節骨面たいぞう「雲海魚介そば」『チャイナ・シンドローム』『クレイマー、クレイマー』を新文芸坐で観て、満足満足★★★★,★★★★

2016年05月04日

『レヴェナント 蘇えりし者』をトーホーシネマズ日劇1で観て、ゴダールに謝れふじき★★★

168505_1
▲トランプのキングに似てるレオ様。

五つ星評価で【★★★御立派な映画だが長い】

なげーよ

これが一番の感想。
後はデカブリオしぶといけど、インディオの息子の父ちゃんにはあまり見えない。
熊は怖いね。
景色はどれも初めて見るような景色で、
全て自然光で撮ったそれはなかなかの絶景だが、
景色を見せる事に意識を割く映画ってそもそも嫌いなのだ。

最愛の息子を殺され 
極寒の地に放置された男 
過酷なサバイバルの果てに彼を待つものとは!?


内容はこれだけだ。じゃあもっと短くできるだろ。

それにしても、この夢の国アメリカの何と地獄な事。
過酷な寒気に野獣、銃と火薬だけが自分の存在を守ってくれるが、
逆に強い者の前では何者であろうと命の保証がない。
正義がない。力だけの国アメリカ。

その地獄のアメリカ。
主人公が遂に仇を追い詰める。
白い雪原の中、獣のような影が二つ。
追う方も終われる方もひたすら汚く、獣の影が二つ寄り添って争ってるようだ。
しかし、この雪原の中、二つの毛むくじゃらが争ってるのは
『ウルトラファイト』のウーが二体いるみたいだ。
坂本教授の劇伴も心なしか『ウルトラファイト』っぽい。
アカデミー賞監督賞を取った映像の詰めの部分が、
東洋の島国で作られた安っぽい5分番組を思いださせるって………
………そらあ、思いだす方が悪いさ。俺残念。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
レヴェナント:蘇えりし者@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
レヴェナント:蘇えりし者@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
レヴェナント:蘇えりし者@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
レヴェナント:蘇えりし者@或る日の出来事
レヴェナント:蘇えりし者@お楽しみはココからだ

PS そしてレオ様の復讐が終わる頃、
 寝袋に使われた馬の親馬がレオ様を探し回っていた。
 新たな復讐の物語がここに始まるのである。
 という続編はどうだろう?

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

20. レヴェナント:蘇えりし者  [ いやいやえん ]   2017年01月14日 10:40
【概略】 狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。 アクション 復讐の先に、何があるのか。 本作を賞賛されてる方には申し訳ないのですが…。私はあんまり好きじゃなかった。映像は凄
19. レヴェナント:蘇えりし者  [ 銀幕大帝α ]   2016年08月27日 20:32
THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハ...
18. レヴェナント:蘇えりし者  [ とりあえず、コメントです ]   2016年05月19日 21:28
19世紀のアメリカ開拓地を舞台に一人の男の半生を描いた作品です。 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーを手にした作品だったので観なくちゃと思っていました。 予告編で想像する以上に凄まじい展開に、最後までスクリーンから目が離せませんでした。
17. 大自然の猛威の中に  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年05月17日 17:35
25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス グラスを足手まといだと狩猟メンバーのフィッツジェラルドは置き去りにし 反抗したグラスの息子も殺害 かろうじて生還したグラス...
16. レヴェナント 蘇えりし者/THE REVENANT  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2016年05月14日 23:25
「アモーレス・ペロス」 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、 実話を基に”復讐のためだけに過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。 原題のレヴェナントには、「帰...
15. レヴェナント 蘇えりし者  [ 象のロケット ]   2016年05月14日 09:44
1823年、西部開拓時代のアメリカ。 ミズーリ川沿いを進むヘンリー隊長率いるハンターの一団は、狩りの途中でアリカラ族の襲撃に遭い、船を放棄し山沿いを歩いてカイオワ砦まで戻ることに。 ポーニー族の血を引く息子ホークと共にガイド役を務めるヒュー・グラスは、途中ハ
本当にいまさらながらではございますが、レオナルド・ディカプリオ、念願のアカデミー
13. [映画][☆☆☆☆★][2016年の映画]「レヴェナント: 蘇えりし者」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2016年05月12日 20:24
 マイケル・パンクの小説「蘇った亡霊:ある復讐の物語」を、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のレオナルド・ディカプリオ主演で映画化。西部開拓時代に実在し
12. 「レヴェナント:蘇りし者」☆生まれ変わって蘇るレオ様  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年05月10日 19:05
これは凄い! これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。
11. レヴェナント 蘇えりし者  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年05月10日 18:42
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が、先...
10. 映画「レヴェナント 蘇えりし者」  [ FREE TIME ]   2016年05月09日 22:59
映画「レヴェナント 蘇えりし者」を鑑賞しました。
9. レヴェナント:蘇えりし者  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年05月09日 12:56
【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ 復讐の先に、何があるのか。 STORY:アメリカ西部の...
8. 「レヴェナント:蘇えりし者」  [ 或る日の出来事 ]   2016年05月07日 06:38
凄いところは凄すぎて、あり得ず、かっこつけすぎ。眠くなった。
7. レヴェナント:蘇えりし者  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年05月06日 22:25
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(11) 極限という言葉が最も当てはまる映画。
6. レヴェナント:蘇えりし者  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2016年05月06日 17:58
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ、ドウェイン・ハワード、アーサー・レッドクラウド、グレイス・ドーヴ、ポール・アンダーソン、ルーカス・...
5. 「レヴェナント 蘇えりし者」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年05月06日 17:33
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント〜」で獲る必要があったのか?という
4. レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ  [ 西京極 紫の館 ]   2016年05月06日 08:11
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
3. 「レヴェナント 蘇えりし者」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2016年05月04日 23:42
2015年・アメリカ/リージェンシー=ラットパック・エンタティンメント 配給:20世紀フォックス映画 原題:The Revenant 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ原作:マイケル・パンク
2. レヴェナント 蘇えりし者  [ E'S STREAM ]   2016年05月04日 21:00
天地に委ねられし生と死、そこから立ち上がった男…。アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去り
1. レヴェナント:蘇えりし者  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年05月04日 11:17
オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」 [CD]1820年代、西部開拓時代のアメリカ。探検隊のガイドを務める凄腕ハンター、ヒュー・グラスは、ハイイログマに襲われ喉 ...

