2016年12月04日

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』をトーホーシネマズ日本橋7で観て、何か色々ガタがあると思うなふじき★★

169030_2
▲太っちょ、変人、事務女。

五つ星評価で【★★まず、あの主人公の設定はどうなの?】

これがファンタスティック・ビーチクだったらきっと好きになったに違いない。主人公はビーチクを愛する旅の魔法使い。次々と新しいビーチクと仲良くなりながら旅を続ける。アメリカ編は姉妹のビーチクとパン屋のビーチクと仲良くなるエピソードを中心に、闇のビーチクとの突起物争いも描く。どんな映画だか分からんが、本当に見たいな、それ。

最初に「あーやだなー」と思ったのはエディ・レッドメイン演じる旅の魔法使いの、魔法動物の管理が適当な事。その鞄の中には普通に考えてけっこう危険な獣(ビースト)がいっぱい入っているのだが、檻や出入口の鍵が壊れているような状態である。移動動物園で虎や象の檻に鍵がかかってない状態で旅をしているようなものだ。アメリカに住まう魔法動物を返すという目的は別に構わない。でも、それならその魔法動物だけを鞄に入れて、他の魔法動物は置いてくればいいだろう。他の魔法動物は持ち運ばず地産で育てればいい。そうしないのは彼が飼う魔法動物が野生ではなく、ペットの位置付けだからだろう。いや、ペットだったら、ペットホテルとか探せよ。自分のエゴで魔法動物を連れ回すなよ。
それ以前に「魔法動物をアメリカに連れていきたい」という問いに対する答えが魔法使いの手搬送以外ないんだろうか? まあ、魔法その物が万能ではないのかもしれないけど、それだったら、このハリーポッター世界で行える魔法の範囲という物が明確にならないといけないのではないか?
主人公が「おっちょこちょいで人見知り」という設定はエディ・レッドメインが嫌味にならないよう上手く演じているのだけど、危機管理だけはちゃんとした上で、おっちょこちょいであってほしい。例えばカモノハシもどきのニフラーが逃亡して銀行や宝石店を荒らすが、あれ荒らしたままだろう。他の逃げ出した魔法動物についても回収はするが、起きた事象についてはやりっぱなしのまま。そんな危険人物収監されて当たり前だろう(即廃人化するような裁判なき決定は行き過ぎと思うが)。
ペット動物もどきなので、多少擬人化されて、問題が曖昧になって見えるのだが、あの動物たちが検疫措置を受けていないのも問題だ。魔法動物が受肉していない完全にスピリチュアルな存在であるなら別だが、鼠がペストを媒介したように、異国の地の魔法動物がその土地に取って未知のウィルスを持っていない保証はない。
まあ、絵空事だから、そんな事は起こらないが。

物語は町で起こっている魔法動物のものと思われる災害の謎を中心に
人間界と魔法界の争いを未然に防げるかという話に進む。
魔法界側が過剰に恐れおののくのみで、人間界の反応が薄いので、
あまり対立みたいには見えない。
魔法による災害が目の前で起こったという事より、
「魔法使いがいる。それは彼だ」というスケープゴート的な展開にならないと
対立軸は発生しないのではないか?

魔法動物ってほぼほぼポケモンのパクリだろう
(形がどうのこうのではなく、その存在が)。

アメリカの魔法使いの姉妹はなんか好き。
垢抜けない姉と必要以上に薄い服の妹。
テレパスの妹が純朴な工場労働者の心を読みながら、
徐々に惹かれあうサブ・エピソードはとても可愛らしいのだが、
時間を大きく裂けなかったので、
凄く飛び飛びにいきなり進展する状態になつてしまったのは残念だ。

主人公と魔法姉妹と工場労働者が捕まって逃げ出す魔法省。
あんなでかいのと、あんな働いてる人間が多いのって必要か?
あの大きさは人間組織のそれと同じくらいの規模に見えるのだが、
別に魔法使いと人間の数が同数ではないだろうし、
魔法によって効率化できる部分もあるだろうから、
あんな無闇矢鱈に巨大な行政組織はいらないのではないか?
反魔法集団の新興宗教が一軒家みたいな所に住んでいるが、
行政組織としてはあれくらいの規模で足りる気がする。
不足であるなら、それは魔法使い世界で無駄に警察みたいな
攻撃力を有する組織が整備されているのではないか?
実際、魔法省が何をやってるのかは全く分からん。
各魔法使いの締め付けをやろうとしてるようにしか見えない。

