2016年06月29日

『殿、利息でござる!』をUCT9で観て、日本人良いよなあふじき★★★★

168121_1
▲こんな黄金屏風前の贅沢な絵は映画上に皆無。実直に貧乏な絵ばっかり。

五つ星評価で【★★★★全力の善良】
とてもいい美談。
そうそう、美談ってついつい警戒してしまうけど、基本的には好きなのだ。
やはり、こういう「人の為に耐え忍んで、それを公にもしなかった」というのは
美談として後世に残していきたい。

こういう愚直なまでに善良な人間と言うのは、今の世の中で馬鹿にされがちだけど、善人が善人であるが故に後ろ指刺されるのも変な話だ。

出てる人みな名演だが、その中で一人だけ情に流されず「冷静なイケズ」を貫いた松田龍平の幕府側の勘定方が出色。こいつがマカロニ・ウェスタンの悪漢のようにふてぶてしく中央にいるので話が光る。

あと、どう控え目に見ても善人には見えない因業爺の山崎努もいいキャスティング。


【銭】
UCTのメンバーズデーである金曜日に見て1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
殿、利息でござる!@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
殿、利息でござる!@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
殿、利息でござる!@映画的・絵画的・音楽的
殿、利息でござる!@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

17. 殿、利息でござる! (2016)  [ のほほん便り ]   2017年02月21日 12:48
実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャスティングされてた部分ですが、なるほど、若いのに貫禄とカリスマ性…本当に、キャスティング
16. ポスターと予告に騙された。大真面目な感動の実話。〜「殿、利息でござる」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2016年07月21日 12:36
このポスターの阿部サダヲを見たら、コメディかと思うじゃないですか。 最初のほうの瑛太との掛け合いこそクスクス笑うとここそあるものの、 大真面目な人情ものでございました。いやがっかりしたわけじゃない。 でも淡々と、話が進んでいったような気もしました。 『「.
15. [「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年07月07日 17:25
歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。 まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。
14. 映画 『殿、利息でござる!』 感想  [ メガネ男子は別腹☆ ]   2016年07月03日 23:21
思っくそ羽生結弦きゅんの殿様目当てで『殿、利息でござる!』を観てきました(`・ω・´) オカンと映画観に行くの何年振りだよwオカンは渋々…って感じだったのに、蓋を開ければオカンが面白かったと大喜びで、私は「殿、出番があっという間でござる!」連呼してましたw
13. 『殿、利息でござる!』('16初鑑賞50・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2016年07月03日 20:31
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。
12. 殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2016年07月03日 17:06
これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。 ポ
11. 「殿、利息でござる!」 (2016 松竹)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2016年07月03日 09:15
このタイトルで、主演が阿部サダヲなのだから、歴然としたコメディだと誰だって予想する。イメージとしては「超高速!参勤交代」あたりかな。でもちょっと肌合いは違った。いやもちろんコメディ色はかなり強いんだけど、実は感動大作でした。大作、は言いすぎか。でもわれ
10. 殿、利息でござる!  [ 象のロケット ]   2016年07月03日 06:21
今から250年前の江戸時代。 金欠の仙台藩は百姓や町人へ重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。 さびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿で、町の将来を心配する十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策があると打ち明けられる。 それは藩に大金を貸し付け利息を巻き上げ
9. 「殿、利息でござる!」 つつしみの掟  [ はらやんの映画徒然草 ]   2016年07月02日 08:27
タイトルからもっとコメディ色が強い作品かと思っていたのですが、どちらかといえば泣
8. 殿、利息でござる!  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年07月01日 12:55
2016/05/14公開 日本 129分監督:中村義洋出演:阿部サダヲ 、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努、羽生結弦 これも世の貯め、人の貯め。 STORY:江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台.
7. 殿、利息でござる!★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年07月01日 11:19
『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」の中村義洋監督、「舞妓 Haaaan!!!」「夢売る.
6. 殿、利息でござる!  監督/中村 義洋  [ 西京極 紫の館 ]   2016年07月01日 07:23
【出演】  阿部 サダヲ  瑛太  寺脇 康文  妻夫木 聡 【ストーリー】 江戸中期、財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎と同志たちは、藩に金を.
5. 殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2016年07月01日 00:38
これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。 ポ
4. 『殿、利息でござる!』  [ beatitude ]   2016年07月01日 00:35
江戸中期。仙台藩は財政が厳しく、重税にあえぐ百姓や町人たちの破産と夜逃げが後を絶たなかった。小さな宿場町・吉岡藩もすっかり寂れてしまい、造り酒屋の主・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は町の行く末を案じていた。そんな中、知恵者の菅原屋篤平治(瑛太)がある秘策を打
3. 殿、利息でござる!  [ だらだら無気力ブログ! ]   2016年07月01日 00:17
まさかこんな心打つ作品だったとは・・・。
2. 殿、利息でござる!  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年06月29日 10:03
無私の日本人 (文春文庫) [文庫]江戸中期。財政難の仙台藩は、百姓町人へ厳しい重税を課したため、夜逃げが後を絶たなかった。寂れゆく宿場町・吉岡藩では、造り酒屋の主・穀田屋十 ...
1. 殿、利息でござる!  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年06月29日 05:12
 『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見ておもしろそうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「これは本当にあった話」と字幕が出て、先代の浅野屋甚内(山崎努)が、貨幣を壺の中に投げ入れてニタっと笑い、次いで.

この記事へのコメント

1. Posted by ナドレック   2016年06月29日 01:49
ところが、後日の殿様の行状から察するに、松田龍平さんが演じた仙台藩の出入司が主人公たちの善行や殿様の悪いところをちゃんと伝えてくれたらしいのですから、人は見かけによりませんね。
とてもいい映画でした。
2. Posted by クマネズミ   2016年06月29日 05:11
お早うございます。
「どう控え目に見ても善人には見えない因業爺の山崎努」がイの一番で登場して守銭奴ぶりを発揮するので、どうしてこんな「美談」が成立するのかと「ついつい警戒して」見ることになり、ただラストの方で、「情に流されず「冷静なイケズ」を貫いた松田龍平」がさらなる800貫文を要求するのを見て、そう来なくちゃと思ったところです。
3. Posted by ふじき78   2016年06月29日 21:20
こんちは、ナドレックさん。
柚子殿様は背中一面に柚子の花の刺青を背負ってて、自分で現地に調査に行かれては「やいやいやいやい、この刺青が目に入らぬか!」と暴れまわってる、、、、、かもしれない。
4. Posted by ふじき78   2016年06月29日 23:13
こんちは、クマネズミさん。
別に警戒して見んでもいいと思う。
5. Posted by yukarin   2016年07月01日 12:58
確かに山崎努さんて善人にはみえませんね 笑
冒頭に出てきてたしそこが良かったんでしょうね。
6. Posted by ふじき78   2016年07月01日 23:02
こんちは、yukarinさん。
エラが張ってたり、骨格がガッチリ顔に出てるような人は善人っぽく見えないのかも。蟹江敬三とか緒方拳とか。この法則だときたろうと寺脇康文はちょっとあくどい顔寄りですね。あとは皆さんそこそこマイルドなお顔立ちです。
7. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年07月07日 17:25
ふじきさん☆
いいキャスティングでしたよね〜
悪そうな人が善人で、意外な過去とか、冷徹な代官もなかなかでした。
8. Posted by ふじき78   2016年07月07日 18:29
こんちは、まだむさん。
あの代官が別に殊更悪い人でもないものなあ(ストーリー的に主人公たちの行動の壁にはなるけど)。本当は殿様が一番の悪だけど、爽やかで悪に見えない。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字