2016年10月05日

『サウスポー』をギンレイホールで観て、これは一言で感想終わる映画だなふじき★★★

169573_6
▲左が右ポウ

五つ星評価で【★★★♪魔球は魔球はハーリーケーンー(違!)】
ボクシングと家族への愛だけが全てのダメ男が
妻を失ってから、その失った人生を再興させるまで。
この映画で凄いのはジェイク・ギレンホールの演技だ。

タイトルで「一言で感想終わる」と書きながら、
ここまでが一言だとしたら随分、長い一言で申し訳ないのだが、そうなのだ。

前作が『ナイトクローラー』のパパラッチ。
全く同じ人間に見えない。外見も演技プランも全く違う。
デニーロ・アプローチ(太ったり痩せたり)をしてるにしても、
ここまで自分の「個」を捻じ曲げられるのは凄い。
例えば、『ナイトクローラー』のパパラッチと、
今作のボクサーが同一フレームに入っていたとしても全く違和感を感じないだろう。
それほど別人として出来上がっている。

ここんところ、役者でこれと同じくらい凄いと思ったのは
(やってる事は似て非なるのだが)、『百円の恋』の安藤サクラくらいだ。

とってもついでの付け足しみたいなのは多少心苦しいのだけど
ボクシング映画としても普通に面白かった。

も一つついで。黒い丹下段平フォレスト・ウィティカー
人生に挫折したかっての達人、なんかこの手の役が多い気もするがピッタリだ。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。
カップリングの『レヴェナント』はまだ再見の機会とは思えず見なかった。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
サウスポー@ぴあ映画生活

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「サウスポー」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年10月07日 17:59
ベタベタであり、大方の予想がつく起承転結である。それで良し。それを求めて観に行った。そしてジェイク・ギレンホールは想像していた通り素晴らしかった。そうなるとはわかっちゃいたけど、鑑賞中は涙、涙。音楽も、その使い方も、定番ではあるけれど、すごくいい。世の中

この記事へのコメント

1. Posted by ここなつ   2016年10月07日 17:59
こんにちは。
ジェイク・ギレンホールの出演作にはハズレが無い(「複製された男」を除く)、というのと、ボクシング映画にはハズレが無い、というのが私の信条(大袈裟)ですので、本作はハズレ無し間違い無しでした。
でも、多少痛快ではなかった部分があったかな、という気もします。敵の本人そのものは意外に悪くナイ奴だったので。
2. Posted by ふじき78   2016年10月08日 00:54
こんちは、ここなつさん。
敵のミゲルも試合中に「もういねえんだよ」とか言いだすのが私的にはおこポイントでした。
ジェイク・ギレンホールは一人で矢吹ジョーと力石徹を演じられそうです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字