2016年09月13日

『最高の花婿』『さざなみ』をギンレイホールで観て、おフランスとエゲレスだふじき★★★,★

おフランスとエゲレス映画二本立て。

◆『最高の花婿』
五つ星評価で【★★★単純に凄く小さい話を欲張らずサラっと出してるのが気持ちいい】
四人姉妹を持つフランス人夫婦。
三女までは移民、異教徒(アラブ人、ユダヤ人、中国人)と結婚、
四女の結婚相手こそフランス人のクリスチャンをと願うが、四女が連れてきた相手は…
人種間格差で笑いを取る軽コメディー。
一見みんな仲が悪そうに見えながら最後には家族が一致団結して
ハッピーエンドに邁進する物語は見てて気持ちいい。

また、このフランス人の立場が外人婿とか考えづらい日本人には痛いほどよく分かる。
(アラブ人、ユダヤ人、中国人)の組み合わせは変更するにしても
ちょっと手直しすればすぐ日本でリメイクできそうだ
(それだけ日本人の方が外国人との結婚ハードルが高いという事だけど)。
日本だったらアメリカ人、イラン人、韓国人辺りだろうか。

フランス・パパがちょっとアレック・ボールドウィンっぽかった。


◆『さざなみ』
五つ星評価で【★回答がない映画だから辛すぎる】
結婚45年記念を土曜日に控える夫婦。
月曜日に夫の元にかっての恋人の訃報が届き、
それから二人の関係は徐々に変わっていく。

退屈さに勝てずウトウト。

ラストシーン、映画としてのケリの付け方はそうならざるを得ないかもしれん。
でも、あの締め方は嫌い。
彼は彼女に何をすればよかったのか。何をしなければよかったのか。
この場合の最適解は何か? 何も思い浮かばない。
きっと答はなく、何をやっても「覆水盆に戻らず」だと思う。

私の好き嫌いは別として、シャーロット・ランプリングのラストの表情は素晴らしい。
笑う般若面のようだ(いや、笑い般若ではないよ、あれは怖すぎる)
笑い般若
▲笑い般若


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
最高の花婿@ぴあ映画生活
さざなみ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
最高の花婿@映画的・絵画的・音楽的

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

6. 最高の花婿 / Qu'est-ce qu'on a fait au Bon Dieu?  [ 勝手に映画評 ]   2016年11月26日 21:53
フランス国民の5人に1人は見たと言われる2013年の作品。 基本的にコメディタッチなので深刻な雰囲気はしませんが、2015年11月13日のパリ同時多発テロや2016年3月22日のブリュッセル同時テロが起こった後の今だと、何とも複雑な気持ちもします。パリではなくて、フランスの地
5. さざなみ ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年11月26日 20:56
「愛の嵐」「スイミング・プール」のシャーロット・ランプリングと「長距離ランナーの孤独」「ドレッサー」のトム・コートネイの共演で贈る辛口の夫婦ドラマ。今は亡き夫のかつての恋人の存在が突然浮かび上がってきたことで、思いがけず心をかき乱される妻の葛藤と、亀...
4. 最高の花婿 ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年11月26日 20:55
ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲(フランス映画祭2015)2016年3月19日公開 4人の娘たちの結婚相手は、みんな外国人!?こんなありえない家族に、果たして平和は訪れるの? 2014年のフランスで興行成績第1位の大ヒットを記録した痛快風刺コメディ。フランスの伝統的なカトリッ...
3. さざなみ  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年09月19日 05:49
さざなみ@シネスイッチ銀座
2. 最高の花婿  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年09月15日 00:51
QU'EST-CE QU'ON A FAIT AU BON DIEU [DVD]フランス・ロワーヌ地方に暮らす敬虔なカトリック教徒のクロードとロビーのヴェルヌイユ夫妻には4人の娘がいた。3人の娘は、それぞれユダヤ人、アラ ...
1. 最高の花婿  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年09月13日 05:35
 『最高の花婿』を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。 (1)フランスで大ヒットした作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台は、フランス西部のロワール地方で暮らすヴェルヌイユ家。  父クロード(クリスチャン・クラヴィエ)と母マリー(シャ...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2016年09月13日 05:34
お早うございます。
「リメイク」する場合「日本だったらアメリカ人、イラン人、韓国人辺りだろうか」とありますが、フランスと違って日本では、今や少子化が進んで沢山の娘を持つのは随分と稀であり、その上厳しい規制によって移民・異教徒が巷に溢れているわけでもなく、さらには宗教心が殆どありませんからギャグにして面白くなるような生活習慣の相違がそれほど見当たらないのでは、と思われて、「リメイク」はかなり難しそうな感じもするのですが?
2. Posted by ふじき78   2016年09月13日 07:34
こんちは、クマネズミさん。
そう言えば「四姉妹物語」とか懐かしい。ちょっと関係が複雑だけど「犬神家の一族」も四兄弟ものだから、ドラマとして日本で作ってもそんなに違和感ないんじゃない。大家族ものとか人気だし。

宗教は希薄だけど、元沖縄に駐留していて世界の警察を自認するも今はプーのアメリカ人、アメ横近くで違法な度数減らないテレカを売りまくって凄く儲けてるけど日に三度の礼拝は欠かさないイラン人、ともかく日本人の過去を許さずコリア・イズ・ナンバー1の韓国人とか、集めたらそれだけで話ができそう。
パパは江戸っ子設定で泉谷しげるとかがいいな(ちょっと若作りにして貰って)。
3. Posted by ふじき78   2016年09月13日 07:35
コメ欄PS
婿が四人とも連続殺人鬼という『サイコの花婿』も面白いかもしれん。
4. Posted by クマネズミ   2016年09月13日 18:39
『サイコの花婿』とは、コメント欄に置いておくにはもったいない出来栄えのギャグです!『犬神家の一族』などもどんどん思い浮かんでいらっしゃるのですから、ここは一つ、「ふじき78」さんが「リメイク」作のシナリオを書いてみたらどうでしょう(ただ、「ふじき78」さんが書くと、ホラーの「家族を皆殺しにする」物語になるかもしれませんが!)?
5. Posted by ふじき78   2016年09月14日 01:01
こんちは、クマネズミさん。

サイコの花婿初期設定案。

アメリカ婿:パズーカ砲
イラン婿:イラン魔術(そんなんあるんか?)
韓国婿:詳細は省くがキムチ樽の中に落として殺す

それぞれが殺人鬼である事をばれないように、目ざとい近所の人を始末していったら町中この家族以外誰もいなくなってしまったところでEND。

なんか違う気がする。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字