社から歌手としてデビューし、クラブ歌手にもなったとのことですから、歌のレベルはフローレンスと雲泥の差でしょうし、他方、大澄賢也は小柳ルミ子と別れてしまいましたから、死ぬまで付き添っていたシンクレアとは差があるようですが。それと、サイモン・ヘルバーグの代わりとしては、池松壮亮というよりもむしろピアノが弾けるふかわりょうあたりではどうでしょうか?
2. Posted by ふじき78   2016年12月16日 08:44
こんちは、クマネズミさん。
でも、大屋政子さんに美声で歌を歌ってほしくはない感じですしなあ。
ふかわりょうがどんなにキチっとピアノを弾けたとしても私、真面目なふかわりょうには1円たりともお金を落としたいという気分になれない。不真面目な方のふかわりょうになら30円くらいなら落としてもいいかな、と思うけど。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字