と、ネガティブな事を中心に書いたが、
魔法動物はイラっとするがそれなりに可愛いし、
魔法災害はでかくて見応えがある。
そしてラストシーンのパン屋のとろけるばかりの表情は凄く観客を幸せにしてくれる。
あのパン屋のとろけるような瞳はええわあ。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・6本目(2016年11月25日〜12月24日)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅@タケヤと愉快な仲間達
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅@こねたみっくす
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅@ノルウェー暮らし・イン・原宿
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅@徒然なるままに
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS ニュート・スキャマンダーは魔法動物学者と言いながら、
 まだその著書を記す前の話であるので、職業は自称だろう。
 つまり彼はニート・スキャマンダー。
PS2 マーベル資本で『ファンタスティック・フォーと魔法使いの旅』ってどや。
 ちなみに魔法使いはドクター・ストレンジを使います。
PS3 パン屋を主人公に『ファンタスティック・トーストとパン屋の旅』を作ろう。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

28. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ 銀幕大帝α ]   2017年04月26日 14:43
FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 2016年 イギリス/アメリカ 133分 ファンタジー/アドベンチャー 劇場公開(2016/11/23) 監督: デヴィッド・イェーツ 『ターザン:REBORN』 製作: J・K・ローリング 脚本: J・K・ローリング 出演: エディ・レッ
ちゃんと1話完結にして欲しかった。 いや、やってるんだけどね。一応。でも謎っつーか解らない部分が多過ぎる。 5部作らしいし、伏線やら辺りの意味合いも含めての事なんだろうけれど、脚本の稚拙さと言うか荒さと言うか、兎に角手放しで褒められる作品では無かっ
26. 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(吹替版)』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2017年01月14日 08:47
□作品オフィシャルサイト 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」□監督 デビッド・イェーツ□脚本・原作 J・K・ローリング□キャスト エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォータース、コリン・ファレル       ダン・フォグラー、アリソン・スド
25. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年01月04日 00:23
面白かった。今後の展開が楽しみ。
24. [映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2017年01月03日 11:40
☆・・・ボチボチの出来でしょうか? 『ローグ・ワン』が『スター・ウォーズ』のナンバリングシリーズの大河感から抜け出して、自由な展開で成功したのと対照的に、 新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』は『ハリー・ポッター』シリーズの大河感の漂わせる深みが...
23. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ 本と映画、ときどき日常 ]   2016年12月31日 16:44
監督 デヴィッド・イェーツ 出演 エディ・レッドメイン     キャサリン・ウォーターストン     ダン・フォグラー ニューヨークを訪れた魔法動物学者。 ひょんなことからトランクの中の魔法動物たちが逃げ出してしまう。 さあ〜、みんなで捕まえるぞ! 「...
22. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ Akira's VOICE ]   2016年12月31日 10:28
楽しさとマンネリが交錯。  
21. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ C’est joli ここちいい毎日を♪ ]   2016年12月28日 20:59
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 '16;米 ◆原題:FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM ◆監督:デヴィッド・イェーツ「ターザン:REBORN」「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」 ◆主演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストーン、ダン・フォ
20. 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年12月22日 10:05
ハリポタシリーズの番外編なのだけれど、このシリーズはやっぱり面白い!クリーチャーが生き生きとしている所も良かった。エディ・レッドメインが何故か不思議な位ハマり役。ホグワーツ魔法学校出身のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、ロンドンからN.Y.
19. 映画 IMAX3D字幕版「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2016年12月22日 01:08
2016/12/3。 109シネマズ木場、IMAX3Dは2番スクリーン。 スクリーンサイズでいえば、木場の2番より豊洲の10番 (オーシャン・スクリーン)のほうが大きい(特に横幅)はずだが、 そこは2D版のみの上映。 よく行く館(木場、豊洲、お台場、舞浜)では
18. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年12月21日 15:44
【FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM】2016/11/23公開 イギリス/アメリカ 133分監督:デヴィッド・イェーツ出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト
『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者の巻き込まれた騒動を描いた物語です。
