2016年08月09日

『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分からんけどおもろいやんけふじき★★★★★(ネタバレ)その1

168568_1
▲「こんなに目が小さい奴に二代目西川きよしを襲名させる訳にはいかん!」

五つ星評価で【★★★★★何故だか分からない。だが、面白いのだ】
ネタバレ注意

見終わっての第一感想が「何だこれ、おもろい」。
ただ、漠然と面白くて、何が面白いのかが自分でも今一つ分からなかった。

そこで回答を模索してまず、思い浮かべたのが
ゴジラの怪獣としての存在のユニークさだ。
ゴジラの原イメージをとどめながら、まさかこれがゴジラではあるまいと
イメージを破壊する第二形態。

今回のゴジラは変形する。
第一形態(海生動物:全体像は見せず)
第二形態(水陸両棲)
第三形態(陸上歩行に適した直立形態)
第四形態(武装防御形態)

ああ、なんて可愛いんだ、第二形態。
そして、強そうで無防備な第三形態、
ひたすら強い第四形態。

いやいや、確かにこいつらは楽しい一群であるのだが、
こいつらをもってして最高と思わされたのかと言うと違う気がする。
第四形態への詰将棋のような戦い方も面白いし、ダイナミックだが、
これとて「そこだけ白眉で素晴らしい」というより、
最後の一手はそう打つのが気持ちいい、という要素としてよく出来ている感じだ。

そうするとあの「えんえん会議」だろうか。
答はYESであり、NOだ。

この映画は登場人物が恐ろしく早口で饒舌だ。
特災対のメンツなんてもう何言ってるのか分からない単語を
高速のマシンガンのように撒き散らして、喋りまくる。
1カット1カットが短く膨大だ。
これは人間側が一種類の群体で
各細胞が呼吸するようにして全体のペースを作っている、そう見える。
人間パートが終わるとゴジラパート。
ゴジラは昔のチャンピオン祭のように吹き出しで話したりはしない(笑)。
ただ、その存在で偉容を誇示するのみである。
それこそがゴジラ側の人間パートへの回答である。
このゴジラのパートが大きく三つ。

‖萋鷏疎屬任僚蘊緡Δら海に戻るまで
第四形態での再上陸から機能の一時停止まで
F炭丗个旅況發砲茲覲仞辰ら活動停止まで

おそらく、人間側パートは人間がずっと話をしているだけで
基本BGMは流れていない(景気づけのドラムパートはあったか)。
人間側が計画を立ててお膳立てをしている場面で、ひたすら話す言葉の応酬に
聞き取りづらくなってしまうのでBGMはない方が映画として理に適っている。

そして、ゴジラのターンはどっぷりBGMが被さる。
この緩急が実に気持ちいい。
会議場面でたまったストレス(ラベルのボレロの小さな音での演奏)が
巨大な怪獣のうねりで相殺される気持ちよさ。
しかも,筬△浪獣側のテーマ曲だが、は自衛組織側の凱旋マーチである。
この高揚感。

『シン・ゴジラ』はこの緩急のタメやブッパナシの制御が
今まであったどんな映画より上手い。だから、気持ちがいい。
そして無邪気に「面白かった」と口に出して映画館を出れる。
つまり、これは乗せられる気持ちよさをひたすら享受できる映画なのだ。
そんな映画、面白いに決まっている。

これと同じ構成でやったら絶対面白くなりそうな物語がもう一つ頭に浮かんだ。
『ガリバー旅行記』の小人を人間パート、ガリバーを怪獣パートとして撮る。
プロジェクトの予定・計画・積み重ね部分を会議として、
そしてその結果動くガリバーの活躍をスペクタクル溢れる怪獣映像として撮る。
きっと面白い物が出来るだろう。

とりあえず、ここで一段落。
この辺で一回UPしよう。全部語ろうとしても一度では全部語れない。
この記事、とりあえずまだ続きます。


【銭】
六本木はトーホーシネマズのメンバーポイント6ポイントで無料鑑賞。木場はIMAX。2200円普通に使用。だがしかし、IMAXであるからより楽しめたというより、コンテンツが面白いから再度楽しめたという感じであった。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
シン・ゴジラ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
 は続きの文書に付ける予定。
▼関連記事。
シン・ゴジラその2@死屍累々映画日記