この記事へのコメント

1. Posted by 隆   2016年05月04日 20:55
アメリカの正義を信じたい立場と、真実の追求者である事が、対立し合う限り、アメリカの利害が頭をもたげて来る問題だと思います。インディアンとの協調は、アメリカが取り組まねばならない清算事業だと思うので、国家無き、インディアンの歴史を知る証人であったり、語り部が居る間に、アメリカの一国史と共に、闇に葬られたインディアンの英雄を評価する、という事があっても良いのではないでしょうか。

グラスが、一族を殺されたインディアンとの同行であったり、サバイバルでの様々な行動に出たのは、生き延びる為であったとして、異世界に適応する事とは、その住人として、良識があっての事だと思います。それが無ければ、国家を作り変えてしまう、という行動に出るだけでしょう。
2. Posted by ふじき78   2016年05月04日 23:30
こんちは、隆さん。
ドキュメンタリー映画を見れば見るほどアメリカという国ほど正義がない国はないという結論に至ります。特に外国に対しての外交がひどい。アメリカが得をする勢力と手を組み(それがゲリラであっても)、現地の人間がどれほど死んでも彼等は自分が儲かればよいという考えで行動する。あの国はちょっと異常です。
3. Posted by ここなつ   2016年05月06日 17:32
こんにちは。
あーっ…!「長い」って言って良かったのか…!どうも鬼才の作品に長いなんて言ったらいけないのかと思い。
長いし、寒いです。ここまで過酷な厳寒の地を延々と見せつけられると、アメリカなんて行くまい、とさえ思います(寒いのが本当に苦手なので)。
4. Posted by タケヤ   2016年05月06日 17:57
ふじきさんにかかると
アカデミー賞もばっさり(笑)

僕は(重々しくてしんどかったけど)
いい作品だと思いましたけどね。

二度目はないですが・・・。
5. Posted by ふじき78   2016年05月06日 21:36
こんは、ここなつさん。

> 長いし、寒いです。

映画館に暖房用の馬を用意しておくべきですよね(でもあれくさそう)。
6. Posted by ふじき78   2016年05月06日 21:38
こんちは、タケヤさん。
私はこれ、倍速上映とかやってくれるならねそっちの方がいいな。あと、『タイタニツク』も色恋抜いて船が沈むとこだけ見たい。
7. Posted by 太川 陽介   2016年05月07日 01:27
業務連絡
勤務先異動により日曜出勤、
なので、欠席、

>全て自然光で撮ったそれはなかなかの絶景
樹木の種類や、光の明暗がストーリーと連動してないか?

「またか」と言われるが、「デルス・ウザーラ」の方が
絶景度は上かと。

>レオ様の復讐が終わる頃
あれで復讐したの?とどめを刺すのをためらってない?
原作はもうちょっと宗教が入っているかもと思った、

>寝袋に使われた馬
馬肉は捻挫の治療に使われていたらしい。
傷の化膿はどうやって治したんだろう。
8. Posted by ボー   2016年05月07日 06:45
3 クマが1回だけでなくて、2回も襲ってきたので、ヒジョーにキビシー! 2回目がなければ傷も軽かったのに…。
はっ! あれは、じゃれてたのか!?
9. Posted by 太川 陽介   2016年05月07日 10:55
アラシ見参!