16. 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」  [ FREE TIME ]   2016年12月11日 14:27
映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を鑑賞しました。
15. 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』('16初鑑賞107・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2016年12月11日 14:09
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 11月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。 2D:字幕版。
14. 映画・ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2D・字幕)  [ 読書と映画とガーデニング ]   2016年12月11日 12:24
原題 FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM2016年 アメリカ 「ハリー・ポッター」新シリーズハリポタは全部観て来たので、流れで観賞しました ハリーが生れるよりずっと前90年前のアメリカ・ニューヨークで一人の魔法動物学者が巻き込まれる奇想天外な大騒...
いきなり核心ついてきてどもどもなんですが。 あのね〜、ハリポタシリーズというと、個人的には魔法がとにかくわくわくで、特撮でキャーキャー楽しめたらそれでオッケーなとこあ ...
12. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年12月08日 18:39
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者が、そのうち数匹を逃...
11. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年12月08日 07:42
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅@丸の内ピカデリー
10. 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が失くしたもの  [ 映画のブログ ]   2016年12月08日 03:39
 ハリー・ポッターシリーズのファンが『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のファンになるかどうか。世界を共有する姉妹シリーズとはいえ、そこには意外に大きな壁があるように思う。  ハリー・ポッターシリーズはいわずと知れた人気作だ。原作小説もその映
9. 『ファンタステック・ビーストと魔法使いの旅』  [ beatitude ]   2016年12月08日 00:02
優秀だけどおっちょこちょいな魔法使いニュート・スキャマンダーは、世界中をめぐって魔法動物を集めては不思議なトランクに詰め込んでいる。ニューヨークに立ち寄ったところ、トランクが普通の人間のものと入れ替わり、危険な魔法動物たちがトランクから逃げ出してしまう。
8. 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』  [ こねたみっくす ]   2016年12月07日 23:40
ファンタスティック・コワルスキーと魔法使いの妹の関係だけが気になります! 『ハリー・ポッター』シリーズが好きな方にはたまらない世界観。でも大人向けに作っている割には、 ...
【出演】  エディ・レッドメイン  キャサリン・ウォーターストン  ダン・フォグラー  アリソン・スドル 【ストーリー】 魔法動物学者ニュート・スキャマンダーは、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り...
6. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ to Heart ]   2016年12月07日 22:06
FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 上映時間 133分 製作国 イギリス/アメリカ 脚本 J・K・ローリング 監督 デヴィッド・イェーツ 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード 出演 エディ・レッドメイン/キャサリン・ウォーターストン/ダン・フォグラー/アリソン・...
5. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ 象のロケット ]   2016年12月05日 12:57
世界中を旅している魔法使いの青年ニュート・スキャマンダー。 アメリカ・ニューヨークを訪れた際、彼のトランクが“ノー・マジ(魔法族ではない普通の人間=マグルを指す米国流スラング)”の持ち物と入れ替わってしまった! トランクに入っていた魔法動物(ビースト)が街
4. 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年12月04日 22:45
ハリー・ポッターとねえねの成長がリンクしていたので、ハリポタシリーズはずっとファンだった☆ 終って寂しいな〜と思っていたこともあり、この新シリーズも当然の様に楽しみにしていたのだ。 魔法も見事だし、切ない大人の恋も描かれている、アメリカの古き良き時代設定
3. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年12月04日 13:36
魔法への招待:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』メイキング・ブック [大型本]魔法動物学者のニュート・スキャマンダーは、魔法動物の調査と保護のために世界中を旅し ...
2. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2D 日本語吹替え版)  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2016年12月04日 10:09
監督:デヴィッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト、カーメン・イジョゴ、コリン・ファレル 【解説】 『ハリー・ポッター』シリーズの原
1. 『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』(2016)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2016年12月04日 08:43
手にした不思議なトランクの中に保護した沢山の魔法動物を入れ、魔法使いニュート・スキャマンダーがニューヨークへやってきたのは1926年のこと。折しもNYには不可解な事件が起こり、ノー・マジ(魔法を持たない普通の人間)に魔法使いの存在が知られようとしている時だっ