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

36. シン・ゴジラ  [ E'S STREAM ]   2017年05月25日 18:52
試練を経て、大きくなって行く国日本。東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故 ...
35. 映画『シン・ゴジラ』評――修羅が再び日本を壊す・後編  [ 徳丸無明のブログ ]   2017年04月06日 00:09
(前編からの続き) さて、それではこの批評は、中途半端な尻切れトンボの終わり方をしてしまうのか。 結論めいたものを導き出すのは難しそうだが、いくつかの推測は提示できそうな気がする。 少し視点を変えて、『シン・ゴジラ』の、過去のゴジラシリーズ(特に第一作)...
34. シン・ゴジラ  [ 銀幕大帝α ]   2017年03月30日 13:33
SHIN GODZLLA 2016年 日本 119分 SF/特撮/ミリタリー 劇場公開(2016/07/29) 監督: 庵野秀明(総監督) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.』 樋口真嗣 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』 脚本: ...
33. シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)  [ いやいやえん ]   2017年03月22日 19:58
【概略】 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた12年ぶりの日本版『ゴジラ』。突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を、リアリティを追求したストーリーとドキュメンタリータッチの演出で描き出す。 SFアクション
32. まさに新しきゴジラ!  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年10月23日 09:36
2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する 海上に巨大生物が出現し鎌倉に上陸 街を破壊しながら突進していく。政府は自...
31. 「シン・ゴジラ」  [ Mr.Bation ]   2016年08月31日 21:25
「シン・ゴジラ」 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府...
30. 映画「シン・ゴジラ」  [ FREE TIME ]   2016年08月28日 23:48
映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。
29. シン・ゴジラ  [ いやいやえん ]   2016年08月27日 01:14
【概略】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策
28. シン・ゴジラ  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年08月26日 05:46
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(10) 思い切ってアレンジしてきた本格ゴジラ映画ここに見参!
27. シン・ゴジラ  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年08月25日 12:36
【SHIN GODZLLA】 2016/07/29公開 日本 120分監督:庵野秀明 (総監督)、樋口真嗣出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣 現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。 STORY:東京湾アクアトンネルが崩
26. 残酷な遺伝子のテーゼ 庵野秀明 『シン・ゴジラ』  [ SGA屋物語紹介所 ]   2016年08月23日 22:27
蓋をあける前は昨年の『進撃の巨人』の再現か、と危ぶまれていましたが(わたしは大好
25. 『シン・ゴジラ』('16初鑑賞73・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2016年08月21日 20:33
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:55の回を鑑賞。 4DX・2D。 8月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 17:25の回を鑑賞。 2D。 8月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 12:30
24. 「シン・ゴジラ」  [ Con Gas, Sin Hielo ]   2016年08月21日 16:31
いつか来る、決断のとき。 そもそもの興味はそれほど高いわけではなかったが、評価が予想外に高いようなので観てみようと足を運んだ。 事前に入ってきた情報は、ゴジラよりも立ち向かう人間側にスポットが当たっているということ。確かに「総勢〇人の豪華キャスト」と...
23. [映画『シン・ゴジラ」を観た^^]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2016年08月19日 06:36
☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きました。 そうしたくなるほど、先ずは行政の大事さを知らされます。 未確認生物が認められ、...
22. シン・ゴジラ  [ 象のロケット ]   2016年08月17日 22:40
羽田沖で、東京湾横断道路アクアトンネルが崩落する事故が発生。 内閣総理大臣・大河内はじめ閣僚たちが対策を協議するが、原因は不明のままだった。 やがて、海上に謎の巨大不明生物が現れ“ゴジラ”と名付けられる。 若き内閣官房副長官・矢口らが情報収集と対策に追わ
21. 映画『シン・ゴジラ』★新・進・深・神!?ゴジラ現る!今度はど〜する!?  [ **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** ]   2016年08月16日 22:56
  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/168568/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   『ゴジラ』( 1954 )→ コチラ     予告編で見たゴジラの赤光りが、 溶岩のように恐ろしく、気
20. 「シン・ゴジラ」@TOHOシネマズ六本木  [ 新・辛口映画館 ]   2016年08月16日 13:04
