2016年09月06日

『ポセイドン・アドベンチャー』をトーホーシネマズ新宿1で観て、『メテオ』をシネマカリテ1で観て、すげーとちょいしょぼふじき★★★★★,★★★

138307_1
▲チラシ。
五つ星評価で【★★★★★何つーか最高に面白い】
名画座で観た事があって、今回は二回目。
船内を逃げ回るチーム組み合わせが最高。
神の助けよりも自分達が行動する事が大事と信じて疑わない異端の神父。
刑事と元娼婦の中年夫婦。
孫に会いに旅をしてる初老の夫婦。
子供だけで旅をしている姉弟。
兄を亡くしたばかりのパニック症の女性歌手。
変人の独身男。
船内構造に詳しいフロアマン。

混同しようもなくキャラがユニーク。
神父のジーン・ハックマンはこの後、役者としてどんどん胡散臭さを増していく人だが、
主役にして本当に正しいのか分からない人選は見事。
彼が主役として成り立つのはおそらく刑事アーネスト・ボーグナインが
益体もない無駄口を叩いて、反面教師として彼を引き立てるからに過ぎない。
変人の独身男が有事に際して超人になったりはしないが、
ちゃんと人の話を聞ける調停者として役に立つのもよく出来ている。

そのままでは階段代わりを登れない。ドレスのスカートを脱ぎなさい、
と言われてスカートを脱いでショートパンツ1枚になる女子。
おいおいおいおい!(怒)そうじゃないだろ。
デブおばさんはどうでもいいが、
バリバリにパンツ見せるのは元娼婦だけなのはどうなの?
もう本当女性だけ重点的に助けてバンバン、パンツを見せる
『ポセイドン・アドベンチャー』が見たい。

この後に作られる『タワーリング・インフェルノ』
火事の中の洪水を描いていたので、今作はもうちょっと船の中の火事に焦点が
行くのかと思い込んでいたが、そうでもなかった。

何にしてもムチャクチャ面白い。それが大事だ

PS 『ハゼドン・アドベンチャー』
PS2 アーネスト・ボーグナイン、大葉健二に似てる。
 いや、セサミストリートのマペットにあの顔、いた気がする。


『メテオ』
809064_1
▲チラシ。
初見。『ポセイドン・アドベンチャー』と監督が一緒。
五つ星評価で【★★★スペクタクル映画の筈だけど、そこは軽め】
ショーン・コネリーが急遽、呼び出されて、
メテオ破壊計画の中間管理職みたいな位置に据えられるけど、
あまりこの人が何かやっているという印象はない。ロシア側と意識合わせしたくらいで、
ギリギリいなくても困らない役職な気がする。

遊星メテオを破壊するためには冷戦状態の米ソどちらか一方の核だけでは足りず、
手を携えて人類の危機に立ち向かわなくてはならない。
とはいうものの、今までの冷戦経緯から中々ねえ〜という映画。
『博士の異常な愛情』の秘密施設内を隠しカメラで撮影するロシア大使くらいの方が
リアルだと思うが、この映画の中では一部タカ派のアメリカ人を除けば、
みんなそれなりに良心的な人たちだった。
盛り上がらないのはその辺と、遊星のビジュアルがつまらんからかな。

とてつもなくひどい事が起こる感が映画から感じづらいのが敗因


【銭】
ポセイドン・アドベンチャー:朝10時の映画祭企画料金1100円。
メテオ:カリコレ旧作鑑賞料金1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ポセイドン・アドベンチャー〈1972年〉@ぴあ映画生活
メテオ@ぴあ映画生活

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

5. メテオ  [ 象のロケット ]   2016年09月12日 10:10
巨大な隕石が地球に向かい突進してくる。 1ヵ月後には地球に衝突、地球は滅亡する…。 これを避けるためには武装人工衛星による軌道変更が必要だが、米・ソ両大国とも互いの攻撃を恐れ、その使用をためらう。
4. 『ポセイドン・アドベンチャー』(1972)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2016年09月07日 19:19
大晦日の夜、カウントダウン・パーティーの最中に、豪華客船ポセイドン号は海底地震によって発生した大津波に飲み込まれ、転覆してしまう。生き残った乗客たちは、上へ上へと”船底”目指してサバイバルを繰り広げるという、もうじきリメイク版も公開されるポール・ギャリコ
3. ポセイドン・アドベンチャー  [ いやいやえん ]   2016年09月07日 16:56
「タワーリング・インフェルノ」と並ぶパニック映画の金字塔。 今更ですが、やっぱり船が転覆して上下逆さまになるというアイデアが良い。そんでもって人間くさいジーン・ハックマンの牧師さんがかっちょいいのである。 「生きる」という希望を目指して、目の前の困難を
2. ポセイドン・アドベンチャー  [ 象のロケット ]   2016年09月07日 13:29
豪華客船ポセイドン号が大津波に遭い転覆、数百の生命が一瞬にして失われるが、生き残った数名の人々の必死の脱出が始まる! 海洋パニック・スペクタクルの傑作。
1. 「ポセイドン・アドベンチャー」  [ 或る日の出来事 ]   2016年09月06日 23:53
パニック大作映画のクラシックともいえそう。

この記事へのコメント

1. Posted by ボー   2016年09月07日 07:08
4 スカートをとったらショートパンツだったのは、がっかりしました。唯一がっかりシーンだったかも。スカートの中にブルマはいているようなものです!
うーん、名作にこんなコメ申し訳なく、ヘリコプターに吊られたい気分です。
2. Posted by ふじき78   2016年09月07日 08:08
こんちは、ボーさん。
スカート取ったら「今日ノーパンだった。大ショック」って、観客を萌えさせるためにはそう進んでもらわんと。

伝染病で蔓延したポセイドン号のゾンビをわざわざ撲滅しに来たゾンビハンターがヘリから首に縄を縛り付けてブラブラ宙吊りみたいな妄想をしてしまった。
3. Posted by maki   2016年09月07日 16:58
>何にしてもムチャクチャ面白い。それが大事だ
そう、それが大事。
設定からして斬新ですが、神父の立ち位置とかも通常ではない位置にあって、あの最後でしょ
もうほんと良く出来てる!ファミコンやりたい!(関係ない)と思わせられる大作であられます。


…おおお、メテオも面白そう
4. Posted by ふじき78   2016年09月07日 22:34
こんちは、makiさん。

メテオはソフト化されてないので有名な映画だそうです。まあ、でも、『ポセイドン・アドベンチャー』と比べてしまうと全然普通ですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字