この記事へのコメント

1. Posted by タケヤ   2016年12月04日 10:13
いつも僕の事を「怪しい、怪しい」と
いうふじきさんがパン屋のおっさんに
恋をしたという衝撃の事実を知ったのは
僕だけではないはずだ!
2. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年12月04日 22:51
ふじきさん☆
ニュートの魔法動物の扱いは専門家とは呼べませんでしたね〜
題名が魔法動物と銘打っているのに、扱いがちょっといい加減で、気になることが多かったです。
クイニーとジェイコブのロマンスは素敵でしたね☆
3. Posted by ふじき78   2016年12月05日 00:43
こんちは、タケヤさん。
でも、プラトニックですから(おいおいおい)。
4. Posted by ふじき78   2016年12月05日 00:45
こんちは、まだむさん。
ニュートは手広くやってるペット愛好家という感じ。それってムツゴロウじゃん。

そもそも「魔法動物」の定義がよく分からないんですけどね?
5. Posted by にゃむばなな   2016年12月07日 23:40
確かに危機管理能力はかなり低いですよね。
原作者はそうではないはずなのに…。
6. Posted by ふじき78   2016年12月07日 23:45
こんちは、にゃむばななさん。

原作者の体験が元になってるとするなら、魔法動物は元ステディとかか?(みんな逃げてニコニコしてるし)
7. Posted by Ageha   2016年12月09日 12:46
オヒサです、ふじきさん。

いや〜、ネタバレできないあの人のせいで
内容がぶっとんでしまいました。
ニュート、存在感あらへん。(わわわわわ)

終わってみればパン屋のおっちゃんよかったね〜というオチなんだけども
これ5部作になるらしい。どないするんでしょうね。(;^_^A
8. Posted by ふじき78   2016年12月09日 21:52
こんちは、Agehaさん。
2作目:肉屋のおっちゃんが頑張る。
3作目:八百屋のおっちゃんが頑張る。
4作目:魚屋のおっちゃんが頑張る。
5作目:花屋のおっちゃんが頑張る。
9. Posted by ここなつ   2016年12月22日 10:03
こんにちは。
私もラストのパン屋のとろけるような表情で、すごく幸せな気持ちになりましたので、あのシーンだけでも本作観た甲斐がありました。
御伽話っぽくて、いい。と思います。
その前のボウトラックル(木の枝っぽいヤツ)にニュートが「判った、話し合おう」という部分は、ちょっと大人の痴話げんか的でしたが。
10. Posted by ふじき78   2016年12月24日 21:58
こんちは、ここなつさん。
あのパン屋のあの表情はずるい。
あれに打ち勝つためにはやはりご婦人に脱いでもらわない事には……
11. Posted by maki   2017年04月26日 07:18
おはようございます。
明るいファンタジーとはちょっと違ったなあという印象。
もっと明るいハリポタ的なファンタジーだとおもっていたのですよね。
終始おどおどしているオタク的ニュートは母性本能をくすぐられましたが、
印象も顔も薄いヒロインに、あ、パン屋になりたいおじさんは良かったけれども、ゲラート・グリンデルバルドがジョニデだったのにはがっかり…というかイメージが合わない。
大物俳優を起用したかったのでしょうか。
12. Posted by maki   2017年04月26日 07:19
あ、ごめんなさい
またもURLが前のままで
書き込みしてしまいました(><)
13. Posted by ヒロ之   2017年04月26日 14:46
こんにちは!
「ファンタスティック・ビーチク」て実際にエロパロディ映画として作られそうな感じですね笑。
主人公が常に半笑いなのが気になって仕方がなかったですが。
14. Posted by ふじき78   2017年04月27日 00:40
こんちは、makiさん。
ヒロインに華がなくて、華は妹が役割分担で持ってるのね。そうはいっても華がない分、ヒロインはもうちょっと観客を身贔屓させるような強い特徴を持たせるべきだと思う。
ジョニデは白塗り度が低かったから許すものとする。
15. Posted by ふじき78   2017年04月27日 00:42
こんちは、ヒロ之さん。
「ビーチク」はありそう。
ニュートは「半笑い」でも「おほほほほほほ」とか笑わんから一応OKとする。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字