 公開初日昼の回。このシネコン一番大きいスクリーン7には、お子さんから大人まで300名弱位の客入りだ。
19. [映画] シン・ゴジラ  [ 12時間Blog ]   2016年08月16日 08:37
「シン・ゴジラ」を川崎109シネマズにて観て来ました 画像はパンフレットなんですが、ご覧のように ”ネタバレ注意” の封がしてあります 事前に試写会すらほとんど行わない、ハリウッド大作並の秘密主義で公開初日を迎えた「シン・ゴジラ」ですが、これまでの特報、予告..
18. 映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2016年08月16日 08:20
映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しんで頂くために、いつもの「ざっくりストーリー」は自粛します。 庵野秀明監督作
17. シン・ゴジラ  [ だらだら無気力ブログ! ]   2016年08月16日 01:07
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
16. シン・ゴジラ・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2016年08月14日 22:06
ゴジラの咆哮の下、会議は踊る。 驚きの傑作、もとい究極の自主映画とも言うべき大怪作である。 12年前、「ゴジラ FINAL WARS」で北村龍平が完膚無きまでにぶっ壊し、更地になったゴジラ映画の世界観を見事にリビルド。 「もしも現代日本に怪獣が現れたら?」というリア
15. 「シン・ゴジラ」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2016年08月14日 00:56
2016年・日本/東宝映画=シネバザール配給:東宝 総監督:庵野秀明 監督:樋口真嗣 准監督:尾上克郎 脚本:庵野秀明 特技監督:樋口真嗣 特技統括:尾上克郎 製作:市川南エグゼクティブプロデューサー
14. シン・ゴジラ  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2016年08月13日 06:13
監督:庵野秀明、樋口真嗣 出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣、嶋田久作、古田新太、前田敦子、松尾スズキ 【解説】 『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明と『進撃の巨人』シリ...
13. シン・ゴジラ ★★★・5  [ パピとママ映画のblog ]   2016年08月12日 11:11
「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12年ぶりに復活させた特撮アクション大作。謎の巨大不明生物“ゴジラ”の出現という未曾有の国難
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決まらないうちに事態がどんどん悪化する。 「想定外」という言葉が連発される。 (海水)注
11. シン・ゴジラ  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年08月12日 00:47
シン・ゴジラ音楽集 [CD]現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?(配給会社の意向により、詳細なストーリーは記載していません。ご了承ください)日本発 ...
10. 『シン・ゴジラ』  [ beatitude ]   2016年08月12日 00:01
現代の日本に巨大怪獣ゴジラが出現。パニックに陥る者、立ち向かう者。大いなる脅威に直面した人々の行方は……。(Movie Walkerより)いやいや、面白かった!!!!評価は高いけど、ゴジラだしと高を括って2Dでいいやと観に行ったら、初っ端から前のめりだ。時々、顎が前に出て席
9. 「シン・ゴジラ」  [ 或る日の出来事 ]   2016年08月11日 16:38
ユニークでおもしろい。
8. 『シン・ゴジラ』 ゴジラの正体  [ 映画のブログ ]   2016年08月11日 15:31
 【ネタバレ注意】  前々回、前回とガメラについて述べてきたのは、ゴジラを語るためでもあった。東宝のゴジラ映画第29作となる『シン・ゴジラ』が、おそらくゴジラ映画史を覆す傑作だろうと思われたからだ。ガメラシリーズの変遷を振り返ることで、ゴジラシリーズの特
7. 「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年08月11日 15:07
庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの尻尾が生えた合体フィギアも販売されていたり・・・・ いいのよ、だって庵野監督作品なんだか
6. シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明  [ 西京極 紫の館 ]   2016年08月11日 14:37
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物...
5. 『シン・ゴジラ』(2016)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2016年08月11日 14:19
ゴジラシリーズ29作目、今日から公開なので早速見てきました。庵野+樋口でゴジラ?と製作発表の段階で期待値は低かったのに、試写や最速上映では絶賛の嵐。かえって不安に駆られていたのですが……。2作め以降の「ゴジラ」は直接間接問わず1作目の続編としての位置付けでし
4. 『シン・ゴジラ』  [ こねたみっくす ]   2016年08月11日 13:27
新種使徒・呉爾羅、首都襲来! この作品は怪獣映画としては素晴らしいかも知れない。ただ『ゴジラ』シリーズとしては軽すぎるうえに、完全に「新世紀エヴァンゲリオン」だ。 だか ...
3. シン・ゴジラ  [ Akira's VOICE ]   2016年08月11日 12:23
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!  
2. シン・ゴジラ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年08月09日 20:03
 『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに、もう劇場用パンフレットは完売状態でした!  本作(注1)の冒頭は、先ずタイトルが映...
1. シン・ゴジラ  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年08月09日 07:48
シン・ゴジラ@ユナイテッドシネマ豊洲