グリズリーに遊ばれるレオ様。
「グ」を「セ」に変えたネタを思い出した。

同じ頃に「オーメン」の下に「コ」を付けたネタもあったなぁ。
10. Posted by 太川 陽介   2016年05月07日 11:00
間違えたた。
「グリ」を「セン」だった。
11. Posted by ふじき78   2016年05月07日 23:03
こんちは、ボーさん。
二度ある事は三度あると三度目にじゃれついたら流石にレオ様の身体が大変な事になるので自重したんじゃないでとょうか?
12. Posted by ふじき78   2016年05月07日 23:14
こんちは、先輩。

業務連絡了承。

絶景はどっちもどっちでいいしょ。「デルス〜」は多分、見てないから分からん。

復讐については史実ではトムハが軍隊に入ったので殺したりはできなかったらしい。お話はどうだか分からない。案外、死にかけのレオ様にトムハが無体な事をして、一目会いたいと生死を乗り越えてレオ様がトムハを追っかけるというBL展開も成り立つかもしれない。ちなみにレオ様の息子もフィクションらしい。

傷はねきっと「仙豆(「り」は付けない)」を持ってたんだよ。

「グリセリンずりー」かと思った。
13. Posted by yukarin   2016年05月09日 12:58
続編.....
今度は寝袋の馬の親がレオに復讐しにやってくる?
復讐は永遠に終わらないのであった、、、
14. Posted by ふじき78   2016年05月09日 23:44
こんちは、yukarinさん。
うん、だから、戦国時代に一族郎党子供まで根絶やしにしたというのはる意味、正しい。
15. Posted by クマネズミ   2016年05月10日 18:42
今晩は。
トム・ハーディなら、ディカプリオに対し「寒くて早く原隊に戻りたかったから、ああなったのは仕方がなかった」と命乞いをするでしょうし、続編のディカプリオなら、親馬に対し「一緒に崖から落ちたのであって、殺したわけではない」と言い訳することでしょう。いずれにしても、復讐してもホークも子馬も戻らないわけですから、本作の場合も続編の場合も「神の手に委ねる」と言うことになるのでしょう。ですが、ディカプリオの場合にはインディオの族長が直ぐ側にいたのに対し、親馬の場合は周囲に誰もいそうにないのは困ったことです!
16. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年05月10日 19:10
ふじきさん☆
開拓時代から変わらぬアメリカがそこにありましたねー
続編、親馬目線ですか…(爆)
ウサギのお巡りさんも出ますかね?
17. Posted by ふじき78   2016年05月11日 00:59
こんちは、クマネズミさん。

> 復讐してもホークも子馬も戻らないわけですから、

いやいや、デカプーがあんなに自然の治癒力を無視した無敵っぷりを披露するのですから、念じれば戻ってくるかもしれない。
18. Posted by ふじき78   2016年05月11日 01:01
こんちは、まだむさん。
ウサギのお巡りさんがいる世界には馬はいないんですよね、確か。被害者も加害者もズートピアにはいない種族だから、ウサギのお巡りさんにも解決は難しいかもしれない。
19. Posted by SGA屋伍一   2016年05月12日 22:02
そりゃウルトラファイトと比べりゃ大抵の映画は長いでしょうよ! あ、最近レッドマンが人気なのもみんな長い映画に辟易してるからなのか!?
20. Posted by ふじき78   2016年05月13日 00:47
こんちは、伍一どん。
いや、5分でやれとは言わんけどさ。
レオ様がフィッツジェラルドにやっと追い付いたら、赤い通り魔レッドマンに殺された後だったら笑う。
21. Posted by ヒロ之   2016年08月27日 20:35
こんばんは。
個人的には昔のデカプリオは嫌いだったんですが(タイタニックも嫌い)、年取ってからは役者の顔になったなぁと今は大分好きです。
22. Posted by ふじき78   2016年08月28日 21:23
こんちは、ヒロ之さん。
デカプリオはデビューの頃の「ギルバート・グレイプ」の知恵遅れの少年役がともかく衝撃で、子供とか抜きでうまい役者だなと思ったのも束の間、あとは普通の役者になってしまった。王子様みたいな役をずっと求められて可哀想だったけど、最近のちょっと小汚い系はいい仕事してると思います。
23. Posted by maki   2017年01月14日 10:41
どうみても父性が感じられないディカプリオでした。
父の顔をしてないんですよね。
24. Posted by ふじき78   2017年01月14日 23:05
こんちは、makiさん。
父でも乳でもなかった。ふんとにもう!
(いや、乳だったらだったでイヤだろ)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
節骨面たいぞう「雲海魚介そば」『チャイナ・シンドローム』『クレイマー、クレイマー』を新文芸坐で観て、満足満足★★★★,★★★★