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2016年08月09日 20:04
今晩は。
「『ガリバー旅行記』の小人を人間パート、ガリバーを怪獣パートとして撮る」とすると、ガリバーがリリパットによって海岸に縛り付けられている冒頭のところが、本作のラストに繋がって、その展開は、本作の続編(あるとして)と類似してくるのかもしれません!
2. Posted by ナドレック   2016年08月09日 21:10
こんにちは。

>『シン・ゴジラ』はこの緩急のタメやブッパナシの制御が
>今まであったどんな映画より上手い。だから、気持ちがいい。

そうなんですよね。
私が映画で重視するのは構図とリズムの2つですが、本作はその両方とも見事としかいいようがありません。
スクリーンに映るすべてをコントロールするアニメーションを手がけてきた監督だから、と云いたいところですが、アニメーションの監督が実写を撮れば必ず成功するとは限らないので、やっぱり本作に起こった奇蹟なんでしょうね。
3. Posted by 豆はんてん   2016年08月09日 22:59
お疲れ様です!不在の人物がキーマン(映画パトレイバー1)とか饒舌なオタク集団とか、岡本喜八より押井守の影響が感じられました。ラストの尻尾を含め、ここまで「俺は好きにやった」感が萬斎いや満載なら、素直にハマるしかありません。
次の更新、楽しみにしてます!
4. Posted by ふじき78   2016年08月11日 12:35
こんちは、クマネズミさん。
ゴジラが暴走しないよう巨大な「ガリガリくんバー」を開発してゴジラに与えるまでの道程こそが「ガリバー旅行記」なのです(嘘八百)。
5. Posted by ふじき78   2016年08月11日 12:39
こんちは、ナドレックさん。

> スクリーンに映るすべてをコントロールするアニメーションを手がけてきた監督だから

これでしょうね。全てがコントロール出来てたからこそ、「実写はそうはいかないや」と諦めてしまう人と「実写でも同じようにやる」と突き進んでしまう人で違いが出るんでしょうね。実際の人間に「今のはダメだから撮影撮り直しです」ってビジョンに合うまで50回撮りなおすとかしんどいですもん。その意味ではアニメの方がコントロールが簡単。
6. Posted by ふじき78   2016年08月11日 12:41
こんちは、豆はんてんさん。
萬斎はリークして宣伝効果高める為の配役だったと私は思っているのですが、まあ、代役がどうにか効くかもしれないなって意味で「猫ひろし」じゃなくってよかったと思います。
7. Posted by にゃむばなな   2016年08月11日 13:28
私はゴジラを見たかったのです。
エヴァを見に行ったのではないのです。
そして思うのです。
金子修介監督ならどんな作品になっていたのかと。
樋口真嗣監督だけ抜け駆けして!
8. Posted by ふじき78   2016年08月11日 14:02
こんちは、にゃむばななさん。
背面の光はアニメっぽくて、ああも一度に出さんでもと思いましたが。圧倒的ではありました。
とりあえず大ヒットしそうな空気ですが、東宝さんがこの後、どんな手を打つのかに興味があります。

松竹だったら歌舞伎だけど、東宝だから宝塚でゴジラってやったりして。ルパンだって、るろ剣だってやったからやれなくはない。でも庵野バージョンは恋愛とかないから宝塚にはできないか。

金子監督は一回やってるから、このタイミングでもう一回はないっしょ(あれはあれで好きですけど)。
9. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年08月11日 15:16
ふじきさん☆
ガリバーに例えたり犬神家が出てきたりと、かなりユニークな発想をお持ちですね〜
赤ちゃんゴジラはキモくて可愛く思えなかったですが(笑)進化するという発想も凄かったですね☆
10. Posted by ボー   2016年08月11日 16:48
第二形態時の、まんまる目。なにも考えていないような目という意図があったらしいですね。
ああいう幼体っぽいのを考えたのは面白かった!
11. Posted by ふじき78   2016年08月12日 00:30
こんちは、まだむさん。
うちのブログは頭がおかしいのが売りです(あっ言っちゃったよ)。第二形態はラブリーっすよ。第四形態のぬいぐるみはいらないけど、第二形態だったら欲しい。
12. Posted by ふじき78   2016年08月12日 00:31
こんちは、ボーさん。
あの第二形態がなかったら、この映画もっと評価低かったです。あのあづまひでおの「シッコモーロー博士」みたいな目がたまりません。
13. Posted by タケヤ   2016年08月13日 06:18
ベタ褒めだなあ。ふじきさん。
みんな庵野さん好きなんだね(笑)

「うーーん、今一歩」という僕は
超非国民だな(笑)

やっぱゴジラばっか観たい。
政府の描写はここまで多くなくていいよ。
(素晴らしく現実的なお話かと思いましたけどね。
人間側のやりとりだけ観ていると。)
14. Posted by ふじき78   2016年08月13日 22:40
こんちは、タケヤさん。
私は庵野監督は作品によって好きだったり嫌いだったり分かれますね。熱狂渦巻いた「マッドマックスFF」だって嫌いな人はいたし、今回のはもっとクッキリ分かれてるみたいです。みんな「俺のゴジラに何て事するんだ」みたいでねえ。私はつまらないゴジラ映画を山ほど見てきたので、これでも全然いいですね。

ゴジラの出番が少ないという事は、、、ヒット次第ではゴジラの出番が多いverとか出来たりして(喜ばしい事にヒットしてるみたいです)
15. Posted by ノラネコ   2016年08月14日 22:22
>『ガリバー旅行記』の小人を人間パート、ガリバーを怪獣パートとして撮る。

そのまんま「進撃の巨人」になる気がw
樋口真嗣氏はもうやりたがらないでしょうね。
庵野秀明は確かにアニメ監督なんだけど、彼の原点はダイコンフィルムの8ミリ特撮映画だから、ある意味ゴジラは原点回帰でもあるんですよね。
このまま庵野監督・主演でウルトラマンやってほしいw
16. Posted by ふじき78   2016年08月15日 00:07
こんちは、ノラネコさん。
ガリバーは小人食わんですがね。
庵野監督のウルトラマンはいらない。
あれ、ウルトラマンがモジャ毛って意外性だけで成り立ってた気がする。今はもうそーゆーのはあかんしょ。
17. Posted by maki   2016年08月28日 19:42
巨大災害が現われたらどうなるか?という意味では西部内部の対策・動きなんかがシュミレーションされてるみたいで面白かったですけどそこが中心になりすぎてて
私は何の映画みてるんだっけと忘れそうになるのがなんとも。
ハリウッド版も同じような気持ちになりましたが、あればムートーさんの映画でしたからねえ
18. Posted by ふじき78   2016年08月28日 21:31
こんちは、makiさん。
日本にはゴジラ映画がいっぱいあるので、こういうゴジラさんの出番が少ない奴が一つくらいあってもいいかな。そう言えば怪獣が一回も登場しない「大怪獣東京に現る」なんて映画もあったなあ。
19. Posted by    2017年05月25日 18:50
新解釈という事もなかったし、ハリウッドよりも、日本のゴジラを意識した作りだと思いました。東京を舞台にした、ゴジラの独壇場。進化するゴジラも観られましたが、可愛くなくなってからの方が強いという。最初のゴジラにはミニラのような愛嬌もありましたね。あまりの大作だったので、続編を作るほどに、現場もレベルも委縮するのではないかと思いました。
20. Posted by ふじき78   2017年05月25日 20:57
こんちは、隆さん。
これはこれで好きなんだけど、ツイッターで「キングコング 髑髏島の巨神」に「シン・ゴジラ」にない怪獣映画としてのエッセンスが全てぶちこまれているという評を読んだ時、成程と膝を打ちました。
今回、変な方向で一つ作ってしまったので次は大変そう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字